「韓国大統領は少し常軌を逸脱しており会談は時間の浪費だった」 故盧武鉉大統領を述懐するゲーツ元国防長官

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:そーきそばφ ★:2014/01/15(水) 10:45:14.28 ID:???

 【ワシントン時事】米ブッシュ、オバマ両政権で国防長官を務めたロバート・ゲーツ氏の回顧録「責務」が14日、米国で発売された。ゲーツ氏はこの中で、日本のアフガニスタン支援は「最低限だった」と不満を吐露。米軍駐留継続をめぐるイラクとの交渉のさなか、長期にわたり米軍を受け入れている日韓に見解を尋ねたらどうかとイラク側に促したところ、逆効果だったとも明かした。

 回顧録によると、アフガンの治安情勢悪化が顕著になった2008年、ブッシュ前大統領は米兵増派を実施に移したくないと漏らし、アフガンに部隊派遣していない日本などの同盟各国が、アフガン部隊の訓練充実への資金支援を増やすよう仕向けるべきだと言い続けた。だが、ゲーツ氏によれば、「結果は最低限にとどまった」という。

 また、イラクへの米軍駐留継続を定めた地位協定をめぐる08年の交渉で、ゲーツ氏は「米国が他の国と結んでいる協定と似たものにすれば、イラクも受け入れやすくなるだろう」と考えた。しかし、日韓とイラクは、受け入れ国の法律を破る米兵への憤りを共有しただけに終わり、自身の提案は「最悪のアイデア」だったと振り返った。

 ゲーツ氏は、日本と並ぶ北東アジアの同盟国である韓国にも言及。07年11月に盧武鉉大統領(当時)とソウルで会談した際、盧氏が「アジアにおける最大の安全保障上の脅威は米国と日本だ」と述べたと明らかにした。「反米で、恐らく少し常軌を逸していた」と盧氏の印象を記している。 

時事通信 1月15日(水)10時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000034-jij-n_ame


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389750314/続きを読む

「在日韓国人が舛添候補を都知事にするため全面的な応援を開始?」 Twitterに太極旗などの写真が掲載される

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2014/01/15(水) 12:07:29.56 ID:???

自民党が東京都知事選で舛添要一氏の支持にまわることから、TOKYO自民党の掲示板が反対の声だらけとなった。反対意見を書いている人の多くは田母神俊雄氏支持を訴えている。

どうやら書き込み内容を見ると舛添氏=売国奴扱いをされているようなのだが、ここに来て、選挙が近くなった時の定番的風景があらわれた。12日、以下のようなツイートが投稿された。

“今日、正午頃都庁前を散歩中に韓国の国旗を掲げ某宗カルト宗教団体の三色旗を掲げてマンセ―マンセ―と韓国人が桝添要一を応援してました。この人たちは、韓国人なんですか?桝添は、韓国人?”


舛添氏の演説の際にツイートされたようだが、添付された写真には大極旗(韓国国旗)が大写しになっており、その上部には「韓国のために頑張れますぞえよういち先生」の文字とハングル語が書かれてある。さらには「韓国民団と仲良しますぞえ先生を都知事に」「学会員と舛添先生を応援しよう」「舛添先生を応援しないと仏罰くだる」の文字も。

あたかも、韓国人が舛添氏を応援しているかのように見えるが、こういった活動は過去にもされている。民主党の野田佳彦前首相、菅直人元首相、枝野幸男氏、有田芳生氏、細野豪志氏らの演説には大極旗を持った人々がやってきて 「マンセー!(朝鮮語の「万歳」)」や「民主党は韓国の味方だ!民主党がんばれー」と叫んでいた。

http://yukan-news.ameba.jp/20140114-168/

Bd025DfCUAA1zzi


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389755249/続きを読む

「神秘の国の魅力に惹かれて日本人観光客が大量訪韓するはずだ」 未開地の多い朝鮮半島は世界的観光地になる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2014/01/15(水) 23:01:39.60 ID:???

韓国・朝鮮日報の中国語電子版は14日、南北統一が実現し、 北朝鮮側の観光業に大規模投資が行われれば、朝鮮半島が観光大国となる可能性があると報じた。

同記事は、「統一によって半島に平和なイメージができ上がり、北朝鮮側の観光業に大規模なインフラ投資が行われれば、中国や日本、ロシア、欧米などから多くの観光客が訪れ、北朝鮮側は北東アジアの観光業の中心地となる可能性がある」と指摘した。

現代経済研究院の首席研究員、洪順植氏は、統一から10年後に朝鮮半島を訪れる観光客が年3600万人に達するとの見方を示した。中国から朝鮮半島への観光客は昨年、428万人だったが、これが2024年には1285万人に増えるとの試算もある。「神秘の国」とされてきた北朝鮮には、欧米諸国からも多くの観光客が訪れるとみられる。

韓国国土研究院では「北朝鮮にはいまだ、未開発の地域が多く、エコ型の観光地を作るのに適している」と指摘。専門家は、金剛山と元山、雪岳山を東海岸観光エリア、海州、開城と仁川、江華を西海岸観光エリアとして総合開発することが可能だとみている。

ソウル大学統一和平研究院では、統一後、朝鮮半島を訪れる年間観光客が3600万人に達すれば、韓国側で47万5500人、北朝鮮側でも12万1908人と、合わせて約60万人の雇用が創出されるとの見方を示した。 (編集翻訳 恩田有紀)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000035-xinhua-cn


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389794499/続きを読む

「我々米側に服従しない安倍首相はけしからん。奴は軍国主義者だ」 民主党リベラルの傲慢さをケビン・メアが非難

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2014/01/15(水) 01:11:06.34 ID:???

安倍晋三首相の靖国神社参拝に対する米国の反応を報告しよう。先週は中韓以外のアジアの反応を紹介したが、今回は米国での反応のうち、これまた日本の大手メディアが報じない部分に光を当てる。

周知のようにオバマ政権はこの参拝に対し日本の米国大使館の声明として「失望」を表明した。様々な面で異例の声明だった。まず声明の発信者の名前も肩書きもない。駐日大使でも大使館報道官でもないのだ。その後、ワシントンの国務省報道官も大使館声明を繰り返す形で「失望」を表明した。

何よりも異例だったのは、米国政府が日本の首相の靖国参拝について、大使館レベルにせよネガティブな公式声明を出すのはかつてなかった点である。

ブッシュ前政権は当時の小泉純一郎首相が毎年靖国を参拝し、中韓両国が絶叫のように非難を浴びせ続けても、びくとも動かなかった。ブッシュ政権の高官たちは、むしろ日本が中国の威圧に屈しないことを望むとさえもらしていた。ところが今回は、大使館が本国の本省よりも先に、安倍首相の靖国参拝に対するコメントを出したのである。

さて朝日新聞など日本の大手メディアの多くは、米国の反応について、民間でも反対や非難の声が圧倒的だとして報道した。米側にも参拝を理解し黙認する人々がいることはすべて無視したと言えよう。

米側の日本専門家やその他の学者、ジャーナリストなどの間では確かに反対論が多い。中国共産党と同様に安倍首相を軍国主義者と断じる米国の専門家たちさえ存在する。

そんな安倍叩きを展開したメディアの1つが、ワシントンで民主党系のジャーナリスト、クリス・ネルソン氏が発信するアジア関連専門のオンライン・ニュースレター「ネルソン・レポート」だった。ネルソン・レポートでは安倍首相の参拝の直後からその行為を非難する意見や投稿が次々に紹介された。

安倍参拝を批判した人たちには、経済戦略研究所所長のクライド・プレストウィッツ氏、国際戦略研究センター(CSIS)研究員のブラッド・グロサーマン氏、コネチカット大学教授のアレクシス・ダデン氏、外交評議会研究員のシーラ・スミス氏、ハーバード大学名誉教授のエズラ・ボーゲル氏、元米国通商代表部交渉官のバイロン・シゲル氏などが含まれていた。

こうした人たちは大多数が政治的には民主党系リベラルで、中国の現在の人権弾圧や軍事挑発を批判することは少ない。だが安倍首相が代表する日本の現実主義派、保守派には不思議なほど厳しい論調を浴びせる。特に靖国参拝がからむと声高になる。今回も靖国を参拝した安倍首相の行動を徹底して糾弾し、ダデン氏などは安倍氏を「Thug(悪党、暴漢)」とか「Hooligan(ならず者)」とまでののしっていた。

しかし同時にネルソン・レポートは、安倍首相の靖国参拝に理解を示し、感情的な安倍叩きを抑えるケビン・メア氏の意見も詳しく紹介していた。全体としてバランスを取ろうとする編集者の努力と言えようか。

メア氏は日本研究者から弁護士となって、国務省入りした元外交官で国務省の日本部長をも務めた。2011年3月には、沖縄の基地問題に関する沖縄県民への批判的発言などを理由に更迭され、退官した。現在は米国の高速鉄道建設にかかわるコンサルタント企業に勤務している。

そのメア氏の見解を紹介するのは、米国側にも日本の首相の靖国参拝に関して多様な反応があるという現実を日本側に伝えたいからである。この種の見解は朝日新聞などは決して報道しない。

メア氏はまずネルソン・レポートに安倍非難の見解を寄せた人たちの主張を取り上げ、それらへの反論という形で自分の意見を述べていた。

(続く)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39663
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39663?page=2
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39663?page=3


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389715866/続きを読む

「私が死ぬ前に日本は賠償金を支払え。それまでは絶対に死なない」 100歳目前の韓国慰安婦が反日活動を強化

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:そーきそばφ ★:2014/01/15(水) 16:19:51.12 ID:???

2014年1月15日、東方早報によると、韓国メディアは、韓国最高齢慰安婦の金福得(キム・ボットク)さん(97)の証言をまとめた書籍の中国語版と英語版が近日、出版されると報じた。

韓国慶尚南道教育庁の高永珍庁長は、14日の記者会見で「旧日本軍による慰安婦問題の国際社会での関心を高めるため」と出版の経緯を紹介。同席した金さんは、「死ぬ前に日本に謝罪してもらえなければ、死んでも死にきれない」と訴えた。(翻訳・編集/北田)

Record China 1月15日(水)14時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000024-rcdc-cn


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389770391/続きを読む
スポンサード リンク
スポンサードリンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ