2018年06月

民放キー局5社に『違法行為が蔓延している』と関係者に暴露された模様。更迭された労働局長は正しかった

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:香味焙煎 ★:2018/06/30(土) 19:00:42.78 ID:CAP_USER9

社員らに上限を超える時間外労働(残業)をさせたなどとして、三田労働基準監督署が2013~17年、労働基準法違反で在京民放キー局全5社に計6回の是正勧告をしていたことが30日、関係者への取材で新たに分かった。この期間にテレビ朝日が3回の勧告を受けていたことは共同通信の取材で5月に明らかになっており、5社が受けた勧告は計9回となった。

放送界では近年、NHKの30代の女性記者や、テレビ朝日の50代の男性プロデューサーが相次いで過労死。業界をリードする在京キー局全社での違法残業のまん延が明らかになったことで、働き方改革を求める声は、さらに強まりそうだ。

共同通信
https://this.kiji.is/385730311595803745



続きを読む

立憲議員が『日本代表の敗北を熱望する』最悪の本音発言を吐露。もう色々な意味で狂っている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:かぜのこ ★:2018/06/30(土) 18:00:57.53 ID:CAP_USER9


小西ひろゆき (参議院議員)認証済みアカウント@konishihiroyuki

日本代表の他力本願に批判。
本当にがっかりは予選敗退確定のポーランドの無気力プレー。
失うものはないのだから、攻撃選手を投入し二点目を奪い、
自らの手で日本を叩き落とす気概があるべきだった。
安倍政権打倒の使命を放棄し、ソロバン弾いて闘うフリだけしている野党議員を見るようで残念だった。

西野監督、半端ないって。セネガルが得点なら、監督は世界的批判を受け、
永遠に愚将の汚名を受けるリスクがあった。しかし、情勢を冷厳に見透し
予選突破の最良の選択として他力本願作戦を決断。己の損得を完全に超絶した真のリーダーシップ。
決断する気すらなく、責任逃れに終始する政治家に爪の垢を。

 (※詳細・全文は引用元へ→ 小西ひろゆき氏ツイッター 18年6月30日)
https://twitter.com/konishihiroyuki/status/1012715832718135296
https://twitter.com/konishihiroyuki/status/1012896660261724161

 ※関連ツイート
安倍晋三 認証済みアカウント@AbeShinzo (18年6月29日)

決勝トーナメント進出、おめでとう!次も、頑張れ、ニッポン!
https://twitter.com/AbeShinzo/status/1012367080627163136



続きを読む

菅長官に質問した記者が『即座に勉強不足を指摘され』恥を晒した模様。答弁を調べもしていなかった

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:(^ェ^) ★:2018/06/30(土) 09:05:12.25 ID:CAP_USER9


Mi2
@YES777777777
【バサッ】
東京新聞・望月衣塑子「米軍機墜落で去年のオスプレイ事故と窓枠落下は米側に自粛要請に留まっている。この2件に対し飛行停止を求めなかったの理由は?」

菅義偉官房長官「防衛大臣が答えてます。以上です」

何度も思うが質問する前に少し調べるとかしないのかね。この人、仮にも記者だよ?
https://twitter.com/YES777777777/status/1012610707479617536


続きを読む

韓国人記者が『ヨーロッパ版日韓戦を勝手に規定して』日本側唖然。ポーランドを同胞認定した模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2018/06/30(土) 14:53:11.14 ID:CAP_USER

両チームとも唯一の1勝だった。2018ロシアワールドカップに出場した韓国サッカー代表チームは28日(以下韓国時間)、ロシアのカザンで開かれた組別リーグF組3次戦でドイツを2対0で撃破し全世界を驚かせた。翌日の29日にはポーランドがロシアのボルゴグラードで開かれたH組最終戦で日本を1対0で破った。

ライバル韓国と日本の16強進出がかかっていただけに、この二試合はサッカーファンの高い関心の中で行われた。よく見れば帝国主義列強に迫害された歴史を持つ韓国とポーランドが、お互いの代わりに第二次世界大戦・戦犯国ドイツと日本を順に倒したという象徴性を見出すこともできる。

ドイツとポーランドの国家対抗戦は「ヨーロッパの韓日戦」と呼ばれる。これまで韓日戦のたびによく見られた激烈な感情的衝突がドイツとポーランド戦でも競技場の内外で沸き立つ理由だ。

フットボール・リスト、リュ・チョン、サッカー専門記者は29日、CBSノーカットニュースに対し「ユーロ2008(2008年ヨーロッパサッカー選手権大会)当時、組別リーグのドイツとポーランドの試合で(ドイツ攻撃手)ポドルスキがゴールを入れた時、ポーランドの人々は『祖国にゴールを入れた』と怒った」として「ポドルスキはポーランド系ドイツ人なので、ドイツに対するポーランドの良くない感情が端的にあらわれたもの」と説明した。

リュ記者は「ポーランドは(地理的に)ドイツとロシアの間で長い間迫害を受けてきたのでこの両国と試合する時は韓日戦のように激しい反応を現わすことが分かる」と付け加えた。

第二次世界大戦当時のユダヤ系ピアニストの人生を通じてナチスドイツがポーランドで行った惨状を見せたロマン・ポランスキー監督作品「ピアニスト」(2002)。この映画でも広く知られたようにポーランドの歴史は36年間、日帝植民支配を体験した韓国と一脈通じる部分がある。歴史家シム・ヨンファンは同日、「ポーランドは分割の歴史を持った」として「絶対君主時代から帝国主義時代まで国境を接したドイツとロシアが2~3回もポーランドを分割したのでこの両国に怨恨が大きくならざるをえない」と伝えた。

シム・ヨンファンは「第二次世界大戦はヒットラー率いるナチスドイツのポーランド侵攻(1939年)から触発されたし、ナチのユダヤ人虐殺で悪名高いアウシュビッツ収容所もやはりポーランドにある」として「私たちが日本に36年間植民支配を受け、ポーランドは100~200年間、事あるごとに抑圧を受けたという脈絡上の差は多少あっても、長期的持続的な弾圧を受けたという共通点は明らかだ」と説明した。
(中略:戦犯国家ドイツと日本の異なる歩み)

シム・ヨンファンは「ドイツは戦争犯罪について徹底的に謝り、日本よりはるかに責任ある態度を堅持してはいる。しかし、ポーランドなど被害当事国の痛みが綺麗に消えることはないから私たちが日本に感じる感情と似たようなものがあるのだろう」と見た。特に「日本の場合、戦犯勢力が政権を継承したうえに、1990年代初期、社会党全盛期を通した改革政治の雰囲気が瞬間的に消えた後には極右政治が完全に位置した」として「冷静に言って、現在の総理安倍が退いても日本が改革されるかは疑問だ」と診断した。

彼は「今回のワールドカップで韓国がドイツに勝った日、ドイツ現地でこの試合を見た韓国の知人らの話を聞くと、雰囲気が良くないか心配したのと違い、ドイツの人々が『おめでとう』『うまかったよ』と話しかけてきたので『これが先進国の姿勢なのか』と考えたという。これに接しながら(徹底した自省と謝罪を通じて)文化を蓄積してきたドイツとそうではない日本の態度の差をもう一度痛感する」と強調した。

カザン(ロシア)=CBSノーカットニュース/パク・ジョンミン記者

ソース:ノーカットニュース(韓国語) ワールドカップで「戦犯国「折った韓国とポーランド「恨「
http://www.nocutnews.co.kr/news/4993477

関連スレ:【ポーランド】 恨・自尊心・愛国心、韓国と似たDNA~ワルシャワにはもう一つの韓国があった[10/05]
https://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1317828519/
【W杯】 「数日間は日本語を話しなさい」 ドイツ在住の娘を心配する韓国人母のメッセージが話題に [06/30]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1530318700/



続きを読む

日本のGL通過を『朝日新聞が全力で罵倒して』読者に呆れられている模様。もはや取り繕う気すらない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ]:2018/06/30(土) 12:24:34.87 ID:2NLAsJFr0 BE:324064431-2BP(2000)

(28日、日本0―1ポーランド サッカー・ワールドカップ)

 0―1で負けていたポーランド戦の終盤、日本は勝利を目指すことを放棄して、パス回しをして試合を終えました。コロンビアがセネガルに勝ったことで、日本は2大会ぶりに決勝トーナメントへ進出できたのですが、西野朗監督の判断について賛否両論がわき起こっています。

西野監督本人や選手も含めた賛成派の人たちは、決勝トーナメントに進むことがチームの目的で、そのために必要なことをした、と主張します。しかし日本は試合の途中で敗戦を受け入れたのですから、決勝トーナメントに進めたのは、同時進行だった別会場の試合でコロンビアがセネガルに勝ったおかげです。確率だ、読みだ、と言ったところで、「サッカーくじ」を当てたようなもの。決勝トーナメント進出のために最善を尽くしたとは言えません。

 賛成派と反対派の意見が一致するのは、見ていてつまらなかった、負けて「勝ち進む」のは煮え切らない、といった感情です。同じ感情が、賛成派にも反対派にも起きるところに、モヤモヤの根本がありそうです。

 日本サッカー協会(JFA)は、それを「大切に思うこと」という言葉で表しています。サッカーそのものやサッカーを愛する人を「大切に思うこと」は、サッカーの価値が社会で認められ、サッカーを発展させていくには、欠かせないことだという考えです。

 具体的にどうすることなのか。「JFAサッカー行動規範」が明確です。その一番初めに「最善の努力」という項目があります。

 「1 最善の努力 どんな状況でも、勝利のため、またひとつのゴールのために、最後まで全力を尽くしてプレーする」

 W杯の決勝トーナメントに進むためならば、勝利のために、ひとつのゴールのために、最後まで全力を尽くしてプレーしなくてもよい、という行動規範はありません。

 国際サッカー連盟(FIFA)にも、「フットボール行動規範」があります。FIFAはこの行動規範でスポーツのモラルと基本的な倫理を示し、いかなる重圧や影響のもとでもこれを支持し、そのために戦うと宣言しています。一番初めに「勝つためにプレーする」という項目があります。

 「1 勝つためにプレーする 勝利はあらゆる試合のプレーする目的です。負けを目指してはいけません。もしも勝つためにプレーしないのならば、あなたは相手をだまし、見ている人を欺き、そして自分自身にうそをついています。強い相手にあきらめず、弱い相手に手加減してはなりません。全力を出さないことは、相手への侮辱です。試合終了の笛が鳴るまで、勝つためにプレーしなさい」

https://www.asahi.com/articles/ASL6Z0575L6YUTQP03K.html



続きを読む

国連人権理事会で『日本と北朝鮮が正面から言い争う』凄まじい展開に。北朝鮮は拉致問題をガン無視

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ろこもこ ★:2018/06/29(金) 17:51:20.88 ID:CAP_USER

https://www.sankei.com/world/news/180628/wor1806280007-n1.html

 ジュネーブで開催中の国連人権理事会で27日、日本と北朝鮮の間で在日コリアンの人権問題などを巡り応酬となった。北朝鮮が「日本では政府の黙認下、在日コリアンが差別されている」と批判。日本は事実無根と反論する一方で「相互不信を克服する用意がある」と北朝鮮に対話を呼び掛ける場面もあった。

 志野光子駐ジュネーブ国際機関政府代表部大使は、北朝鮮による拉致問題が米朝首脳会談で話し合われたことは「非常に重要だ」と指摘、国際社会に今後の推移を注視してほしいと訴えた。

 北朝鮮代表は拉致問題には触れず、日本は過去の歴史を美化しようとしていると強調。さらに在日コリアンの人権問題を取り上げ「日本はまず過去と現在の問題に取り組むべきだ」と主張した。

 同代表部の中込正志公使が、日本は謙虚に歴史の事実に向き合っており、在日コリアンを差別するような法制度もないと反論。「北東アジアの平和実現のため日朝間の懐疑を乗り越えることが大切だ」と対話の必要性を訴えた。

 しかし北朝鮮代表は納得せず、強制連行や従軍慰安婦問題に触れ「日本の人道犯罪は揺るぎない事実だ」と述べた。対話への呼び掛けにはコメントしなかった。(共同)



続きを読む

韓国の絶望的指標に『外資が巨額資金を強制回収する』末期的な情勢に突入。韓国経済は順調に崩壊中

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2018/06/30(土) 09:22:25.72 ID:CAP_USER

韓国経済全体の悪化を示す新たな経済指標が29日に発表された。5月の設備投資が前月比でマイナス3.2ポイント、小売販売がマイナス1.0ポイントを記録したのだ。設備投資は3カ月連続、小売は2カ月連続のマイナスだ。

今年に入って1-3月期は低所得層の所得がマイナスに、また5月には雇用の悪化という大きなショックがあったが、今回も韓国経済の後退を裏付ける重要な指標だ。影響で経済指標に敏感とされる外国人投資家は今月に入って韓国の株式市場から1兆5870億ウォン(約1574億円)もの巨額の資金をすでに引き揚げている。

大韓商工会議所の朴容晩(パク・ヨンマン)会頭(韓国では会長)は28日、与党・共に民主党との会合で「半導体分野と上位の数社を除けば、企業の収益は決して良くない」「韓国経済の低迷が構造的なものになっている点を直視し、対策を提示すべき時期に来ている」と発言した。

間接的な言い回しではあるが、文在寅(ムン・ジェイン)政権に対して経済政策の見直しを求めたのだ。

文在寅政権は「韓国経済のパラダイム見直し」との考え方に基づき、「所得主導」と「革新」という2つの軸で成長政策を推し進めようとしている。所得主導は需要の側、革新は供給の側を刺激することで成長動力を引き出そうとする構想だ。

しかしこの2つの軸は現政権発足からわずか1年で大きな危機に直面している。最低賃金を16.4ポイントも大幅に引き上げたものの、低所得層では1年前に比べて所得が逆に8ポイントものマイナスを記録した。年間30万以上増加していた雇用も7万と大幅にブレーキがかかった。

現政権は自分たちを「雇用政府」と自負しているが、実際は正反対の結果を招いているのだ。

革新成長については成果が全くない。文大統領は革新成長のコントロールタワーとしてキム・ドンヨン経済副首相を指名しはっぱをかけているが、実質的にさほど大きな権限のない経済副首相がやれるような仕事ではない。

過去10年続いた保守政権は「グリーン成長」「創造経済」などの旗印で供給側に重点を置いた成長政策を推し進めたが失敗した。営利を前面に出した病院や遠隔医療は医師団体から反対され、カーシェアリングはタクシー業界、スマートファームは農民団体の反対によって挫折した。

またネットバンクは銀行と企業の分離、フィンテック(ファイナンス・テクノロジー)は個人情報保護などの規制に阻まれ全く進んでいない。

革新成長を本当に推し進めるのであれば、今なお70%もの高い支持率を誇る文大統領自ら先頭に立ち、与野党が協力して反対する業界などの抵抗を克服しなければ成功はおぼつかない。

ところが現在政権を握っている共に民主党は野党だった頃、あらゆる分野で規制緩和に反対してきた。文大統領の支持層でもある進歩的(リベラル)市民団体は今から現政権の政策見直しを警戒し圧力を加えようとしている。

大統領府の張夏成(チャン・ハソン)政策室長、チョ・グク民政主席、公正取引委員会の金尚祖(キム・サンジョ)委員長など現政権の実力者を輩出した市民団体「参与連帯」は28日「文在寅大統領は過去の経済政策に回帰してはならない」とする論評を発表し「こっそりと公約を覆し、規制緩和を正当化することは認められない」と警告した。

現政権がこのようないわゆる「キャンドル陣営」の圧力に屈し、今後も「規制改革」に手をつけられない状態が続けば、今の深刻な雇用問題を解決することはいつまで経ってもできないだろう。かつて盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は支持者らの反発を抑え韓米自由貿易協定(FTA)や坡州液晶工場認可などの決断を下している。

ある元経済官僚は「金大中(キム・デジュン)元大統領が常に強調した『書生的な問題意識と商人的な現実感覚の調和』という言葉を今こそ思い起こすべき時だ」と指摘した。


2018/06/30 08:31
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/30/2018063000336.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/30/2018063000336_2.html



続きを読む

韓国の奇跡的勝利が『中国人に致命的ダメージを与えた』と判明した模様。中国当局が緊急警告を出す羽目に

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★:2018/06/29(金) 16:24:29.22 ID:CAP_USER

http://japanese.joins.com/article/751/242751.html

「ドイツを応援していた皆さん、落ち着いて自殺するのはやめましょう」。

中国江蘇省南京市警察当局が18日、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に載せたコメントだ。

ドイツが2018ロシアワールドカップ(W杯)グループリーグF組第1戦でメキシコに敗れると、勝敗の予測にお金を賭けた人々が極端な選択をするケースが相次いだからだ。

ドイツのロシアW杯グループリーグ敗退が中国に飛び火した。29日の朝日新聞によると、中国ではロシアW杯にからむ賭博が増えているという。中国スポーツくじ公式サイトによると、W杯開幕日の14日前後の1週間、スポーツくじ販売額の90%がW杯関連であり、電子貨幣の普及による違法賭博サイトまで登場している。

問題は今大会でドイツが予想外に不振だったことで生じた。勝敗を予測する賭博に参加した中国の人々が家を売ったり、姿を消したりする事件が発生した。中国メディアなどによると、韓国が27日、ドイツに2-0で勝利すると、自ら命を絶つ極端な事件まで発生しているという。これを受け、中国当局は微博などを通じて事態の収拾を図っている。



続きを読む

中国の新4大発明を『中国人専門家がフルボッコにする』悲劇が発生。中国は他人の基礎の上に家を建てた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:蚯蚓φ ★:2018/06/29(金) 14:52:10.39 ID:CAP_USER

中国メディアの編集長が、中国の科学技術能力の誇張宣伝について呈した苦言が話題になっている。

中国科学技術部傘下の科技日報の劉亜東編集長は21日、北京で開かれたある講演で、「国内のある人々は、新4大発明を誇張して宣伝し、中国の経済、科学力、総合国力がすべて米国を越えて世界一になったと誇張・宣伝している」と批判した。そして、「中国の科学技術は米国や西欧先進国に比べて差が非常に大きく、これは常識だ」とし、「(誇張宣伝する)論調の人々が指導者をだまし、公衆をだまし、さらに自分をだましている」と主張した。新4大発明は、昨年、国営メディアが中国の21世紀の発明品だと宣伝した高速鉄道、モバイル経済、シェア自転車、オンラインショッピングを指す。

劉氏は、「このような(誇張)世論は、国際的な中国脅威論に口実を与える」とし、「中国の成果を誇張することは百害あって一利なしだ。結果は国家を誤らせ、国民に害を与える」と強調した。中国の科学技術成果の誇張が米中貿易戦争を招いた面があるということだ。また、「中国は、明確に他人の基礎の上に家を建てた」とし、「自ら完全で永久な財産権を持ったとは言えない」とも主張した。

劉氏は、中国の科学技術が直面した3つの問題点として、△技術だけあって科学のない科学武装の欠如、△匠の精神の欠如、△粘り強く持続する心の欠如を挙げた。共産党機関紙「人民日報」の姉妹紙「環球時報」は社説で、「劉氏の講演が世論空間でホットイシューになり、幅広い支持を受けた」とし、「中国の反省能力を示す代表的な声」と評価した。

尹完準

ソース:東亜日報日本語版<中国メディア編集長、「中国の新4大発明説は誇張」と批判>
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1369373/1



続きを読む

パヨクを裏切った細野議員が『新聞記者から袋叩きにされる』爆死案件が発生。集中砲火を喰らってシドロモドロ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:クロ ★:2018/06/29(金) 21:39:56.41 ID:CAP_USER9

自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長らが設立した超党派会議「『平成のうちに』衆院改革実現会議」の初会合が28日、国会内で開かれた。報道陣が殺到し「進次郎派結成か」と沸き立ったが、この日の主役は、“5000万円の公選法違反疑惑”が浮上した細野豪志衆院議員だった。

 マスコミ非公開の会議が終わると、報道陣は進次郎そっちのけで細野氏の周りに殺到。「役員会があるので手短に」と渋々、囲み取材に応じた細野氏は「JC証券」から借りた5000万円について、「選挙後に希望の党の運営に使う可能性に備えて、個人の判断で借りた」と説明。「選挙資金には使っていない」と強調したが、記者から「3カ月以上、利子を払っていない期間があるのはなぜ」と問われると、「利子をどういうふうに払えばいいか、いまひとつ認識が不足していた」などとシドロモドロになった。

 昨秋の衆院選前の「希望の党」をめぐるゴタゴタでは、当時代表の小池百合子都知事と一緒に民進党(当時)の候補を排除したり、嫌がらせしたりした中心人物といわれている細野氏。フリーアナウンサーの山本モナとの不倫路チュー騒動の時のように逃げ切れると思ったら大間違い。バッジを外す日も迫っているゾ。

日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/232310



続きを読む
AD
はてなブックマーク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
AD
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ