「韓国学者がノーベル賞で人類最高の快挙を成し遂げた」 韓国の素晴らしい偉業が日本人から絶賛される

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:犇@犇φ ★:2012/10/08(月) 23:14:14.57 ID:???

■大韓民国科学者、ノーベル賞受賞者をピンポイント予測

我が国の生命科学研究者が、ノーベル生理医学受賞者を2年続けざまに正確に当てて
話題になっている。

主人公は、生命科学者らのコミュニティ サイトであるPOSTECH生物学研究情報センター
(BRIC)。今年8月30日から10月3日までノーベル賞受賞者を予測するイベントを行なった。
圧倒的1位になったのは日本の山中伸弥・京都大学教授。今回のノーベル生理医学賞
受賞者に選ばれた。BRICは黄禹錫(ファン・ウソク)幹細胞詐欺を明らかにし、狂牛病事態の
狂気を沈静化させたサイトとして有名だ。

BRICのイベントは2011~2012年に科学者らからノーベル賞候補として推薦された人と
新たに推薦を受けた人を対象に「共感」ボタンを押すようにした。その結果、逆分化万能
幹細胞の最高権威者である山中教授が71票を獲得し圧倒的1位となった。


2位はRNA干渉分野の世界的権威者であるソウル大学生物学科のキム・ナリー(Narry 
Kim)教授(24票)、3位はガン抑制遺伝子を発見したアンソニー・ハンター(Anthony R.
Hunter)教授(19票)であった。山中教授と共同受賞したジョン・ガードン教授も3票を推薦
されてトップ20中に含まれた。キム教授が韓国人科学者の希望を反映した側面がある
ことを勘案すると山中教授が圧倒的1位であり、実質的2位はハンター教授になる。

驚くべきは、BRICが昨年のイベントでもラルフ・スタインマンを正確に的中させたという点だ。
スタインマン博士は樹状細胞を発見した功績でノーベル生理医学受賞者と発表されたが、
既に亡くなっていたことが一歩遅れて知られ、世界の科学者から惜しまれた人物だ。

今回のイベントでハンドル名「Ascendo」は、(1)逆分化万能幹細胞を利用して患者免疫
適合型細胞治療剤を開発することができる点、(2)卵子や胚を使わずとも万能幹細胞を作れる
ためこれまで胚性幹細胞研究の障害物だった宗教的・生命倫理的論争を回避できる点、
(3)患者自身の皮膚細胞から万能幹細胞を作った後に、細胞を得るのが難しい器官である
脳や心臓などの細胞に分化させ、この細胞を利用して患者自身の脳疾患や心臓疾患の
原因解明や治療方法に関する研究ができる点、(4)患者細胞由来の万能幹細胞を利用して
患者オーダーメード型治療法の開発や、新薬スクリーニング、薬品毒性実験を実施できる、
などの点を挙げて山中教授の業績を評価した。

▽ソース:コリア・メディケア(韓国語 )(2012.10.08 22:19)
http://www.kormedi.com/news/article/1204647_2892.html

▽関連スレ:
【ノーベル賞】 またやって来た「ノーベル賞シーズン」今回も韓国はない~優秀な韓国人科学者増えても独創性が多少残念★5[10/07]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349701275/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349705654/続きを読む

「韓国人が村上春樹にノーベル賞を辞退させたくて必死すぎる」 ノーベル文学賞に全てを賭ける韓国メディア

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ウィンストンφ ★:2012/10/08(月) 13:09:14.50 ID:???

 ノーベル文学賞の季節が再びめぐってきた。慣例通りならば、今週の木曜日にスウェーデン・アカデミーが今年の受賞者を発表することになる。毎年授与されるこの賞は、受賞したからといって、偉大な作家がさらに偉大になるわけでもなく、正式発表の4分前にかかってくる電話を受けられなかったからといって、作品の芸術的権威が低下するわけでもない。しかしノーベル文学賞は毎年、他の分野のノーベル賞よりも多くの関心を集めてきた。英国の有名なスポーツブックメーカー(賭博の胴元)「ラドブロークス」が、ノーベル賞のうち唯一文学賞だけ予想オッズ(掛け率)を発表し、実際に人気を集めているという点も、この賞の大衆的な関心を立証している。

 ラドブロークスによると、今年の受賞者予想の1位は日本の村上春樹氏だという。時々刻々変化してはいるが、7日の時点で村上氏のオッズは4倍となっている。3人のうち1人は村上氏に賭けたことになるわけだ。2位は中国の作家、莫言氏で9倍、続いてアイルランドの作家、ウィリアム・トレバー氏と米国の歌手ボブ・ディラン氏が11倍と、後を追っている。韓国の詩人、高銀(コ・ウン)氏とシリアの詩人アドニス氏、チェコ出身のミラン・クンダラ氏、イタリア出身のウンベルト・エコ氏なども上位に名を連ねている。

 ブックメーカーのリストで今年のノーベル文学賞受賞者を予想するのは不謹慎かもしれないが、意外にも最近の受賞作家は、この会社のオッズのトップ10にランクインした名前と大抵一致している。自分の好きな作家をクリックするオンライン人気投票ではなく、お金を賭けた予想となるため、想像以上に的中率が高くなるのだろう。

 賭けに参加した人たちが信じているスウェーデン・アカデミーのノーベル文学賞選定基準は「政治的に正しい作家」だ。文学は他人との競争ではなく、自分自身との戦いであり、一定基準以上の芸術的成就に対して優劣を付けるのは不可能に近い。しかし受賞者を決定するとなれば、政治社会的に正しい行動を見せてきた人、重要事件に対して積極的に発言してきた作家を好むということらしい。

 村上氏の最近3年間のオッズは、2010年に9倍、11年には8倍で、今年4倍に上昇した。意外なのは、この時期、村上氏の「政治的に正しい発言」が続いたという点だ。09年のエルサレム文学賞受賞当時、村上氏は中東の平和を訴え、昨年カタルーニャ文学賞を受賞した際には福島について言及し、原発反対を、そして先日、朝日新聞への寄稿文ではアジアの友愛を求めた。

 還暦を過ぎた小説家が、反戦や平和を主張するのは歓迎すべきことだ。しかし皮肉なことに、これまでの村上春樹文学の魅力は、「脱理念」「非政治」だった。1960年代の左派全共闘時代の理念を超えて、80年代以降、個人の意味と価値を取り戻してくれた前衛的芸術が村上春樹氏だった。そのため、多くの村上春樹ファンが彼をノーベル文学賞に最も似合わない作家としてきた。

 ノーベル文学賞の大きな意味の一つは、長い間文学界内部でしか認められていなかった作家や作品を、さらに多くの大衆に広く知ってもらうチャンスとなるという点だ。村上春樹文学はすでに全世界のベストセラー1位を席巻している。今回のノーベル文学賞は、相対的にあまり知られていない作家の作品が受賞してほしい、というのが、村上春樹文学の一ファンとしての個人的な希望だ。

魚秀雄(オ・スウン)文化部次長

ソース 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/08/2012100801394.html


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349669354/続きを読む

「朝日の教育改革が露骨に売国すぎて日本人もドン引き」 日本学術会議の提言を捏造して中韓有利に持ち込もうとする朝日新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:東京ロマンチカφ ★:2012/10/08(月) 08:17:55.71 ID:???

歴史教育―世界の中の日本を学ぶ

 もっと近現代史を学校で教えよう。尖閣諸島や竹島の領有権問題をきっかけに、政治家が相次いでそう発言している。

 田中真紀子文部科学相は就任会見でこう語った。教科書は現代史の記述が薄い。ファクトはファクトとして出す。自分なりの考えを持てる人間を育てる。そうでないと、国際社会で発信力のある日本人はできない。

 橋下徹大阪市長も「相手と論戦するには、相手の立場を知らなければ」と話した。

 領土や歴史認識についてどんな立場を取るにせよ、中韓を始め近くの国との関係について史実を知っておくことは大切だ。

 近現代と東アジアを中心に、世界の中の日本を学ぶ。そんな歴史教育に見直してはどうか。

 高校の授業は標準で週30コマ。総合学習や情報など科目が増え、理科離れも指摘される。歴史だけ大幅には増やせない。制約の中でどう充実させるか。

 日本学術会議が昨年、興味深い提言をしている。高校の世界史と日本史を統合し、「歴史基礎」という新しい必修の科目を作るというものだ。

 科目のつくりかえは簡単ではないが、真剣に耳を傾けるべき提案だ。現場で実験的な授業も始まっている。文科省は長い目で検討を深めてほしい。

 提言はこう訴える。

 日本史を世界史と切り離して一国史的に教える傾向がある。

 日本史で外国が描かれるのは戦争や交流があった時だけ。かたや、世界史のアジア史の項には日本がほとんど出てこない。

 日本が他国と関係なく歴史を刻んでいるかのようだ。

 グローバル化の時代を生きる若者に、異文化を理解し、共生する姿勢を育む。そのために、世界史の中に日本史を位置づけて教えるべきだと説く。

 とりわけ近隣の国民と健全な関係を築くために――と、近現代史と東アジアの重視を打ち出しているのも目を引く。

 日本史は中学と高校で同じような中身を繰り返す。世界史と日本史も大戦期などは重なりが多い。整理して無駄を省けば大事な時代に時間を割ける。

 世界史と日本史が分かれたのは、明治政府が「国史」と「万国史」を分けて以来という。近代国家として発展する中で「国史」が国の威信を高めるのに使われたと指摘される。

 もうそんな時代ではない。海の向こうの金融危機が国内の雇用に響く。経済ひとつとっても自国の中では完結しない。

 必要なのは、退屈な丸暗記ではない。「いま」を考えるのに役立つ勉強だ。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349651875/続きを読む

「韓国人が山中教授に嫉妬しまくりだとマスコミが暴露した」 中韓の“ノーベル賞コンプレックス”が日本の偉業に刺激される

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ウィンストンφ ★:2012/10/08(月) 23:38:21.33 ID:???

 山中伸弥京都大教授のノーベル医学・生理学賞受賞発表に対し、尖閣や竹島問題で反日感情が高まった中国や韓国でも称賛する声が目立った。ノーベル賞受賞者が少ない両国には、“ノーベル賞コンプレックス”があるとされ、インターネット上には「うらやましい」との書き込みも見られた。

 中国共産党機関紙、人民日報のニュースサイト「人民網」は8日夕、日本のニュースを翻訳する形で「山中教授の発明は再生医療に新たな道を切り開いた」などと速報した。

 その他、目立った論評などは見られなかったが、短文投稿サイト「微(ウェイ)博(ボ)」上には、「敬服する」と称賛する声や「日本人に強い敵意があるが、彼らの科学研究のレベルには高い敬意を表す」といった書き込みがあった

 韓国のニュース専門YTNテレビは、ネットでも速報するとともに「iPS細胞(人工多能性幹細胞)は受精卵を使わず、倫理的な問題からも自由だ」と意義を強調。聯合ニュースは、山中氏が日本人で19人目の受賞で、西洋人以外の受賞者がほとんどいない医学・生理学賞でも1987年の利根川進氏に続いて2人目になったことにも触れた。

 韓国では、平和賞以外でノーベル賞受賞がなく、「いつ科学分野で受賞できるか」に強い関心が集まる。ブログに「ノーベル賞の季節です。また日本人がノーベル賞を取りましたね。ああ、うらやましい!!」と書き込む人もいた。(桜井紀雄)


ソース MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121008/chn12100823270008-n1.htm


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349707101/続きを読む

「韓国のF5攻撃がYoutubeに人類最高峰の記録を打ち立てた」 限度を超えた韓流工作によりPSYの異常さが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ウィンストンφ ★:2012/10/08(月) 14:14:01.26 ID:???

“国際歌手”PSYの『江南(カンナム)スタイル』が86日間で、ユーチューブ再生回数4億回を超えた。

「江南スタイル」は1日午前に4億回を超え、世界を注目させた。7月15日のプロモーションビデオ登録から52日目となる9月4日に1億回に達した。その14日後の18日に2億回を突破した。1億回から2億回に達するまで14日間かかったのに対し、2億回から3億回、3億回から4億回に達するのはともに10日間だった。

PSYは5日、世界最高権威のビルボードメインチャート「HOT100」で2週連続2位となった。人気が続いているということだ。

ユーチューブ歴代最多再生回数の映像1位はジャスティン・ビーバーの『Baby』(7億7822万回)で、ジェニファー・ロペスの『On The floor』(6億263万回)、2010南アフリカFIFAワールドカップ公式テーマ曲『WakaWaka』(4億9346万)、LMFAOの『Party Rock Anthem』(4億8511万回)が後に続いている。『江南スタイル』はユーチューブ再生回数9位。

PSYは国内での公演および放送、釜山国際映画祭出演などで忙しいスケジュールを消化している。

ソース yahoo!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121008-00000023-cnippou-kr


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349673241/続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ