「グッディ」出演の日大OBが『内田前監督をフルボッコにする』惨劇が発生。部員に心底嫌われていた模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(庭) [IT]:2018/05/24(木) 15:41:15.79 ID:NvdUrmE00 BE:887141976-PLT(16001)

日大アメフト部の反則タックル問題で、『直撃LIVE グッディ!(フジテレビ系)』が日大アメフト部OB3人に話を聞き内田前監督監督はどういった人物だったのか匿名で聞くというVTRを紹介した。日大アメフト部のOBはAさん、Bさん、Cさんと匿名でパーカーを被り出演。

それぞれ年代の異なるアメフト部OBは内田前監督を次のように語る。

気に入らない選手に対しては『やれ』と上級生に下級生を暴行するように命令していた。宮川選手の様に同じ立場だったら反則タックルをやらざるを得ない。監督は絶対的な存在で物が言えるような存在ではない。ましてやコーチでも物が言えない。選手の目の前で気に入らないとコーチをボコボコにしていた。内田監督の支持率は10%台くらい」と、このように暴露した。

また内田前監督のことを表現すると「怖い」というイメージ。またBさんは「この人に逆らってはいけないんだな」というイメージを抱いていたという。またパワハラを目撃していたOBも止めることができなかった。また「内田前監督に対して『誰も感謝してないよね』ということしか聞かない」とCさんは語った。

そして最後に内田前監督の良いことは無いのかと聞くと、OBの3人は黙ってしまった。要するにOBにとって内田前監督の良いところは無いようである。

※記事に動画あり
http://gogotsu.com/archives/40031
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/05/001-58.jpg
http://fast-uploader.com/file/7082699503579/



続きを読む

トランプが『文在寅に”物凄い皮肉”を投げつけるも』韓国側は全く気づかず。凄まじいマヌケさを露呈した

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:Boo ★:2018/05/24(木) 11:48:05.74 ID:CAP_USER

(朝鮮日報日本語版) 韓米首脳会談:トランプ大統領「文大統領がいて韓国は非常に幸運」

 ドナルド・トランプ米大統領は22日(現地時間)、韓米首脳会談に先立ち行われた記者会見で、「仲介者として文在寅(ムン・ジェイン)大統領の役割をどのぐらい信頼しているか」という質問に、「非常に信頼している。彼は韓半島(朝鮮半島)にとっていいことを成し遂げるために努力している。かつて韓国には非常に(北朝鮮に対し)強硬な政権が複数あったが、今は文大統領がいる。私は文大統領が(現職)大統領であることが韓国にとっては非常に幸運だと思う」と述べた。そして、「今、彼(文大統領)がするやり方が、我々が合意を達成できるよう本当に助けてくれている」とも言った。

 これに対して文大統領は「トランプ大統領が肯定的な状況変化を導き出した。この数十年間、誰も成し遂げられなかったことをまさにトランプ大統領が成し遂げるだろうと確信している」と答えた。

 トランプ大統領は「(私の言葉を)理解できるよう(文大統領に)通訳してほしい」と通訳に言った。文大統領には「私はよくやったか。これ以上うまくはやれないと思う。これを『A+(最高評価)』というのではないか」と語った。すると、文大統領は笑って握手した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00001210-chosun-kr



続きを読む

米国の会談拒否に『北朝鮮が”心底衝撃を受けている”と自白して』世界の嘲笑の的に。本気で追い詰められている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:きゅう ★:2018/05/24(木) 10:54:27.20 ID:CAP_USER

【平壌5月24日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省の崔善姫次官は24日、次のような談話を発表した。

21日、米副大統領のペンスはFOXニュースとのインタビューで、北朝鮮がリビアの轍を踏みうるだの、北朝鮮に対する軍事的選択案は排除されたことがないだの、米国が求めるのは完全かつ検証可能で、不可逆的な非核化だの、何のと出まかせにしゃべってせん越に振る舞った。

対米活動担当の私としては、米副大統領の口からこのような無知蒙昧(むちもうまい)な言葉が出たことに驚きを禁じ得ない。

肩書きが「唯一超大国」の副大統領であるなら、世情も知り、対話の流れと情勢緩和の気流でもある程度感じてこそ正常であろう。

核保有国であるわが国家をせいぜいわずかの設備を設けていじくっていたリビアと比べることだけを見ても、彼がどんなに政治的に愚鈍な間抜けであるのかを推測して余りある。

ホワイトハウスの国家安保補佐官ボルトンに続いて今回またもや、副大統領のペンスが、われわれがリビアの轍を踏むようになると力説したが、まさにリビアの轍を踏まないためにわれわれは高い代価を払いながらわれわれ自身を守り、朝鮮半島と地域の平和と安全を守ることのできる強力で頼もしい力を培った。

ところが、この厳然たる現実をいまだに悟れず、われわれを悲劇的な末路を歩んだリビアと比べるのを見れば、米国の高位政客らが朝鮮を知らなくてもあまりにも知らないという思いがする。

彼らの言葉をそのまま打ち返すなら、われわれも米国が今まで体験も、想像もできなかったぞっとする悲劇を味わうようにすることができる。

ペンスは自分の相手が誰なのかをはっきり知らずに無分別な脅迫性発言をする前に、その言葉が招く恐ろしい結果について熟考すべきであった。

自分らが先に対話を請託したにもかかわらず、あたかもわれわれが対座しようと頼んだかのように世論をまどわしている底意が何か、果たして米国がここから得られると打算したものが何かについて知りたいだけである。

われわれは米国に対話を哀願しないし、米国がわれわれと対座しないというなら、あえて引き止めないであろう。

米国がわれわれと会談場で会うか、でなければ核対核の対決場で会うかどうかは全的に、米国の決心と行動いかんにかかっている。

米国がわれわれの善意を冒とくし、引き続き不法非道に出る場合、私は朝米首脳会談を再考慮する問題を最高指導部に提起するであろう。---

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf



続きを読む

日大被害者の父親が『市議を引退して日大と戦う』と公式宣言した模様。追求のための証拠を集めている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:スタス ★:2018/05/24(木) 10:12:21.35 ID:CAP_USER9

学生アメリカンフットボールの試合で、日大の選手から悪質なタックルを受けて負傷した関学大QBの父で大阪市議の奥野康俊氏が24日、自身のフェイスブックを更新。日大に対する怒りをつづったほか、ユーザーに対し、問題究明へ向けての協力を呼びかけた。

23日の緊急会見で日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチ(30)が反則の指示を否定したことを受け「これでは宮川君が、可哀想でなりません。酷すぎます。指導者2人に対して、体の震えが止まりません」と、加害者ではあるが宮川泰介選手(20)への思いと、両指導者への憤りを言葉にした奥野氏。また、内田氏が会見で問題の場面を見ていなかったと話したことから「試合中のビデオ、動画、写真を撮っていた観客の皆さん、前内田監督が見ているシーン、顔の向きがわかるシーンなんでも結構です。そのデータを頂きたいのですがよろしくお願いします」と呼びかけた。

その上で「私は、この事件に息子と、アメフト、アメフトを愛する両大学の子どもたちの為、日本のスポーツ界の信頼回復の為全てを捧げる所存です」とつづり「すでに、市議会維新代表にも伝えておりますが、私の記者会見前に決断していたことですが、任期満了を持って大阪市議会議員にピリオドをうち、次の選挙では立候補いたしません」と宣言。「残りの人生をかけ真剣に、とことん、この問題に向き合う覚悟です。ご協力お願いいたします」と任期満了をもって市議を引退し、問題究明に乗り出すことを表明した。

また、被害届については「告訴も含めて内田前監督、井上コーチの2人だけの名前では受理できないと警察から回答を頂いている」と説明し、「宮川君の減刑、と内田前監督、井上コーチに対する厳重処分の嘆願書も出そうと思います」とつづった。

ソース/スポニチアネックス
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/05/24/kiji/20180524s00040000103000c.html
.



続きを読む

トランプの文在寅冷遇に『韓国が”最悪すぎる言い訳”を吐いて』恥を上塗り。現実認識を拒否している

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2018/05/24(木) 10:28:47.67 ID:CAP_USER

「文大統領の言葉は通訳する必要ない」…トランプの外交非礼に青瓦台の立場は?
2018年05月24日10時15分
[? 中央日報/中央日報日本語版]

米ワシントンを公式実務訪問中の文在寅大統領が22日午後(現地時間)、ホワイトハウスで行われた韓米首脳単独会談でトランプ大統領と握手している。(青瓦台写真記者団)

20180524101555-1


青瓦台(チョンワデ、大統領府)が24日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対するトランプ米大統領の「外交欠礼」という批判を一蹴した。

青瓦台関係者はこの日、青瓦台春秋館で記者らに対し、22日(現地時間)のホワイトハウス韓米首脳会談でトランプ大統領が「文大統領の言葉は以前に聞いたことなので通訳する必要はない」(I don’t have to hear the translation because I’m sure I’ve heard it before)と述べたのは「外交的欠礼」ではという指摘について、「報道に出てきた解釈自体が誤りだとみている」と述べた。

関係者は「私は『良い話であるため聞かなくてもかまわない』という趣旨の言葉として受け止めた。全体的な脈絡と雰囲気を見ても(文大統領に対し)A+の話も出てくるなど、和気あいあいとした雰囲気の中でお互い良い言葉を交わす席だったのではないだろうか」とし「その場で(無視するように)『その必要はない』と話したというのは雰囲気と合わないのでは」と説明した。

ただ、トランプ大統領が文大統領との単独首脳会談の前に自国の記者を相手に予定になかった記者会見をした点については、「それは皆さんが解釈してほしい」と述べた。


トランプ大統領が来月12日にシンガポールで開催される米朝首脳会談に文大統領が来る可能性があると述べたという報道に関連し、この関係者は「これも解釈が間違っているのでは。(記事の)見出しはそうなっていたが、ワーディング(トランプ大統領の実際の言葉)が出ていないうえ(首脳会談当時の)全文を見てもそのような表現はなかったと(把握している)」と話した。

また、韓国が北朝鮮側に南北高官級会談日をまた提案したかどうかについては「すでに一度失敗したことであり、もう一度接触できるのではないかという程度であり、日にちを与えたりするそのような状況とは違うようだ」と答えた。北朝鮮側は16日に南北高官級会談を一方的に延期している。

http://japanese.joins.com/article/667/241667.html?servcode=A00§code=A20



続きを読む
スポンサード リンク
スポンサードリンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ