「非合理的すぎる中国式競争理論が中国経済に大混乱を誘発」 無秩序の中の競争という非健全さを中国マスコミが嘆く

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:九段の社で待っててねφ ★:2013/05/05(日) 08:34:38.70 ID:???

 2013年5月3日、人民日報(電子版)は「中国人はなぜモノの奪い合いに走るのか」と題した記事を掲載した。清明節(今年は4月4日)の前日、上海で初のH7N9型鳥インフルエンザ患者が報告された。人々はこの新型ウイルスに対する知識をほとんど持ち合わせていなかったが、江蘇省衛生庁が「H7N9型インフルエンザウイルスに対する漢方薬・板藍根の予防効果は高い」との公告を発表すると、新型SARSが流行した10年前、人々が先を争うように板藍根を買い求めた騒動と同じ状況が、華東の多くの地域で再現された。「新型肺炎三種の神器(マスク、板藍根、酢)」が復活し、再び飛ぶように売れ始め、一部の地方では品切れ状態となった。2年前、東日本大震災とそれに伴う福島原子力発電所での放射能漏れ事故が発生した時には、中国沿海部の浙江・江蘇・山東各省の多くの都市で、人々が塩を買い占めるという現象が起こり、塩の値段は一気に1袋20元(約320円)にまで急騰した。また、「世界終末の日」がやって来るというデマによって、蝋燭を買い求める人が続出した。このように、中国ではひとつの商品を奪い合うように人々が買い求める事例は枚挙にいとまがない。

 これら一連の行為について、どのように解釈すべきか、つい戸惑ってしまう。そして思わず、「中国人はどうしてすぐにモノの奪い合いに走るのか?モノを奪い合うことで、中国人が生き延びる活路が開けるのか?」と質問したくなる。日常生活でも

▽信号を無視して横断する
▽座席を取り合う
▽横断歩道のない場所で車道を横断する
▽住宅購入に押し掛ける
▽我先に切符を買い求める――

などの現象は、珍しくもなんともない。中国人にとって、「我先に奪い取る」という行為はごく日常茶飯事なのだ。このような生活習慣が、さらには海外にまで持ち込まれるケースも少なくないことから、海外の観光地では、「順序良く並んで下さい」など、中国人向けに中国語表記の注意事項が掲示されている。中国人が並ぼうとしないのは、外国人にとっては理解しがたい行為である。限りある資源と生存本能から、中国人なら誰しも、少しでも多くを得ることを常に望んでいる。従って、争奪戦が起こるのも不思議ではない。問題となるのは、全員に十分行きわたる場合でさえも、多くの人が奪い合おうとすることだ。このような現象は、「奪い合い」が中国人にとってひとつの習慣となってしまい、「奪い合うのは当然」という考え方が固定化してしまった事実を示している。

 これについて、「奪い合いは競争の一種であり、自身の向上のために努力している現れだ」と弁解する人がいるかもしれない。奪い合いは一見したところ競争のようだが、決して本物の競争ではない。本物の競争とは、その競争のルールに従って、個人が能動性を発揮し、お互いに全力で勝負するプロセスを指す。勝者と敗者はともに、競争の結果を受け入れる。一方、中国式「奪い合い」は、秩序のないカオス状態であり、奪い合うための条件さえも整っていない場合もある。もし「中国式奪い合い」を競争と見なすとするなら、それは無秩序状態における競争であり、決して健全な競争とは言えない。

 「中国式奪い合い」が形成されたのは、単なる偶然ではなく、さまざまな文化的要因による総合的な結果である。理性的判断に欠けていると、情報の真偽を見極めることができず、大多数の人と同じ行動を取らざるを得なくなる。また、規則を軽視することで、無秩序が生まれる。このように、「理性的思考の欠如」「規則の軽視」「群集心理」という三者が互いに結びつき、「中国式奪い合い」が中国人の日常生活のさまざまなシーンに現れるようになった。

(筆者:中国高等教育学会公共関係専門委員会秘書長・雍天栄)
(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/TF)

ソース   レコードチャイナ 2013年5月5日
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=71981
3日、人民日報は「中国人はなぜモノの奪い合いに走るのか」と題した記事を掲載した。
写真は鳥インフルエンザの予防効果が高いとして買い占められた漢方薬・板藍根。

phpm=5&img=cfp438594336
phpm=5&img=cfp438594335
php_m=5&img=cfp438594337


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1367710478/続きを読む

「韓国自慢の防火対策技術が悲惨すぎる結末を全世界に露呈」 1000年間韓国ソウルを守護した崇礼門の魔力

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:HONEY MILKφ ★:2013/05/05(日) 09:26:37.57 ID:???

455116_article_59_20130504174706

※ 動画はソース元参照
----------------------------------------------------------------
<ニュースデスクアンカー>
太くて力強い文字で、朝鮮の気像が込められた崇礼門(スンレムン)の懸板(看板)です。

朝鮮最高の名筆家、秋史(チュサ)金正喜(キム・ジョンフィ)先生も感嘆したというこの文字に秘密が込められているらしいですよ。

イ・ジソン記者が報道します。

<VTR>
除幕式が終わって一般に公開された崇礼門の懸板。

名筆も惚れこむほど力強い文字ですが、誰が書いたものか著者の落款も実録の記録もありません。

『誰が書いた文字か?』

一番有力な人物は、太宗(テジョン)李芳遠(イ・バンウォン)の長男である譲寧大君(ヤンニョンデグン)ですが、今度の崇礼門懸板も譲寧大君の子孫が保管していた100年前の拓本を基に作られました。

<インタビュー=イ・ジョンウォン(全州李氏、譲寧大君の奉祀子孫)>
「文化財庁で拓本の木目と (火災で)落ちた懸板の木目が一致して、朝鮮時代の紙が合っていると判断されて・・・」

申叔舟(シン・スクチュ)の父、申檣(シン・ジャン)が書いたという説も有名です。

秋史・金正喜先生は自分の詩文集で、「崇礼門の扁額はまさしく申檣の字で、深く骨の髄まで打って入った」と褒め称えた記録が伝わっています。

『なぜ縦に書かれたのか』

大部分の宮廷懸板が横になっているのとは違い、崇礼門の懸板は縦になっています。

火の運気を抑え、都城の中の火災を防ぐためという説が一番有名です。

太祖(テジョ)李成桂(イ・ソンゲ)が首都を推挙する際、炎の形状をした冠岳山(クァンアクサン)の強い火気が漢江(ハンガン)を越えて宮を犯すとされ、鄭道伝(チョン・ドジョン)が炎の模様の『崇(スン)』の文字と五行のうち火に当たる『礼』の文字で名前を付け、縦に高く燃えるようにしたというものです。

<インタビュー=イ・クィヨン(古宮博物館学芸研究官)>
「都城に火気が侵入するのを懸念して、対抗作戦として防いだのです」

壬辰の乱(秀吉のアレ)と韓国戦争(朝鮮戦争)にも燃えず、600年以上ソウルを守って来た崇礼門が新しい懸板とともに新たな1000年を引き継ぎます。

MBCニュースのイ・ジソンでした。

ソース:NAVER/MBC(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=214&aid=0000237581


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1367713597/続きを読む

「韓人団体が米国議会で罵倒合戦を勃発させる驚天動地の事態に」 縄張り争いで在米韓人同士の反日競争が激化

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2013/05/05(日) 16:40:47.36 ID:???

慰安婦キリム碑をめぐり葛藤していた米ニュージャージー州フォートリーの韓人団体がついに合意に失敗してひんしゅくを買っている。

フォートリータウン議会は2日、日本軍強制慰安婦キリム碑建設をめぐり会議を開いたが最終合意に失敗、タウン議会の表決で決めると明らかにした。マーク・ソコリッチ市長は「推進団体間の調整を模索したが、両側が立場を曲げず表決を通じて決める」と宣言した。米東部では3番目、アメリカで4番目に建設予定のフォートリーの慰安婦キリム碑は過去4カ月間、二つのグループがそれぞれの建設案を推進して意見を異にした。

初めてキリム碑製作を議論したのは、ボーゲン韓人会でニューヨーク韓人会ハン・チャンヨン元会長の支援で石碑形態のキリム碑を推進した。このような事実が知られるとすぐにフォートリー韓人会がかっと怒っりだした。管轄地域の韓人会が厳格に存在するだけに、代表性に問題があると問題を提起したのだ。

フォートリー韓人会がフォートリー海外参戦戦友会(VFW)とともに少女像形態のキリム碑建設案を推進しながら両グループ間の葛藤が始まった。フォートリー地域の住民たちの世論は排除したまま韓人団体間の過熱競争が始まり、各種問題がふくらんだ。少女像形態のキリム碑文中の慰安婦被害者を‘性的奴隷’の代わりに‘性接待婦’にされたという内容がタウン議会で通過して一度騒動が起きた。

結局、ペリセイズパークの1号慰安婦キリム碑を推進した市民参加センターを中心に日本軍強制慰安婦追悼委員会がのり出した。慰安婦追悼委は問題の文句を修正し少女像形態にするものの日本の旭日戦犯旗の背景はなくすなどの仲裁案を提示した。これを契機にフォートリー慰安婦キリム碑は両グループ間の合意を成したように見えたが、実際にフォートリータウン議会ミーティングで内在した異見を狭めることができないことが明らかになった。

この日の議会で両グループ間の大声が行き交うなど、きまり悪い姿も演出された。

ソース:朝鮮日報(韓国語) ‘少女像か碑石か’米フォートリー慰安婦キリム碑情けない論争
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/05/04/2013050400448.html

関連スレ:【慰安婦問題】 米国泣かせた「慰安婦少女像」、デトロイトに建つ[11/25]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1353824150/
【慰安婦問題】 米国の慰安婦追悼モニュメント、「少女像より追悼碑が良い」~韓国人の反日感情の象徴になってはならない[03/16]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1363530392/
【慰安婦問題】米NJ州慰安婦記念碑、碑文に「20万人少女拉致」→自民党「日本政府として米側に根拠提示、早期撤去を求めるべき」[5/20]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1337514106/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1367739647/続きを読む

「中国指導部の親日派擁護のために日本政府が政治的譲歩を決断」 朝日新聞が異常極まる対中譲歩を安倍政権に要求

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/05/05(日) 13:28:49.04 ID:???

尖閣諸島問題で、また歴史認識をめぐり、日本と中国が対立している。

 こんなふうに、私たち新聞は「中国が」と書くが、中国の指導部にせよ、一般市民にせよ、意見が決して一つにまとまっているわけではない。日本に対する強硬派がいると同時に、対日関係を重くみる協調派もいる。いまのような局面では、つい見落としがちだ。

 そんな当たり前のことに気づかせてくれたのは、中国のジャーナリスト、喩塵(ユイチェン)さんの言葉だった。河南省でのエイズ集団感染事件など社会問題を積極的に報じてきたことで知られる。国際交流基金の招きで来日し、明治大学でこう語った。

 「昨年9月、尖閣国有化に抗議する反日行動が拡大したのは、中国のメディアに自由がないから。理性的な声が伝えられず、反日一色にされてしまった。あれは中国社会の真の姿ではないのです」

 日本と対立が強まれば、中国で対日強硬派の発言力が増し、協調派の発言力が低下する。そうでなくても日中には歴史問題があるから、注意しないと強硬派が優勢になる。ここに日中の陥りがちなわながある。

 安倍首相がかつての侵略の歴史を否定しかねない発言をし、168人の国会議員が靖国神社に参拝した。ここ最近の日本側の振る舞いは、中国の強硬派を元気づけ、協調派を落胆させたに違いない。

 関係修復をめざして今月訪中するはずだった自民党の高村正彦副総裁は、李源潮(リーユワンチャオ)・国家副主席との会見を実現する見通しが立たず、訪問を断念した。李氏は対日関係を重視すると期待されていた人物だ。しかし、この情勢下では会えない。

 協調派の声は中国で消えかかっているようにみえる。だが例えば、中国主要紙の一つ「中国青年報」は最近おきた四川省の地震をめぐって「耐震建築は日本に学べ」という大きな記事を出した。隣国がいがみあっても得はない。そう考える人が中国にもいることを示している。

 厄介なのは尖閣海域での対応だ。無用な刺激を与えるのは避けなければならない。だが、中国が繰り出す監視船に対し日本側が後退すれば、それこそ「力で押せば日本は引っ込む」と強硬派を勢いづける。だから、退くわけにもいかない。ここが当面、最も難しい。

 いずれにしても、対日関係改善を望む人が中国には少なからずいる。彼らを困らせる言動を慎むことが、わなを抜け出す第一歩になる。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1367728129/続きを読む

「韓国無視を徹底する安倍総理の強硬姿勢に韓国人が安堵」 韓国マスコミが超理論で負け惜しみを披瀝

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2013/05/05(日) 11:47:21.11 ID:???

2013050500095_thumb

▲金大中顧問

 日本は結局、世界一流の国ではなかった。非常に豊かでカネをよく稼ぎ、立派なふりをしていても、やはり日本は、周辺諸国を強奪・植民地化して侵略戦争を起こした前世紀の水準から脱しきれていないという事実に、韓国の人々はむしろほっとしている。日本人が自分たちの犯した過ちを認め、自分たちの欲望のために犠牲となった数百万、数千万の世界の人々に謝罪すれば、韓国人は一段と成熟した日本に恐れをなしたところだが、自らをおとしてめる日本を見て、韓国人は逆に気持ちを引き締めることができる。

 安倍晋三首相や自民党の閣僚を筆頭にして、日本は「侵略の定義は国と国との関係で、どちらの観点から見るかによって異なり得る」と主張し、第2次世界大戦の侵略の事実そのものを間接的に否定、植民政策を正当化している。世界の非難の声が集中すると一歩退いたようだが、こうした意図的かつ企画的な「押して引く戦略」すら、日本を醜く見せている。ある国が他国の主権を侵奪し、他民族を虐殺-略奪することが「視点」によって違うものになり得るのなら、日本の視点はどういうもので、どういう視点なら「日本は嫌だったが、植民国が望んだため」という関係になり得るのか、日本は説明すべきだ。

 日本が今後、自国をどの方向にどのように引っ張っていくかは、日本が決める問題だ。憲法を改正して軍隊を養成し、カネをやたらと刷って周辺諸国の経済を混乱させようがさせまいが、それは日本の選択だ。また、閣僚だけでなく全国民が靖国神社を参拝しようが、揚げ句に慰安婦への補償問題で「腹を切れ」と言い出そうが、それも日本の選択といえる。しかしそこに、日本の「過去」の話まで上乗せし、「視点の差」とか「それはお前たちが弱かったからされたこと」と大声で訴えるのは、被害国の韓国でなくても、人類の良心から到底我慢できるものではない。それは日本人の選択の問題ではなく、具体的に国家的害を受けた相手がいる問題だからだ。

 今年1月10日付東亜日報に掲載された若宮啓文・朝日新聞主筆の論説は、日本の右傾化について「右を向いて立っていた安倍選手の背を、(韓国・北朝鮮・中国などの)突風が後ろから押したせい」と主張した。突風が日本を刺激し、ナショナリズムをたきつけたことで、安倍首相の登場が可能になったというわけだ。だとすると日本国民は結局、周辺諸国の風に左右される、受動的でやりくり下手な人々だということか。

 日本の知識人は今ごろになって、周辺の状況が日本の右傾化に追いやっており、それを安易に批判ばかりせず、互いに自制して気をつけようと強弁している。しかしそれは、加害者が言うべきことではない。かつて韓国をなぐりつけた日本が、今になって周囲に言い訳し、日本をたたかないでくれと言う。あきれた詭弁(きべん)だ。今の状況は、日本人の本音の結実であって、安倍首相はそれを巧みに利用しているだけだ。今の日本のおごりを、戦後ドイツの反省と比較する気はない。日本は聞くそぶりも見せないのに、言うだけ無駄だ。だから今の日本の選択にあれこれ言うつもりはないし、再び日本に反省すべきと言うのもうんざりだが、今日日本がこうなったのは「韓国の大統領が独島(竹島)を訪問したせい」「中国が南シナ海の島を占領しているせい」「北朝鮮のミサイルのせい」と他人のせいにしないことを望む。そして「過去」まで軽く扱わなければと思う。


ソース:朝鮮日報日本語版<【コラム】日本の「素顔」>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/05/05/2013050500095.html


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1367722041/続きを読む
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ