2017年12月

2017年の最後に『韓国が”日帝残滓”を堂々と誇る』自爆展開が発生。日本文化に汚染されまくりな模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:LingLing ★:2017/12/31(日) 21:19:13.22 ID:CAP_USER

さよなら2017年 大みそかにソウルで恒例の「除夜の鐘突き」

【ソウル聯合ニュース】今年最後となる31日夜、ソウル・鍾路区の普信閣では毎年恒例の「除夜の鐘突き」が行われる。

同イベントには市民代表の一人として慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが出席する。

イベントには10万人以上が集まると予想される。ソウル市は会場周辺の地下鉄とバスの運行時間を約2時間延長する。

普信閣の特設ステージでは鐘突きの前後に多彩な公演も行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000010-yonh-kr

20171231-00000010-yonh-000-1-view

昨年の「除夜の鐘突き」の模様=(聯合ニュース)


続きを読む

炎上したウーマン村本が『世にも情けない末路』を迎えて発狂した模様。テレビ局を全力罵倒している

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:(^ェ^) ★:2017/12/31(日) 14:44:41.32 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00090101-nksports-ent

 社会問題を風刺した漫才を披露して話題となったウーマンラッシュアワーの村本大輔(37)が、年末年始のお笑い番組に呼ばれていないことに違和感を示した。


 ウーマンラッシュアワーは17日放送のフジテレビ系「THE MANZAI」で、沖縄の米軍基地や日米安保、北朝鮮問題などを盛り込んだ漫才を披露。

 ネット上でも物議をかもし、芸能人やお笑いファンのみならず知識人や政治家からも賛否の声があがった。

 しかしネット上での反響の大きさは、年末年始のテレビ出演には反映されなかったようだ。村本は31日、ツイッターで「年末年始のネタ番組まったく呼ばれてない」と明かし、「あそこまでバズったネタなのに。話題にしてるのは忖度しない新聞社、SNS、他局のモーニングショーのみ。あとはスルー。あの程度のネタすら出来ないのが地上波ということを今回、可視化した。これがおれがやりたかったもうひとつの目的」とつづった。



続きを読む

日韓合意の破棄は『韓国の国際的信用に影響を与えない』と専門家が断定。合意白紙化は既定事項だ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2017/12/31(日) 16:40:19.03 ID:CAP_USER

(ソウル=ニュース1)ムン・ジェイン大統領が韓日慰安婦合意の調査の結果、合意自体に重大な欠陥が確認され該当合意では慰安婦問題を解決できないという立場を公式化した。これに伴い、パク・クネ政権当時、日本と結んだ合意は事実上「白紙化」の手順を踏むことになると見られる。

専門家たちはムン・ジェイン政権がパク・クネ政権当時結んだ慰安婦合意を破棄しても国際法上問題になる可能性はないと見ている。韓日両国が2015年12月28日に結んだ慰安婦合意は形式と内容のどちらに照らしても国際法上遵守義務が課される国家間の条約または協約と見るのが難しいと判断するからだ。ただし、対日関係で甘受しなければならない外交的負担の重さが問題と指摘される。

韓日両国は合意内容を文書化せず、国家最高意志決定権者の公式的承認(endorsement)手続きも経なかった。国家間の条約に関する規範である「ウィーン協約」は「条約」または「協約」で締結当事国に拘束力、すなわち「遵守義務」が認められるためには「書面形式」と「国家間合意」がなければならないと決めている。12・28合意が国際法上遵守義務が課される「条約」ではないという解釈が出てくる理由だ。

日本側も12.28慰安婦合意を国際法上の協約または条約と主張していないことが確認された。後に日本外相も12.28合意を「国際社会に対する約束」と表現している。これに伴い、ムン・ジェイン大統領が慰安婦合意を破棄しても国際法上の責任問題が発生する可能性は低いというのが専門家たちの大まかな意見だ。

チェ・ヒョンボク慶北(キョンブク)大法学専門大学院国際法教授は「12・28慰安婦合意の場合、国家義務不履行の問題は起きないと判断される」として「外交的に韓日間国家関係の閉塞は避けられなくても国際法上、有形無形の実質的責任問題は発生しないだろう」と説明した。国際法上協約締結の方式を広く解釈し、口頭合意もやはり協約と見られるという国際法理論に従う場合でも特別な法的問題は発生しないと予想される。たとえ12.28慰安婦合意を国際法上の条約と認定しても裏合意を通じて定めた協議内容自体が国際法に違反するためだ。

慰安婦問題解決のために活発に活動しているソン・キホ弁護士は「人間の基本的尊厳に関する問題に対しては、いかなる政治的約束も国際人権法から外れてはならない」として「パク・クネ政権の12・28共同発表は国連国際人権法に反するから無効」と主張した。ソン弁護士は「(12・28共同発表は)戦時性奴隷という本質的真実表現を断念し、少女像移転を約束した協議は被害者の記念と尊重を明示した国連国際人権法規範に反するもので基本的に成立しない協議」と指摘した。

韓国政府が慰安婦協議を破棄したりまたは再協議を要求する場合、日本政府は国際社会で国家間の信義を取り上げ論じて攻勢を展開すると予想される。このため国際社会での国家信用度などの問題が発生する可能性に憂慮の声も出てきている。しかし、国家間協議それも裏合意による「協議」に過ぎない12・28合意破棄が国家信用度に大きな影響を与える可能性は低いと見られる。

締結国の遵守義務が発生する国際法上の条約または協約も一方の当事国が明らかに条約の脱退や撤回要求をする場合、効力が失われる。代表的な事例として韓日両国間で締結された「韓日漁業協定」がある。日本も1965年6月22日、我が国と締結し同年12月から発効した「韓日漁業協定」を破棄し再協議を要求した前例がある。日本の協定破棄と再協議要求で1998年11月28日、再協定がなされた。

このような先例に照らしてみても韓国政府が国際法上の条約または協定なのか正体さえ曖昧な12・28慰安婦合意を破棄するとしても、国際社会で国家信用度に重大な問題が発生すると見るのは難しい。ソン弁護士は「まして遵守義務が課される条約も解約や破棄が可能だが、政治的約束程度で協議内容自体が国際人権法に反する韓日慰安婦合意は国家間相互信義を守らなければならない対象に該当しない」と主張した。

ユン・ジンヒ記者[法曹専門記者・法学博士]

ソース:ニュース1(韓国語) 政府、慰安婦合意再協議示唆…遮る国際法的制約は?
http://news1.kr/articles/?3193968



続きを読む

安倍首相の出席拒否に『韓国が合意公開を後悔し始める』醜態を露呈中。よりによってなんで今なんだ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2017/12/31(日) 18:58:47.47 ID:CAP_USER.net

ところで現実はどうか。どこを見回しても「マイナス」の政治しか見えない。国が累卵之危にあるのにだれもが縄張り争いにばかり熱を上げる。共生やプラスの政治は少しも見つからない。さらに2018年は地方選挙も行われる。政党間で、左右間で泥仕合式の攻防が広がるだろう。平和な時にはそのようなこともある。だが米国と中国の主要メディアと人々が先を争って韓半島での新たな戦争の可能性を予報したり予告するこうした重大な局面では超党派的対処が切実だ。とにかく政界の覚醒を期待してみる。

折しも2018年は平昌(ピョンチャン)冬季五輪が開かれる年でもある。われわれがすることで平昌五輪を一大反転の機会にすることもできる。平昌五輪をうまく活用するなら対話と交渉に進んでいける平和ムードを作れるはずだ。ところでよりによってこうした国家的大事を控えた重大なタイミングで慰安婦問題を起こし隣国日本を刺激するやり方はいったいだれのためのものなのか理解できない。外交安保問題を国内政治に乱用する愚かさをこれ以上犯してはならない。自ら自分たちの祭りに冷や水を浴びせているのにだれのせいにするつもりなのか。北朝鮮の核武装を防げる最後の機会になるかもしれない平昌五輪前後の期間に「高度な外交」を発揮しなければならない。このためには改めて強調するが国論統合が何より重要だ。1人だけで生きようとすればわれわれの運命は根こそぎ飛んでいきかねない。

2018年は大韓民国政府樹立と制憲70周年でもある。1人当たり国民所得が初めて3万ドルを超える元年になるという。檀君以来最も復興した大韓民国になるためにはまだ越えなければならない山が多い。われわれの大切な生活の基盤がわれわれの世代だけのものにとどまってはならないだろう。共倒れか、共存かは2018年のわれわれがどうするかにかかっている。
(中央SUNDAY第564号)

ソース:中央SUNDAY/中央日報日本語版【社説】「プラス政治」で国難克服する2018年にしなくては=韓国(2)
http://japanese.joins.com/article/049/237049.html



続きを読む

民進党・小西が『安倍首相の休暇を猛批判して』即座に殴り返された模様。亡命発言がまたブーメランに

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:(^ェ^) ★:2017/12/31(日) 12:06:19.20 ID:CAP_USER9.net

http://ksl-live.com/blog12999

民進党の小西洋之議員は29日、安倍総理が休暇でゴルフをすることに対し以下のようにツイッターで批判をした。


「安倍総理が休暇中に何かの本を読んだという話を聞いたことがないように思う。先の戦争に関するまともな歴史書などを読めば、自分の政治のおぞましさに発狂することになるのだろうが。」

(略)

日本中のゴルファーを敵に回してるし、国会議員としてはNGワードである「発狂」という言葉を使ってしまっている。一般的に「発狂」は取り乱したり冷静さを失って他者を攻撃するものを指すスラングであるが、国会議員が使う言葉ではない。

有本香氏の失笑ツッコミ

この小西洋之議員のツイートに対してジャーナリストの有本香氏は、半ば失笑気味の指摘をしている。


「小西先生が聞いたことないだけで、総理は読書家ですから、その点はご心配召されませんよう。ところで、小西先生が仰せだった「共謀罪」成立しましたが、先生の亡命計画はいかが相成りましたでしょうか。亡命準備のための読書でもなさっておいでですか?」


(略)

自著を300万円分も購入する読書家

ゴルフをしたからと言って読書をしていないという短絡的な考え方が、いかにも小西洋之議員らしい。

5e73345badcb88627b95a62128577148-1024x723

小西洋之議員と言えば、平成26年度と平成27年度に政治資金で自著を合計300万円以上も購入していたことが政治資金収支報告書で判明している。冊数にして200冊ほどになると思われるが、自著だけでもそれだけ読み込む小西洋之議員はゴルフなどしている暇があったら本を読むのだ。



続きは以下で
http://ksl-live.com/blog12999



続きを読む

日経新聞が『朝日新聞の捏造記事を嘲笑する』凄まじい風刺広告を掲載。色々な意味でヤバすぎる模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:(^ェ^) ★:2017/12/31(日) 14:46:48.73 ID:CAP_USER9.net

http://netgeek.biz/archives/109444

朝日新聞の東京本社がある築地にて、日経新聞が強烈な風刺を仕掛けているとネット上で話題だ。朝日新聞のこととは名指ししていないものの、意図的に合わせに来ているように思える。


築地駅にて。
http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/12/nikkeisangokushi-2.jpg
http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/12/nikkeisangokushi-1.jpg

出典:https://twitter.com/Intercandle/status/946911013017755648

まるで朝日新聞記者の心情を表すかのような一コマだ。こちらは日経と横山三国志のコラボ作品で大規模に広告が展開されている。

この他にも朝日新聞を揶揄していると受け取れるようなバージョンがあり、ネット上では評判が高い。

朝日新聞は論説委員がコラムと書籍で「エビデンス?ねーよそんなもん」と書いているのが見つかってあるまじき事態だとバッシングされている最中だ。コラボ広告、全50作品のうち記念すべき50番目の作品は(朝日新聞に対する?)この強烈なツッコミだった。

netgeek編集部ではこの三国志コラボの広告のうち、特に秀逸なものをざっとまとめてみた。

(略)

仕事をしていたら誰もが直面するようなあるあるネタが三国志で描かれていて各駅で眺めるのが面白い広告だ。朝日新聞以外にも何らかの風刺になっている広告があるのかもしれない。



続きを読む

心底怯えきった金正恩が『世にも情けない逃亡ぶり』を曝け出した模様。色々な意味でダメすぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ニライカナイφ ★:2017/12/30(土) 08:39:50.66 ID:CAP_USER.net

◆北朝鮮の金正恩がアメリカの斬首作戦にびびり逃走準備 移動も幹部のレクサスを使う

北朝鮮の労働党委員長が外部と接触するスケジュールが昨年に比べて3割も減っていることが発覚した。これは米韓連合の「北朝鮮金正恩斬首作戦」を警戒しているものと思われ、スケジュールを昨年よりも減らし、また移動も夜明けに移動することが多いと言う。

早朝に移動する理由は、金正恩は米軍の偵察衛星に監視されるのを避けるためである。また自分の愛車であるベンツには乗らずに幹部にプレゼントしたレクサスで移動している。しかし側近の車に乗っていることは既にバレており、韓国のメディアなどはそのことを報じている。

2017年の金正恩の主なスケジュールは弾道ミサイルの発射時や軍事訓練の視察など軍関連が50件と約半分。これは2015年や2016年に比べて10%増えている。

しかし年末にかけて露出が減っており、また韓国メディアは「金正恩は斬首作戦を恐れ逃げる準備をしている」と報じている。アメリカの斬首作戦が先か国内からクーデターが先か……。

●世界最強の部隊

この斬首作戦に参加する軍は世界最強の部隊と言われており、連合訓練には、レンジャー、デルタフォース、ネイビーシールズ(DEVGRU)、グリーンベレーなどが参加することが分かった。この内、ネイビーシールズはテロ組織アルカイダの創設者であり9.11の主犯であるウサマ・ビン・ラディンの射殺に参加した部隊。

大統領が直接指示する特別任務を遂行しており「Ninja フォース」とも呼ばれる。また、斬首作戦という名前だが、即殺すことは無く、捕まえることを優先している

ゴゴ通信 2017/12/30 00:32:10
http://gogotsu.com/archives/35840



続きを読む

中国の露骨な冷遇を『韓国高官がまるで意味を理解できず』評価が暴落中。韓国は致命的勘違いをしている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2017/12/31(日) 14:29:01.51 ID:CAP_USER.net

「ムン・ジェイン大統領の中国訪問は1992年韓中修交以来最悪の「外交惨事」だ。」

去る12月初めのムン大統領訪中に対する元外交官の評価だ。彼は「ムン大統領が3泊4日の訪問期間、ずっと中国から前例がない冷遇をされ韓国の国格が大きく下落した」と評価した。現職外交官も同じ話をした。「中国人さえムン大統領訪中を冷遇と話すが、韓国だけではないと弁解する。それでなおさら我が国がみすぼらしく見える。中国を正しく見ようとする努力せず、これからの方がさらに心配だ。」

中国人はどのように評価するのだろうか。韓国問題を研究する中国学者は「ムン・ジェイン大統領に対する中国政府の態度は冷遇と言える。私たち中国人はみなそのように考える。韓国人は中国がなぜムン大統領を冷遇したか考えなければならない」とした。つまり中国は韓国に「教訓」を与えるため、わざわざ冷遇したが、韓国政府はそれが冷遇と分からなかったか、分からないふりをしているという事だ。

現政権がムン大統領訪中を肯定的に評価する論理は以下の様なものだ。パク・クネ政府が作ったサード葛藤を文政府が出て解決の糸口を見つけたということだ。特に中国のサード報復が解いた点を最も大きな成果に選ぶ。大統領府関係者は「100点満点で120点外交」と自評した。しかし、首脳会談5日後の12月19日、中国が再び韓国行き団体観光を中断することに決めて文政府の主張を台無しにした。

中国はまた、首脳会談後も一貫して「サード問題を解消せよ」と文政府を圧迫している。文政府の対中外交が思いのまま解けない理由は何より中国に対する誤った認識のせいだ。中国の本当に意図を読めないまま、単にサード葛藤だけよく解けば韓中関係が良くなると期待したが、中国はやすやす韓国政府の望みどおり行動してくれない。文政府の対中外交が通じない背景には中国に対する三種類の錯覚がある。

最初は「中国が韓国を対等な主権国家として見ている」という錯覚だ。二番目は「中国が北朝鮮非核化と韓半島統一に協力するだろう」という錯覚だ。三番目は「中国と緊密に協力すれば北朝鮮を動かすことができる」という錯覚だ。

まず最初の錯覚と関連して、多くの韓国人は「過去には中国が韓国を「朝貢国」ないし「属国」と見たが、21世紀の今は違う」と考える。しかしこれは危険な錯覚だ。中国人は地位が高いほど、また、韓国と接触が多いほど、韓国を対等な主権国家と見るのではなく「歴史的属国」という見解を強く持っている。これは近代から最近まで多くの史料と発言が証明する。
(中略:三種類の錯覚の具体的事例・長文)

中国に対する三つの誤った前提の上で推進されるムン・ジェイン政府の対中外交は、韓国の対中国依存度をより一層深め韓米-韓日関係をより一層悪化させるだけだ。このような危険性にもかかわらず、現政権が親中路線を歩むのは、いわゆる「全大協(全国大学生代表者協議会)」世代が主軸の大統領府自主派参謀の中国に対する幻想と極度の反米意識が席を占めていると見なければならない。1980年代末~1990年代大学に通った彼らはイ・ヨンヒの「転換時代の論理」「8億人との対話」などを通じて中国の社会主義革命に対する幻想を持つことになった。

韓国知識社会に大きな影響を及ぼしたイ・ヨンヒ教授(逝去)は日本共産党の中国文化革命に対する評価を参考にして本を執筆したが、日本共産党は「中国文化革命こそ人類が指向すべき理想的な政治社会運動」と絶賛した。若い青少年が教師を殴って殺し、大学生が教授と総長をひざまずかせ、知識人と文化芸術家に反動の紙切れをかぶせて自殺させた文化革命の実状が知られて、日本共産党は国民から無視された。中国共産党自ら文化革命について「中国社会を数十年後退させた集団動乱」と結論した。

それでも1980年代毛沢東の社会主義革命と文化革命を肯定評価した本を読んで韓国社会で反米自主NL(民族解放)運動を展開した核心勢力が全大協だ。現大統領府秘書陣にはイム・ジョンソク秘書室長を含む相当数が全大協出身だ。もし彼らが「中国と手を握って、北朝鮮と対話し、北朝鮮非核化と韓半島平和統一問題を一度に解決する」という目標を持って親中路線を歩むならば、私たちの国家と民族の将来に途方もない悲劇を招くことになる。
(後略)

チ・ヘボム朝鮮日報東北アジア研究所長

ソース:朝鮮日報:週間朝鮮(韓国語) [週間朝鮮]外交・安保破綻させることができる文政府の三つ錯覚
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/12/29/2017122901718.html



続きを読む

日本の悲惨な教訓を『韓国高官が見て見ぬふりをする』情けない光景が爆誕。過去の愚行を再現している模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2017/12/31(日) 12:39:20.01 ID:CAP_USER.net

日本の広島の原爆被害者のうち、「近距離被爆生存者」と呼ばれる人たちがいる。爆心地から500メートル以内で生き残った人たちのことだ。当時そこにいた2万1000人のうち1年以上生存した人は10%に満たなかったと推定される。ある日本人医師が27年後、生存者78人を探し出し、それから40年にわたり彼らの一生を追跡した。2014年時点で生存している近距離被爆者は12人。母の胸に抱かれていた生後5カ月の女児は69歳になった。97歳という高齢の人もいる。天寿に近づいたとも言える。

 彼らが被爆したのは、銀行、保険会社、学校など鉄筋コンクリート造りの建物だった。他の幸運も重なっただろうが、熱線と放射線を致死量以下まで遮ってくれた建物の材質が最も重要だ。走っていた電車の中で生き残った少女もいる。満員電車で1人だけ生き残ったのだ。他の犠牲者が少女の上に折り重なり、原爆の熱線を直接受けなかったからだ。

 広島の奇跡は多くのことを物語る。警報が鳴り響いた際、コンクリートの建物の内部や地下に飛び込んだ人の運命は地上をさまよっていた人とは異なってくる。もちろん全員が生き残れるわけではない。生存確率がはるかに上昇するという意味だ。現在韓国は空襲警報後の余裕が最長で5分だ。それを逃したとしても、最後の瞬間に両親が子供に覆い被されば子どもの命を助けることができる。韓国人の精神文化ではおそらく多くの両親が悲劇の瞬間にその方法を選ぶはずだ。

 核兵器が爆発すれば、どうせみんな死ぬのだから、訓練に何の意味があるのかとも言われている。しかし、日本は訓練に意味があることを教えてくれる。
広島の近距離生存者2人は爆心地から260メートルの地点で生き残った。銀行の建物だった。長崎では100メートルの距離で少女が生き残った。地下の防空壕(ごう)だった。爆心地から遠ざかるほど生存確率が急上昇する。ある地点が瞬間的な行動によって生死が分かれる境界線となる。奇跡ではなく確率で示せることだ。北朝鮮の核兵器が強ければ強いほど境界線も爆心地から遠くなる。しかし、どこか境界線は存在する。生死を決定づけるのは無条件で働く反射神経だ。この反射神経は自然には鍛えられない。訓練しかないのだ。

 ところが、韓国では「訓練しよう」というと、「不安を助長する」と攻撃を受ける。
4カ月前の民間防衛訓練(民防衛)に合わせ、「今回はしっかりやろう」という趣旨の特集記事を掲載した。インターネットでは「扇動だ」という反応が多かった。ネットユーザーの反応だからそうなのだとも思った。しかし、行政安全部(省に相当)の長官までもが先ごろ、そんな発言をした。北朝鮮の核攻撃に備える訓練について、「政府が危険を助長しているという誤解と不安感を生みかねない」と述べたのだ。国民の安全に責任を負う長官の発言だ。五輪を控えているだけに深刻なことだ。北朝鮮の核の脅威に備えようと言うと、五輪妨害勢力扱いされる。

 壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を記録した「懲毖録」には「開寧の人々」の話が登場する。倭軍(日本軍)を防ぐために前線に下ってきた将軍に対し、開寧の住民が「倭軍が近くまで来た」と告げる。庶民が果たすことができる最大限の忠誠だった。ところが、将軍はそれをほめるどころか、「世を惑わせた」として、その住民の首をはねようとした。すると、その住民は「どうか朝まで待ってほしい」と絶叫した。やがて夜が明けても倭軍は現れず、結局住民は首をはねられた。その直後に倭軍が襲来した。多くの住民がいち早く倭軍を目撃したが、それを将軍には知らせなかった。斬首が怖かったのだ。かくして朝鮮軍は全滅した。その際、よろいを脱ぎ、山に逃げた人物がいた。将軍だった。今北朝鮮の脅威について触れる人間は「開寧の人々」のような扱いだ。長官が言う「不安助長」と朝鮮軍の将軍が言った「世を惑わす」という言葉に違いはあろうか。朝鮮時代ならば記者の首も飛んだはずだ。
>>2-5のあたりに続く

鮮于鉦(ソンウ・ジョン)社会部長

http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2017/12/29/2017122900900_0.jpg

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版【コラム】北朝鮮の核脅威、国民だって生き延びたい
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/29/2017122900984.html



続きを読む

アメリカで『リベラルメディアの権威が失墜する』凄まじい暴露祭りが開催中。露骨な偏向報道が白日の下に

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:サンキュー! ★:2017/12/30(土) 21:04:33.94 ID:CAP_USER9.net

《本記事のポイント》

米リベラルメディアの「アンチ・トランプ」の偏向姿勢が次々と明かされている
隠し撮り動画で暴露「すべては視聴率のため」「ロシア疑惑の証拠は何もない」
民主主義を守るためにはメディアの公平性や国民の本質を見極める姿勢が必要

新聞やテレビ、雑誌など、媒体を問わず偏向報道が問題視されている。不公平な報道や、事実の黙殺などをするマスコミは、「社会全体・公の利益に適うべし」という「社会的公器」としての役割を失いつつある。

アメリカでも、トランプ米大統領がマスコミを公然と批判したことにより、「フェイクニュース」が問題になった。実際に2017年、米メディアの偏向が次々と明らかになっている。

本欄では、潜入捜査を通して米メディアの偏向報道を明らかにする団体「プロジェクト・ヴェリタス」がこれまでに暴いてきた、リベラルメディアの偏向の実態を紹介したい。

■「すべては視聴率を取るため」

米メディアの偏向姿勢が顕著に現れたニュースが、トランプ陣営とロシア政府が共謀したとする、いわゆる「ロシア疑惑」だ。プロジェクト・ヴェリタスは今年6月、アンチ・トランプの代名詞とも言えるCNNに潜入取材をした映像を公開した。CNNの監修プロデューサーのジョン・ボニフィールド氏は、会話を隠し撮りされた映像で、トランプのロシア疑惑についての一連の報道について、次のようにコメントしている。

「ロシアゲートには確かな証拠は存在しない」「ほとんどでたらめだ」「すべては視聴率を取るため」さらにボニフィールド氏は、CNNの報道方針について、同社のジェフ・ザッカー社長が「トランプ氏を叩くように」と指示していることに言及し、「CNNの視聴者の多くが、アンチ・トランプ報道をすれば喜ぶ(中略)トランプはいいビジネスだ」とも述べた。

CNNと同様に、トランプ陣営とロシア政府の共謀を証明しようと躍起になっていたのがニューヨーク・タイムズ紙だ。プロジェクト・ヴェリタスは、同紙にも潜入取材を試みている。10月、立て続けに動画を公開した。

同紙で編集デスクを務めるデス・シュー氏は、隠し撮りされた動画の中で、トランプ氏を「何も分かっていない愚か者」と罵倒し、「主要な目的は購読者を獲得すること。そのためにできることは何でもするわ」と豪語した。

また、ニューヨーク・タイムズ社のITコンサルタントを20年務めているトッド・ゴードン氏も、同じく隠し撮りされた音声で次のように話している。「彼ら(ニューヨーク・タイムズ紙の記者)は不公平だ。(同紙が偏向しているということについて)100%同意するよ。彼らはトランプについて不公平に報じている」「彼らは全員、疫病のごとくトランプを嫌っている」

■「まだ証拠は1つもない」

アンチ・トランプを代表するワシントン・ポスト紙の報道姿勢も、白日の下にさらされた。11月、プロジェクト・ヴェリタスのホームページ上に2つの動画が更新され、以下の内容が世界に公開された。ワシントン・ポスト紙のプロダクト・ディレクターであるジョーイ・マーバーガー氏は、「もしトランプが明日いなくなったとしたら、私たちの購読者は40%下がるだろう」と述べた。

また、同紙の安全保障の記事を担当するアダム・エンタス氏も、「私たちの報道では、まだトランプ氏がロシアとの共謀で有罪になるとまでは言えない。私が知る限り、まだ証拠は1つもない」と発言。

■民主主義に不可欠なメディアの公平性

民主主義国家では、国民が政治家を選出する。その国民は、メディアの報道を見て、どの候補者に政治を任せたいかを決める。メディアの報道が偏れば、国民の考えも偏り、正しい判断ができなくなる。メディアが「社会的公器」の役目を負うのは、このためだ。

プロジェクト・ヴェリタスを率いるジェームズ・オキーフ氏は、「メディアが、公に明かすことなく非常にバイアスのかかった見方を持っていたら、民主主義は死んでしまう」と話している。民主主義を守るためには、メディアの公平性が不可欠になる。オキーフ氏のように、マスコミの偏向姿勢に声を上げる存在は貴重だといえる。

国民一人ひとりも、マスコミの情報を鵜呑みにすることなく、自分の頭で考え、ニュースの本質を見極める姿勢が求められる。

https://the-liberty.com/article.php?item_id=13965



続きを読む
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ