NHKの医療特集が『命に関わるデマ情報を流して』専門家が騒然。各所から批判の声が殺到中

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ひろし ★:2017/02/24(金) 23:49:56.17 ID:CAP_USER9.net

睡眠薬で糖尿病の治療ができる――。NHKの生活情報番組「ガッテン!」がこうしたテーマの特集を放送したことに、医療現場から「放送内容に問題がある」と厳しい指摘が相次いでいる。

番組では、ある特定の睡眠薬を飲むことで血糖値を下げる効果のある脳波が強まり、糖尿病が治療できるなどと説明していた。これに対し、J-CASTニュースの取材に応じた専門医の1人が「(番組の説明は)無理があるというか...、ちょっと意味が分からない」と否定的な見方を示した他、話を聞いた数人の医師は、いずれも番組内容に批判的だった。

番組「デルタパワーで血糖値を下げる」

2017年2月22日放送の「ガッテン!」では、「血糖値を下げる!デルタパワーの謎」と題した特集が放送された。

番組の冒頭では、熟睡中に脳から出る「デルタ波」という脳波に、血糖値を下げる効果がある、と紹介。このデルタ波の「パワー」を強め、糖尿病を治療する効果があるとして紹介されたのが「睡眠薬」だった。

「デルタパワーで血糖値を下げる新薬」

こんなテロップと共に紹介されたのが、「2014年に登場したオレキシン受容体拮抗薬」だ。薬の包装の映像をみると、「ベルソムラ」と書いている。これは、製薬会社のMSD(東京・千代田区)が2014年に発売した睡眠薬。番組では、糖尿病患者がこの薬を服用することで睡眠の質が向上し、「睡眠薬で糖尿病が治療できる」(テロップ表記)などと説明していた。

番組に出演した医師は、この薬について「新しいので安全性が高い」と評価。続けて、

「非常に副作用の心配が少なくなっていますので、糖尿病患者でもわりと気軽に飲める。睡眠障害の患者は糖尿病の発症率が2倍になるので、こういう薬剤を使うことで糖尿病の予防にもなる」

と話していた。なお、こうした医師の発言中には「副作用の心配は少なくなっていますが、医師の指示に従って服用してください」とのテロップが出ていた。

こうした効能が一通り紹介されると、番組MCの立川志の輔さんは、

「糖尿病、糖尿病予備軍の方、これで安全に血糖値を下げることができます!」

と明言していた。

番組では「ベルソムラ」の商品名は、テロップやナレーションという形では触れていないが、映像では薬の包装で「ベルソムラ」との表記が確認できる。また、番組で説明された「2014年に登場したオレキシン受容体拮抗薬」という条件に合致する睡眠薬は、ベルソムラしか存在しない(前出の専門医)。

専門医「臨床の現場で問題になっている」

こうした「ガッテン!」の放送内容に、医療関係者の中には戸惑いや怒りの声を上げる人も相次いだ。睡眠障害が糖尿病による血管障害の原因であるとする研究成果などは公表されているが、「ガッテン!」が指摘する「睡眠薬が糖尿病の治療に効果的」というのは、論理に飛躍があるといった反応が出ている。

睡眠医学に詳しい都内の精神科医は24日のJ-CASTニュースの取材に対し、

「睡眠薬と糖尿病には、ほとんど関係がないですよ。生活習慣の面で、睡眠自体と糖尿病には間接的には関係がないとは言い切れないですが、(番組の説明は)無理があるというか...、正直に言えばちょっと意味が分からない」

と答えた。

また、都内のある糖尿病専門医は、

「番組は見ましたが、ちょっとひどいですね。常識的に考えて、睡眠時間が短くなればストレスが増加し、食事の量や回数も増えるし血糖値は悪化しますよ。そういう意味では、睡眠と血糖値に関係はあると言えますが、決して『睡眠薬に血糖値を下げる』効果はありません。論理に飛躍がありますね」

と話す。さらに、放送後にベルソムラの処方を希望する患者が増えたとして、

「(番組の内容が)臨床の現場で問題になっていることも事実です」

とも指摘していた。

また、ベルソムラという睡眠薬の特徴について、要町病院(東京都豊島区)の吉澤孝之院長は、

「これまでの睡眠薬と違って、自然に近い睡眠を促す薬ではありますが、飲んだからと言って必ずしも熟睡できるわけではありません」

と説明する。その上で、「糖尿病が改善したという話は聞いたことがない」とも話していた。

全文はソースで
http://www.j-cast.com/2017/02/24291584.html?p=all



続きを読む

『治療中の日本人に嫌がらせをした』と中国人医師が”凄まじい蛮行”を自白。勝手にパスポートまで流出させた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 22:35:06.38 ID:CAP_USER.net

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=167787&ph=0

2017年2月24日、捜狐によると、中国の女性歯科医が「日本人の歯を抜く時に麻酔を減らしてやった」とネット上で発言したことが物議を醸し、当事者が謝罪声明を出す騒ぎに発展している。

ある歯科医がSNS上で「今、日本人男性の歯を2本抜いた。わざと麻酔を少なく打った」と書き込んだとする画像がネット上に出回った。画像には、日本人男性のパスポート写真まで掲載されていた。ネット上ではたちまち大きな議論を呼び、多くのネットユーザーから「ニセ愛国だ」「道徳がない」との非難が浴びせられた。

記事によると、当事者は江蘇省蘇州市の歯科医院に勤める女性歯科医だという。女性は「2015年3月の話。まさか今になって誰かにさらされるとは思わなかった。実際には麻酔は減らしておらず、退屈しのぎの冗談のつもりで書き込んだ。他人から認められたいという気持ちで、すべきでないことをしてしまった。日本人男性に謝りたい」とし、謝罪文も公開している。

微博に寄せられたネットユーザーの声は「医師の資格をしばらく停止すべきだ」「職業道徳がないというのは、恐ろしい」「日本の歯医者さんが中国人の患者に丁寧に接しているのを何度も見た。こういうニュースはとても悲しい」「毎日のように恨みつらみを宣伝する政府のせい」といった批判が大半を占めた。一方で「よくやったと思う」とするユーザーもいたが、「中国人である前に人であれ」など他ユーザーから反論を浴びている。



続きを読む

『恐怖のあまり夜も眠れない』と韓国人が”非常事態体制”に突入。米国の新制度に激しく狼狽える

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 18:56:53.53 ID:CAP_USER.net

トランプ米政権の不法移民対策に韓国が戦々恐々としている。トランプ大統領は21日、メキシコなどからの不法移民対策と国境管理の強化に向けた新たな指針を発表。強制送還の対象を軽犯罪に拡大するとしたが、韓国KBSニュース(電子版)によると、米国に不法滞在している韓国人は約16万9千人で「(米国内の)韓国人社会も非常事態になった」と警戒感をあらわにしている。

 米国の不法移民(不法滞在者)は観光ビザなどで入国し、滞在期限が切れても帰国せず、米国に滞在し続ける人々を指す。もちろん永住権や市民権を正式に得る制度はあり、法にのっとって滞在する人たちは不法移民ではない。

 米国ではこうした不法滞在者が約1100万人もいるとされる。メキシコなどから地続きで入国した人々が多いが、実は韓国人も約16万9千人いるとKBSは報じた。

 この数字は諸説あり、韓国SBSテレビは、米国内の韓国系住民と韓国人220万人のうち、少なくとも20万人は不法滞在者だとしたうえで、こうした米国内の韓国人不法移民の声を紹介。16年間不法滞在しているという47歳の人物は「トランプ氏の大統領当選以降、夜も眠れない」と強制送還を恐れている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.sankei.com/west/news/170224/wst1702240060-n1.html



続きを読む

韓国への土下座修学旅行で『智弁和歌山高校が炎上する』凄まじい展開に。高校側は関係のない写真だと断言

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: アイアンクロー(北海道)@\(^o^)/ [JP]:2017/02/24(金) 20:09:07.17 ID:u5ck5w8g0 BE:299336179-PLT(13500)

「韓国土下座修学旅行…生徒悲痛 ツイート」というブログ記事が、FacebookやTwitterで拡散している。記事の内容は正しいのか。

記事は、韓国への修学旅行の参加同意書を、智弁学園和歌山高校の生徒がTwitterに投稿したと紹介して、「内容が ヤ バ す ぎ る !!!」などと伝えるもの。

Twitterの当該アカウントはすでに削除されているが、ウェブページを記録できるInternet Archiveに投稿内容が保存されている。

あるユーザーが、韓国への修学旅行の参加同意書を撮影した写真とともに、以下の文言を投稿している。

“今日韓国修学旅行の同意書を渡された。
同意書には参加の欄しかなく思想心情に関係なく強制らしい。
前理事長が中央日報に対し植民地を贖罪するような趣旨の事を述べた。
韓国国民の一部は謝罪旅行だと思っているだろう。
勿論私は行きたくない。”
同意書は本物?智弁和歌山の回答

記事に校名が出ている智弁和歌山高校は、このブログ記事を把握していた。

BuzzFeed Newsは同校広報担当者に、ブログ記事内容の真偽について聞いた。

まず、開学当初から修学旅行で韓国を訪れているのは事実だが、その目的は「謝罪」ではないという。土下座をするようなことはない、と強く否定した。

「国際理解を深めるために、一番近い『外国』である韓国を訪れています。韓国に姉妹校(漢陽工業高校)があるため、若者同士で交流をして、国際人として力を養っていこうという目的があります」

記事に掲載されていた「同意書」については、「智弁和歌山高校のものではありませんが、学園の同意書であることは間違いありません」と回答した。

つまりこの書類は、3つの学校を経営する智弁学園の、和歌山高校を除くいずれかの学校が作成し、生徒に配ったものということだ。

学校側は、先述の投稿をしたTwitterユーザーが学園の生徒であることをすでに確認しているという。具体的な校名は、生徒の特定につながる可能性があることを理由として明かさなかった。

同園の生徒である先述のTwitterユーザーは、「同意書には参加の欄しかなく思想心情に関係なく強制らしい」と書いていた。

智弁学園の故藤田照清初代理事長が「日本が韓国を支配した35年を贖罪する」という信念により訪韓修学旅行を実施している、との情報に対しては、「過去になにかのタイミングでそういう発言をしたかもしれませんが、実態はまったく異なります」とした。

ブログ記事が掲載されたのが2016年2月。それ以降、智弁和歌山高校には批判の電話やメールが数多く届いているという。

広報担当者はこう話した。

「『なぜ土下座なんてさせるのか!』『反日学校か!』と、多くの電話がきます。学園を飛び越えて県庁にも『そんな修学旅行はやめさせろ!』と連絡がいっているようです」

現在、当該ブログ記事の内容が事実無根であることを伝える記事を、学園のウェブサイトに掲載することを検討しているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00010005-bfj-soci&p=2

韓国で日本の蛮行を土下座謝罪する智弁和歌山の修学旅行生

20170223-00010005-bfj-000-3-view


続きを読む

『我々は韓国に死守する価値を認めていない』と米国高官が”無情な本音”を吐露。既に撤退準備は始まっている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 20:22:01.38 ID:CAP_USER.net

SPA  江崎道朗のネットブリーフィング 第6回
https://nikkan-spa.jp/1292768

トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う!

「慰安婦」「竹島」「東海」の三点セット


韓国は、アメリカと日本を敵に回して独立を維持できると思っているのだろうか。

韓国は、ソウルと釜山の「慰安婦」像を撤去するどころか、「竹島」と「東海」も含む三点セットを持ち出して反日挑発をますますエスカレートさせている。1月には、2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の公式ホームページで竹島(島根県隠岐の島町)を「Dokdo」(独島)と記載して韓国領であることをアピールした。「オリンピックに政治的主張を持ち込むのは国連憲章違反だ」として日本政府が外交ルートで抗議したが、韓国側は無視。2月20日には、韓国外務省がHPにおいて日本海を「東海」とPRする動画を公開した。

韓国の政府だけでなく、野党はもっとひどい。日韓軍事情報保護協定の破棄や、トランプ米政権が重視している「高高度ミサイル防衛網(THAAD)」の配備取り止めを打ち出しており、反日だけで飽き足らず、反米まで叫んでいる始末だ。

歴史を見れば明らかだが、韓国が独立を維持するためには、アメリカと日本の力が必要なのだ。そのアメリカと日本を敵に回せば、韓国には自滅という選択肢しか残っていない。

韓国に対して「歴史を学べ」と言っても無駄かもしれないが、ざっと概括しておこう。

朝鮮半島という逃げ場がない場所に位置する朝鮮(韓国)は、中国、モンゴル、ロシア、そして日本などに囲まれ、常に独立を脅かされてきた。正確に言えば、中国やモンゴルの支配下で長年苦しんできたのが、朝鮮(韓国)の歴史だ。

韓国側にも言い分があるだろうが、国際社会で朝鮮(韓国)の「独立」が認められたのは1885年のことだ。そして、この朝鮮の「独立」を実現したのは、日本だった。

日清講和(下関)条約の第1条には、次のように記されている。

「清国ハ朝鮮国ノ完全無欠ナル独立自主ノ国タルコトヲ確認ス」

日清戦争で勝った日本は、清国に対して朝鮮を独立自主の国として認めるよう要求し、これを認めさせたのだ。

ポイントは二つ。第一に、朝鮮はそれまで清国の事実上の「属国」であった。朝鮮は、清国から独立したのであって、日本からではない。第二に、日本が清国との戦争に勝ったおかげで、朝鮮は「独立自主の国」として認知されることになった、という点だ。

日本としては当時、「独立自主の国」になった朝鮮には、欧米列強の侵略にともに立ち向かう「同志」になってほしかったのだが、その期待は無残に裏切られる。

朝鮮は1897年、「大韓帝国」を名乗ったが、その後も権力闘争に明け暮れ、国王一族はロシアと結び、わざわざロシアの影響下に入って反日をあおったのだ。かくして満洲から朝鮮半島へと「侵略」してきたロシアとわが国は、朝鮮半島の支配権をめぐって日露戦争を戦い、辛うじて勝利した。

日露戦争に勝利したわが国は、当事者能力がない「大韓帝国」を保護下におき、明治の元勲、伊藤博文が自ら朝鮮に乗り込んだ。伊藤博文は「大韓帝国」を併合することに反対であり、あくまで「大韓帝国」の独立を支援するつもりだった。が、その伊藤も殺され、1910年、わが国はやむなく「大韓帝国」併合に踏み切ることになった。

>>2-3につづく



続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ