2013年11月

「憎らしい日本人と無条件に仲良くなれと命じる米国にはウンザリだ」 日本からの借金を返すこと断固拒否する韓国人

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/11/29(金) 16:45:54.78 ID:???

国際的なコンサルティング会社マッキンゼーの関係者が最近の韓国経済について「沸く水の中のカエル」に例えた。徐々に熱くなる水の中で油断し、結局は死ぬという不吉な主張だ。韓国の安保状況が経済よりも「沸く水の中のカエル」だという考えがふと浮かんだ。

中国の崛起が徐々に東アジア地域の勢力地図を揺るがしている。遠からず米国を追い越すという経済力を基礎に、米国が築いた国際秩序を崩し、自分が覇権を行使する新たな秩序をつくるということだ。

これを黙って眺める米国ではない。環太平洋経済連携協定(TPP)、日米同盟の強化など、さまざまな政治・経済・軍事的手段を動員し、中国の崛起を阻止し始めた。この数十年間に存在感が弱まった日本も、米国が繰り広げる防御戦で先鋒の役割を自認し、捲土重来を狙っている。

このために韓国は今、両方から引き裂かれるような状況だ。韓国戦争(1950-53年)以来、韓国の安保と成長に絶対的に寄与してきた米国が、対中国包囲網に加担するよう圧力を加えている。借金取りでもないのに、何となく借金を返せと促すように感じられる。気に障ることを繰り返す日本と無条件に仲良くしろということなのか。中国も韓国の最大貿易国であることにそれとなく触れながら、よく考えて振る舞えという感じだ。

北朝鮮は韓国が直面している苦境を最大限に“活用”しているところだ。ほとんど毎日、南側に向けて呪いをかけている。日米と中国の間で立ち往生する韓国を陰湿にあざ笑うのが感じられる。日本を北朝鮮と同じく分類することはできないが、韓国が苦境に立たされるのを楽しむ雰囲気がないとは言えない。

このように韓国は四面楚歌の状況だ。しかし私たちの指導者は危機が迫るのを感じているのかどうか分からないような態度だ。1年以上も理念闘争を続けてきた政治家は声がかれるほど大声を出していて、周囲から聞こえてくる物悲しい故郷の歌は聞こえるはずがないだろう。当局者も同じだ。内心がどうであれ、私的な席でも公的な席でも危機を話す人を探すのは難しい。それよりは大統領の機嫌を損なわせはしないかと戦々恐々としているだけだ。

大統領も同じだ。私たちに圧力をかけてくる周辺国に向かって、言うべきことは立派に言い、言うべきでないことは伏せながらうまく難局を解決する姿が見えない。それよりも事理に反すると感じる国内の懸案に対して冷たく一喝する、強情でひねくれた姿だけが浮き彫りになっている。優れた外国語の実力と優雅で上品な振る舞いを見せながら外国訪問で脚光を浴びただけに、残っているものはないように見える。

楚王の項羽は四方から故郷の歌が聞こえてくるとすぐに敗亡を感じて自決する。旧韓末の朝鮮の敗亡を連想させる場面だ。今日の韓半島情勢を旧韓末の時代に例えて深く心配する内容があちこち載せられていた。しかし筆者は、まさかそんなことがあるだろうかと考える。

旧韓末に比べ、今日の大韓民国の地位は大きく異なる。国民の進取性や国の開放性は天地開闢した水準だ。韓国はすでに先進国クラブの敷居を越えた。日本と中国・米国はもちろん、北朝鮮まで含め、今の周辺国は日本やロシア・清のように露骨で浅はかな帝国主義国家でもない。

それでも四方から陰鬱な歌が聞こえてくるのに今のように指導者がひたすら油断していれば、いつかは…。いや、まさかそのようなことはないはずだ。妄想するより難局を解決する方法を探すのが生産的だ。筆者の能力で正答を探すのは早くからあきらめた。とはいえ自由な想像は可能だ。

韓米同盟はいつまで良い状況が続くだろうか。北朝鮮が滅びるというが、本当にそうなるだろうか。核を放棄すれば生き残るだろうか。中国が米国のように強い友邦になることは可能なのか。日本はいつまで憎いことをするだろうか。このようにむやみに想像を広げておいて一つひとつ消しては書いている。そうだ、今はブレーンストーミング(brainstorming)をするべき時だ。考えの果ては無理にでもこのように引っ張っていく。こうしたすべてのことを我々が願う方向に導いていく妙手はないだろうか。

カン・ヨンジン論説委員

http://japanese.joins.com/article/879/178879.html?servcode=100&sectcode=120
http://japanese.joins.com/article/880/178880.html?servcode=100&sectcode=120


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385711154/続きを読む

「CNNが韓国を人類最高峰の未来国家として全力で褒め殺した」 不名誉すぎる世界最高の分野を全世界に紹介中

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/11/29(金) 16:49:24.83 ID:???

国土面積は世界109位だが、インターネット普及率、クレジットカード取り引き率、飲酒愛好などでは世界1位である国。CNNインターネット版は27日(現地時間)、韓国にこのようにスポットを当てた。

放送では「韓国は分断問題などで暗いニュースをたくさん送りだすが、世界で一番のものがある」とし、「韓国が他国より勝る10個」を挙げた。

最初に挙げたのが世界最高のインターネット・スマートフォン接続(wierd culture)だ。インターネット普及率(82.7%)とスマートフォン利用率(78.5%)が他の国々に先んじるとし「韓国人はスマートフォンで買い物もし、地下鉄でリアルタイムの放送も見る」と伝えた。「未来がどんな姿なのか気になれば韓国行の飛行機チケットを取りなさい」というのがCNNのアドバイスだ。

クレジットカードの使用も活発だ。2011年の韓国銀行資料によれば韓国の1人当りクレジットカード決済は129.7件で同じ期間のカナダ(89.6件)や米国(77.9件)を大きく引き離し主要国1位を記録した。CNNは「すべてのタクシーがクレジットカード決済期を備えている」としてこのような利便性からソウルが世界最高のショッピング都市の中の一つでもあると説明した。

韓国の週当たりの労働時間は44.6時間で、経済協力開発機構(OECR)平均(32.8時間)を軽く跳び越え1位だ。

企業会食の時、爆弾酒(ビールと洋酒を混ぜたもの)を好んで飲むなど、飲酒文化も世界「ナンバー1」だ。

新種化粧品開発と整形手術頻度など容貌に対する関心も他の追従を許さなかった。

その他、女性ゴルファーの活躍、航空機乗務員のサービス、合コン文化、スタークラフトゲームへの熱狂などもトップ10リストに上がった。

http://japanese.joins.com/article/856/178856.html?servcode=400&sectcode=400


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385711364/続きを読む

「些細な違法漁業で韓国がEUから制裁されるのは完全に不当だ」 EUから警告を受けた韓国が傲慢な態度で事態を楽観視

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/11/28(木) 23:52:09.98 ID:???

中国紙・環球時報は28日、欧州連合(EU)が韓国を「違法漁業国(IUU)」に予備指定した問題で、韓国側は「最終的にIUU国に指定されるはずはない」と楽観視していると報じた。

韓国紙・韓国日報によると、現地時間の26日、欧州委員会が韓国、ガーナ、キュラソー島を「予備IUU国」に指定した。最終的にIUU国に指定するかどうかは追加調査の結果によるが、正式に指定された場合は、韓国籍の漁船が捕獲した魚介類がEU市場で販売されることは禁止され、韓国籍の漁船がEUの港に停泊することも認められなくなる。

今年1月に米商務省が米議会に提出した「違法漁業国報告」の中にも、韓国が含まれていた。

EUが韓国を「予備IUU国」に指定した最大の原因は、韓国漁船の多くが全地球測位システム(GPS)を付けていないこと。違法漁業の疑いのある韓国漁船の位置がつかめないため、罰することもできないでいた。

EUは昨年11月に初めて8カ国を予備IUU国に指定し、最終的にギニア、ベリーズ、カンボジアの3カ国をIUU国として正式に指定している。

韓国紙・中央日報は27日、予備IUU国に指定されたとはいえ、直ちに韓国とEU間の水産物などの交易に影響が及ぶことはないと報道。

韓国海洋水産部の柳在亨・国際協力総括課長は「問題点の改善が少し遅れた程度で韓国を予備IUU国に指定するのは不当だ」と不満をあらわにした上で、「韓国は関連法律を修正し、韓国籍漁船にGPSを強制的に付けさせる。そうすれば、韓国がIUU国に指定される可能性は極めて低い」と楽観的な見方を示している。 (編集翻訳 小豆沢紀子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00000032-xinhua-cn

【欧韓】EU、韓国にイエローカード=違法漁業対策が不十分[11/26]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385479447/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385650329/続きを読む

「韓国政府の内部紛争の裏には日本企業の恥知らずな暴挙がある」 韓国を差し置いて宗主国を名乗る日本に韓国人が焦る

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/11/29(金) 16:22:12.18 ID:???

2013年11月28日、韓国では本格的な冬を前に来年食べるキムチを仕込む作業が行われるが、そうした中、韓国政府がキムチの中国における新名称に頭を悩ませている。中国広播網はそのきっかけは日本にあったと指摘している。

韓国農林畜産食品部はこのほど、中国における他の漬物との差別化を図り、その強い辛味などの特徴を前面に出した「辛奇」という中国名を考案。中国本土や香港、台湾で商標を登録し、この新たな名称を使うことになった。

ところが、韓国文化体育観光部がキムチの中国名としてこれまでも使われてきてよく知られた「泡菜」(漬物)という名称を使い続けており、両部門間で意見の相違や業務上の行き違いが生じている。

韓国が新名称を考案し、商標まで登録した背景には、日本で通用している「キムチ」が商標として海外で登録され、日本で生産された「キムチ」が輸出されたことに韓国人はなすすべもなく、キムチ発祥の国としてプライドを深く傷つけられたという経緯がある。

キムチ発祥国としてキムチを通じて中国市場への影響力を高めることで、日本によって傷つけられたプライドを回復しようとしており、新たな名称は1年もかけて考案したとされるが、自国政府内で不和が生じることまでは予想できなかったようだ。(翻訳・編集/岡田)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=79832&type=0

【産経新聞】韓国「文化遺産登録、キムチ戦争で日本に勝った」…何でも韓国起源の“ウリジナリズム”に陰り?中国では嫌韓高まる[11/04]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1383540912/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385709732/続きを読む

「先進国のGDPを凌ぐ広告費を投入するサムスンに中国人も唖然」 サムスンの広告宣伝費は膨大だが効果は殆ど無い

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/11/28(木) 23:42:31.09 ID:???

韓国・サムスン電子は今年の広告宣伝費が140億米ドル(約1兆4300億円)に上り、アイスランドの国内総生産(GSP)を超える。中国・騰訊科技は28日、これについて「巨額の広告費を投じたが、確実に効果があったとは言えない」と指摘した。

サムスンは世界各地のテレビや映画、屋外広告で自社を宣伝し、大型のスポーツイベントや劇場などでも広告が目立つ。今年の投入額はグーグルがモトローラ・モビリティを買収した額よりもずっと大きい。

サムスンはアップルのように成功したいと広告に巨額を投じているが、劇場などでの宣伝に「品がない」との批判もある。

また、広告の効率の悪さも目立つ。サムスンの年間の広告宣伝費は世界の売上高上位20位に入るいずれの企業よりも多いが、広告宣伝費が売上高に占める割合は5.4%と、アップルの0.6%、ゼネラルモーターズの3.5%との間に大きな差がある。 (編集翻訳 恩田有紀)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00000035-xinhua-cn


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385649751/続きを読む

「飛行計画書を提出拒否するJAL・ANAを警告として撃墜するべきだ」 口先だけの軍部に実力行使を求める中国人

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/11/29(金) 12:14:07.43 ID:???

国土交通省はこのほど、日本国内の各航空会社から27日以降は中国に飛行計画を提出しないとの連絡を受けたことを発表した。

日本航空と全日本空輸は、中国が防空識別圏を設定した23日以降、対象となる台湾線や香港線の便に関して中国当局への飛行計画の提出を続けていたが、日本政府は飛行計画を提出しないよう要請、各航空会社も要請に応じた。

中国の簡易投稿サイト・微博でも同ニュースが伝えられたが、微博ユーザーからはブーイングのコメントが多く寄せられ、「飛行計画書を提出しないのなら、飛行禁止にしろ」「見せしめとして撃ち落とせ」など、強硬な意見が並んだ。

中国としては、防空識別圏を設定した以上、それなりの対応を見せない限り国家の信用と国防能力が問われることとなるため、強硬な意見が出たのであろう。

しかし、米軍のB-52爆撃機が中国の設定した防空識別圏内を飛行したが、中国側は緊急発進などの対応を見せなかったため、「米国が爆撃機を2機飛ばしただけで、簡単に共産党の嘘(うそ)を見破った」

などといった失望の声も見られた。

何も行動しないのであれば防空識別圏を設定してもしなくても同じであり、中国政府に対してもっと強硬な態度に出るよう求めるユーザーも多かった。

米軍および自衛隊が防空識別圏を無視する行動に出たことに、中国がどのような対応をするのか注目に値する。(編集担当:畠山栄)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1129&f=national_1129_001.shtml

【日中】中国の防空識別圏設定で混乱、国交相がJAL・ANAの飛行計画提出に「待った」[11/26]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385474985/
【環球時報】「日本が中国防空識別圏への飛行計画提出を撤回させる、航空機乗客の安全を政治カードに利用」[11/27]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385517093/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385694847/続きを読む

「屈辱的敗北を喫した中国外交が友好国・韓国にすら見捨てられた」 米軍機を実弾攻撃することを求める中国世論

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:壊龍φ ★:2013/11/28(木) 23:23:04.24 ID:???

   国際社会を震撼させた中国の「防空識別圏」設置問題だが、発表から1週間を待たずして、早くも中国が「詰み」の状況に陥りつつある。日本、米国にやすやす圏内の通過を許したばかりか、肩を持ってくれる仲間も現れず、集まるのは各国からの反発ばかりだ。
 
   あまりに不甲斐ない「習外交」に、中国国民からもため息が聞こえ始める

先ばっかりの「張り子の虎」だった

  「米国の軍用機の通過を許し、日本からもフライトプランの提出を拒絶されている。もはや防空識別圏は『張り子の虎(紙老虎)』と思われているのでは」

   海外記者からの質問に、中国外務省の秦剛報道官は不快の色を隠さなかった。毛沢東の「名言」として知られる「すべての反動派は張り子の虎である」を、よりにもよってこんな形で持ち出されたからだ。秦報道官は、硬い口調でこう返すばかりだった。
 
「強調したいのは、中国政府には国家の主権と安全を守る決意と能力があるということだ。防空識別圏もまた、有効に『コントロール』されている」
 
   張り子の虎――そんな屈辱的質問を、すっぱり否定できないのが中国の現状だ。この前日の2013年11月26日(日本時間)、米国の爆撃機B52は、中国が設定した防空識別圏を悠々と通過していた。事前通告なしに侵入すればスクランブル(緊急発進)をかける、とあれほど予告していた中国だが、実際にはスクランブルどころか接触もなし。
 
   米国だけならともかく、28日には日本の自衛隊機も、この空域でこれまでどおりの警戒飛行を続けていることが明らかになった。航空会社に対し求めてきたフライトプランも、いったんはJALやANAなどから提出を取り付けたものの、現在は拒否されている。それでも、中国が直接行動に出る動きは見られない。元々専門家からは、「中国には航空機侵入をキャッチできる能力はない」と指摘されていたが、それを裏付けた格好だ。

米WP紙「中国の誤算」…国際社会の反応読めず

   周辺国からの反発も強まっている。日本、米国はもちろんのこと、オーストラリアからまで、「緊張を高めるあらゆる行為に反対する」(ビショップ外相)と強い批判を向けられた。中国側も「関係ない」と突っぱねたものの、さらに再反論を受けるなど、思わぬところに「敵」を作った形に。「友好国」と見込んでいた韓国も反応は冷たく、中立を決め込む。台湾を味方に引き込もうともするが、現時点では明確な支持を得られていない。
 
   海外メディアも連日、詳細な分析を掲載するが、ほとんどは中国に対し否定的だ。米ワシントン・ポストは28日、「中国の防空圏設置の動き、逆効果に」と題した記事で、「米国がすばやく日本の側についたのは、中国にとって誤算だった」との識者の見解を紹介、さらに今回の行動が、アジア諸国から中国が得つつあった信頼を後退させたと論じた。外交評論家の宮家邦彦氏も、28日放映の「朝ズバッ!」で、
 
  「(海外からの批判が)わかっていたらこんなバカなことはしない」
  「外交的に大失敗ですよ。世界中を相手にして孤立している」

と呆れたように切って捨てる。

中国では「笑えないジョーク」も…

   一方、中国の世論はこうした「圧迫」にいっそう激しく沸騰している。中国紙・環球時報が26日に発表したネット調査の結果では、防空識別圏に外国機が「侵入」した場合、59.8%が「警告の上、実弾を撃ってやれ」と回答した。それだけに、米軍機などをみすみす「取り逃がした」ことには、

  「米軍機が我が国の防空識別圏を飛んでいるというのに、なぜ戦闘機を飛ばしてそれを止められなかった? これは重大な職務怠慢ではないのか?」(北京在住の微博ユーザー)

などと憤る人々が少なくない。挙句の果てには、こんなジョークまで流行っているそうだ。

  「B52をなぜ撃墜できなかったのか? 確かな筋からの情報だが、実は捕捉してミサイルも発射していたんだ。ところが、そこでB52のパイロットが、『中国の高官が米国に持っている預金のリストを、今からそちらに送信しようかと……』。言い終わらないうちに、ミサイルは方向転換しちゃったんだとさ」


J-CASTニュース: 2013/11/28 19:26
http://www.j-cast.com/2013/11/28190332.html?p=all


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385648584/続きを読む

「米軍のB52は恐怖に怯えながら慎重に識別圏内を飛行していた」 中国軍が米軍機に対する実質的な勝利を宣言

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:そーきそばφ ★:2013/11/29(金) 14:15:50.74 ID:???

中国共産党機関紙・人民日報(電子版)は28日、米軍のB52戦略爆撃機2機が事前通報しないで中国の防空識別圏に進入した問題で、中国の軍事専門家、尹卓少将が「米軍機は随分と慎重に飛んでいた。中国軍に撃墜されるのが怖かったからだ」との見解を示していると報じた。

尹少将は「米軍はこの任務を執行する必要があったが、非常に慎重だった。われわれの防空識別圏のふちを飛行したにすぎず、釣魚島(日本名:尖閣諸島)上空にも到達していない」と指摘する。

その上で、「これほどの大型機が中国軍にロックオンされたら絶対に逃げられない。撃墜の運命をたどるのは言うまでもなく、乗務員の死傷も免れない。だが、彼らもそんな損失を出すことは許されない。それでも、行動には出る必要があった。だから、対外的には強気の説明をしていたが、実はメディアが勝手に過大解釈していただけだ」というのが米側の本音であるとの見方を示した。

XINHUA.JP 11月29日(金)7時3分配信  (編集翻訳 小豆沢紀子)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131129-00000004-xinhua-cn


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385702150/続きを読む

「韓国の『神の職場』とは怠慢と不正が罷り通る超高給の職場だ」 韓国人の驚くべき『神』への認識が明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/11/28(木) 22:58:55.30 ID:???

韓国の新聞を読んでいると、1年に何回か「神の職場」という表現に出合う。

「神の職場」と聞いて、日本人はどんなイメージを抱くだろうか。周囲に尋ねてみると、神社や教会のことと思う人もいる。「営業の鬼」とか「会社法の神様」と言われる重役の執務室、あるいは「溶接の神様」などとあがめられる匠が腕を振るう作業場を挙げた人もいた。私は、待遇は恵まれていないのに、世のため他人(ひと)のために黙々と仕事をする人々が集まっているような場所を想定してしまう。

宗教観、職業観、あるいは人生観によって、さまざまなイメージが抱かれるのは当然と思うが、韓国で「神の職場」と言ったら、ほとんど一種類の職場環境しかないようだ。少なくとも、韓国の3大新聞は「神の職場」という名詞を、同じ意味で使っている。

「韓国電力は年俸が1億ウォン(約957万円)を超す社員が1000人近くおり、依然として《神の職場》といわれるほど給与が高い」(朝鮮日報2011年12月8日)

 これは、頻繁に停電事故を起こす韓国電力の怠慢さを叱った記事だ。

「国連の職員は世界中の公職者年俸の中で最も高い水準の給与である上、ほとんど定年まで働けるだけでなく、福利厚生も良い。このため一部では国連を《国境のない神の職場》と呼んでいる。…先進国はずさんで不透明な国連(の人事、予算)に対して絶えず改革を要求してきた」(東亜日報13年6月11日)

「金融監督院は本当にうらやましい《神の職場》だ。…金監院は高年俸と金融機関の生死与奪権を握った独占的な権力、そして天下り人事を通した老後の保障まで、3拍子がそろった機関だ。さらにどんな事故を起こしても退職金まで丸ごともらえるというのだから」(中央日報11年5月31日「社説」)

「大卒初任給の上位10公企業には金融・教育・エネルギーなどの業種も含まれたが、平均年俸は1位から6位まで金融系公企業が占めた…このため公共機関は大学生の間で《神の職場》を超えて《神も入りにくい職場》と言われている。青年失業者が増えている中、定年が保障され、月給も多く、福祉まで充実」(中央日報11年8月3日)

つまり、職場挙げて怠慢であり、不正がまかり通り…それでも高給与・厚待遇が得られる職場こそ「神の職場」であり、そこに難関を突破して入れた人間を「神」だと言っているのだ。

この国に匠が育つはずはない。日韓合弁企業が、うまくいくはずはない。

■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131128/frn1311280733000-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131128/frn1311280733000-n2.htm


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385647135/続きを読む

「韓国が生き残るために米韓同盟を有名無実化して勝者に味方する」 日米中の対立に巻き込まれんとする韓国人

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:犇@犇φ ★:2013/11/28(木) 22:09:55.17 ID:???

■米・中・日の「tit for tat」(応酬合戦)でサンドイッチされた韓国 … 生きる道は強い中立外交

韓・米・日・中の4ヵ国が防空識別圏をめぐって全面戦争の様相だ。特に中国の一方的な防空識別圏宣言以後、「激発→再激発→再々激発」という「tit for tat」(応酬合戦)の様相が広がり、直接的な武力衝突の可能性まで提起されている。韓半島周辺の安全保障上の脅威が尋常でない波乱に見舞われているわけだ。専門家らは韓国が米・日・中3ヵ国の対立に巻き込まれる状況を避けるためには「中立的外交」に出る必要があると助言する。

専門家らは、現在の北東アジア地域情勢における最大の問題点として、時が経つほど相手方に向ける刃が一層鋭くなっているという点を挙げている。事態が進展するよりもむしろ軍事的な緊張度がエスカレートしているというわけだ。「日本の尖閣諸島国有化→中国の防空識別圏(ADIZ)宣言→米国のB-52戦略爆撃機飛行→中国の空母訓練→日本の防空識別圏拡大検討→中国の黄海(西海)防空識別圏拡大検討」のように、北東アジアをめぐる米・日・中3ヵ国の緊張度は日に日に高まっている。<中略>

専門家らは、釣魚島(日本名:尖閣諸島)をめぐる中日両国間の領土紛争に米国が介入し、中国の「新型大国関係」と米国の「アジア回帰戦略」が正面対立するG2(米国・中国)間の覇権競争にエスカレートしたと指摘する。このように、一度装填された銃は休む間もなく「激発→再激発→再々激発」となっている。互いがより高い強度の対応策を出す無限反復競争に出ているということだ。

世宗研究所の李デウ首席研究委員はこれについて、「中国は、自分の裏庭にも等しい東シナ海と南シナ海から米国が手を引いて、自分を米国と対等に取り扱う新型大国関係を認めろと軍事的に要求している。しかし米国はこのような圧力を受け入れる意志がない」と説明した。

専門家らは、このように軍事的対立局面がエスカレートする状況下で韓国が生き残るには「強い中立外交」を模索すべきだと助言する。生半可に米国と中国どちらか一方に肩入れするのではなく、等距離外交に忠実でなければならないということだ。その上で離於島と独島の問題についてだけは二国間レベルの実務外交で解消していく方向を定めれば良い、と指摘する。

全寅永(チョン・イニョン)教授は、「韓国外交は米・中のいずれか一つを選択することを強要される危機に直面している」と診断した。全教授はこれについて、「米・日と緊密に連携することが同盟次元では必要だが、こうした論議は中国への攻撃的態度を意味するものではないと中国をなだめる必要があろう」と助言した。誠信女子大学の金興圭(キム・フンギュ)教授も、「性急にどちらか一方の陣営に入るのは望ましくない。地域内の問題は平和的に対話と協力を通じて解決すべきだという中堅国らしい姿勢を維持しなければならない」と強調した。

▽ソース:ヘラルド経済(韓国語)(2013-11-28 11:28)
http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20131128000424&md=20131128112748_AT
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=016&aid=0000469973

▽関連スレ:
【国際】韓国政府、防空識別圏設定をめぐる日米vs中国の対立に中立を表明。均衡外交で国益確保を追求へ ★2 [11/27]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385566199/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385644195/続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ