「羅老号を製造した露企業の爆発事故に韓国メディアが狂喜乱舞」 ロシア人の自尊心が傷ついた事を喜ぶ韓国人

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: [―{}@{}@{}-] 動物園φ ★:2013/07/03(水) 10:30:13.56 ID:???

 カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で2日、ロシアの衛星を積んだプロトンMロケットが打ち上げられたが、直後に爆発し墜落した。

 ロケットを製作した企業が、韓国初の宇宙ロケット・羅老号の1段目のブースターを開発したロシアの企業であったことから、複数の韓国メディアが相次いで報じた。

 韓国メディアは、「羅老号の製作会社が作ったロケット、空中爆発」、「羅老号の製作に参加したロシアの企業が作成のロケットが爆発」などの見出しで伝えた。

 羅老号の1段目のブースターを開発したロシアの企業が、衛星搭載ロケットを発射したが、20秒で爆発した。ロケットには、米国が作った衛星ナビゲーションシステムであるGPSに対抗するためにロシアが開発した新型衛星3基が載っていたという。今回の打ち上げ失敗で、2億ドル(約201億円)の損失が出たとみられている。

 韓国メディアは、世界最高とされていたロシアの航空宇宙技術力への疑問が大きくなったという点で、金銭的な被害以上の打撃を受けたと指摘。またロシアの宇宙技術の自尊心にも傷がついたと伝えた。

 今回の事故で21日に打ち上げが予定されていた欧州の通信衛星を含めて、プロトンMロケットを利用した打ち上げの予定はすべてキャンセルされたという。(編集担当:李信恵・山口幸治)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0703&f=national_0703_006.shtml


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372815013/続きを読む

「米中韓の外交制裁で安倍自民の衆院選敗北は不可避の情勢に」 韓国・冷たい女王の中韓蜜月に日本国民も意識を変化

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/07/03(水) 20:13:06.03 ID:???

韓国の朴槿恵大統領が6月27日から30日まで国賓として中国を訪問した。韓国大統領が初めて慣例を破り、就任後日本より先に中国を訪問することを選択した。「冷たい王女」の今回の日程は、日本で極めて大きな関心を呼んだ

日本メディアはほとんどが、中韓関係の緊密化は日本の孤立を意味すると憂えた。読売新聞は「日本外し、韓中蜜月」との見出しで、会談の意義を分析した。

日本経済新聞の記事は日本の強い危機感の率直な表明だ。「気がかりなのは、中韓接近が日本に与える影響だ。日本と中国、韓国との関係は歴史認識や領土問題をめぐる対立で大きく冷え込んでいる。日本がこれ以上手をこまぬいていれば、中韓の相互接近が日本外し、さらには中韓の『反日共闘』へとつながる恐れがある」。

安倍政権が外交で気まずい状態に直面するのは、これが初めてではない。米国は最近いつも「弟分」の日本に挫折感を味わわせている。オバマ米大統領は5月、韓国の朴大統領を盛大にもてなし、6月初めにも習近平国家主席と「ノーネクタイ」の農園会談を行なった。これは安倍首相の境遇と強烈なコントラストをなす。

安倍首相は1月にオバマ大統領に訪米を断られ、最終的に2月に訪米したもののまたも冷遇され、6月のG8サミットでもオバマ大統領との二国間会談を勝ち取ることができなかった。

シンガポール紙・聯合早報が指摘したように、日本の歴代内閣は米国の要求にできる限り応じてきた。実際、対米依存に挑戦しようとした日本の首相はいずれも失敗に終わった。こうした対等でない関係のために、自ずと日本は米国との付き合いにおいて常にびくびくしている。

記事は「安倍首相は就任以来、日米関係の強化を基礎に東南アジア、中東、欧州各国との関係を積極的に推し進めてきた。だが、参院選後は隣国との関係をいかに修復するかが政策課題となる」と指摘した。

7月の参院選が近づくにつれて、安倍政権の抱えるトラブルは増加している。最近、安倍首相身辺の2人の人物の「買春」スキャンダルが相次いで発覚した。自民党の佐田玄一郎衆議院運営委員長が女子大生とホテルで密会していた事が暴露されたのに続き、自民党の西村康稔内閣府副大臣もベトナムで買春したうえ、同時に複数の女性と関係をもったと報じられた。安倍内閣と自民党の支持率にとって打撃となるのは間違いない。

安倍首相の「タカ派」色はすでに今回の政権運営過程で疑いようもなく露呈された。釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題でも侵略の歴史の問題でも、安倍首相の言動は隣国の抗議を招き続けている。最近は日本国内でも安倍首相に疑問を呈する声が上がり続けている。

河野洋平元官房長官は先日AP通信の単独インタビューに応じた際、「村山談話」と「河野談話」を見直そうとする安倍首相の行動は、日本と中韓両国との関係を数十年後退させる危険にさらし、日本の国際的イメージを損ない、日本を平和主義の道からそれさせもすると指摘した。

鳩山由紀夫元首相も先日「日本政府は釣魚島をめぐる領有権争いの存在を認めなければならない。中国側から見て、日本が釣魚島を盗み取ったというのも一理ある。日本は挑発行為を止めなければならない」と表明。「一部の日本の政治屋の発言は日本政府を孤立させる恐れがある。そしてこれは事実上、日本が自ら招いたものだ」とも指摘した。

この他、安倍首相が誇りとする「アベノミクス」も人々に懸念を抱かせないわけではない。フィナンシャル・タイムズ電子版はこう指摘した。安倍首相の「第3の矢」である構造改革は人々を失望させたと考えられている。多くの人々は株価高騰と円安をリフレ成功の喜ばしい兆しではなく、災難の前兆と考えている。「安倍終末論」の支持者の声はより大きい。

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-07/03/content_29306030.htm
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-07/03/content_29306030_2.htm


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372849986/続きを読む

「日本は『非常に幼稚、曖昧、愚劣』な対中戦略を改め、誠意を示せ」 中国が安倍政権に全面的な外交的譲歩が必要だと宣言

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/07/03(水) 20:56:06.40 ID:???

中国メディア・東方網は先日ブルネイで行われたアセアン+日中韓の外相会議開催中に
日中双方外相が会話を交わさなかったことについて「日本は尖閣諸島の係争を認めたうえで中国と向き合う誠意を見せるべきだ」とする評論記事を掲載した。

評論記事を書いたのは、中国社会科学院日本研究所の呉懐中研究員。呉氏は、現在の国際社会において「日本のように誠意や勇気に欠けた奇特な外交を展開する国は実に少ない」とし、両国関係を改善の方向に進める唯一の方法は「日本が争いを認めてたうえでテーブルに着き、中国と対話や協議を行うことだ」と論じた。

また、安倍首相が主張する「中国が誤りを認めたうえでの関係の正常化」は、ゼロサムゲームの思考や偏見によるものであり「今の時代に日中間に親睦と相互信頼の友好関係を築けると信じていない」と分析。

選挙の票といわゆる「互恵関係」が結びつくときにだけ口頭で日中関係正常化推進の意思を示し、その裏では中国に対するけん制や威嚇をやめないとした。

呉氏はこのような日本の算段を「非常に幼稚、あいまい、愚劣」と断じたうえで、日中関係の回復は「日本が対中戦略を改め、誠意と勇気を出す」ことで実現するものであり、「決して複雑ではない」と論じた。(編集担当:今関忠馬)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0703&f=politics_0703_005.shtml


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372852566/続きを読む

「現役韓国軍人のテロ脅迫で米国警察が市街地を封鎖捜索」 警察が非常事態措置を発令して決死の捜索を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2013/07/03(水) 00:22:34.12 ID:???

昨年3月、銃乱射で学生たちを大量殺傷すると電話で脅迫しニュージャージー州ハケッツタウン一帯を恐怖に陥れたテロ脅迫電話は韓国の20代青年によるいたずら電話であることがわかり衝撃を与えている。

韓国警察は昨年3月26日午前9時45分、ウォーレンカウンティ911センターに電話をかけて「ハケッツタウン高校の学生たちにAK小銃を乱射して殺してやる」と脅迫した容疑で韓国人男性イ某(20)を緊急逮捕したと1日明らかにした。

当時、イ容疑者の電話脅迫によりハケッツタウンは非常事態になり、ハケッツタウン警察は直ちにテロ危機に対応するための捜査本部を設置し、ハケッツタウン高校と周辺8校を臨時閉鎖する非常措置を発動し大々的な捜索作戦を行った。また、地域メディアは「ハケッツタウン高の後方の森に銃を持った男性が隠れている」と報じ、父兄は学生たちを急いで帰宅させるなどこの地域全体がテロの恐怖に震えた。

重武装した警察特攻隊が町一帯を隅々まで探し、警察作戦車両、ヘリコプターまで総動員したが何も起きなかった。この脅迫電話はイ容疑者が韓国からかけたいたずら電話だったからだ。韓国から米国にいたずら電話をかけてテロ脅迫したイ容疑者は連邦国土安保部と韓国警察の捜査協力で結局この日、警察に捕まった。

国土安保部はイ容疑者の脅迫電話を逆追跡して発信地を韓国と目星をつけ、韓国警察は携帯電話インターネット接続記録とIPアドレスなどを分析し、現在軍服務中のイ容疑者を犯人として逮捕した。韓国警察によればイ容疑者はSNSで同高校在学中の女子学生からチャットで英語を習い、いたずら電話を始め、この電話がテロ脅迫電話まで続いたことが分かった。

イ容疑者は特に発信地が米国になる無料国際電話アプリを利用し911センターに4回にかけてテロ脅迫電話をかけ、ピザ店や米官公庁にも数十回余り、いたずら電話をかけたことがと明らかになった。イ容疑者はまた、ニューヨーク警察にも警官と家族を殺害するといたずら電話していたと発表された。

イ容疑者は昨年4月3日、ニューヨーク警察(NYPD)に電話して「10才の私の息子を殺したし、今、電話を受けているおまえとおまえの家族も殺害する」とニューヨーク警察官を脅迫した。当時、イ容疑者は韓国全州のあるデパートに臨時職として勤めインターネットチャットを通じて言った。

韓国警察関係者は「いたずら電話だったが、そのために無実の市民が恐怖に震え現地特攻隊が投入されるなど被害は深刻だった。外国を相手にした虚偽脅迫犯罪がもっとあると見て捜査する予定」と語った。

<イ・チョンフィ記者>

ソース:コリアタイムズ(韓国語) 「銃器乱射」脅迫に米ばっさり…分かってみれば韓国でいたずら電話
http://www.koreatimes.com/article/802625

関記事:Police: SKorean man responsible for prank calls that spurred lockdown at NJ schools last year
http://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/police-skorean-man-responsible-for-prank-calls-that-spurred-lockdown-at-nj-schools-last-year/2013/07/01/ea1a5260-e22c-11e2-8657-fdff0c195a79_story.html

関連スレ:【米国】韓国系私立大学で銃乱射 7人死亡 容疑者の韓国籍の男逮捕★3[04/03]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1333431137/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372778554/続きを読む

「日韓協定廃止の悪影響に苦しむ韓国のために関係改善を進めよ」 朝日新聞が苦境に陥った韓国救済を強硬に主張

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/07/03(水) 06:09:55.41 ID:???

おとなり同士、新しい政権が生まれたというのに、外交の責任者が会談できない。そんな冷たい空気が漂っていた日韓で、外相会談がやっと実現した。まだ、すこし強い風にさらされれば壊れそうな危うさだが、たがいに相手の必要性は十分に認識している。会談をきっかけに関係改善を進めるべきだ。

ここまで事態が険悪になった責任は、日韓双方にあった。韓国の歴代政権はこれまで、少なくとも発足当初は日本との友好を探った。だが、「外交は互いの信頼が最重要」という朴槿恵(パククネ)政権がまず直面したのは、日本からの数々の歴史認識発言だった。出ばなで安倍政権に大きな疑問符がついた。

朴大統領は米国に続き、先月訪れた中国でも、日本を想定して「歴史問題で対立と不信が深まっている」と異例の言及をした。経済のみならず政治や安保面での協力も共同声明に盛り、中韓の接近を印象づけた。そんな現状について当の韓国の外交当局者も「日本の歴史発言が私たちと中国を必要以上に近づけてしまっている」と懸念する。この夏は、安倍首相らが8月15日に靖国参拝するかどうかに神経をとがらせている。

一方、その朴政権も、柔軟さに欠けるといわざるをえない。朴大統領は「新しい関係」をつくるためには、侵略や加害の事実を直視せよと日本に求めている。だが、歴史問題は時間をかけて解きほぐす課題だ。いま改まらなければ対話しないというのでは話は前に進まない。

朴大統領は北朝鮮に対しても原則論的な条件を課して対話の好機を逃した。対立点があっても、まずは話し合いの席についてこその外交だ。かたくなな姿勢は慎むべきだろう。

すでに日韓関係の停滞は、多方面に影を落としている。きょう期限を迎えた通貨のスワップ(交換)協定は一例だ。韓国通貨の安定に役立つはずなのに、「日本に頭を下げるのか」などと韓国側で報じられた末に、延長できなかった。

日韓の企業による経済投資はたがいに盛んでも、自由貿易協定をめぐる政府間の実務協議は昨年から事実上止まったままだ。日本から韓国への観光客も急減している。

2015年に日韓は国交正常化から半世紀を迎える。未来志向の50年につなげる節目にしようと、両国の外交当局は知恵を絞り始めている。だが、残り時間は、あまりない。

朴大統領が年内に日本を訪れ、首脳同士、率直に論議できるよう願う。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

【韓国】朴槿恵大統領「安倍首相と日韓首脳会談の計画はない、日本の歴史認識に失望した」★2[07/02]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372751122/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372799395/続きを読む
スポンサード リンク
スポンサードリンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ