1:なつあかねφ ★:2012/04/01(日) 17:20:58.32 ID:???

2012040100064_0

金炯国名誉教授が、社稷洞の黄鶴亭で弓を引いている。金名誉教授は、ほかの人なら引退する年齢で国弓に入門した。9月29日撮影。/写真=許永翰(ホ・ヨンハン)記者

「弓を引く瞬間は的だけが見える。緊張の中で見詰める的は、ある瞬間、なんとしても到達すべき深い願いの化身になる。過去に対する後悔もなく、未来に対する不安もない時間」

弓を手にして的を狙うまで、5秒から10秒ほどの時間が流れる。そしてついに手が弓の弦から離れ、2秒後には、的に当たる「タン」という音が響く。「私と的が一つになる『物我一体』の瞬間」と語った。

『弓をひく-静けさの動学、国弓』(ヒョヒョン出版)の著者、金炯国(キム・ヒョングク)ソウル大学環境大学院名誉教授(69)。2006年に出版され、今や忘れられてしまったこの本は、昨年公開された映画『最終兵器 弓』の人気に助けられ、再版された。「映画のおかげで弓に対する関心が高まり、感謝している。映画に出てくる的は、私の本を見て考証したのだそうだ」

「耳順」すなわち60歳で国弓(韓国の伝統弓術)に入門した金名誉教授は「弓を引く中で、自然と文献を探るようになったが、整理する必要性を感じた」と語った。金名誉教授の著書は、弓の社会文化史に対する総合的アプローチを試みた初めての書籍だ。古代中国の兵書や朝鮮時代の文献を参照し、韓国の弓の歴史を掘り下げ、現代韓国での「国弓」文化の現場を細かく記録した。「舞踊塚(吉林省集安)の高句麗古墳壁画“狩猟図”に出てくる弓を見ると、今の角弓と形が全く同じ。弦を張ると、二つの峰からなる大きな山、あるいはアルファベットのMの大文字が広がったような形だ。
西洋の弓は半円形に曲がっているだけだが、韓国の角弓は湾曲点が五つもあり、それだけ強い推力が生じる」。

後期旧石器時代に登場した弓は、青銅器時代に入ると一般化した。韓国の青銅器時代の遺跡から矢尻が多く出土している点や、昔から韓民族が「東夷」族と呼ばれていたことは、韓国の優れた弓の歴史を示す証拠とされる。金名誉教授は「よく、中国人はやり、日本人は刀に秀でており、韓国人は弓が得意だと言うが、この場合の弓は“片箭(へんせん=通常の半分サイズの弓)”。映画『最終兵器 弓』で主人公が使った弓(エギサル)が、まさにこの片箭」と語った。竹を半分に割った「桶児」
に矢を入れて射る片箭は、普通の矢(70-80センチ)に比べ長さが半分程度しかなく、管を通って矢が飛び出すため、より遠くまで飛び、正確に当てられるという。

弓にまつわる歴史物語は、興味深い。朝鮮王朝第22代国王の正祖は、50本の矢を放つと49本を命中させるほどの弓の名手だった。「50本全て命中させたという記録はない。49本命中させると、最後の矢は空中に放ったり、草むらに射込んだりした。完全な境地に至ると、次はそれ以上できなくなるため、わざと矢を外したということだ」。

許允僖(ホ・ユンヒ)記者


朝鮮日報 2012/04/01
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/04/01/2012040100065.html


12<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:26:47.52 ID:SOF6JAxC

確かに朝鮮人は弓をメインにしてたのは歴史的に見れば正しいが・・・
なんか違うんだよ。 何処がとは説明出来ないけど。


34<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:32:50.06 ID:d5XP7LoH

>>12
職人がいない、技術の進歩が全くない、
使っていただけで、歴史や伝統がまるで無い。
ここら辺をうまく纏める言葉が欲しいなw


38:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:34:05.68 ID:9DXbz9T3

>>12
ようするに体系化されてないんだよ。
「弓道」みたいなのないから。


14<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:27:20.95 ID:/Q3G92IJ

そういや、アーチェリーとか
何故か韓国がメダル取ってたりするんだっけか??
鉄砲だっけ。
そういう国家教育とかしてるんかね?


36:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:33:37.86 ID:KloOnrr9

>>14
エリート育成システムの国は層の薄い競技で強くなるんじゃないのか?


中国では柔道やバドミントンの競技見たことある人ほとんど居ないらしい


60<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:42:01.15 ID:XoC0b8N5

日本とかには那須与一とかいるし、
中国にも多数いる。
韓国の弓の達人って、一人も聞いたことがない。


73<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:46:17.05 ID:Jt/Zcljf

>>60
これから出てくるだろう
19世紀には、あったこととして。

当然 弓道の練習着は日本のコピー

弓道の韓国名は、どう名づけるのかな?

ギュドー?
ギュドンドー?


109<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:55:48.92 ID:oFQXuWaM

流鏑馬とかもあんのかな
弓の国とか言い切るならあるんだろうか
騎馬民族だったのか韓国って


123:Ta152 H-0 ◆Tank/Ja2RQ :2012/04/01(日) 17:59:16.25 ID:Xlux7dky

>>109
【韓国】流鏑馬(やぶさめ)は韓国起源【写真有】
ツイート
1 :依頼:2006/04/28(金) 11:46:21.78 ID:RedvFl1d0 BE:121993867-#
「第45回牙山(アサン)聖雄李舜臣(イ・スンシン)祭り」が27日に始まった。
忠清南道牙山市(チュンチョンナムド・アサンシ)にある
顯忠祠(ヒョンチュンサ)隣近の曲橋川(コクギョチョン)の水辺で、
「韓民族伝統馬上武芸及び撃毬協会」の会員たちが
朝鮮(チョソン)王朝時代の馬上武芸技術の一つの騎射(馬に乗って弓を射ること)
を見せてくれている。忠武公(チュンムゴン)誕生
(4月28日)を迎えて開かれるこの祭りは、来月1日まで続く。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2006042806978

ウィキペディア 流鏑馬
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%81%E9%8F%91%E9%A6%AC

http://mimizun.com/log/2ch/news/1146192381/


113<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:57:18.66 ID:a2MQTbt2

鉄製の武器がつくれないから、弓なんだろ


117:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:58:14.46 ID:T4zelgBO

>>113
鏃はどうするんだ?


115<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 17:57:39.40 ID:ygXIK7KR

木を曲げる技術も無かったのに弓?


126:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:00:03.36 ID:o+mqKuOc

>>115
    ∧_∧ 
   ..(:①。①..   それよりろくな弦すら造れなかったと思うよw
   /:::::::::T     
....~(:::o:UU,  
 彡※※※※ミ
彡※※※※ミ
 彡※※※※ミ ∬
彡※※※※ミ  旦


184<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:17:18.12 ID:uqohOePg

>>1
いやいや、それ、モンゴルの馬上で使う短弓だから。


199<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:20:47.96 ID:2n3SY7d2

打ち方もまんまっぽいよね


211:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:23:12.45 ID:uqohOePg

>>199
まあ、所詮はモンゴルの属国だった国だからな・・・。
武芸が全てとは言わんが、伝わっているらしい。


195<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:20:06.79 ID:BCYRgvJt

弓ならモンゴルに勝る国は無いでしょう。そもそも韓国には
誇るべき武道など無いはず。


208<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:22:47.29 ID:Kd+9YnJQ

どっこい短弓で射程が短いので、
日本の武士の長弓にフルボッコにあった。


214:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:24:11.74 ID:uqohOePg

>>208
短弓って射程自体は長くなかったっけ?
ああ、狙いがつけにくいから射程自体は短くなるのか。


216<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:24:31.75 ID:UjmJTAHM

>>208
そもそも馬から下りた騎馬民族なんて最弱クラスになる。
元はそれを薄々感じてたみたいだけど、高麗は知らん。


231<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:25:31.43 ID:uqohOePg

歩兵は下がれ無いからねぇ・・・。


245:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:28:22.31 ID:UjmJTAHM

>>231
元寇の遺品を海から引き上げたら鍬とか鎌とかが山ほど出てきたそうだ。
つまり、厄介者の支那人を「勝ったら土地をやる」っていって放り出した感がある。


373:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:46:40.33 ID:B/nYNBuS

当時の資料を読む限り元寇は軍事的に見て日本の圧勝と言っていいと思います


378<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:47:39.95 ID:H6D30yl4

>>373
それで船に立て籠もってたら台風で・・・だっけか?


456<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:59:11.58 ID:xfs+KxlK

一回目は少数で散発的に襲って来る九州武士団にボコボコにされて、橋頭堡すら確保できず半島へ逃げ帰る途低気圧に遭遇してあぼーん
ちなみに、九州全体では4万程武士はいたが、最初に集まったのは5千程。残りは翌日以降に水城へ集結中

二度目は台風避けて5月に来たが防塁と、外国相手に鎌倉の法を守る必要はなしとして夜襲、奇襲なんでもありの攻撃を受けて島々を逃げ回り、最後は台風に遭遇して鷹島に逃れたところに武士団突入
ボーナスステージに


480<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:02:40.74 ID:B/nYNBuS

まあ、大鎧で身を固め自軍の矢が碌に通らない重装騎兵数百騎が
弓を放ちながら突撃してきたら軽装の元軍には悪夢でしょうねw


500 ◆65537KeAAA :2012/04/01(日) 19:04:41.51 ID:ID0zjwYk

>>480
実際にはゲリラ的攻撃が相当に怖かったらしい
夜襲なんてかけられたらたまったもんじゃないって夜になると船に戻ってたら
台風が来てアボーン


536<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:09:15.02 ID:NPA4aoDv

重装騎兵が騎射してくるだけでも反則なのに、
その弓が複合弓のロングボウだし、前方射、横射に
パルティアンショットしてくるし、最悪だろ。


587<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:16:58.22 ID:B/nYNBuS

>>536 
彼らは接近戦も組討から剣術まで幅広くこなしますからな 
ここまで多芸な重装騎兵は他には東ローマのカタクラフトが聞かれますが 
絶対数や弓の張力(騎射用は40~60kg)そして鏃の巨大さ(平根) 
などを思うと同時代でも屈指の強力な騎兵集団だったと言えるかと 


559<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:12:01.07 ID:ygXIK7KR

平原でイージーモードやって楽勝だったから
ちょっと島国攻めてみたら難易度がベリーハードに設定されてたでござる


614:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:22:00.10 ID:NPA4aoDv

>>559
近接戦闘もやたら強いわ、船に引き上げれば夜襲仕掛けてくるわ、
二回目に来たら、沿岸に城壁気付いてるわ、自分が元軍の司令官だったら
一戦もしないで自刎して果てる自信がある。


198<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:20:43.61 ID:jHkm3NIJ

どうして日本では両刃の剣が廃れたんだ?
中国や朝鮮では、そんなことがなかったのに。
刀剣史上の謎だ
日本は特異


209:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:22:50.84 ID:o+mqKuOc

>>198
棒術・杖術のように振り回す闘法じゃなく、日本では剣術・剣道が確立したからじゃない?


224:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:24:51.28 ID:l/GBePcK

>>198
鋳造で叩く、付くしか出来ない剣と鍛造で薄く、切ることも出来る剣に変わっただけかと。
まあ本当は日本はコークス無かったんで鋳造が出来なかったんだが。


228<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:25:08.07 ID:Kd+9YnJQ

東南アジアや中央アジア、アラブとかも片刃のイメージ
だけどな。

むしろ盾が廃れたのがミステリーだったりする


233<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:26:55.77 ID:9DXbz9T3

>>228
たぶん、持ち運びに不便だからだと思う。山岳戦とかも普通にある国だからね。


315<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:38:37.24 ID:eSYz5sLV

技術力が無かった為ですね、

欧米先進国も両刃でしたし


365:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:45:43.87 ID:a2MQTbt2

>>315
日本の刀とは製法が違うんだよ。中国、ヨーロッパっで作られたものは技術的に簡単なもの。


398<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:51:09.69 ID:B/nYNBuS

>>315
勘違いしてる人が多いが西欧は製鉄技術に関して当時後進地域
ロングソードなどは初期耐久力を持たせる必要から分厚く重くなり扱い辛かった
さらに焼きいれの技術も低く戦闘中硬化した表面がはがれて曲がるなんてことがよくあった


230<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:25:22.27 ID:UfRYBt+w

車輪も作れなかった朝鮮蛮族文化が何をいう・・・w


239:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:27:49.30 ID:uqohOePg

>>230
というか、>>1の写真、形はモンゴルの短弓なんだが、複合素材を使ってないように見える・・・。
アレは多種の素材を平たくして創り上げる物なんだが・・・。


268<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:31:54.32 ID:a2MQTbt2

朝鮮の弓って小さくて見栄えしないね。


285:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:34:29.46 ID:l/GBePcK

>>268
由来はモンゴルの馬上弓だろうから小さいんでしょう。
それでもモンゴルは複合弓で射程も長いが、>>1は複合弓に見えない。


277朝鮮狗:2012/04/01(日) 18:33:23.04 ID:lSukhvFx

短弓は飛ばない、物理的に明白、でも強かったのは沢山打てる。
西欧が蒙古に負けた理由は、、西欧弓はコック式に変化して、、1矢を
装填するのに凄い時間がかかる、、その間に蒙古の矢は百本飛んで来る。
歴史的j意実、、、白人が蒙古に負けた理由。


297<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:36:03.77 ID:uqohOePg

>>277
いや、威力自体は有るよ。
距離も飛ぶ。
でも、所詮は短弓だから、狙いがつけづらい。

モンゴルの特徴は、馬上で敵に向かってぶっ放して、反撃する頃にはその場に居ないって戦法。


323<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:40:10.62 ID:1h4nKr/t

短弓で威力出そうとすると弓の強度を上げないとダメだけど、それだとケンシロウでないと馬上では弓を引けないよ
騎馬民族はあくまで機動戦だから(´・ω・`)


331<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:41:33.59 ID:uqohOePg

>>323
で、それを解決したのが、複合素材を使ったモンゴルの短弓じゃね?


344<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:43:17.17 ID:1h4nKr/t

10の力で弓引いて10以上の威力が出る弓なんてこの宇宙にないよ(´・ω・`)


354<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:44:27.64 ID:y53R+oqj

>>344
腕がないのを道具のせいにするな
上手い韓国人なら50にできる


368:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:45:56.94 ID:1h4nKr/t

>>354
さすが韓国人
素晴らしい民族だ( ・`ω・´)


350<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:43:52.13 ID:7bbnDbNm

>昔から韓民族が「東夷」族と呼ばれていたことは、韓国の優れた弓の
>歴史を示す証拠とされる。

 おれには東夷と呼ばれるとなんで優れた弓になるのか理解できないんだが、韓国人はこの文章を読むと
『そうか!だから韓国の弓は優れていたのか!』って納得しちゃうのか?


367:Ta152 H-0 ◆Tank/Ja2RQ :2012/04/01(日) 18:45:49.36 ID:Xlux7dky

>>350
「夷」の字が「大」と「弓」に分解できるからだってさ。


361<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:45:38.40 ID:jHkm3NIJ

ひょっとすると日本人が武器を剣から刀に変更したのは宗教的な理由かもしれない
だって剣が別段、武器として性能が刀に劣るわけじゃないんだから。
皇室の三種の神器に刀ではなく剣が含まれてるのがミソだ


391<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:49:53.14 ID:l/GBePcK

>>361
単に鋳造できる為の火力が無かっただけかと。
剣は鋳造向きだからねえ。
まさかそこから魔改造?ってなレベルだが、日本刀は。


442:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:56:39.46 ID:Kd+9YnJQ

>>361 
あのね、東洋世界における剣ってのは刺突兵器でな、 
扱いが難しいの。 

刀は刺突+斬ることができる兵器。 
剣より扱いが優しいし日本刀なんて斬れ味がすごいもん 
開発されたら剣なんざ廃れて当然なの。 

剣と刀と同じものを指すのは日本ぐらいなんだよ。 


414:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:52:35.73 ID:UjmJTAHM

火力よりも製鉄材料の問題と砥石の問題が大きいような。
欧米の鉄鉱石から作る鉄は量は優れているが鋼の質はいまいちだった。
良質の鋼が作れてもそれを削る砥石が無かった。

結局、突き刺すことで止めをさす剣が発達した。


471<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:01:47.40 ID:MWVW36yA

>>391
>単に鋳造できる為の火力が無かっただけかと

そんなことはない。古代からある鋳物師(いもじ)という言葉があるだろ。
日本は古代から、銅ばかりではなく、鉄の鋳物も精緻に作っていた。

古代日本に鋳物の技術がなかったという嘘は、朝鮮人が悔し紛れにこの板で流行らせた。
その後、鵜呑みして受け売りする人たちが出てきて、あきれている。


515<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:06:33.21 ID:l/GBePcK

確かに南部鉄瓶等少量の鋳物は可能と思えるけど、木炭じゃ戦に使えるほど大量に鉄を融解させるのは無理じゃない?
融点の低い青銅なら分かるんだが。


567<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:13:23.76 ID:MWVW36yA

>>515
古代から日本の鋳物産業は盛んだよ
松炭の火力を舐めないでくれ→調べずに先入観で語るのは良くないよ
鋳物師をキーワードにして、図書館で調べてみたら。

とにかく、この板で以前から、日本の鋳物について誤った説が流れているよ。
そもそも、鉄鉱石が取れた東日本(特に東北)では、古代から普通に溶かして製鉄してたからね。


409<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:52:14.81 ID:KfCMfsqH

あれ? 日本刀の起源は朝鮮じゃなかったの?


415:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:52:40.83 ID:uqohOePg

>>409
あまりにソースが無くて、諦めた模様。


435<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 18:55:27.36 ID:NZ56GVdh

日本の流鏑馬とか、海外で有名だけどねw


469: ◆65537KeAAA :2012/04/01(日) 19:01:19.11 ID:ID0zjwYk

>>435
「韓国流鏑馬」ってのもあんだぜ?
「騎射」とかってんだっけか?


484<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:02:47.55 ID:Kd+9YnJQ

世界流鏑馬選手権が日本で開催されてな

ぶっちぎりでモンゴル優勝したそうな。


491<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:04:05.65 ID:/jNtkIQH

>>484
それ、弓は和弓で統一?


519ぴらに庵 ◆ddCcroSSko :2012/04/01(日) 19:06:56.18 ID:nOwUWUW7

写真確認した。
まさにモンゴル騎兵のあの弓w

ブログだけど・・・
http://yumekamo.blog114.fc2.com/blog-entry-286.html


541:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:09:54.41 ID:/jNtkIQH

>>519
威力はともかくさ、これなら取り回しいいわな
和弓のバリエーションにも有ってもよさそうなもんだが、ま、日本人なら形からか


577<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:15:19.18 ID:14lyD2q9

  長柄物と刀を比べてどうする
         ∧,,_∧∩ \      __
        ⊂(´・ω・)彡-、\ ☆ ( ∽ ()
      /// ⊂彡/:::::/"  \《 / ̄ ̄
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」   ゴンッ ∩
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/| ⊂< ,∀、> 刀なんて青龍刀の破・・・
  /______/ | |  / V""V
  | |-----------|     (_0_0'


588<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:17:08.55 ID:Kd+9YnJQ

>>577
しかし実際は青龍刀じゃ日本刀に勝てまへんどした


606 ◆65537KeAAA :2012/04/01(日) 19:21:08.61 ID:ID0zjwYk

いや、青龍刀は長柄ものだから、日本刀で勝つにはかなり厳しいよ

青龍刀ってのは薙刀みたいな奴で

qinglongyanyuedao

下みたいな短い片手剣を日本では「青竜刀」って呼ぶことがあるけど、
これは「柳葉刀」で青竜刀ではない

img55489522


647:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:29:20.52 ID:B/nYNBuS

>>606
長柄でも一定以下の長さのものでは太刀と相打ちになる。や三尺以上の太刀は
長柄に対抗できるという評価が江戸時代あったような


677<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:34:56.89 ID:IejNC+yW

>>606
そんな大物サクサク使いこなせるの三国志の武将くらいだろ
日本には大薙刀も長槍もあったし使いどころ次第だよ、どっちが強いとか比べるのはナンセンス

大規模戦闘では機動力の方が大事


578<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:15:37.30 ID:MruK9QVw

写真のおっちゃんの弓の引き方で矢は飛ぶのかな? 飛んでも距離は出ないだろうな
柔らかい初心者用のナンチャッテ弓みたいな感じ・・・詳しくないけどアーチェリー系の引き方なのかな?
どっちにしろ形だけって感じ


591<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:18:10.70 ID:/jNtkIQH

>>578
チョンの大好物を先端に付けて射ればそれなりに危険ですよー


596<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:19:24.13 ID:2whlACxu

安上がりの毒だからねえ…。
ローション代わりにもなるし。

ドリフターズでやってたね。


616<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:22:53.79 ID:l/GBePcK

>>596
正直、アレで偏性嫌気性菌の破傷風菌には感染しないとは思うが、抗生剤のない時代はあれで化膿しても命取りだろうね。


622 ◆65537KeAAA :2012/04/01(日) 19:24:12.54 ID:ID0zjwYk

まぁ漫画だから
硝石丘も作ってたけど、水で流れるから屋根付けないと意味無いし


646:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:29:04.94 ID:l/GBePcK

>>622
まあ、日本は硝石が取れないからああいう方式が発達したが、海外は普通に硝石が取れるからオッパイーヌに頼めよと思ったことは内緒だ。


654<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:30:25.19 ID:wjFuNMF0

DSC01170

あっちの弓

yumi

こっちの弓


690:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:37:22.02 ID:H9bzRluZ

>>654
ちょっとまって…。あっちの弓は弦をどうやって張るのさ…
まさかとは思うが…


674<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:34:19.09 ID:MTBPJv+N

三国史記の「高句麗本紀」にも狩猟民族で弓がうまいって特筆があるからね

スレの趣旨と離れるが詳しい人が多そうだから聞きたいんだが
古代において鉄器をいち早く手に入れた部族が
青銅器の部族を駆逐し台頭したってのは歴史的事実なんだろうけど
鉄器と青銅器に武器としてそこまでの差はあるもんなのか?
鉄器持ち100人と青銅器持ち100人で戦うと
どのくらい差がでるのかな?


692:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:38:12.22 ID:B/nYNBuS

>>674
硬度がまったく違いうため、通常青銅の武器では鉄器に対抗できません
ただ東アジアは青銅武器の製作技術が優秀だったため鉄製の武器の普及が遅れたという話があります
日本の場合は鉄器と青銅器の流入時期がそれほど違わなかったため鉄器が早いうちから使用されたとか


708:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:43:20.99 ID:zCdeqAFg

>>674
無理やり銃に置き換えてみた

銅・・・おもちゃの銃
青銅・・拳銃
鉄器・・機関銃
鋼・・・アサルトライフル


740:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:53:08.95 ID:c4Oc0cx0

>>674
金属それ自体の優劣じゃないんだよ

青銅はとにかく資源量が少ない
(そのため、青銅貨が流通している場所もあった)
だから錆びたりする問題はあっても、大量に手に入る鉄は優れてる
故に戦争だと多くの兵士に装備させられる鉄器のほうがいい

青銅が武器につかわれなくなったのは、大航海時代に入ってから
青銅砲が最後の青銅の武器になった
これもより安価な鉄製の鋳造砲に変わっただけ


753<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:54:38.89 ID:unloTcp4

>>674
一部で勘違いしとる奴がいるみたいだが、鉄と青銅は「硬度」ではなく、「耐じん性」が違う。
銅は硬いが、「割れやすい」から鉄と青銅の武器を打ち合わせると青銅は割れる。
しかし、銅と鉄は溶ける温度が違う。
銅は加工しやすく、鉄は加工しにくい。
中国では「ケンカは数」「質より量」だったので、加工が容易な銅を選択した。
三國志の頃まで武具は青銅器だ。
鉄が使用されるようになったのは、森林破壊が深刻となった唐代だな。
シナは薪が無くなったので代わりに石炭を使いはじめたのだ。
その石炭の火力が鉄の加工を容易にし、シナは鉄の時代になったのだ。
日本は逆に「量より質」で鉄器が先んじた。
人口も少ないし、日本人はこり性でこだわり派だからな。


711<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:43:48.98 ID:655G+9dU

てか、13世紀のときには支那チョンが瞬殺されたモンゴル軍を
大陸にはなかったロングレンジで精度がある和弓で追い散らしてる
ちなみに、神風がふいたのは2回とも日本制服を諦めて撤退中の話な


728<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:49:13.72 ID:U6tJbiyq

>>711
まあ、射程外から一方的に狙撃されたら相当不利だしな
和弓はスナイパー思想で作られているから長射程高威力、数揃えられたら反則やで


720<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:47:10.18 ID:+S3vTus1

韓国に、有名な武将とか、文献とか、戦場の記録とかあるの?




っていうと、半年後くらいにいきなり文献が発見されるんだよなw


723<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:48:08.92 ID:ioptvOxj

>>720
あいつらの中で目立つと寄生のカモにされるだろうから・・・


766<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:57:43.20 ID:MruK9QVw

ググルで「弓道 姿勢」で画像検束すれば分かりやすいけど、日本の弓道の姿勢は背中や肩、腕などとても繊細な型でフォームを作ってる
写真のおちゃんの肩の形では強い弓は引けない感じだね
肩を落とすとか・・・そんなイメージ


773<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 19:59:03.90 ID:ioptvOxj

>>766
ん?上半身だけじゃないぞ、後ろから引っ張られてびくともしないぐらい
踏ん張ってないといけない


789:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:02:36.27 ID:U6tJbiyq

>>773
やってみるとわかるけど、あの軽い矢でも反動結構来るもんね
物理学理解の良い経験になってる


791<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:03:07.54 ID:MruK9QVw

>>773
ですよね、写真のオッチャンは腕力だけの感じですね。
モンゴルっぽく騎馬用の弓なのでしょうかね?
じゃあ馬もくっつけないといけないけど、韓国式は弓はモンゴル式、雰囲気は日本式のまじぇまじぇ弓道になるのでしょうかね?


808:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:05:41.87 ID:ioptvOxj

>>791
いや、馬の上からうつんだから、和弓と同じように脚の筋力ないと駄目なはずなんだが
逆に、鍛えてない上の役職の人が弓が上手いわけないだろうと


779<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:00:12.28 ID:+S3vTus1

ていうか、有名な武将の名前で期待したのは、剣や槍や弓の名手を聞いたつもりなんだが

日本では剣豪を聞いたら、一晩使っても出尽くさないだろう


795:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:03:42.20 ID:9DXbz9T3

>>779
てか、武人に限らずあそこは人物が少ない。
いっちゃ悪いが、郷土史レベルの偉人くらいの地名度しかないのが
両班とか文人ですらほとんどだと思うよ。


807:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:05:36.22 ID:9cd8NGXN

>>779
韓国では、文献に一度でも剣を使ったと書かれていたら剣の達人になり、
弓を使ったという記録があれば弓の、槍を使ったという記録があれば槍
の達人に脳内変換されますw
更に、軍で軍功があったという記録(捕虜に寛容だった)が文献にあっただけで
「侍の起源」とでっちあげられた新羅の金?信というオカマもいますw


804<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:05:07.68 ID:anYsi884

>朝鮮王朝第22代国王の正祖は、50本の矢を放つと49本を
命中させるほどの弓の名手だった。「50本全て命中させたという記録はない。49本命中させると、
最後の矢は空中に放ったり、草むらに射込んだりした。完全な境地に至ると、次はそれ以上できな
くなるため、わざと矢を外したということだ

キム正日のゴルフと同じか?


823:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:10:36.95 ID:c4Oc0cx0

>>804
立射で短弓で近距離の的を射っていたなら、鍛錬する暇さえあればそれぐらいできるでしょう
後ろにいる王にとっては、実戦ではまったく役に立たない、ただの遊びだからね


815擬古武装親衛隊中尉 ◆WSS4/2DkyM :2012/04/01(日) 20:07:53.38 ID:Acb3kqjd

  ,,,_,,--、
 ヽ==(w)i' 
  (,, ゚д゚) <ところで韓国には養由基みたいな化物逸話を持つ弓の達人っているの?
  (|<W>j)   
  ,i=@=i
  /ノ;;|;;i'
  V∪∪


827<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:11:15.63 ID:uqohOePg

>>815
居ません。
っつーか、短弓ですから精度自体はあんまり・・・。


836擬古武装親衛隊中尉 ◆WSS4/2DkyM :2012/04/01(日) 20:13:05.41 ID:Acb3kqjd

>>827
  ,,,_,,--、
 ヽ==(w)i' 
  (,, ゚д゚) <鎧七枚重ねをぶち抜いった点だからどんだけすごかったんだろうね
  (|<W>j)   養由基
  ,i=@=i
  /ノ;;|;;i'
  V∪∪


846:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:14:29.00 ID:uqohOePg

>>836
革製でも難しいからなぁ・・・。


851<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:15:24.04 ID:9cd8NGXN

腕力よりもそもそもどんな弓を使ったらそんな事が出来るのかと。


863:擬古武装親衛隊中尉 ◆WSS4/2DkyM :2012/04/01(日) 20:17:06.57 ID:Acb3kqjd

>>851
  ,,,_,,--、
 ヽ==(w)i' 
  (,, ゚д゚) <さぁ?他にも蜻蛉の羽を射ぬいたことがあるらしいし
  (|<W>j)   
  ,i=@=i
  /ノ;;|;;i'
  V∪∪


820璃 ◆laZuLi/Jn2 :2012/04/01(日) 20:09:49.91 ID:8Tb+yvpX

>「弓を引く瞬間は的だけが見える。緊張の中で見詰める的は、ある瞬間、なんとしても到達すべき
>深い願いの化身になる。過去に対する後悔もなく、未来に対する不安もない時間」

弓道漫画でも読んだんでしょうか?


833:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:12:18.51 ID:Kd+9YnJQ

>>820
まぁオイリン・ヘンゲルの師匠にゃ足元にも及ばない境地なわけで

どうしたって当たるから、最後は弓を投げるつう
わけわからん宗教になっちまったいo(≧∀≦)o


830<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:11:46.85 ID:8YYWDbte

まじめな話。
兵器としての威力や射程距離は和弓と比べるとアレかも知れんが、
森林での取り回しのしやすさや速射性を考えると、朝鮮の短弓は
生活に即した悪くないものだと思う。

ただし、この事を韓国人共が素直に受け入れられたらの話だが



835<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:13:03.95 ID:B6rVerVS

朝鮮に森林なんかありましたっけ?


850璃 ◆laZuLi/Jn2 :2012/04/01(日) 20:15:17.52 ID:8Tb+yvpX

>>835
現生朝鮮人のルーツはシベリアですから。


837<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:13:09.54 ID:ioptvOxj

それもどうだろうか、森林がすくない、食物もない
そんな土地だと罠系が発達しそうな気がするが


853:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:15:41.67 ID:UWHvDasn

>>837
その辺ベトナムがすごかったって言うけどどうなんだろう


6<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:39:00.02 ID:ioptvOxj

そもそも鉄製造文化ってあったのかよ?


37ぱぱ ◆BWv2julAoY0T :2012/04/01(日) 20:45:26.31 ID:uyeoCJpC

>>6
たたら鋳造とか朝鮮半島から流れて来たって説も嘘だったからなーw

たたら製鉄には十数トンの木材が必要なんだけど、韓国・北朝鮮は寒冷な土地。
そのため、木を切るとナカナカ生えてこない(植林なんてしない民族)。

そんな土地で蹈鞴製鉄なんて発展も発生もしない。

事実、韓国には蹈鞴製鉄の痕もないのに、ソウルのどこかの博物館は日本の
復元物を”完全に複製”した展示物を展示してる。


47 ◆65537KeAAA :2012/04/01(日) 20:46:49.81 ID:B7oCbKu5

そもそも韓国で製鉄所の跡地が出てきてないもんな
「機密情報だから完全に破壊して痕跡をなくした」とかって言ってたけど


58:ぱぱ ◆BWv2julAoY0T :2012/04/01(日) 20:48:25.46 ID:uyeoCJpC

>>47
うんうんw

大体、出て来たっていう炉の跡すら公開できないし、実際に朝鮮で鉄が造られていたって
確認出来たの、全て8世紀だしね。


21つるぺた属性 ◆d2sFXgbEPw :2012/04/01(日) 20:42:05.91 ID:GisNP2Lz

>>1
>そしてついに手が弓の弦から離れ、
>2秒後には、的に当たる「タン」という音が響く。

どんだけ遠くなんだ…


28:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:43:34.74 ID:ioptvOxj

>>21
的に当てたとは言ってないよなw


35 ◆65537KeAAA :2012/04/01(日) 20:45:11.39 ID:B7oCbKu5

>>21
韓国の弓は最大射程が1kmもあるんだもん

>韓国の弓づるの長さ(120センチメートル)が英国の長弓(180メートル)、
>日本弓(2メートル)に比べては短いが、射程距離は2、3倍長い最大1キロ
>メートルまで飛ぶ
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2012013005368


114:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 20:56:02.24 ID:NYgEGgMv

>>21
計算してみた
的までの距離L
矢の速さ80m/s(コンパウンドボウ使用、空気抵抗で、減速しない)
音速340m/s(的に当たった音が射者に届く事)
L/80+L/340=2s
L=約130m


491<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 21:52:22.59 ID:1zSskjKC

ってか日本の弓道、弓の構造自体独特なんだよね。大陸系の弓は木材、獣皮、
様々な複合素材で作られてる。それに対して日本の弓は木、竹が主材料で
それで強力な弓は作れなかったんで他国の弓と違って大きい弓が出来た。
リリースの時反転するのは日本の弓独特なんだが。朝鮮半島の弓ってやっぱ
大陸系でないのか?


514:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 21:56:19.71 ID:NYgEGgMv

>>491
弓胎弓とか、大きいから矢の長さ、引けると思う。
小さかったら、固くて引けないよ


862<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 22:41:23.91 ID:/qRndI+P

>>491
日本の弓も膠で張り付けるという、動物由来の物資が使われていたりしますよ!


703<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 22:20:44.15 ID:CB/XfVU+

合板弓はモンゴルとかの遊牧民族が圧倒的に進んでたんじゃないの?
日本の場合は合板技術が弱くて威力出すために大型化したのは間違いじゃ無いけど
朝鮮に優れた合板技術が有ったとは思えない


728:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 22:23:48.38 ID:MWVW36yA

>>703
>日本の場合は合板技術が弱くて

おいおい、日本の弓も合板だよ。


740:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 22:25:29.63 ID:Wj3qgKOo

>>703
和弓も素材こそ違うが、木材を竹で包み込むように張り合わせて
漆で強化してるから分類上では合成弓だぞ。
強度と威力の観点から弓を大きくしてるのはその通りだが。
和弓が竹使ってるのは技術じゃなくて気候や湿気の問題から


925:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 22:50:24.06 ID:/qRndI+P

>>703
木材、竹を膠で張り合わせ、しかも藤蔓を撒いて強化した弓とかは何弓に分類されるのでしょうね?
人によってまちまちなので、よくわからないです


727<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 22:23:48.18 ID:unloTcp4

動物の骨や腱を使用したモンゴルやトルコタイプの弓は多湿な朝鮮では割れる。 
日本は多湿な風土に合うように竹を利用した伏竹様式でコンポジットボウを作った。 


786<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 22:32:25.62 ID:MWVW36yA

>>727 
>多湿な朝鮮では割れる 

そういう多湿な場所にきても沐浴の習慣が根付かず、三面海でも泳げず、 
北方原野の風習から脱せない石頭の民族 

弓も土地に合わせて改造すべきなのに、モンゴル弓の形から脱することができず、 
骨や筋を入れた複合弓ではもたないので、ただの小さな木の弓、すなわち玩具になってしまった。 

朝鮮人は、とにかく頭が固い。だから、新しい発想が生まれてこない。 


716<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 22:22:20.87 ID:S7ju555A

弓で1km飛んでも狙った所に当たるの?
面を制圧する発想なら役に立つかもしれないけど


735春風駘蕩 ◆NetoUyoWhY :2012/04/01(日) 22:24:43.30 ID:IoqI6qFa

>>716
一キロも飛ぶような弓矢があったら
ロードス島でベルドが槍に串刺しになるような状況になるだろうなあw
それくらい大きい矢じゃないと飛ばないだろうし


915<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 22:48:22.00 ID:ibBEXbYc

弓って室町時代にはとっくにあったろ 


918氷水のプロ ◆.rmQHiMIZU :2012/04/01(日) 22:48:51.54 ID:1SZDCQu1

>>915
日本神話から普通に出てきます


943:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/04/01(日) 22:52:39.28 ID:Wj3qgKOo

>>918
和弓の原型(?)かはわからないけど
「倭人は身の丈ほどもある弓を使う」という記述は
古代中国の文献に出てきますし、そもそも弓自体縄文時代から使ってましたし




このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事