韓国映画を見た日本教授が『凄まじい悪癖発露に呆れる』珍事は発生。日本を貶める大嘘が次々と

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/02/20(月) 00:07:42.10 ID:CAP_USER.net

朝鮮人徴用工の脱出を描いた韓国映画「軍艦島」(柳昇完監督)が7月に封切りされるという。「軍艦島」とは長崎港の海上に浮かぶ端島の別名であるが、「日帝強占期、われわれはそこを地獄島と呼んだ」のコピーからすると、「悪の日本帝国とその犠牲者である朝鮮人」を描いた作品なのだろう。

 日本統治期というと、近年の韓国では「強制連行」や「戦時徴用」のことばかりが話題になる。それでは歴史観が視野狭窄症に陥るのではないかと思うが、この映画もどうやらそれに貢献するものらしい。

 それはしかし、事実とあまりにもかけ離れているのではないかと、元島民らの言葉を紹介したのが8日付本紙の記事である。それに柳監督自身がMBCテレビの取材で反論したという記事が翌日にあって、「数多くの証言集を通じ、本当に事実だというしかない資料がある」とか「地下1千メートルの炭坑で作業をし、人権蹂躙された生活を送るなどの内容は、歴史的事実を基にしている」という言葉が紹介されている。

 多くの「証言集」に「悪の日本帝国とその犠牲者である朝鮮人」の記述があるのは事実である。しかし端島の朝鮮人徴用工に関心を寄せ、発言し続けてきたのは岡正治(牧師・故人)や林えいだい(作家)といったもっぱら左派系ばかりで、彼らは日本国の加害者性の告発・糾弾を自己の使命としてきた人々である。

 その志を一概に否定することはしないが彼らの「証言」には驚くほどの偏った「事実」の選択とともに、9割の事実を1割の恣意でつないで、日本の「悪」の物語を創造するという悪癖がある。そんな「証言」を活用して、反日の国の映画監督がヒット作を作ろうというのだから、これは要注意であろう。韓国人はなによりも、自らの影を安易に隣国に投影することの醜さに気がつくべきであろう。

 柳監督自身に誤解や不勉強もある。「地下1千メートル」というが、戦時期にこの深さの炭坑がこの島のどこにあったというのか。「人権蹂躙」という言葉の使い方もおかしい。徴用とは戦時期の国民に課せられた義務であって、当時は朝鮮人も日本国民だったから端島の炭坑にも朝鮮人徴用工が駆りだされていた。

 日本国民とはいっても、当時の朝鮮人が、しばしば二級市民扱いされていたことを知らないわけではない。しかし炭坑の世界には、地上の世界より平等主義的なところもあって、日本人と朝鮮人は一緒に班を作って作業していたのであり、危険な仕事はむしろ腕のいい日本人が担った。なぜか。落盤事故でも起きたら、みんなが危険な目にあうからである。

http://www.sankei.com/world/news/170219/wor1702190041-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170219/wor1702190041-n2.html
http://www.sankei.com/images/news/170219/wor1702190041-p1.jpg
鄭大均教授



続きを読む

米韓の同盟協議で『米軍高官が”韓国の煮え切れない態度”に激怒する』悲劇が発生。韓国議員はみな賛成するものだ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 21:40:24.13 ID:CAP_USER.net

http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2017/0217/00502597_20170217.JPG
▲ステルス機能にヘリコプターと無人機離着陸まで可能な米国の次世代駆逐艦ズムウォルト(DGG-1000)が米国、サンディエゴ港に停泊している。

今年1月末、米国ハワイでハリー・ハリス太平洋司令官は筆者をはじめ韓国国防委員団に面会した席で「済州や鎮海のような韓国基地を母港として米国の次世代駆逐艦のズムウォルトを配置しようと思うがどう思うか」と言った。北朝鮮の核・ミサイルが高度化する中、米国を相手に「戦略資産を韓国に配置して欲しい」という韓国政府の要求に対する太平洋司令官の大胆な提案に筆者をはじめ国防委員らはあっけにとられた。

筆者が「そのような戦略資産配置は民主国家の韓国では国民の同意を得なければならない懸案であって、一方的にはできない」と話すとすぐにハリス司令官は「ここに来た韓国議員らがみな賛成するものと思っていたが一人で後退するのか」と筆者をにらんだ。
続けて彼は「この駆逐艦を韓国が受け入れるならば、他の戦略資産も展開する」という言葉まで付け加えた。

米太平洋司令官びっくり提案の内心は

簡単に見過ごせる言及ではないと直感した筆者は同行した米軍将軍をはじめ主要関係者たちにハリス提督が話した駆逐艦前線陣地に配置する真意を聞いてまわった。現代戦で海の最終兵器であり『海のピラミッド』とも呼ばれるズムウォルト駆逐艦は新しい概念の電子式艦砲としてレールガンを試験運用している。レールガンが電磁気の力で発射する徹甲弾は音速の8倍の速度で飛んで行って遠くの標的を精密に打撃する。

万一、この駆逐艦が済州島に配置されれば、中国は相当な圧迫を感じるほかはない。ステルスと最先端レーダー機能を有するこの駆逐艦は西海(ソヘ、黄海)から中国の主要都市に猛爆を加えることができる『ゲームチェンジャー』(戦略の流れを変えることができる武器)といえる。米関係者たちはこの駆逐艦を西海に前進配置して非武装地帯の北朝鮮長射程砲を制圧する大火力戦を遂行する作戦概念が準備していることを筆者に説明してくれた。

合わせて駐韓米軍は戦争初期に北朝鮮の長射程砲を最短時間内に制圧して北朝鮮政権の心臓部を打撃する概念でズムウォルト駆逐艦をはじめとする戦略資産を活用する新しい作戦計画が構想されていることを明確にした。

北朝鮮の核・ミサイル発射兆候があれば10分以内に韓国は防御体制を整えなければならない。THAAD、パトリオットなどすでに配置が計画されたミサイル迎撃体系の他に米国は韓半島近隣にイージス駆逐艦を追加配置し、偵察機(EA-18G、E-2D)、海上基盤極超短波レーダー(SBX)と連係してこまかいミサイル防御網を構想している。イージス艦に配置されるミサイル迎撃システム(Baseline-9)はスーパーホーネット、ホークアイ、空中レーダー能力と関連して韓国内空中防御およびミサイル資産と統合運用される統合空中ミサイル防御(IAMD)に進む予定だ。

一方、慶北星州(ソンジュ)に配置される米国THAAD砲台の極超短波レーダーは日本にすでに配置された同じレーダーと連動し韓半島周辺で重なる監視網を形成する。このように日本レーダーと重なる監視をする理由を訊ねるとすぐに米関係者は「迅速性と正確度が高めるため」と説明した。

慶北星州は日本MDの頂点

その道理はこうだ。私たちがGPSで正確に自身の位置を把握できるのは3ケ所の衛星電波を活用した三角測量による。同様に空中から飛んでくる標的は地上3ケ所のレーダーが一緒に探知してこそ弾頭の正確な形状と速度、軌道を計算できる。星州のTHAADレーダーはただ大韓民国を防御するために1基で作戦を行うのではなく、韓・米・日のミサイル資産を統合する過程で意味があり、星州は横に展開する日本の極超短波レーダーを連結する三角形の頂点に位置している。
>>2-5のあたりに続く

キム・ジョンデ/軍事専門家

http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2014/1206/141777452212_20141206.JPG

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 米国は『海のピラミッド』をなぜ韓国に送ろうとするだろうか
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/783135.html



続きを読む

朝日新聞の国有地報道が『安倍政権に微塵もダメージを与えられず』パヨクが発狂。手も足も出ない状態な模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ひろし ★:2017/02/19(日) 22:06:25.07 ID:CAP_USER9.net

読売新聞 2/19(日) 22:03配信

 読売新聞社は17~19日、全国世論調査を実施した。

 安倍内閣の支持率は66%で、前回調査(1月27~29日)の61%から5ポイント上昇し、第2次内閣発足時の2012年12月の65%とほぼ同じ高い水準となった。不支持率は24%(前回31%)。

 安倍首相とトランプ米大統領の日米首脳会談を「評価する」は66%、「評価しない」は26%。首脳会談の評価に加え、北朝鮮の弾道ミサイル発射などで危機意識が高まったことも、支持率を押し上げたとみられる。弾道ミサイル発射をやめさせるため、国際社会が北朝鮮に対し、対話と圧力のどちらを重視すべきかを聞くと、「圧力重視」55%、「対話重視」35%だった。

 日米首脳会談で、沖縄県の尖閣諸島について、米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約5条が適用されると確認したことを、「評価する」は71%。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00050080-yom-pol



続きを読む

『韓国の富の2割は存在しない扱いだ』と経済専門家が”危険な実体”を予測。韓国公的機関は反論している模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2017/02/18(土) 11:22:01.16 ID:CAP_USER.net

韓国の地下経済規模124兆ウォン…GDP比8% | Joongang Ilbo | 中央日報
http://japanese.joins.com/article/920/225920.html?servcode=300§code=300


韓国の地下経済規模が国内総生産(GDP)比8%という国策研究機関の分析が出てきた。
韓国租税財政研究院が17日に出した報告書「所得税タックスギャップ(Tax Gap)および地下経済規模推定」でだ。

これによると、2015年基準で地下経済規模は124兆7000億ウォン(約12兆円)だ。地下経済とは政府の規制を避けて行われる経済活動。フリードリヒ・シュナイダー・リンツ大学教授は2013年、韓国の地下経済規模をGDP比24.7%(2010年基準)で推定した。

租税財政研究院のアン・ジョンソク研究委員は「地下経済規模はどう測定するかによって異なるが、GDP比20%には達しないだろう」と述べた。

タックスギャップは2011年基準で最大26兆8000億ウォンと集計された。納税者が期限内に納付するべき全体税額の15.1%。タックスギャップとは、納税者が税金を適時に納める場合の税収と実際の納付税金の差であり、不誠実納税の規模を表す。



続きを読む

AFP通信が『反日展覧会の胡散臭い主張』を全世界に拡散した模様。海外でも中国系の活動が活発化

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 14:28:32.51 ID:CAP_USER.net

シンガポールで、日本占領時代の歴史を紹介する展示会の看板を覆う作業員

img_fdd7b897395bff01cd2f402eaebef476175655

シンガポールが第2次世界大戦(World War II)中に日本に占領されていた歴史を紹介する展示会の名称が、国民の抗議を受けて変更されることになった。

当時英国の植民地だったシンガポールが旧日本軍の進攻で陥落してから75年に当たる15日に始まったこの展示会は、当初「Syonan Gallery: War and Its Legacies」(昭南ギャラリー:戦争とその遺産)という名称だったが、日本が占領したシンガポールにつけた名称「昭南」を使用した点について、親や祖父母の世代を含む大勢の国民から抗議の声が上がった。

ヤーコブ・イブラヒム(Yaacob Ibrahim)情報通信相は17日、フェイスブック(Facebook)への投稿で「日本占領下で著しい苦痛を味わい、ご家族を亡くされた方々の感情を尊重しなければならない」と陳謝し、展示会の名称を「Surviving the Japanese Occupation: War and its Legacies」(日本の占領を生き延びる:戦争とその遺産)に変更すると表明した。

またイブラヒム氏は、当初の展示会名称に「昭南」という単語を使ったのは日本による占領を容認しているからではないかとの指摘について、そのようなことはないと否定した。

旧日本軍は1942年2月にシンガポールを占領し、英国軍は手痛い敗北を喫した。日本の占領は約3年続き、歴史家や生存者によると、この期間に18~50歳の中国系5万人が殺害されたという。

ヤーコブ氏は、展示内容は「忘れてはならない、そして若い世代に伝えればならない歴史上のつらく悲劇的な時代を捉えている」ものであり一切変更していないと述べた。

(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3118389



続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ