CATの合意改正勧告に『日本政府が全面的に反撃する』凄絶な展開に。再検討は断固拒否する模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ガラケー記者 ★@\(^o^)/:2017/05/23(火) 12:29:12.19

日本政府は、日韓慰安婦合意の改正を勧告した国連拷問防止委員会(CAT)に反論文を提出した。

 23日、複数メディアによると日本政府は前日(22日)、スイス・ジュネーブ駐在の日本代表部を通して、「日韓慰安婦合意は、再検討する必要がない」とする内容の文書を国連側に提出したと明かした。

 日本政府はまた、「日韓両国政府は、慰安婦合意が”最終的であり、不可逆的である”と確認している」とし、慰安婦合意が米国など国際社会はもちろん、韓国出身の潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長からも高く評価を受けたことを強調している。

WoW!Korea
2017年5月23日10時23分
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/0523/10190523.html



続きを読む

朴槿恵の初公判が『目を覆わんばかりの悲惨な光景』を現出させた模様。色々な意味で終わってしまっている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/23(火) 10:42:42.80

http://www.asahi.com/articles/ASK5Q6GK5K5QUHBI02L.html

 韓国最大の財閥サムスングループから巨額の賄賂を受け取った収賄などの罪で起訴された前大統領の朴槿恵(パククネ)被告(65)の初公判が23日午前、ソウル中央地裁で開かれた。朴被告がソウル拘置所を出て、国民の前に姿を現すのは3月31日に逮捕されて以来53日ぶり。

 朴被告は23日午前9時10分ごろ、護送車のマイクロバスで地裁に到着。手錠をかけられ、うつむいた表情で報道陣に無言で庁舎に入った。やつれた表情で、濃紺の私服に収監者の番号が入った丸いバッジをつけていた。法廷で裁判長に職業を問われると「無職です」と答えた。

 韓国で大統領経験者が被告として法廷に入るのは、「光州事件」などに関して起訴された全斗煥(チョンドゥファン)元大統領と盧泰愚(ノテウ)元大統領の1996年以来。地裁は韓国メディアに冒頭部分の撮影を許可した。法廷内の撮影は裁判長の裁量で許可でき、国民の関心や事案の重大性を考慮したとみられる。



続きを読む

慰安婦の矛盾を指摘された韓国が『強引な辻褄合わせを始めて』日本側が騒然。無理矢理すぎる数値調整を強行

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2017/05/22(月) 01:18:55.37

国内で初めて日本の蛮行を知らせた慰安婦生存者は故金学順(キム・ハクスン)ハルモニだ。キムさんは光復46周年を一日前にした1991年8月14日、慰安婦問題の実状を生存者として証言した。

それ以前にも韓日両国で慰安婦問題が全く知られなかったわけではないが、日本の謝罪を要求する声につながらなかった。ユン・ジョンオク教授がハンギョレに「挺身隊取材文」を連載して韓国の女性運動が挺身隊対策協を結成後、キム・ハクスン、ハルモニをはじめとする被害者が出てきて慰安婦問題解決のための世界的な動きが始まった。

就労事業に行って偶然に知った原爆被害者ハルモニ(イ・メンヒ氏)から「挺対協に一度行ってみて」という言葉を聞いたのが告白の契機であった。「私も日本にくやしいことが多く、私の人生があまりにもうらめしく、なんでも話たかったので私が軍隊慰安婦だったという事実を話した」という。(<強制的に連行された朝鮮人軍隊慰安婦たち1巻>)。

http://ph.mediatoday.co.kr/news/photo/201705/136902_194954_5453.jpg
▲米軍164通信写真中隊が1944年8月14日に撮影したビルマ・ミチナの日本軍慰安婦写真。左側の4人はアジア系米軍などで右側では朝鮮人慰安婦。写真出処=挺隊協

記者会見でキム氏は「されたことだけでも悔しいのに、日本の人々が「挺身隊」という事実自体がなかったと言い逃れることに、非常にあきれて証言することにした」とした。(京郷新聞1991.12.7.「挺身隊キム・ハクスン、ハルモニ会見」)その1年余り前の1990年6月、日本参議院で当時の労動省局長が「日本軍慰安婦は日本軍とは関係がない民間会社の活動であったし、調査自体も不可能だ」と答えたことについてキムさんは怒った。

日本の敗戦後70年余り、日本は相変らず「軍による強制連行はなかった」と強弁している。しかし、キム・ハクスン、ハルモニを引っ張っていったのも他でもない日本軍だった。当時、彼女の年齢は17才だった。1941年、キム・ハクスンは親しい姉とともに中国北京にわけも分からないうちに日本軍人に引きずられて行った。母親が買ってくれた黄色いセーターを着たままだった。
(中略:キムハルモニの証言とムン・オクチュルハルモニの証言)

「戦争と女性への暴力」リサーチアクションセンター(VAWWRAC)」のニシノ・ルミコは朝鮮人慰安婦被害者証言52件を分析して慰安婦の連行がどの様な方式でなされたかを調べた。すなわち詐欺・甘言(病院、工場などでの仕事とだますなどの)による連行が33人(63.5%)、拉致・誘拐が11人(21.2%)、人身売買が8人(15.4%)であった。(被害者証言で見た日本軍「慰安婦「連行の強制性、<彼らはなぜ日本軍「慰安婦」を攻撃するのか>)

また、これら大多数が20才未満の未成年者であったという点だ。ニシノ・ルミコの分析では慰安婦被害者証言の86.5%が未成年連行だった。ユン・ジョンオク教授が保健社会部に申告された56件を分析したところによれば、全体の80%が未成年(12~19才)で、12%だけが20才以上だった。残りは正確な年齢を記憶できない場合であった。(「朝鮮植民政策」の一環として日本軍「慰安婦」、<日本軍慰安婦問題の真相>、歴史批評社)

去る2015年末、韓日政府が「慰安婦合意」を押し切った直後、米国デラウェア大マーガレットD.ステッツ教授はニューヨークタイムズに読者意見形式の文を載せて大きな反響を呼んだ。彼女は「生存者らが証言するように、このような残忍な性奴隷システムの多くの対象らは「成人女性(women)」ではなく、初潮前の「13才あるいは14才の少女ら(girls)」だった」として「彼女らはほぼ毎日、強姦に捧げられるために荷物のようにアジアを横切る戦線に乗せられていった」とした。

多くの人々が誤解するように日本の「慰安婦」動員と犯罪は成人女性を対象にしたものではなく「戦争犯罪だけでなく児童人身売買であり児童を対象にした性犯罪であった」ということだ。

ムン・ヒョング記者

ソース:メディアトゥデイ(韓国語) 「獲物は13才、14才の少女らだった」
http://www.mediatoday.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=136902



続きを読む

視聴率低迷のフジテレビが『有力者から露骨に敬遠される』凄絶な事態が進行中。泣きっ面に蜂の悲惨な状況に

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:Egg ★@\(^o^)/:2017/05/22(月) 18:08:11.40 ID:CAP_USER9.net

毎回豪華なゲストが登場するフジテレビ系の月9ドラマ「貴族探偵」だが、女優の広末涼子(36)が29日放送の第7話に出演。月9枠への出演は'07年の「ガリレオ」以来10年ぶりとなる。

広末といえば、「ロングバケーション」('96年)で月9初出演。以降、「ビーチボーイズ」('97年)、「リップスティック」('99年)、「できちゃった結婚」('01年)などに出演し、自身の芸能生活を彩ってきた。

「今年は月9枠がスタートしてから30周年。それもあって『貴族探偵』は主演の嵐・相葉雅紀(34)、中山美穂(47)、井川遥(40)ら月9に縁のある豪華キャストを集めていました」(放送担当記者)

だが第1話こそ11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で2ケタを記録したものの、第2話以降、1ケタにとどまっている。

「今回のドラマは月9の全盛期にプロデューサーをつとめていた亀山千広社長(60)の肝いり。しかし亀山氏はまるでドラマの視聴率が低迷した責任をとるかのように、役員会議での社長退任が決定してしまいました」(前出・報道担当記者)

歴史ある月9。ここ数年は続々と若い売れっ子の役者が出ているだけに、その役者と中堅・ベテランをうまく使いこなせばよさそうなものだが……。

「フジの看板枠にもかかわらず、このところ若手の売れっ子たちからは明らかに敬遠されています。前クールは西内まりやさん(23)に白羽の矢が立ちましたが、案の定ドラマが大コケ。その件もあり、ますます敬遠されてしまいました」(芸能プロダクションスタッフ)

社長交代を機に、月9枠の存在意義を根本から見直す必要がありそうだ。

女性自身 5/22(月) 17:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010007-jisin-ent



続きを読む

民進党議員の『国会でトンデモ質問を乱発して』関係者が大弱りの模様。無意味な時間の浪費が常態化

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/05/23(火) 07:43:04.70 ID:eZqMyQ5u0.net BE:844628612-PLT(14990)

‪「『世界の真ん中』とは?」「『わが闘争』教材で使うことは?」 野党議員、トンデモ質問主意書乱発 答弁義務で各省庁負担増大
http://www.sankei.com/politics/news/170522/plt1705220042-n1.html

 国会議員が国政全般に関して政府の見解を文書で尋ねる「質問主意書」で、野党議員が政府への嫌がらせとしか思えないような“トンデモ質問”を乱発している。しかも、国会での質問が制約される少数政党ではなく、委員会で質問の機会が十分ある政党の議員による提出が目立つ。政府はどんな質問に対しても閣議決定を経て回答しなければならず、各省庁は答弁書の作成に時間を取られ、かなりの負担になっている。(今仲信博、原川貴郎)

続きはソースで

民進党議員が出したトンデモ質問一覧(該当記事紙面より)

xWAdvGI


続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ