日中に罵倒された韓国が『情けなさすぎる逆恨み』をしている模様。自分達の不正は見て見ぬふり

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:【B:82 W:92 H:99 (C cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★:2018/06/19(火) 20:04:46.02 ID:CAP_USER

7vfyv26206m4ibjr6rhl

▲ 「天道輪廻(因果応報)だ!韓国人は結局報いを受ける事になった。もし02年にVARがあったなら・・・」(上海熱線)。

『2018ロシアワールドカップ』F組初戦のスウェーデン戦で痛恨の敗北を喫した韓国に対し、中国と日本ネチズンが嘲弄した。

去る18日にスウェーデンと対戦した韓国は、ペナルティーキックの失点でスウェーデンに決勝ゴールを許して0対1で敗れた。

これを見た中国と日本ネチズンは、「韓国は去る2002年の日韓W杯ベスト16、イタリア戦での誤審に対する罰を受けた」と言いながら、「全ては“因果応報”」と非難した。

韓国-イタリアのベスト16の試合で延長前半、トッティーはペナルティーエリアの中で倒れた。

韓国の選手が近付いてはいたが身体接触が一切なかったため、トッティーは『ハリウッドアクション』で警告を受けた。先立って肘を使って受けた警告が累積して、トッティーは退場となった。

qxv9893m0o5n0b514v5n

▲ 2002年ワールドカップベスト16、韓国-イタリア戦で退場になったトッティー。

この判定を巡って物議を醸したが、おおむね妥当な判定だったという意見が多数だった。しかし退場当事国のイタリアは根強く『誤審』と主張した。

そして何の関係もないが韓国が上手く行っている事がけしからんとし、中国と日本まで力を合わせて「誤審だ。不公平な判定だ」と韓国を批判した。

こうして中国と日本ネチズンが再びこの事を取り上げ、韓国の敗北を嘲弄した。

韓国の敗北に『審判』の影響があったとしても、そのような審判に当たったのは2002韓日ワールドカップ当時の誤審のツケが『因果応報』として現れたというのだ。

8ab7pkz9179ds9869brn

▲ スウェーデン戦のホエル・アギラール主審

中国のポータルサイトには、「韓国人は結局報いを受けた事になる」という、露骨なタイトルの非難記事まで出てきた。

この記事を見た中国ネチズンは、「我が中国チームは強くはないが汚くはない」や、「これは全て韓国が自ら招いた事でアル」。非常に痛快でアル」と皮肉った。

68pke26w4nf2b7lx0xh2

▲ オンラインコミュニティー。

日本ネチズンの反応も中国ネチズンと特に変わらなかった。

日本ネチズンは、「審判買収で勝利を拾ったら、今回にはビデオ判定に首を絞められる立場になったた」、「結果は妥当だ」と言いながら、韓国の敗北は当然で審判判定は問題ないと反応した。

一方これを見た韓国のネチズンは、「ネチズンはそうだとしても、マスコミがこんな記事を書くのか」、「中国はワールドカップも出れなかったくせに」、「日本も同じようなものでは」など、不快だという反応を見せている。

ソース:インサイト(韓国語)
http://www.insight.co.kr/news/161537



続きを読む

米国の報復関税で『上海市場が”絶望的惨状”を呈して』中銀総裁が大慌て。なんとかする!とひたすら主張中

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ]:2018/06/20(水) 03:09:59.14 ID:wQyPWzwD0 BE:416336462-PLT(12000)

総裁は中銀のウェブサイト(www.pbc.gov.cn)で「株式相場に上げ下げはつきものであるから、投資家は冷静かつ理性的になるべき。あらゆる貿易摩擦への対処に向け、中国には万全の備えがある」と述べた。

トランプ米大統領が2000億ドル規模の中国製品に対し10%の追加関税を課すと警告したことを受けて、本格的な貿易戦争に対する懸念が強まり、上海総合指数.SSECは3.8%下落。

ハイテク株の多い深セン証券取引所の創業板(チャイネクスト)指数は6%近く下げ、2015年1月以来の安値をつけた。

https://jp.reuters.com/article/china-markets0pboc-gov-0619-idJPKBN1JF1Y8



続きを読む

W杯日本の勝利に『対戦国の報道陣が驚きを隠せぬ』凄まじい状況に。誰も日本が勝つとは予想せず

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(岐阜県) [US]:2018/06/20(水) 00:48:07.07 ID:9ySNsMVp0 BE:723460949-PLT(13000)

サッカーW杯 日本の勝利 対戦国の報道陣に衝撃

サッカーワールドカップ ロシア大会で、日本が1次リーグの初戦で、南米の強豪、コロンビアに2対1で勝ったことについて、同じグループのポーランドやセネガルの記者たちは「予想していなかったことで驚いた」と衝撃を受けていました。(略)

日本が1次リーグの次の試合で対戦するセネガルの新聞記者の男性は「私たちの国の誰もが日本が勝つと予想していなかったので、とても驚いている」と衝撃を受けていました。

そのうえで「コロンビアの選手が早々に退場して10人になり、ペナルティーキックを得る幸運もあったが、それだけでなくいいプレーをしていた。この試合で自信を得たと思うし、次はセネガルにとって難しい試合になると思う」と話していました。

また日本が第3戦で対戦するポーランドのテレビ局で解説をしている男性は「日本は強くないと思われていたが、コロンビアに勝ったということは強いということ。チームは規律正しく、よく組織されていた。大迫選手のゴールがとても大きかった。日本とはお互い2勝して当たりたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180620/k10011486651000.html



続きを読む

W杯を観戦した小西ひろゆきが『最低最悪の爆死発言』を吐いて周囲騒然。周りを敵に回しまくりな模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(愛媛県) [DE]:2018/06/19(火) 23:04:44.87 ID:yBOIOh1i0 BE:135853815-PLT(12000)

YbREsZn

小西ひろゆき (参議院議員)@konishihiroyuki
W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。
反則は絶対悪、退場も最悪ミスだが、我が身を捨てた執念の行為に、あの瞬間に何もせず、失点承知でシュートを見送るだけの国会議員が何人いるだろうかと考えた。安倍政治は罪深い。


日本-コロンビア戦のドキュメント=サッカーW杯
https://www.jiji.com/jc/worldcup2018?s=news&k=2018061901324



続きを読む

中国の報復関税が『米国に全力で殴り返され』経済崩壊の危機に直面。勝ち目は皆無な模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ばーど ★:2018/06/19(火) 11:10:13.07 ID:CAP_USER9

トランプ米大統領は18日、米政権が示した高関税措置に対して中国政府が同規模の報復措置を表明したことに反発し、新たに2千億ドル(約22兆円)分の輸入品に対する10%の関税上乗せ案を検討するよう指示した。中国側が報復措置を取り下げ、不正な通商慣行を改めない限り実施するとしている。

 あくまで強硬姿勢で中国に妥協を迫る構えだが、米中通商摩擦のさらなる激化は避けられない。米政権は15日、知的財産の侵害を理由に、計約500億ドル(約5・5兆円)分の中国からの輸入品に25%の関税を上乗せする措置を発表。うち340億ドル分への高関税措置を7月6日に発動すると表明した。これに対し、中国は関税をかける対象の規模や実施時期をそのままなぞった報復措置を発表していた。(ワシントン=青山直篤)

2018年6月19日09時57分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL6M2VVYL6MUHBI00K.html?iref=sp_inttop_all_list_n



続きを読む
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ