ロッテの人気商品が『消費者庁の不正調査を受ける』笑えない展開に。姑息にも商品説明を変更した模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/03/24(金) 10:46:08.47 ID:CAP_USER9.net

2015年10月13日より発売が開始されて以来、半年間で20億円も売り上げたロッテの大人気
チョコレート菓子「乳酸菌ショコラ」シリーズに、“景品表示法違反”の疑いが向けられている。


「乳酸菌ショコラ」の発売当初の商品コピーである「生きた乳酸菌が100倍とどく」について、ロッテが消費者庁から問い合わせを受けたというのである。

消費者庁はロッテ側に「本当に生きた乳酸菌が腸まで100倍届くことが立証できているのか?」として根拠を示す資料の提出を求めたとのことだ。

●ロッテ広報室は「万全の科学的根拠あり」と回答

そこで当編集部でもロッテ側に対し、「100倍とどく」というキャッチコピーが真実なのかどうかを問い合わせたところ、ロッテ広報室から以下のような回答が返ってきた。

「消費者庁からは、『乳酸菌ショコラ』の商品コピー『生きた乳酸菌が100倍とどく』の根拠に関する質問がございましたが、弊社からは万全の科学的根拠があることをご説明しております。詳細につきましては差し控えさせていただきます」


このようにロッテは「万全の科学的根拠がある」と明言しているのだが、ロッテは「乳酸菌ショコラ」の商品コピーを昨年末から「“生きた乳酸菌をいつでも”の時代」へと変更しているのだ。

もちろん消費者庁から問い合わせが来る以前から商品コピーを変更する予定だったという可能性もあるが、タイミング的に、急遽コピーを変更せざるをえなかった“何らかの理由”があったのでは、と穿った見方もできてしまう。

●行ったのは人体実験ではなく確証の薄い試験管実験

本題に入る前に、まず「そもそも乳酸菌とは何なのか」ということを解説しておこう。整腸作用があることなどを知っているかたは多いだろうが、その存在について詳しく説明できるかたは少ないのではないだろうか。

そこで今回、『あなたの知らない乳酸菌力』(小学館)の著者で新宿大腸クリニックの院長の後藤利夫氏に、乳酸菌について話を伺った。

「乳酸菌とは善玉菌と呼ばれるものの1つで、私たちの健康維持に大きく貢献してくれている必要不可欠なものです。乳酸菌には下痢や便秘を整える整腸作用や、免疫力を高めるといった作用があります。それ以外にも尿酸値を下げたり、血糖値を下げたり、血圧を下げたり、コレステロール値を下げたりもしてくれるのです。

また、胃や大腸の癌予防をはじめ、胃や大腸以外にも免疫力を高めることにより、感染症を予防したり他の癌も予防する効果も期待できるのです。また美容的にも肌の健康を保つといった効果も期待できますので、多岐に渡って人間の健康に関与しているのです」(後藤氏)

話を「乳酸菌ショコラ」について戻し、問題となった「生きた乳酸菌が100倍とどく」という商品コピーについて後藤氏に伺った。「摂取した全てではありませんが、もともと乳酸菌は粉末、ドリンク、ヨーグルトなど形を問わず生きたまま腸に届くものなのです。ですから『生きた乳酸菌が100倍とどく』という表現は、“生存比率”が100倍ということなのでしょう。

要するに、ロッテ側は一般的なヨーグルトなどで摂取するよりも、乳酸菌をチョコレートに包んだほうが生きたまま腸に届く比率がより高まったと言っているのです。もちろん試験データに基づいた証拠はあり、その試験データは2015年12月22日に日東薬品工業のプレスリリースにて発表されています」(同)

説明しておくと「乳酸菌ショコラ」は先述のロッテ、日東薬品工業、京都大学の共同開発によって生み出された商品である。「このプレスリリースを見てみると、行ったのはチョコレートに包んだ乳酸菌とチョコレートに包んでいない乳酸菌に分け、それぞれを人工胃液に入れるという試験管実験。その後にどれくらいの乳酸菌が殺菌され、どれぐらい生き残ったかという比較をしています。

 この試験データによると、1時間経過で1ml当たり、チョコレートに包んでいなかった乳酸菌は100以下にまで数を減らし、逆にチョコレートに包んだ乳酸菌は100万もの数が生き残っていたとのこと。倍率で言うと“約1万倍”も生存比率に差が出たわけです。また2時間経過した時点ではチョコレートに包んだ乳酸菌の数はほとんど減らず、結果的に“約3万3千倍”にまで生存比率を伸ばしたという結果になっています」(同)

●断言するには100億円規模の人体実験が必要

続きはソース元をご覧ください
https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_320541/?p=2



続きを読む

悪意に満ちた昭恵氏証言に『安倍首相が本気で怒り狂う』凄絶な展開に。野党は詳細な内容をごまかすのに必死

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:スタス ★:2017/03/24(金) 11:48:48.43 ID:CAP_USER9.net

安倍晋三首相は24日午前の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長が23日の証人喚問で、「昭恵(首相)夫人と私と2人きりの状態で、『安倍晋三からです』とおっしゃって封筒に入った100万円をくださった」と証言したことについて、「密室でのやりとりなど反証できない事柄を並べ立て、事実と反することが述べられたことは誠に遺憾だ」と反論した。その上で改めて「今まさに議論となっている国有地売却や学校認可について私も妻もまた事務所も全く関与していないことは明確に申し上げておきたい」と述べた。

特集:森友学園・籠池氏の証人喚問

 首相は籠池氏の証人喚問について「国有地売却の問題や学校認可の問題に関して具体的な政治家の関与がなかったことは明らかになった。他方で疑惑の深まっている(小学校の建築費をめぐる)3通の契約書については、刑事訴追を理由とした証言拒否が繰り返され、真相が解明されず、大変残念」と述べた。

 証人喚問で籠池氏が、昭恵氏から籠池氏の妻に対して「口止めとも取れるメールが届いた」と証言したことについて、首相は「メールの一部を使って、『メールで口止めをした』と籠池氏が言っていることは極めて遺憾だ。その中で例えば、『勘ぐりをされる』『まっとうな人間がまっとうなことをしているのを阻止される』などという籠池夫人からのメールに対して、(昭恵氏のメールは)李下に冠を正さずという趣旨で返信したものであるということは明らかで、(籠池氏の証言は)悪意に満ちたものであるということは申し上げておきたい」と述べた。

 自民党の西田昌司氏の質問に答えた。

http://www.asahi.com/articles/ASK3S33PSK3SUTFK005.html



続きを読む

『安倍を落とせないから昭恵を叩け』とマスコミが”個人への総攻撃”を開始。色々な意味でゲスい模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:孤高の旅人 ★:2017/03/24(金) 08:36:37.97 ID:CAP_USER9.net

森友学園  「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…
毎日新聞2017年3月23日 22時45分(最終更新 3月24日 08時08分)
http://mainichi.jp/articles/20170324/k00/00m/040/125000c

 籠池泰典理事長への証人喚問で、籠池氏や学校法人「森友学園」と安倍昭恵氏(54)の密接な関係が改めてクローズアップされた。永田町で「最大のアベノリスク」と不安視される昭恵氏の奔放な言動をまとめた。

 森永製菓元社長を父に持つ昭恵氏は聖心女子専門学校から電通に入社。1987年に安倍晋三氏と結婚した。

 「奔放な言動」(首相周辺)が目立ち始めたのは、2007年に第1次安倍政権が崩壊して以降。過去のインタビューで「主人が(首相を)辞めた後、大学院に行ったのが大きかった。自分の頭で物を考えていなかったと気づいた」とする。

 第2次安倍政権発足前の12年10月、東京・神田に居酒屋「UZU」を開く。売りは「国産・無農薬」だが、首相から「店では飲まないように」と言い渡されたという。

 2度目のファーストレディーとなってからは「家庭内野党」を自任し、安倍政権に批判的な人たちの懐に飛び込んでいく。16年7月には、参院選に立候補し脱原発や政権批判で支持を集めたミュージシャンの三宅洋平氏(落選)と対面。首相に電話をつないだ。昭恵氏は10万人超のフォロワーを持つ自身のフェイスブック(FB)でその様子を伝え、「ここから何かが始まるかも」と書いた。

 同年8月には、沖縄の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設工事に反対運動を続ける市民らを訪問。FBで「対立、分離した世の中を愛と調和の世界にしていくための私なりの第一歩」と説明した。

 過去の雑誌のインタビューで「いまは大麻に興味がある」とも。薬物としてではなく、医療用などの側面に注目していたようだ。しかし、昭恵氏が交流していた鳥取県智頭町の麻畑の代表者は昨年10月、自宅で乾燥大麻を所持していたとして逮捕された。

 強い自然志向でリベラル色をにじませる半面、神道や伝統を礼賛し、教育勅語を唱和させる籠池氏の塚本幼稚園(大阪市)に心を寄せる。昭恵氏の行動原理は分かりにくい。

 昭恵氏から指名を受けてインタビューをしたことのある東京工業大の西田亮介准教授(社会学)は「イデオロギーや思想は感じられなかったが、直感的でスピリチュアルなものへの共感が強く、サブカル的、オカルト的なところがある不思議な人だった」と振り返る。「本人に悪意はなく、ありのままに生きているのだろうが、ある程度の政治的影響力があることを考えれば脇が甘かったと言えるだろう」と話した。【川崎桂吾、森健太郎】



続きを読む

『証人喚問では安倍政権は防戦一方だった』と朝日新聞が”願望”を垂れ流し。籠池を全力支援している模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:孤高の旅人 ★:2017/03/24(金) 08:25:02.79 ID:CAP_USER9.net

「籠池氏は堂々」政権に焦り 想定外の攻防にじむ危機感
2017年3月24日00時20分
http://www.asahi.com/articles/ASK3R55WLK3RUTFK011.html?ref=yahoo

 学校法人「森友学園」(大阪市)をめぐる籠池(かごいけ)泰典氏に対する国会の証人喚問は、「籠池劇場」さながらの様相になった。籠池氏は国有地売却問題の追及は受け流す一方で、安倍晋三首相の妻・昭恵氏との関わりを詳細に証言。政権与党は想定外の防戦に追われ、焦燥感を強めている。

 安倍政権の幹部は、籠池氏が昭恵氏とのつながりを詳細に語った直後から、一斉に火消しに走り出した。

 「事実関係は籠池氏の国会証言とは異なる」。菅義偉官房長官は23日午後の記者会見でこう強調した。菅氏はその直前の証人喚問でつまびらかにされた、昭恵氏付職員が籠池氏に送ったファクスのコピーなどを記者団に配布。「夫人は中身には関わっていない」と語り、あくまで職員と籠池氏側のやりとりであると繰り返した。

 菅氏が記者会見で、国会で議論された資料を記者団に配って説明するのは異例で、昭恵氏が渦中に引き込まれていることへの危機感の表れとも言える。別の官邸幹部は23日夕、昭恵氏と籠池氏の妻とのメールのやりとりを印刷した紙を記者団に見せ、「昭恵夫人は、籠池氏の妻の長文のメールに何回かに一回、短く返信しているだけだ」と、昭恵氏の関わりは薄いとの主張を展開した。

 政権与党は、この日の証人喚問で問題の幕引きを狙っていた。籠池氏の発言や学園の経営状況などに焦点を当てて信頼性に欠けることを印象づけ、昭恵氏や政権側の主張の正当性を示す作戦だった。

 午前の証人喚問で質問に立った自民党の西田昌司参院議員は、新設予定だった小学校の建築費をめぐり、金額が違う契約書を国などに提出した問題を追及した。だが、籠池氏は「刑事訴追を受ける可能性がある」「議員の言っていることは的外れ」とかわした。同党の葉梨康弘衆院議員は、籠池氏が証言した昭恵氏による100万円の寄付について「間違いないか」と何度もただした。籠池氏は「たたみかけるようで非常に失礼だ」と声を荒らげ、昭恵氏とのやりとりについて重ねて証言した。公明党の富田茂之衆院議員は質問後、記者団に「籠池氏は、もう失うものはないという思いをぶつけようとして、首相や昭恵夫人を巻き込んでいる」と語った。

 証人喚問の時間帯、官邸にいた…



続きを読む

韓国企業が8年かけて開発した新製品が『日本製品の露骨なパクリ』で炎上中。もはや隠す気さえない模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/03/23(木) 20:35:45.35 ID:CAP_USER.net

2017年3月22日、韓国・アジア経済によると、韓国の大手菓子メーカー「オリオン」の新製品に盗作疑惑が浮上し、物議を醸している。

問題となっている製品は今月発売された「コブクチップ」。内容量は80グラムで希望小売価格は1500ウォン(約150円)、コーンスープ味とスイートシナモン味がある。薄いチップが4枚重なっているため、1つ食べただけでも3?4つ食べたような豊かな食感が楽しめるのが特徴だ。

オリオンは「8年間の試行錯誤の末、製品の開発に成功した」と主張している。2009年に製品の研究を始めたが当時は技術力が足りずに中断、2015年から再び開発に取り組んだ。今後は会社を代表する製品に育てていく考えだという。

しかし、60年の歴史の中で最も研究・開発に魂を込めた製品というオリオン側の説明とは裏腹に、インターネット上では日本の製菓会社「ヤマザキビスケット」の「エアリアル」に酷似しているとの疑惑が浮上している。

エアリアルは2009年8月に日本で発売された製品で、コブクチップと同じ4層構造のコーンスナック。内容量は70グラムで、日本では129円で販売されている。

また、日本のセブンイレブンが独自ブランドとして発売した4層構造スナック「サクサクコーン」とも酷似。同製品も4層形状の長方形である上、味がコブクチップのコーンスープ味に似ているとの指摘が相次いでいる。

これについて、オリオン関係者は「日本の菓子と形は同じだが、作り方と味は全く違う」と反論した。

また、「以前から4層にしてほしいとのニーズがあったが、実現するのに時間がかかった」とし、「(コブクチップが)カレトック(棒状の韓国の餅)を伸ばすように薄く叩きながら揚げるのに対し、日本の菓子は4枚を貼り合わせて揚げるという点が最大の違い」と説明した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは多数のコメントが寄せられているが、

「まね…したのだろう。否定的な偏見を持ちたくはないが、韓国の菓子メーカーはどうも信じられない」
「8年間日本企業の監視、研究をしていたのか?」
「まともに開発してほしい。もし開発する能力がないのなら、ライセンス料を払って正当な方法で製品を発売して」
「大企業のすることとは思えない」
「完全に同じ。まあでも、韓国企業の盗作問題は今に始まったことじゃない」
「これまでの商品も全てパクリ。否定しても誰も信じないよ」
「アイデアは限られているからかぶることもあるけど、今回の製品は似過ぎている上、『8年かけて開発した』というしらじらしい説明で信頼度が急低下」

など、ほとんどが盗作を確信し、批判する内容だ。



Record china 配信日時:2017年3月23日(翻訳・編集/堂本)
http://www.recordchina.co.jp/b172243-s0-c30.html



続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ