”ラジオ番組”で韓国お笑い芸人が『日本人は我々に謝罪しろ』と火病発症した模様。韓国人はクールなので話せば分かる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 10:31:28.44 ID:CAP_USER.net

http://s.japanese.joins.com/article/789/224789.html?servcode=700§code=740

お笑いタレントのパク・ミョンスが慰安婦問題を金で解決しようとする日本の態度について17日、「日本は正しい言葉を言え」と檄(げき)を飛ばした。

パク・ミョンスはこの日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で「日本では『金を集めるのは針で土地を耕すことが如し、金を使うのは砂に染み込む水が如し』という言葉がある」と暗示した後、「このようなすばらしい表現があり、韓国に対してもそのような言葉をかけることができるのに、わざとそうしない」と話した。

パク・ミョンスは続いて「大韓民国の人々はクールだ。しっかり謝れば理解する」とし「しっかり頭を下げて謝ってほしい」と強調した。



続きを読む

”韓国批判番組”にテレビ関係者が『番組制作のルールを守っていない』と激怒。韓国人の参加に疑問を抱くことはヘイト

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 09:11:28.28 ID:CAP_USER.net

(Media Times)「虚偽・ヘイト放送」沖縄で反発 MXテレビ「ニュース女子」
2017年1月18日05時00分

1月2日放送の「ニュース女子」から

 沖縄県東村(ひがしそん)高江の米軍ヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議活動について報じた東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組に、反発の声が上がっている。取り上げられた団体は「意図的な歪曲(わいきょく)」「人種差別的な発言」と指摘し、沖縄の地元紙も「沖縄ヘイト」などと批判。局側は16日、「議論の一環として放送した」との見解を番組で流した。

 番組は月曜午後10時から放送中の「ニュース女子」。東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が司会を務め、時事問題についてゲストが語り合う。

 1月2日の放送で、軍事ジャーナリストの井上和彦氏が現地の様子を報告した。VTRの冒頭、井上氏は抗議活動をしている人を遠くから眺め、「いました。反対運動の連中がカメラ向けているとこっちの方見てます」とリポート。「近づくと敵意をむき出しにして緊迫した感じになります」と伝えた。井上氏がトンネル前に立ち「このトンネルをくぐると建設現場」と説明し、「反対派の暴力行為により地元の住民でさえ高江に近寄れない状況」とナレーションが流れる場面も。

 ただ、このトンネルからヘリパッド建設現場までは直線距離で25キロ。この間ではリゾートホテルなどが営業し、一般の人も自由に行き来している。

 また地元住民にインタビューし「(反対派が)救急車を止めて現場に急行できない事態が続いていた」とも伝えたが、地元3村を管轄する国頭地区行政事務組合消防本部は朝日新聞の取材に対し「そのような事実はない」と答えている。

 スタジオでは出演者が、高江の抗議活動に加わる人権団体「のりこえねっと」について、「5万円日当」などとも発言した。

 これについて「のりこえねっと」は5日付で抗議声明を発表。団体では、交通費相当の金銭を支給し、現地の様子を発信する「市民特派員」を募っている。「金銭目的で運動に参加しているかのように歪曲(わいきょく)して報道した」と非難した。また共同代表で、人材育成コンサルタントの辛淑玉(シンスゴ)さんを取り上げた後に「韓国人はなぜ反対運動に参加する?」などと流したことについて「人種差別に基づくヘイト発言」と訴えている。団体側への事前の取材はなかったという。

 地元紙の沖縄タイムスと琉球新報は、社説や一般記事で番組を「沖縄ヘイト」などと批判した。沖縄タイムスの与那嶺一枝編集局次長兼報道本部長は「きちんと取材をせずにデマを公共の電波に乗せている。見過ごせば同じような番組が次々に出てきかねないという危機感があった」と話す。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12752308.html?rm=150



続きを読む

”慰安婦像の爆発的増加”に『韓国版SEALDsもどきが関与していた』と暴露される。名門女子校に悲惨な光景が爆誕

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 08:55:08.08 ID:CAP_USER.net

韓国には現在全国37校に小さな少女像が建てられている。各学校の図書館、廊下、玄関など学生が多く訪れる場所に建てられているという。チュンアム高校、龍山高等学校等という様々な場所に建てられた少女像。

この計画を築いたのは実は高校生なのだ。梨花女子高校の歴史サークル「拳斧」。100校に少女像を建てるという目標を掲げ、各学校に少女像を建て始めている。


このサークル「拳斧」は梨花女子高校内唯一の歴史サークルで、人類初のツールである石器時代の「拳斧」からサークル名を命名したという。慰安婦関連、セウォル号に関する活動や歴史探索活動も行っている。現在このサークルは18期になっており、広報部、学術部、交流部、調査部などに分かれている。

最初に貞洞フランシスコ会館作った時のは2015年冬で、その際は16期、17期の先輩がいたという。小さな少女像は2016年から作り始め、一作年の日韓慰安婦合意に対抗して「負けずに継続して少女像を建てていこう」というメッセージを込めて各高校に少女像を作ろうと提案。それが今に至っている。

水曜日ごとに集会があるが、距離の関係もあり出席が難しいため隔週ごとに昼食時にサークルで集会を開催するという。その内容は慰安婦のために1億人署名運動するというものや、バッジを販売して資金を集めたりというものだ。

このようにこうした若い世代が各校に少女像を各校に作っており、日韓慰安婦合意があろうが関係無く少女像を継続して作られていくのだ。

http://gogotsu.com/archives/25529
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/01/001-33.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/01/002-23.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/01/003-16.jpg



続きを読む

『野蛮な国に永住するのには覚悟が要る』と在日が”悪意に満ちた本音”を吐露。日本は分割されて殺し合うべき

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 00:22:02.87 ID:CAP_USER.net

〈高演義先生の情熱教室 10〉朝鮮から眺めて―新年の対米・対日関係、そして在日朝鮮人の覚悟のほど
2017.01.16 (14:30)

新年を迎え、あまり自分を抑えるのはよして余生は自由奔放でありたいと改めて決意した。とはいえ、はしたないまねはしないつもりで、あくまでも同胞目線でもって生活的に物事を見続けたい。(中略)

■「崩壊」どころか強盛大国に

さて、本論に入ろう。まず対米。

(中略)

■知的難民・情報奴隷のニッポン

(中略)

最後に、私たち自身のことを考えたい。

名著「想像の共同体」を残したB.アンダーソンが「遠隔地ナショナリズム」ということを言っている。私はこれをほとんど「遠隔地パトリオティズム(愛国運動)」の言説と受け止めているが、この問題はいまだわが組織では十分に解かれていないと思う。紙面の都合もあるので、取り急ぎ結論から書く。

現在地球上に散在する朝鮮民族の闘いと暮らしの世界は、金亨稷先生が少年・金成柱(のちの金日成主席)に手渡した2丁の拳銃、これから始まったのだということ。

民族が全うな民族であるための、人間がまともな人間的存在であるためのこの朝鮮革命の滔々たる大きな流れは、白頭山を経てさらに豊かになり、海外へまで及び、ついに在日朝鮮人運動を生んだ。こうした現代史の中心的な潮流(私はこれを心ひそかにチュチェエ・フルム“主体の流れ”と呼んでいるのだが)について、私たち在日朝鮮人はもっと自覚的であるべきだ。

ときたま、「あの人騒がせな祖国とは少し距離を置いたほうがいいのでは」などということばを耳にする。この私にはそうした思考法がまったくないのである。そもそも朝鮮革命から切り離された在日朝鮮人運動というものが考えられないのである。あそこは在中、在米同胞や、南の同胞たちの闘いと暮らしをも掻き抱いた母なる革命基地なのである。遠隔地にあっても朝鮮人として、朝鮮革命をこそ生きるベきである。(私はいまだにオモニが残してくれたわが臍の緒を、机の最上段の引き出しの奥に大事にしまってある。)

無論革命は一律的であってはならない。それぞれの遠隔地の、所在地の特色を生かしながら朝鮮革命に合流すべきであろう。それでこそ朝鮮民族の本拠地がさらに豊かになろうというものだ。

現代史の流れを見ていて私がいつも思うのは、なぜわが民族はきょうだい同士殺し合い、そのうえ国まで分断されなきゃいけないのか(本来なら侵略国の日本が北日本・南日本に分断されて然るべきなのに)、この歴史のマイナスくじについてである。

http://chosonsinbo.com/jp/2017/01/0116ib-2/



続きを読む

『日本が韓国に譲歩する隙を与えた』と韓国外相が”早期解決”を推進中。日本を完全に舐めきっている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/01/18(水) 06:40:13.75 ID:CAP_USER.net

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=161224&ph=0

2017年1月17日、韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像への対抗措置として、日本が長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事を一時帰国させたことを受け、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は13日、「国際社会では外交領事公館の前に施設、造形物を設置するのは国際関係の側面から望ましくないというのが基本的立場だ」と発言した。これについて、中国国営新華社通信は「日本に引っ込みがつく道を与えた」と伝えている。

尹氏の発言を日本は歓迎している。共同通信は「撤去を要求する日本側の主張に理解を示した形だ」と伝えた。岸田文雄外相も14日、「韓国政府も日韓合意の履行が重要だと発言しており、韓国の外相もそのような考えでやっている」と称賛した。

この問題の短期間での解決が難しいと見られる中、尹氏の発言は日本に引っ込みがつく道を与えるものだ。

16日付の韓国紙・中央日報は「日本は尹長官の発言を有利に解釈し、出口戦略に活用しようとするようだ」と指摘する。日本政府が9日に一時帰国させた長嶺駐韓大使と森本総領事を今週にも復帰させる方針だと日本メディアが報道したことについて、中央日報は「日本政府内でも駐韓大使らの日本長期滞在は問題解決につながらないという見方が強まっており、韓国国内の情勢混乱が深刻化している中で、韓国政府との連携を強化するため2人を復帰させる必要があるようだ」と伝えている。



続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ