渦中のアパホテルに『中国人記者が多数潜入する』凄まじい営業妨害事案が発生。思わぬ利益を日本が受ける可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:シャチ ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 12:35:24.98 ID:CAP_USER.net

産経新聞 1/19(木) 12:05配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000517-san-cn


 中国外務省が日本のアパホテルに対し、「南京大虐殺」や「慰安婦強制連行」などを否定する書籍を客室に備えたと批判している問題で、国営新華社通信は18日、女性を含む複数の記者を東京新宿区のアパホテルに派遣して“潜入取材”を行い、「実地調査、怒りの上にまた怒り」と題する映像ニュースを配信した。

 映像によれば、ホテルに入った記者らはまず、フロントに「右翼書籍」が販売されていることを“発見”した。その後、客室に入った女性記者は、「このような狭いに空間にもかからず、アパホテルは右翼思想の宣伝に全力を傾注している」と話しながら、テーブルの上に備えた鏡の処に備えた書籍「本当の日本の歴史」などを手に取り、「これはこのホテルのCEO(最高経営責任者)が書いた本だ。南京大虐殺と慰安婦を否定している」と説明した。

 その上で、書籍は日本語と英語で書かれていること強調し、「アパホテルはこのような形で日本国民と、世界各地からくる外国人観光客に右翼思想を広めようとしている」と話した。

 映像の最後は、ホテルを出た記者の取材を受けたオーストラリア人と中国人の観光客の「歴史を否定するホテルなら私は利用しない」「このホテルに二度と行くなと広く呼びかけるべきだ」といった同ホテルへの不満のコメントを紹介した。

 同記事は中国国内の各インターネットサイトに広く転載された。「中国人の日本への渡航を禁止すべきだ」「みんなでアパホテルをボイコットしよう」といった批判な書き込みが多く寄せられた一方、「この記事はアパホテルへの営業妨害行為ではないか」といった冷静な声も散見された。



続きを読む

”テレビ朝日”で没落した韓流女優が『世にも情けない姿』を見せた模様。あまりの態度に視聴者から批判殺到

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 11:41:26.31 ID:CAP_USER.net

1月8日放送の「あるある議事堂SP」(テレビ朝日系)に出演した元ICONIQこと伊藤ゆみ。この番組MCをドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)でブレイクした俳優の大谷亮平が務めていたのだが、伊藤が大谷に対し不遜な態度をとったことでブーイングが起きている。

伊藤と大谷は、ともに韓国で芸能活動をしていたことがあり、伊藤のほうが大谷よりも韓国デビューが2年ほど早く、番組で伊藤が「あたしのほうがデビュー早いよね?」と念を押すように質問すると、「はい。早いです」と丁寧語で大谷が答えるひと幕もあった。

「伊藤は01年にアイドルグループ『Sugar』のメンバーとして韓国デビューし、一躍人気者となりました。対する大谷は03年に韓国で流れていた世界的に知られるドーナツ会社のCMに出演して大ブレイク。番組で伊藤は何度も『韓国では知り合いだったのに日本で会ったら冷たい』と大谷を責めていました」(テレビ誌ライター)

大谷は、冷たい態度などしていないとして「楽屋にもちゃんと挨拶に行った」と説明。これに対して伊藤は「『どうも』みたいな短い挨拶だけだった」とさらに反論する展開に。

「これにはネット上で『元アイコニックの態度がひどい』『性格悪い』など、伊藤に対するブーイングが噴出しています」(前出・テレビ誌ライター)

初めてのMC役でしどろもどろになっている大谷に対し、容赦なく噛みついていた伊藤。現在は女優として仕事をしていると言うが、「昨年の女優としての仕事はゼロ」とのこと。同性である女性の気持ちに配慮しないと、今年も昨年と同じ目に遭ってしまうかも。

ソース:アサジョ 2017年1月14日 10時14分
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170114/Asajo_22567.html
http://s.eximg.jp/exnews/feed/Asajo/Asajo_22567_104b_1.jpg



続きを読む

SNSの慰安婦動画が『潘基文に”悲痛な追い討ち攻撃”を加え』盛大に炎上中。保守派は既に瀕死な模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 10:33:42.26 ID:CAP_USER.net

潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が18日、自身に関する事実を歪曲(わいきょく)・誇張して報道したり、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で流布されたりしていることに対して激怒した。

 潘基文氏は同日、大邱韓国青年会議所の役員たちとの夕食会で、「慰安婦に関して私は歴史的に過ちを犯したかのように言われているが、絶対にそうではない」と、韓日慰安婦合意の過程について長い時間をかけて説明した。また、「長年(韓日間で)引っ掛かっていた慰安婦問題について、ついに(日本の)首相が謝罪し、政府予算で(支援)した。だからある程度の深みがあるのだ。元慰安婦たちの無念の思いを晴らすことができるような合意ではないが、肝心な部分は押さえているという意味であって、『完全に終わった』(などと言っている)かのように誤解してはならない」と語った。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/19/2017011900615.html



続きを読む

”岸田外相の反撃”に韓国議会が『まともに反論できず』盛大に火病を発症。日韓関係を再破壊する気か?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 10:25:59.11 ID:CAP_USER.net

韓国セヌリ党の非主流派「正しい政党」は、独島(ドクト、日本名・竹島)領有権を主張した日本の岸田文雄外相の妄言に対して「歴史の勉強からやり直せ」と非難した。

同党の張濟元(チャン・ジェウォン)報道官は18日午後、ソウル汝矣島(ヨイド)国会正論館(記者会見場)で「歴史も無視し、国際法も無視する日本外相の妄言にただ茫然自失する」としながら「日本政府は少女像問題によって大韓民国国民の胸に大きな傷を与えただけにとどまらず、独島妄言で再び韓日関係を惑わしている」と指摘した。

また「歴史的真実は、いくら手のひらで隠そうとしても覆い切れるものではない」とし「歴史をわい曲し、妄言を繰り返したところで歴史的事実は歴史的事実に変わりない」と述べた。

続いて「歴史をわい曲しごり押し主張を続けるなら、日本の良心的な国民から見捨てられ、国際社会からも孤立するだろう」としながら「独島は歴史的・地理的・国際法的にも明らかに韓国固有の領土であることを明確に明らかにする」と強調した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://s.japanese.joins.com/article/828/224828.html?servcode=A00§code=A10



続きを読む

岡山理科大が『韓国の妄想をコテンパンに論破して』完全粉砕する偉業を達成。韓国人には理解できないと指摘する声も

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2017/01/19(木) 07:58:17.24 ID:CAP_USER.net

http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2017/20170118/index.html

ポイント
4つの種間雑種の学名を、エドヒガン等の親種の組み合わせで整理しました。
Cerasus × yedoensis という学名は、エドヒガンとオオシマザクラの種間雑種名として用いるべきことを示しました。
韓国済州島のエイシュウザクラは、‘染井吉野’と異なり、エドヒガンとオオヤマザクラの種間雑種(C. × nudiflora)であることを明らかにしました。

概要

国立研究開発法人森林総合研究所(以下「森林総研」という)は、岡山理科大学と共同で、サクラの種間雑種について、形態や遺伝情報に基づく最新の知見を踏まえて分類体系を再検討し、正しい学名を整理しました。

栽培品種の‘染井吉野’は、エドヒガンとオオシマザクラの雑種に由来するひとつのクローンであることが明らかにされています。その学名は、エドヒガンとオオシマザクラの雑種であることを示すCerasus × yedoensisと栽培品種名の‘Somei-yoshino’とで、Cerasus × yedoensis ‘Somei-yoshino’と表記されます(以下では、CerasusをC. と略記します)。しかし、親種の組み合わせが異なるサクラに対しても、形態が似ていることからC. yedoensisの学名が用いられることがあり、サクラの分類に誤解や混乱が見られました。

形態や分子遺伝情報に基づいた最新の成果を踏まえて分類学上有効な学名を検討した結果、C. × yedoensisの学名はエドヒガンとオオシマザクラの種間雑種に限って適用すべきことを明らかにしました。一方、エドヒガンとヤマザクラの種間雑種にはC. × sacra(モチヅキザクラ)、エドヒガンとカスミザクラの種間雑種にはC. × kashioensis(カシオザクラ)の学名が適用されることを明らかにしました。済州島産のエイシュウザクラは、C.yedoensisの変種として扱われることがあり、‘染井吉野’の起源説も唱えられていますが、C. × yedoensisとは親種の組み合わせが異なるエドヒガンとオオヤマザクラの種間雑種C. × nudifloraとして区別され、‘染井吉野’とは系統が異なることがわかりました。

本研究成果は、2016年12月22日にTaxon誌でオンライン公開されました。


(以下略)



続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ