「中国高官がIMFに対米経済制裁を要求する非常事態勃発」 日米の通貨戦争が中国経済に致命的打撃を

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2012/12/30(日) 13:59:52.43 ID:???

日、米、欧はこれまで「量的緩和」という強心剤を打つことで経済低迷に対応してきた。最近は、この「薬」の使用量が増加を続けている。12月13日に米国が量的緩和策第4弾「QE4」を打ち出し、12月26日には「日銀の無制限金融緩和」を主張する安倍政権が発足した。市場では、日本新政府がより緩和的な金融政策を打ち出して欧州中央銀行や米連邦準備理事会の緩和措置による為替レートへの影響を相殺すると予想されている。人民日報が伝えた。 

日米の大規模な紙幣増刷は世界のインフレへのマイナス影響が大きく、国際組織がこれに警告を与えるべきだという声が出ている。

既南大学国際商学院の孫華教授は、「日、欧、米の経済がいずれも低迷し、欧州と日本に至っては後退している。こうした状態では、刺激策で経済をテコ入れするしかない」と説明、「経済刺激策は財政と金融の2つに分けられる。日、欧、米の国家財政はいずれも赤字で、債務額が大きく、財政政策は講じられず、金融政策を使用するしかない。金融政策は一般的に金利の調整を通して行うが、現在はゼロ金利で更に下げる余地がなく、供給量を増やすほか手段がない」と分析した。

孫華教授は「経済が低迷している際にたまに量的政策を使用すれば、刺激効果があるが、この方法は根本的な治療方法ではなく、長期的に使用すれば効き目がなくなり、通貨価値の低下によるインフレをもたらす。だが需要は実質的に増加しない」と指摘する。

中国国際経済交流センター情報部の徐洪才副部長は、「日本は1990年代からずっと量的緩和を実施してきたが、その効果はあまりない」と言い切った。

白川方明日銀総裁は、「世界第3の経済大国である日本が、短期間で円レートの下落を容認すれば、国際金融市場にある程度の混乱をもたらし、ひいては新ラウンドの通貨戦争を引き起こす恐れもある」と警告している。

中国商務部研究院の白明研究員は、「現時点でみれば、各国の量的緩和策はまだ相対的に孤立しており、その目的も基本的に自国経済の振興であるため、通貨戦争の水準には達していないが、多くの国が自国通貨の価値を連鎖的に引き下げれば、通貨戦争が起こるリスクがある」と指摘した。

孫華教授は「ドルの価値が下がれば、ドル建てで取引されている石油、金などのコモディティ商品の価値が下がる」と分析する。

徐洪才氏は「円は国際通貨における影響が小さく、日本の量的緩和策が世界にもたらす影響はあまり大きくないが、米国の影響はかなり大きい。米連邦準備理事会が供給した通貨を米国国内経済が吸収、消化できなければ、海外へとドルがあふれ出し、コモディティ商品の価格を押し上げる。米国が量的緩和第2弾を実施した際、世界のコモディティ商品価格が上がった。現在もその兆しが現れつつある」と語った。

中国は資源輸入国であり、日米の量的緩和策は中国に輸入性インフレをもたらす。来年の中国の消費者物価指数(CPI)は3%の上昇が見込まれる。日米の量的緩和策に対して、中国は政策を通じた対応が難しく、しかもインフレのために収縮策に乗り出す可能性がある。これは実体経済の発展に不利だ。さらに世界的な緩和策の流れの中で、中国だけが収縮策を講じれば、より多くの投機マネーが中国の押し寄せる(孫華教授)。

徐洪才氏は、「国際レベルで米の量的緩和策を適度に抑制させるべき。米の量的緩和策が海外に与える影響が拡大した際は、国際通貨基金(IMF)の呼び掛けによって米に警告を与え、一定の圧力を加えるべきだ」と提案した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121230-00000001-xinhua-cn


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1356843592/続きを読む

「日本人顧客の9割を喪失した中華観光業が死滅寸前」 史上最悪の観光客数急減に旅行会社が真っ青

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:東京ロマンチカφ ★:2012/12/30(日) 19:37:42.23 ID:???

 年末年始を海外で過ごす旅行客の出国が29日、成田空港などでピークを迎えた。今月23日~来年1月3日出発の海外旅行者数は65万7000人で、過去2番目の高水準となる見込み。一方、領土問題などで関係が冷え込む中国行きは、来年1~3月の旅行客が前年同期比約85%減と大きく落ち込んでいることが分かった。 

 成田空港の出発ロビーは朝から大きな荷物を抱えた家族連れなどで混雑した。成田国際空港会社によると、出国は29日だけで約4万4000人。今月21日~1月6日の17日間では約60万人で、前年の同期比約7%増。

 4泊6日で恋人と米ニューヨークを旅行する埼玉県の会社員岩田健亮さん(24)は「タイムズスクエアの年越しカウントダウンに行く」と明るい表情。両親とグアムに行く東京都豊島区の小学5年服部成流くん(11)は「海で泳ぎたい」と目を輝かせた。

 JTBによると、年末年始の海外旅行者数は69年の調査開始以来2番目。過去最高の96年末~97年初頭の68万4000人に次ぐ多さ。続く円高基調が背景だ。加えて今回の年末年始は週末が重なり、平日の1月4日に休みを取れば最大9連休も可能なことから、グアムなどのリゾート地や、欧米など遠方の地にも人気が集まっている。

 正月以降も卒業旅行シーズンまで出国者数は多く、来年1~3月に出発するJTBなど旅行主要4社の海外パッケージツアーの予約者数合計では、欧州行きが前年同期比約40%増。近畿日本ツーリストの66・2%増を筆頭に、日本旅行は58・7%増、JTBも31・6%増、ジャルパックも27・3%増とそれぞれ増えた。グアムやサイパンなどのミクロネシアは約14%増、米ハワイも約12%増と、好調な推移だ。

 海外旅行市場が活況にわく中、中国行きは約85%減と“一人負け”。沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中関係の悪化が響く。

 9月に、当時の日本政府が尖閣を国有化して以来、中国国内では大規模な反日デモが連日起こるなど治安が悪化。歩道で突然暴行したり、ラーメンを顔にかけ目を負傷させるなど、日本人を標的にした暴行があったことも報じられている。

 11月には日本の旅行会社が企画した万里の長城へのツアーで日本人の参加客4人が遭難し3人が死亡する事故も発生。中国へのマイナス感情にあふれた一年を象徴するような低調さとなった。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/12/30/kiji/K20121230004880240.html


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1356863862/続きを読む

「中国起源説を唱えた中国人が凶悪すぎる猛反論で叩き潰された」 韓国人と同類視される事を死ぬほど嫌がる中国人

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2012/12/30(日) 20:13:48.74 ID:???

 中国大手検索サイト百度の掲示板に「日本人は寿司(すし)の起源が中国であることを認めているのか?」というスレッドが立てられた。スレ主のこの質問について様々なコメントが寄せられている。

 スレ主は、紀元前3-4世紀に作成された中国最古の類語辞典・語釈辞典である「爾雅」の「釈器」に、寿司の記述があると主張。1800年前の中国ではすでに寿司が広く食べられており、西暦700年ごろになって日本に伝わり、寿司の起源は中国であると主張したところ、次のようなコメントが寄せられた。

・「認めるかどうかに意味があるのか?日本料理と言えば最初に思いつくのが寿司だ。この問題で起源など何の意味もなさない」
・「寿司と言えば最初に思いつくのが日本だ」
「スレ主は病気か?寿司といえば日本だろ。中国を連想するとでも思うのか?起源説なんて持ち出すな」

 また、起源よりも継承のほうが重要だという意見もあり、「起源がどうのこうのなんて幼稚すぎる。きちんと継承することこそ王道だ。韓国人のような真似(まね)をするな」というコメントがあった。韓国の起源説について言及するコメントはほかにもあり、「われわれは韓国と違ってねつ造はしていないが、五十歩百歩という感じがする」というユーザーもいた。

 ほかには、「日本人はとっくに認めているし争う必要もない」、「これは一種の劣等感の表れだ」、「特許料がとれるわけでもないし意味がない」などのコメントがあった。

 寿司といえば握り寿司が有名だが、握り寿司は江戸時代に江戸で生まれたものと言われる。そのほかの寿司としては、巻き寿司やいなり寿司、なれずしなどの寿司があるが、寿司の起源は諸説あるものの、東南アジアで魚を長期保存するための手段として生まれた料理が日本へ伝わり、日本で独自の発展を遂げたうえで現在のような寿司となったと言われている。(編集担当:畠山栄)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1230&f=national_1230_008.shtml


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1356866028/続きを読む

「奴隷受注に苦しむ韓国企業がフランス人に利益を奪われ発狂」 ダンピング受注で確保した利益をフランス労働者が確保

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2012/12/30(日) 14:55:14.85 ID:???

  STXグループが世界最大規模のクルーズ船2隻を受注した。過去、ほぼ同じ大きさの船の価格が10億ユーロ(約1兆4200億ウォン)だったため、今回の受注金額は3兆ウォン(約2400億円)前後になる見込みだ。 

  STXグループは28日、「STXフランスが米ロイヤルカリビアン社から22万5000トン規模の超大型クルーズ船2隻を受注した」と明らかにした。今回受注したクルーズ船は、STX欧州が09年と10年に建造した「オアシス・オブ・ザ・シーズ」「アリュール・オブ・ザ・シーズ」並みの世界最大規模。全世界で運航中の20万トン以上のクルーズ船はこの2隻だけだ。 

  STXグループが受注したクルーズ船はサッカー場3・4面ほどの大きさで、全長361メートル・幅66メートル、高さは72メートルで16階建てビルとほぼ同じ。船室は2700室で、乗客・乗務員など最大9400人を収容できる。船上には長さ135メートルの船上公園もある。 

  この船はSTXフランスのセント・ナザレ造船所で来年9月から建造される予定。

http://japanese.joins.com/article/774/165774.html?servcode=300&sectcode=320


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1356846914/続きを読む

「中国企業が日本市場を放棄する危機的状況が進行中」 日本の対中優位はあらゆる面から崩壊

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2012/12/30(日) 10:39:57.68 ID:???

 習近平体制の誕生直前、中国の英字紙グローバル・タイムズは、中国18都市で行った世論調査の結果を発表しました。中国が抱える課題を尋ねた回答のうち、国民がもっとも関心を寄せたのは「経済の発展」です。

 これがつくられた世論でなければ、おそらく習近平は国民の生活水準を上げるために経済最優先の政策を推し進めるでしょう。主力の輸出産業に引き続き力を入れると思います。

 経済大国化する中国にオバマ大統領は、どう向き合うのか。以前から中国を重要視しており、この路線は再選後も続くとみています。米国内に中国の軍拡化を懸念する声はあるものの、金融を含めた経済を考えた場合、米中は互いに協調路線を取らざるを得ません。

 習近平の一人娘の留学先はハーバード大。常識的に考えれば敵視する国に子供は留学させません。ということは、中国も米国と友好関係を築きたいという思惑があり、米中関係はますます緊密になるとみていいでしょう。

 米中連携が深まる一方、日中関係は尖閣問題などで緊迫化しています。それでも、日本国内では、米国に従属していれば国は繁栄するとの考えが相変わらず支配的です。この考えは時代錯誤です。日本のGDPに占める輸出は15%ほど。このうち対米輸出は15%です。一方、中国、韓国、香港などの東アジア向けは約4割になる。対中輸出は全体の16%で、米国よりも多い。仮にこのマーケットを失えばGDPは1%落ちることになるのです。

 一方、中国の輸出先は米国とEU(欧州連合)がそれぞれ2割前後。日本は1割弱に過ぎません。台湾や香港など、中国には日本に代わる輸出先がたくさんあります。日本ではまだ、「日中関係がこじれて経済が困るのは中国側」といった論調がありますが、現実を直視すべきです。

 世界経済の中心は今後、東アジアにシフトしていく。軍事力だって、どんどんつけていく。「中国軍より自衛隊が上」なんて言っていると、アッという間に追い越されることになります。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20121230-00000003-a_aaac


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1356831597/続きを読む
スポンサード リンク
スポンサードリンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ