「日本防衛相が中国高官の対話要請を無視する外交的非礼を行う」 中国の開けた対話の門を完全封鎖する日本政府

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/06/02(日) 13:49:44.42 ID:???

2013年6月1日、深セン・テレビは、アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)で、日本の小野寺五典防衛相が中国代表を避けていると報じた。捜狐が伝えた。

アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)は英国国際戦略研究所が(IISS)が主催する国際会議。毎年、アジア太平洋地域の国防相たちがシンガポールに集まる。今回で第12回目となる。

開幕式の前、中国代表団代表の戚建国(チー・ジエングゥオ)副総参謀長は先に会場に到着。各国代表に対し、中国の国防政策と地域安全協力について話していた。

その後、日本代表団代表の小野寺防衛相が会場に到着したが、戚副総参謀長の姿を見ると向きを変えて避けた。

昨年の尖閣諸島買収以来、日中の緊張は続いているが、今回のアジア安全保障会議もまた会談の契機にならないもようだ。番組のコメンテーターは日中高官の対話の条件はまだ整っていないことが明らかになったと指摘。その問題はおもに日本側にあり、中国側の門は開けられていると話している。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=72879&type=0

【シンガポール】「『日本の右傾化』は誤解、アジアの安定貢献の為。北朝鮮核は容認できぬ」小野寺防衛相、集団的自衛権に理解要請[06/01]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370077751/
【軍事】小野寺防衛相発言に中国軍幹部反発「同意できない」→ベトナム「日本の防衛理解」フィリピン「自国防衛で脅威じゃない」[06/02]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370133296/
【アジア】「尖閣問題など武力による現状変更に反対」安全保障会議、日米豪防衛相が中国牽制[06/02]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370137003/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370148584/続きを読む

「原爆神話を執筆したエリート韓国人記者の醜悪極まる実態が判明」 韓国超大手マスコミの誇大妄想に陥った馬鹿記者

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:依頼@歩く貸倉庫φ ★:2013/05/29(水) 23:35:00.21 ID:???

5月20日、韓国の大手新聞「中央日報」が原爆被災者たちの感情を逆なでする、とんでもないコラムを掲載した。「安倍、丸太の復讐を忘れたか」(旧日本軍の731部隊が戦時中に細菌兵器の研究で使ったとされる捕虜は「丸太」と呼ばれた)というタイトルで、問題はその冒頭部分。

「神は人間の手を借りて人間の悪行を処罰したりする。最も過酷な刑罰が大規模空襲だ」とし、’45年2月のドイツ・ドレスデンへの空襲とともに「6カ月後に日本の広島と長崎に原子爆弾が落ちた」とする。そしてーー。

「これらの爆撃は神の懲罰であり人間の復讐だった」、「広島と長崎は日本の軍国主義の犠牲になったアジア人の復讐だった。特に731部隊の生体実験に動員された丸太の復讐であった」。さらに、最後には「日本に対する懲罰が足りないと判断するのも神の自由」と結ぶ。日本への原爆投下が再びあってもおかしくないと言いたげだ。

このコラムを書いたのは、キムジン氏(53)。韓国でも著名な政治記者で、中央日報の論説委員、いわば同紙の顔といってもいい人物である。在ソウルの日本人ジャーナリストが語る。

大韓言論賞という賞の受賞歴もあるほど、中央日報では代表的な論客で、保守派と目されている。中央日報は日本であれば、朝・毎・読にあたる大手紙で、中道といわれるが、保守寄り。オーナーがサムスンの李健熙会長の奥さんの実兄で、サムスン系とみられている。日本での提携紙は日経新聞だ」

また、元韓国国防省分析官で、現在拓殖大学客員研究員のコ・ヨンチョル氏はキム氏をこう評する。

保守・右派の論客だが、理想を追い求めるあまり、分別に欠け誇大妄想に陥ったりするとも聞く。対北朝鮮強硬派で、『北朝鮮の攻撃でたとえソウルが火の海になっても韓国国民が3日間我慢すれば、米韓の大規模な空爆、ピンポイント攻撃で、北朝鮮が勝利することはない』と、北朝鮮をしばしば牽制する。今回の原爆発言は彼の国際感覚のなさや、政治センスのなさが露呈してしまった」

韓国言論界に詳しいジャーナリストは「あまり驚きはしない」とこう言う。「韓国右派の感情はすごくねじれていて、『米国万歳、北朝鮮は嫌い、でも日本はもっと嫌い』と。そんな感情がよくあらわれているコラムだった」

いま日本では、相手を人種差別的に誹謗中傷するヘイトスピーチが問題になっているが、日本原水爆被害者団体協議会の田中熙実事務局長は金氏のコラムがまさにヘイトスピーチだとする。「論説委員といえば新聞社の顔、新聞社もコラム記事をOKしたんですから、少なくとも体面を保ってほしいです」

韓国の大手紙は、これを「論説委員の個人的な視角と主張で、中央日報の立場ではない」としている。国家の品格が問われている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130529-00010003-jisin-pol
 


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1369838100/続きを読む

「中国共産党が衰退期に陥った日本を外交封鎖する意向を表明」 日本人が中国に平伏するまで放置する新戦略を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/06/01(土) 14:01:37.70 ID:???

中国共産党機関紙・人民日報系の国際情報紙「環球時報」は30日、台頭する中国に負けじと必死にもがく日本の姿を「更年期」と嘲笑し、「まともに付き合う必要はない」と一蹴した。

日本がインドのシン首相を招き、海洋安全保障分野での協力で一致した。安倍首相はこれに先立ち、ミャンマー訪問も果たしている。こうした一連の動きについて、日本国内では「中国包囲網」の構築に向けたものだとみられている。

だが、日本がいくらその気でも、実際にそれを成し遂げるだけの実力が伴わなければ意味がない。米国でさえも最近は、「中国包囲網」を唱える人は少なくなっている。中国の台頭は、アジア太平洋地域の力関係を変えたのだ。日本はそれを最も痛感しているはずである。

日本はかつて東アジア唯一の強国で、海上でも向かうところ敵なしだった。だが、今は中国に総合的な国力で追い越され、海上でもかなわなくなってきている。日本にはこうした現状を受け入れるための“適応期間”が必要だ。自らが中国の前では単なる「小国」に過ぎないと気づき、ひれ伏すようになるまで。

中国は真面目に日本と遊んでやる必要はない。相手にすれば、「更年期」に苦しむ日本の巻き添えを食ってしまう。放っておいても日本は中国に「畏敬の念」を持つようになる。日本は今、特殊な歴史的過渡期を迎えているだけだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130601-00000011-xinhua-cn


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370062897/続きを読む

「日韓同盟強化のために安倍政権が反韓的言論を制限する方針に」 変態新聞が東亜パートナーである韓国への配慮を要請

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/06/02(日) 10:13:56.51 ID:???

日米韓3カ国の防衛相・国防相会談が、シンガポールで3年ぶりに開かれた。「アジア安全保障会議」の場を利用しての会談である。

議題の中心は、核実験・ミサイル発射を繰り返す北朝鮮への対応だった。会談後、発表された共同声明は「相次ぐ挑発行為は、朝鮮半島だけでなく北東アジアや世界の安全保障にとって深刻な脅威だ」と述べ、北朝鮮に核兵器と核開発計画の放棄を求めた。また、北朝鮮を抑止するため、3カ国が引き続き協力していくと宣言した。北朝鮮の挑発行為は日本にとって現実的な脅威である。会談と声明を評価したい。

しかし、3カ国の連携強化を進めるにあたって重大な障害がある。日韓関係の冷え込みである。ここ数年で最悪の状況と言っていい。今回の会談も日韓関係を懸念する米国が働きかけたものだった。2国間会談の方は、米韓で行われたものの、日韓は実現しなかった。

2月に朴槿恵(パク・クネ)氏が韓国大統領に就任し、前大統領の竹島上陸以来、悪化していた関係の改善が期待されたが、4月に予定されていた韓国外相の来日は、麻生太郎副総理の靖国神社参拝で中止となった。5月には日韓財務相会談も見送りとなった。朴大統領は、5月の米韓首脳会談で日本に「正しい歴史認識」を求めた。この異例の言及は、閣僚の靖国参拝や従軍慰安婦問題、安倍晋三首相、自民党幹部の「村山談話」見直しを示唆する発言への批判である。

米国に続く訪問先として、朴大統領は、日本ではなく中国を選んだ。韓国は「日米韓」から「米中韓」にシフトしているように見える。景気低迷が深刻化するなか、貿易依存度の高い韓国が、最大の貿易相手国である中国にますます傾斜しているということなのだろう。

日韓のぎくしゃくした関係は、安全保障にも影を落としている。韓国政府は昨年、北朝鮮のミサイルなどに対応するための軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結直前、慰安婦問題を背景にした世論の反発を受けて協定調印を見送った。協定は今も宙に浮いたままだ。

両国は、自由や人権、民主主義という価値を共有し、北朝鮮など共通の脅威に対処できるパートナーである。東アジアの安定の基盤は「日米韓」の緊密な連携であることに変わりない。

韓国政府には、靖国や慰安婦問題を対日外交に直結させる、冷静さを欠いた手法から脱するよう求める。同時に、日本政府の要人や与野党幹部は、歴史認識に関連する問題で国益に反する言動を慎むべきだ。

2年後には国交正常化50年を迎える。両政府には、関係修復に向けて知恵を絞ってもらいたい。

http://mainichi.jp/opinion/news/20130602k0000m070123000c.html

【政治】日韓防衛相の正式会談は見送り
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370124442/
【日米韓】防衛相 北朝鮮対応で協力確認[06/01]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370084306/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370135636/続きを読む

「韓国カジノの致命的失敗で地域社会が犯罪地獄に変貌」 ギャンブル税収を対日工作費用につぎ込む韓国

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/06/02(日) 12:50:19.01 ID:???

カジノといったらアメリカ「ラスベガス」のイメージがあるかもしれないが、2013年現在、世界No.1のカジノ売り上げ地域はなんと香港の隣にある「マカオ」(約30軒、年間約3兆円、ラスベガスの6倍相当)だ。また、アジアでは日本から飛行機で7時間の「シンガポール」もカジノで成功している(2軒で約5900億円)。その成功ぶりに、体感治安ではまだ不安視されているフィリピンも、カジノに大きくカジを切った。

日本でもカジノ合法化の動きが以前より加速化している。下村博文文部科学相の私的懇話会では「カジノを作れたら売上の相当部分を文化芸術の財源に活用したい」と予算の不足する分野の枯渇財源を補うものとしても、またカジノ周辺の街全体的な潤いもあり、観光方面からも非常に期待されている。

現在は国の観光立国推進ワーキングチームというものが、法律制定への要件とされる犯罪防止などの必要な措置の検討を各省庁で行うように指示をしている段階だが、一方で日本の某スロットメーカーがフィリピンでのカジノ開発交渉をを凍結したりと海外では微妙にネガティブな動きもある。

日本が目指しているのはシンガポールやマカオのモデルで、統合型リゾートを含めて全体的に地域にお金が落ちるものだが、シンガポールがカジノ設置後1年でラスベガス規模まで急成長した経緯を考えると、そのストーリーにのせる期待で、外資や国内産業からも多額の投資を呼び込める状況なのは確かだ。

しかし、日本が成功例ばかりを夢見ているのは問題だ。アジアには大失敗した先例もある。韓国の国内向けカジノのある「江原ランド(カンウォンランド)カジノ」がそれだ。

韓国国内には16軒外国人観光客向けの民間カジノ(パラダイスカジノなど)と、韓国観光公社関連のカジノ(セブンラックカジノ)があるが、それらは自国の人間は入れない。それとは別に唯一韓国人が行けるカジノを郊外に作っていた。江原道地域の廃鉱を再開発した家族型総合観光リゾートを目指した「江原ランドカジノ」なのだが、1998年当時、雇用創出・消費拡大と地域振興を地元に期待されたそれは、2000年に開業したものの、結果としては税収以外では全ての期待を裏切るものとなる。

税収は炭鉱地域に活かされるものだったはずだが、なにしろ利用者が依存症により近隣で自殺、家庭崩壊する姿が多数報道された上、周辺の路上生活者の氾濫、治安悪化、ミスマネージメント、透明性の欠如、犯罪(横領・不正操作など)、政治腐敗(汚職)によって、韓国国内では、カジノに否定的な国民感情を育ててしまった。現に江原ランドのカジノ自体は日本人も入ることは可能だが、ソウルの外国人向けカジノとくらべても鉄火場感が強く、雰囲気はよくない。

ただし、韓国でも外国人向けカジノ自体は、国内向けとは別に成立している。こちらはなにしろ東京都内の消火栓にさえ広告を出しているし、新宿でもトラックを出すほどのPRっぷりで、実際のカジノ内には「日本対策室」もあるくらい。(最近は日本人が減ったため中国人に力を入れているが…)。税収は観光広報の資金源となっているようで、だから韓流はPR予算があんなに潤沢なのか…ということも透けて見える。

カジノに対する国家のハンドリングは概ねどこも成功しており、日本でカジノを導入すること自体はもういい加減に「賛成」してもいいのではないか。この国は、JRAにはじまり競艇競輪オートレースなど、公営ギャンブルのハンドリングは一応いままでもちゃんと出来ているからだ。

しかし先程の例のように、一番近隣の国に自国民を対象とした「超失敗モデル」があることを忘れてはならない。また、最成功例となるマカオのカジノが繁栄している理由についても地域的な裏事情がある。「中国人はギャンブル好きだが国内では違法で、マカオでは合法」だから富裕層が大挙して来ているのだ。あちらは距離的にはともかく、南部であれば電車1本で隣の香港まで来れ、フェリーですぐマカオだ。

日本だと飛行機に乗る必要が出る。最近日本には円安で外国人観光客がやや戻ってきたとはいえ、今後も円の動きや国家感情、各種事故次第では外国客がいなくなってしまうわけで、日本がマカオと同じようになりきれる、というわけではない。

また箱物行政の不得意な日本である。最悪なシナリオとしては、読みが甘い上に日本お得意の規制をかけすぎるた結果、「江原ランド」みたいなダメカジノが大量に現れる可能性もあるのだ。より綿密な計画を立てること、また海外の失敗例にも蓋をしないで、そうならない対策を考えることが必要だろう。(文・編集部I)

http://bucchinews.com/society/3355.html


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370145019/続きを読む
スポンサード リンク
スポンサードリンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ