記者暴行に恐怖した文在寅が『卑屈すぎる”小国宣言”を公式宣言して』世界が騒然。属国だと自ら認めた模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2017/12/15(金) 18:34:54.99 ID:CAP_USER.net

(機械翻訳)

聯合ニュース記事転送2017-12-15 13:04

(北京=聯合ニュース)ノヒョドンイ・サンホン記者=ムン・ジェイン大統領が15日、北京大学で、現地の学生を対象とした講演では、中国との感情的な共感を形成しようとする努力があちこちで埋めた。

普段の歴史に興味を持って深い文大統領は韓中との間の友誼を示す歴史の事例を多く引用し、若い世代が頻繁に訪れる中国のビールとつまみまで言及し、中国との距離を縮めるために心血を傾けた。

特に文大統領は演説のあちこちで、中国を「高峰」「大国」とおだて韓国を「小さな国」と呼ばながら、中国が周辺国をより広く受け入れてくれることを強調して目を引いた。

文大統領は演説序盤に韓国と北京台の縁を述べた。

文大統領は「韓国の近代史に足跡を残した人物の中、北京大学出身がある」とし「1910年代北京の史学科で数学たイユンジェ先生は日本に対抗してハングルを見て、私の国を失った暗い時代の光を明らかにした」とと述べた。

韓中関係が数千年にわたる友好親善の歴史上という点を強調して部分では、歴史的な事例が次々続いた。

http://news.nate.com/view/20171215n16553?mid=n1006



続きを読む

『中国は我々を朝貢国家に認定したのか』と韓国がようやく現実を認識。ここまで酷い国賓訪問はない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2017/12/15(金) 16:25:43.34 ID:CAP_USER.net

昨日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席が首脳会談を行った。多者間国際会議の途中に行われた以前の2度の会談とは違い、今回は韓国大統領の「国賓訪問」会談だった。それだけに形式と内容はいずれも両国の大きな関心事だった。

両首脳は韓半島(朝鮮半島)の平和と安定のための4大原則に合意した。

▼韓半島で戦争は絶対無用▼韓半島の非核化原則の堅持▼対話と交渉を通じた北朝鮮の非核化▼韓国と北朝鮮の関係改善だ。両国が北朝鮮の核解決の原則を明らかにしたわけだが、また別の議論の的になるおそれがあるという点で懸念もある。もしかするとあるかもしれない米国の対北朝鮮軍事オプションや戦術核の韓国配備などに同意できないという意味として解釈される可能性があるためだ。

THAAD問題に対する見解の差も依然として縮められなかった。文大統領は「最近の苦難は相手の立場になって考える機会になった」と話したが、習主席は「今、誰もが知っている理由で中韓関係は後退を経験した」とし、韓国の責任について言及した。

習主席も「THAAD問題は韓国が適切に処理することを願う」と話した。THAADを追加配備せず、米国のミサイル防御体系(MD)に参加せず、韓米日軍事同盟を発展させないといういわゆる「3不」を韓国に対しきちんと守れと露骨に圧迫したのだ。

今回の会談は内容だけでなく格式、日程の選択などでも少なからず遺憾を残した。何より「国賓」として招いておきながら中国の態度は無礼を越え、韓国としては侮辱と感じられるほどだ。
通常、長官級が出てくる空港の出迎えを次官補級が務めたことからしてそうだ。格が下がったことも問題だが、「THAAD担当者」を送ってきたのも常識的ではない。文大統領の北京到着当日、習主席をはじめとする国家の主要指導者が南京虐殺80周年追悼式への出席を理由に北京を留守にしていたのも礼儀を欠いている。

訪中の4日間、文大統領と中国高官の食事は習主席との晩餐、重慶市党書記との昼食だけだ。名前ばかりが国賓訪問なだけで、過去の朝貢国家に対するかのように冷遇するというやり方だ。このような「中華覇権主義」は両国の関係発展に少しも役に立たないばかりでなく、中国の国際社会でのリーダー国家としての成長においても大きな障害となるだろう。韓国の記者が中国側の警護員に集団暴行され重傷を負うというとんでもない事態まで重なった。一流国家ではあるまじきことだ。

結局、共同声明も記者会見もない会談になってしまった。このように後腐れの多い国賓訪問もないだろう。韓国が自ら招いた側面もないわけではない。年内訪中や習主席の平昌(ピョンチャン)オリンピック招請に執着し、緻密な外交折衝戦を行えなかったという見方もできる。

「覇権主義中国」の本来の姿を冷静に見きわめ、それを基盤にして外交安保戦略を立てなければならない。中国がTHAAD問題に執拗にこだわれば、恐るべき北朝鮮の核が根本の原因なのだという点を繰り返し説得しなければならない。退くことのできない論理であり、明確な理由だ。北朝鮮の核の危機がいつか解決するとしても中国の覇権的形態は激しさを増す可能性がある。韓国の外交安保が克服しなければならない大きな試練だ。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

ソース:韓国経済新聞/中央日報日本語版<韓経:【社説】格式・日程・内容のすべてが納得しがたい韓中首脳会談>
http://japanese.joins.com/article/571/236571.html?



続きを読む

文在寅の一人飯に『韓国が”無理のある言い訳”を連発して』恥を上塗り中。韓国は中国に優遇されていた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2017/12/15(金) 16:23:23.50 ID:CAP_USER.net

2017年12月15日14時58分
[中央日報/中央日報日本語版]

PYH2017121416700001301_P2

中国を国賓訪問している文在寅(ムン・ジェイン)大統領が中国指導部と食事をせずに「一人飯」をしていることで論争が広がっていることに対し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が15日、立場を表明した。

青瓦台関係者はこの日午前、青瓦台で記者団と会い、関連質問が出てくると「インドネシアで市場を訪れたように(14日午前の)朝食は韓国が企画した日程」としながら「(文大統領が)中国国民に身近な印象を残すことも重要な外交」と答えた。続いて「冷遇論が出てくる心配も分からないことはないが、(韓中首脳間の)会談内容を評価してほしい」とし「会談を予定よりも1時間長くしたのは初めて見た。(中国が)韓国を重視する認識の表れだとみている」と述べた。それから「冷遇論に同意できない」と強調した。

文大統領は前日午前、金正淑(キム・ジョンスク)夫人と一緒に北京の朝食専門店「「永和鮮漿」で、油條(中国式揚げパン)と豆漿(油條につけて食べる中国式豆乳)を注文して食事を取った。中国人に人気の食堂をサプライズ訪問して、食事を取る姿を通じて、中国人に親しみを感じてもらおうとしたというのが青瓦台の説明だ。この席には盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中大使だけがいた。

だが、訪中前から中国経済の指令塔であり序列2位の李克強首相との15日の会談が、当初進めていた昼食会形式ではなく午後遅くの面談形式に決まったことを受けて大きな論争を呼んでいた。

一部メディアでは、文大統領の訪中期間のすべての食事日程に対して問題提起をしている。3泊4日の訪中期間中、食事ができるのは全部で10回。そのうち習近平主席との国賓晩さん会(14日)、中国次世代指導者として注目されている陳敏爾・重慶市党書記とは昼食会(16日)など2食だけを中国指導部と共に食事する日程で、残りは中国側の高位要人とは一緒ではないためだ。食べることを最上に考えている中国で、客をもてなす最高の所作が食事の招待であることを考えると、異例という言葉が出るのはこのためだ。野党圏ではこれについて「中国の真ん中で、国賓である大統領が冷や飯を食わされている」〔正しい政党の兪義東(ユ・ウィドン)首席報道官〕と批判している。

これについて、また別の青瓦台高位関係者は前日、中国現地で記者会見し、「我々が日程を入れずに勉強のために空けてあっただけなのに『一人飯』という言葉がどうして出てくるのか」と反問した。

青瓦台関係者は前日午後、北京人民大会堂北大庁で開かれた公式歓迎式で、文大統領が中国側の人々と挨拶をする時、王毅外交部長が文大統領の腕をポンと叩いたことに対しても「王毅部長は親近感を示すためにしたかもしれないので、欠礼だとは見ないでほしい」とした。当時、王毅部長が腕を叩く前、文大統領が先に握手をした後、王毅部長の右腕を2回叩いて再会の喜びを表現した。

だが「同じ行動をしたといっても、国賓として訪問したトップに国賓を迎える側の長官級の人物が腕を叩く行為は外交的欠礼だ」という指摘が出ている。相当数の外交慣例は王政時代の礼法に従っているためだ。2009年英国バッキンガム宮殿でレセプションが開かれた時、バラク・オバマ当時米国大統領のミシェル夫人が親近感を示すためにエリザベス女王の肩に腕を回して欠礼問題が広がった事例もある。

http://japanese.joins.com/article/587/236587.html?servcode=A00§code=A30



続きを読む

平昌五輪の日本代表が『韓国人の神経を逆撫でする』凄まじいプランを公開。とにかく土に触れたくない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2017/12/15(金) 14:19:28.67 ID:CAP_USER.net

日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は15日のスポーツ議員連盟総会で、来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪で日本選手団がチャーター機を利用して韓国入りする計画を明らかにした。日本海に面した襄陽の空港を使用する。

スキーなどが行われる平昌、スケートなどの会場となる江陵は仁川国際空港やソウル郊外の金浦空港から離れている。襄陽は日本の主要空港から定期便はないものの、会場へのアクセスに優れ、移動の負担は減ることになる。

日本スポーツ振興センター(JSC)は、味の素ナショナルトレーニングセンター以外に設置する2020年東京五輪・パラリンピック期間中の調整支援拠点について検討状況を説明した。


[2017年12月15日13時22分]
https://www.nikkansports.com/sports/news/201712150000365.html



続きを読む

韓国製の次世代Galaxyが『売上爆死確定の凄絶な代物』で世界が仰天。意味不明すぎる性能な模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ニライカナイφ ★:2017/12/15(金) 12:46:53.76 ID:CAP_USER.net

◆画面が背面まで回り込むサムスン製スマホ 図案がネットに【写真】

サムスンの非常に奇抜なデザインのスマートフォンの図案がネットに登場した。画面が「曲がっ」て側面を通り、背面の半分まで覆っているのだ。サイLetsGoDigital」は、同機がすでに特許取得済だと報じた。

図案には、デバイス前面の片側にベゼル(縁)があるが、反対側からは画面が背面半分まで回り込むように折れ曲がっている様子が描かれている。図案にはバックカメラもフロントカメラもない。

iDrUenJ


ツイート:https://twitter.com/techmadness_org/status/941259071549837312

サムスンは以前もエキゾチックなデバイスの特許を取った。
その機種はフレキシブル有機ELディスプレイを搭載していた。

Sputnik日本 2017年12月15日 02:06
https://jp.sputniknews.com/science/201712154382234/



続きを読む
スポンサード リンク
スポンサードリンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ