野党合併した民進党に『即座に分裂の危機が迫る』喜劇が発生。政党政治を完全に舐めきっている模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:夕凪らっこちゃん ★:2017/09/25(月) 14:40:48.87 ID:CAP_USER9.net

与野党、「小池新党」への警戒強まる

新党の動きについて、与野党は、それぞれ警戒感を強めている。自民党は、福田峰之内閣府副大臣に続く動きを警戒し、離党する議員には対抗馬を立てる厳しい姿勢で臨む方針。

一方、離党ドミノが止まらない民進党の前原代表は24日、自由党の小沢共同代表と会談し、若狭氏らの新党も加えた野党再編を念頭に、両党を軸とした野党勢力の結集が必要だとの認識で一致した。

ただ、自由党との合流には、民進党内の反発が根強く、党執行部の一部が役職辞任も辞さない構えを示しているほか、衆院選後の分党も視野に入れ、準備を進めている議員もいる。

全文はソースで、09/25 フジFNN
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00371449.html
より沢山の政治記事をお探しの方は「2ch政治ニュース+」板へどうぞ
http://fate.2ch.net/seijinewsplus/



続きを読む

支援者の言葉を聞いた山尾志桜里が『思わずドン引きする』珍事が発生。支援者は不倫疑惑そのものを封殺

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん 2017/09/25(月) 11:54:03.16 ID:gbAcMLEl0 BE:384148533-PLT(15000) ポイント特典

 週刊文春に34歳の弁護士との密会が報じられた今月7日、国会内で「男女の関係はなかった」と否定した後は、公の場に姿を見せていなかった山尾氏が約2週間ぶりに表舞台に出てきた。

 愛知県尾張旭市で地元で支援者への説明を行うため、22日午後2時半ごろ、山尾氏が定刻ギリギリで会場入りすると、50人を超える報道陣が殺到し、騒然とした雰囲気となった。

 白のワンピースに紺のジャケット姿の山尾氏は、高齢者を中心とした約80人の支援者を前に、弁護士との男女関係を改めて否定した上で「(愛知7区で)政治家としての土台をつくってくれていた矢先に、その積み上げを大きく傷つけてしまった」と陳謝した。

 そして、「憲法問題で安倍政権と対峙(たいじ)させてほしい」「無所属で直近の選挙に挑戦させていただきたい」と呼びかけると、会場からは「がんばれよっ!」と声が飛ぶ。

 50分足らずで会はお開きとなり、山尾氏は次の支援団体が待つ会場へ急行した。支援者は不倫疑惑について「本人がやってないっていったらね、やってないのよ」(女性)、「世間を見りゃね、そんな男と女、たっくさんいるよ」(男性)と寛容な姿勢だった。

 午後4時ごろに始まった瀬戸市内での会合でも、山尾氏はほぼ同じ言葉を口にし、拍手を浴びた。熱気と降り始めた雨のせいか会場は蒸し暑く、山尾氏の顔は汗でテカテカとなり、首筋をぬぐうような姿も見せた。

 支援者とのやりとりで山尾氏は、陳情に応じてくれたという男性の話に涙したほか、女性から「相手の弁護士は自民党が(山尾氏をおとしめるために)仕組んだ刺客じゃないかなと思う」とまさかの陰謀論も飛び出すと、「ご意見を承りました」と戸惑いの表情を浮かべる一幕もあった。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170925/soc1709250010-n2.html



続きを読む

『日本企業からの依頼が激減した』と韓国人記者が”日本人の無関心”に恐怖。もはや韓国はライバルではない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん 2017/09/25(月) 09:50:15.12 ID:CAP_USER

<慎武宏(シン・ムグァン)の日本通信>

(写真)
http://imgnews.naver.net/image/468/2017/09/25/0000305677_001_20170925053107566.jpg
▲ 去る2010年10月12日、ソウルワールドカップ競技場で行われた韓国-日本のサッカー国際親善試合で、韓国のチョ・ヨンヒョン(DF)が日本の前田遼一(FW)と空中戦をしている。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

2018ロシアワールドカップの本選出場を決めた韓国サッカー代表チームの周囲が騒がしい。韓国は9回連続、通算10回目の本選進出に成功したが、低迷する試合内容に失望したサッカーファンと世論からは、フース・ヒディンク監督の再登板を熱望する声まで出ている。

このような雰囲気は、日本のサッカー代表チームとは対照的である。日本も韓国のようにアジア地区予選の序盤では苦戦したが、最終的にB組1位でロシア行きを確定したヴァヒド・ハリルホジッチ監督を肯定的に眺める声が高い。頻繁にマスコミと衝突したハリルホジッチ監督は、一時は解任説まで出回ったが、これを気にはしなかった。彼は「無駄が多い」という理由で日本が誇るショートパスを封印、『デュアル(フランス語で決闘の意味)』を連呼して局地戦と直線でゴールポストに向かうリアリズム的戦術を追求した。本田や香川など、既存の主力選手やヨーロッパ勢でもコンディションが悪ければ起用しないという、徹底的な選手管理が日本のサッカーファンから全面的には歓迎されてはいないが、日本で最も有名なスポーツ雑誌『ナンバー(Number)』は、『ハリルホジッチの勝利』という大々的な特集を出した。

個人的には韓国サッカーに対する日本の関心が最近、急激に減っているという点で危機感を感じている。以前は日本のテレビや雑誌で韓国サッカーをかなり気にしていた。新聞では試合結果が紹介されて、専門雑誌には頻繁に韓国代表チームのレポートが載せられていた。特に2002年のワールドカップ以降、韓国が好成績を収めれば『その強さの要因』を探る特集で紙面が構えられ、韓国が衝撃的な敗北を受ければ韓国メディアとファンの反応を控え目に扱い、『アジアの虎の危機』を密かに煽り立てた。筆者は1996年から日本の新聞と雑誌に韓国サッカーに関する記事を寄稿してきたが、韓国サッカーは個人的な収入に最も大きく貢献する分野だった。

ところが最近では、貢献どころか記事の依頼さえも激減している。数年前なら日本国内でもウリ・シュティーリケ監督の解任や、ヒディンク監督の再登板説などが大きな話題として扱われたと思うが、このような深層レポートを出版社や新聞社に書きたいと要請しても、良い返事が出にくいというのが現実である。『勝っても負けても韓国を見て学べ』という雰囲気が漂っていた日本だが、最近では韓国よりも中国サッカーの方が話題になっている。先日某サッカー専門誌では、韓国を飛ばしてタイサッカーの特集号を発刊した位だ。

それほど現在の日本では、韓国サッカーの価値が落ちたとも言える。イランとウズベキスタンだけではなく、カタールや中国、シリアにも苦戦した韓国を、日本はこれ以上ライバルとは思っていない。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)などでも、Kリーグのチームをライバルというよりも『ラフで厄介な相手』程度に扱っている。日本は韓国人が思っている以上に韓国サッカーを意識せず、気を使わなくなったのである。一見すると日本と韓国サッカーが対等になったと言うかも知れないが、関心が薄くなって行って『無関心』に転落してしまうかも知れないと思うと恐怖で鳥肌が立つ。筆者の食い扶持が減るからではない。この世の中に『無関心』よりも恐ろしい事が無いからである。

誤解を覚悟して言えば、韓国サッカーは日本という宿命のライバルが居たから発展する事ができた。日本に勝つ事でその存在意義を証明してきた。日本の存在が韓国サッカーの奮発要素であり、日本も同じだったのだ。しかし今の日本は韓国サッカーを意識しないだけでなく、見向きもしない。韓国サッカーは限りなく重い現実に直面している。

ピッチコミュニケーションズ代表(翻訳=イ・ハナ)

ソース:NAVER/スポーツソウル(韓国語)
http://sports.news.naver.com/kfootball/news/read.nhn?oid=468&aid=0000305677

>>2につづく



続きを読む

『WTO訴訟で韓国は絶対に負ける』と韓国高官が”絶望的な進行状況”を吐露。輸入停止はまだ続けられる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん 2017/09/25(月) 00:00:56.47 ID:CAP_USER

http://newsimg.sedaily.com/2017/09/24/1OL5HNXZ16_1.jpg
▲キ・ドンミン/聯合ニュース

原発事故地域の日本、福島近隣水産物輸入禁止措置と関連して日本との世界貿易機構(WTO)の紛争で我が国が敗訴する可能性が高いことが分かった。殺虫剤タマゴなど食品安全に関心が高まっている状況で福島産水産物輸入を防ぐ道が遮断されるということだ。

キ・ドンミン共に民主党議員は24日、国会で記者会見を開いて「紛争意見書と様々な通商スペシャリストの客観的な意見、これまでの進行状況などを総合してみれば、残念ながら(WTO)1次紛争敗訴は確実と見られる」と明らかにした。

2013年9月、政府は福島近隣8県の水産物輸入禁止などの内容を入れた臨時特別措置を発表した。これに対し日本政府は2015年5月、日本の水産物を差別していると大韓民国政府をWTOに提訴した。この懸案に対する最終報告書は来月10日、両国に伝えられる予定だ。

キ議員は「先月23日、WTOは韓日両国の意見書検討、パネルの口頭審理会議などを土台にした紛争意見書を送った」として「(紛争意見書が)日本側に有利に作成された点を確認した」と話した。敗訴する場合、WTOに対する政府の上訴と両国交渉などが進められ来る2019年までは福島産水産物が輸入される可能性がないことが分かった。

ただし上訴と交渉まで全て失敗すれば輸入禁止措置を解かなければならない。
キ議員は紛争過程でパク・クネ政府がWTO規定を理由に情報非公開原則を継続したと批判した。彼は「パク・クネ政府が昨年WTO側にどのような内容の意見を伝達したのか、具体的にどんな部分が日本政府側に有利に作用したのか調べなければならない」として「責任の所在などは当然、今後も調べねばならない」と主張した。

また、敗訴に備えて△大統領府・総理室次元での対応主体用意△水産物原産地検査確実施行△放射能検査輸入禁止措置に準ずる水準維持△国内放射能管理体系上方修正など対策も用意しなければなければならないと注文した。

/クォン・ギョンウォン記者

ソース:ソウル経済(韓国語) キ・ドンミン「日福島産水産物輸入禁止敗訴確実視」
http://www.sedaily.com/NewsView/1OL5HNXZ16

関連スレ:【速報】福島近隣8県の水産物を全面輸入禁止に=韓国政府・与党[09/06]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1378427923/
【韓国】 「福島産水産物輸入制限は国民の健康を守るための正当な措置」~日本のWTO提訴対策討論会開催[12/06]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1481039027/



続きを読む

解散総選挙で舛添要一が『テレビ局に営業をかけまくる』最悪の情勢に。識者として金を稼ぎたい模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 名無しさん 2017/09/25(月) 09:58:11.40 ID:CAP_USER9

衆院解散総選挙が来月10日公示、同22日投開票で実施されることが決定的となり、メディアは選挙モードに突入している。そんな中、水面下でアピールしまくっているのが、舛添要一前東京都知事だ。

舛添氏といえば、セコすぎる政治資金の私的流用が発覚し、昨年6月に引責辞任。その後、しばらく表舞台から姿をくらませたが、今年6月に著書『都知事失格』(小学館)を出版し、活動を再開させた。

8月には『有吉ジャポン』(TBS系)で久しぶりのメディア出演を果たし、100円のカップ麺をすするなど生活の困窮ぶりをこれでもかとアピール。知事時代の月給に加え、退職金も満額もらったのだから、そこまで金に困っていることはありえないのだが、これも舛添氏の戦略なのだろう。

「全盛期の舛添氏は『このままだと俺が総理になっちゃうよ~』と軽口を叩くこともありましたが、もう政界再挑戦は考えていないようです。ただ、本人は国際政治学者として以前のようにメディア出演して、小銭を稼ぎたい。ゆくゆくは講演会で全国を回り、政府系団体で顧問などの特別職につきたい。そのためには次期総選挙は格好のアピールの場。テレビ各局に“営業”をかけているそうです」(スポーツ紙記者)

事実、舛添氏は20日に、Twitterで「今日から選挙について解説やコメントを書いていく」と宣言。ソッコーで「書かんでええバカ」とリプライされたが、それにもめげず「新聞は全国紙も左から右まで多様であり、どの新聞に影響を受けるかによって投票態度が変わる。

問題はテレビで、新聞ほどの多様性がなく各局大同小異で流れを作りがち。活字より映像のほうがインパクトが強くポピュリズム的」とつづった。テレビ局に「自分という“毒薬”を使え」と間接的に言っているように聞こえなくもない。

とはいえ、都民の舛添氏への嫌悪感は尋常ではない。使う側にも覚悟がいるだろう。

テレビ各局にとって選挙特番は総力戦。「舛添要一」という禁断の果実に手を出すのは、いったいどの局か……。

http://www.cyzo.com/2017/09/post_34567_entry.html



続きを読む
スポンサード リンク
スポンサードリンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ