1:有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★:2012/06/25(月) 00:56:12.56 ID:???0

テレビやラジオの番組を「文化的資産」として国立国会図書館で収集・保存しようと国会議員が動き始め、これに放送局側が反発している。
表向きの反発理由は「権利処理が複雑」だが、「番組の事後検閲につながる」と懸念の声も。
ただ、放送済み番組は内容が問題視されても一般の視聴者が確認できない現状があり、「番組保存」をめぐる議論は深める余地がありそうだ。(織田淳嗣)

保存の動きは今年2月、長尾真・前国会図書館長(75)=平成19~23年度在任、元京都大総長=と、参院の図書館運営小委員長、藤本祐司議員(民主)らが保存の必要性について話し合ったのがきっかけ。5月10日には衆参両院の議院運営委員会の理事による検討会が行われ、今国会での国会図書館法改正を目指すことで合意した。

5月31日、放送局に説明会を行ったところ、局側はこれに反発。NHKの松本正之会長は6月7日、「番組の保存、利用には権利保護の問題など多くの課題がある。広く意見を聞き時間をかけて検討してほしい」と述べ、民放連も同日、慎重な対応を求める意見書を国会図書館に提出した。

検討中の新制度では、番組は国会図書館が一括して録画・録音し、保存。利用は館内視聴に限定し、コピーは認めない。
対象は在京地上波テレビ7局、衛星テレビ7局、首都圏で受信可能なAM・FMラジオで、CMも対象となる。

藤本議員は「放送局の判断で保存されなかったものが、後で文化的価値を評価されるものもある。散逸を防ぎたい」と説明。
反発は予想外で、今後、関係者の意見聴取を検討している。

一方、民放関係者は「公権力による事後検閲につながり、免許事業である放送が圧力を受ける恐れがある」と懸念を示す。
また「もともと放送は(録画・録音で)固定されることを前提にしていない。ニュースを扱っていても新聞などとは違う」と主張する。(>>2
>>3
へ続く)

産経新聞 2012.6.24 23:33
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120624/ent12062423360014-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120624/ent12062423360014-n2.htm


http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1340553372/
2有明省吾ρ ★:2012/06/25(月) 00:56:22.47 ID:???0

>>1(の続き)

ただ、こうした放送局側の姿勢が、“問題番組”を放送後にチェックできず、局が提供するアーカイブスにも登録されないという現状を招いている。
第三者機関のBPO(放送倫理・番組向上機構)に提出された番組も、公開は「BPOの権限外」とされ、視聴者が目にすることはできない。

上智大新聞学科の田島泰彦教授(メディア法)は「放送局側の都合が悪い事案を局から提供してもらうのは不可能に近い。
公共の電波を使った番組の記録・保存はいろいろなレベルで考えるべきだ」として、保存構想に一定の理解を示す。
一方、「法的に義務づけることが公権力の圧力・介入の手段になる危惧は理解できる。十分な議論が必要だ」と話している。

産経新聞 2012.6.24 23:33
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120624/ent12062423360014-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120624/ent12062423360014-n2.htm


650:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 07:26:55.33 ID:Qp76Jv9z0

>>1
>>2

余程、無責任な事を垂れ流してるらしいww

抵抗する局は、放送免許剥奪しろ


682:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 07:42:49.76 ID:Qp76Jv9z0

>>1
>>2

残せない番組作ってる自覚が、た~っぷり有るんだろうねえw

「え?これ、ヤバっ…反対ニダ!」


3名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 00:57:03.76 ID:1kw3gxLk0

じゃあ電波返せよ


75:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:16:26.75 ID:ofwHFGNQ0

>>3
正論


803:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 09:20:29.65 ID:I3/Dn31Z0

>>3
携帯電話並みの使用料で換算するべきだよなw


4:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 00:57:37.82 ID:CbuDUhN80

自分勝手な子供のような理屈だ


12名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:00:28.14 ID:1yAEqaee0

保存されると何か困る事があるのかな


739:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 08:14:58.43 ID:IKeG4GEy0

>>12
異常な韓流押しがバレる。


22:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:02:18.80 ID:KeWKqIt/0

事後検閲?
なにをいってるんだこいつらw


27:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:03:02.10 ID:be0vtChA0

検閲って言葉を辞書でまずひけ
あ、産経には辞書なんて置いてないか


30:ライムグリーン ◆y.1JhR.0Dc :2012/06/25(月) 01:03:15.89 ID:nZVFPPJ+0

テレビ局が公共の電波を利用する以上、その著作権は公共、つまり国に属するとすればよろしい。
それが嫌なら自分で動画サイト立ち上げて、自分で動画公開すればいいだけ。
出版社や新聞社と、テレビ局を隔てる壁が無くなったことに気づかないテレビ人が多いことに呆れる。
経営不振の出版社が潰れるように、テレビ局もあっさり潰れる時代なんだよ。
ほんとにテレビ人は頭悪いな。


31:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:03:23.01 ID:VPl5DMxd0

あああ、捏造が保存されちゃうのはマズイのだろうなwwwwww


38:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:05:57.09 ID:OezepnqC0

>「もともと放送は(録画・録音で)固定されることを前提にしていない。ニュースを扱っていても新聞などとは違う」

何好き勝手言ってるんだよ。「明らかな世論誘導」は放送法違反なんだから、仕方ないだろうが。
て~はみんぽう


39:耳を傾けて ◆MoQpLp7QS. :2012/06/25(月) 01:06:06.87 ID:jZmhfyVE0

   既に、生放送だけだったり、ビデオテープが高くて放送局が使い回ししていた
   時代の散逸した番組を何とか収集することに予算を使えばいいとは思うが、
   NHKがやっていたりする。事業が、特殊法人のNHKとかぶらないか、国立
   国会図書館がすべき事業なのか、それこそ国会で審議。


45:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:09:02.20 ID:gGg5BJ7S0

当たり前の動きだな。「消すと増えます」をダウンロード違法罰則付きで潰して黒歴史を隠蔽しようとしたのに、
国に録画されて誰でも閲覧されるようになったら意味が無い。
ずっとアップされてきたウィラー村瀬による違法な観光バス会社いじめドキュメンタリーも、
ゴールデンウィークのツアーバスの事故の後情報が拡散されたらまたたくまに削除されまくったし。
河本が大金稼いで仕送りしながら親には生活保護受けさせてたってのも、
河本がバラエティで自分の金遣いベラベラ喋ってたからこれだけ騒ぎになった。
異常な編集でめちゃくちゃな番組作って、後から検証されたら困るのは放送業界だ。
それを、事後検閲とかわけのわからない公権力の行使とすりかえて国民と共に叩こうって魂胆だから開いた口が塞がらない。


61名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:13:15.90 ID:cCI5GH280

放送した番組の責任ぐらいきちんと持てよ。


71:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:15:29.43 ID:IjyqbsDZ0

>>61
彼らは特権階級だと思ってるから…(´・ω・`)


62:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:13:29.46 ID:uhYep/nJ0

これは意味が分からない、新聞は全て保管されている
あとから振り返られて困るような報道や放映をするという方がおかしい
ましてや地上波は許認可権という新聞より高い公共性があるわけで


120:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:27:40.37 ID:iJJ7JRAd0

> 「もともと放送は(録画・録音で)固定されることを前提にしていない。ニュースを扱っていても新聞などとは違う」と主張する。

こういう考えだから垂れ流しでいい加減な内容の報道も出来ちゃうんだろうな
やはり事後のチェック機関なりが必要だろう


131:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:31:56.78 ID:4jKmwmeQ0

責任は追及するけど責任を負うのは大嫌いだもんなあ放送業界って
あいつら大権力持ってんだからある程度のブレーキというか脅しは必要だろ
今やりたい放題じゃん


137:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:33:37.54 ID:/np0UJnm0

事後検閲の何がダメなんだ?
検証されつを不味いことでもあるのか?


146:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:35:16.19 ID:9J5LJeoN0

>>1
>「公権力による事後検閲につながり、免許事業である放送が圧力を受ける恐れがある」

いや、「事後検閲」するのは国民だ
お前らマスゴミが他国のプロパガンダをいかに垂れ流してきたかを証明し、きっちりと責任を取らせるためにな

国民の財産である公共の電波を他国のために利用し世論誘導を行った罪は極めて重い
証拠を消して逃げようとせず、責任を取れ


167:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 01:39:39.93 ID:dmOnnuf50

驚いたw
放送のみが保存されると公権力による圧力を受けるけれど
出版物は全保存されていても問題ないと言うのか
どこまでも腐ってるな

保存されると困るんだな
自覚はあったのか
国会図書館が保存していなくても、劇団員雇ったインタビューとか
キャプ画でしっかり拡散しちゃうし、どうせ逃げられないんだけどな

真面目に未来への資産として保存すべきだ
政治家のブーメランっぷりとか、エンタメとして笑える時代が来るといいな


240:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:02:01.82 ID:7yL4c5FU0

自信をもって番組作ってるなら堂々としてればいいだけ。
ドサクサに紛れて適当に作ってるって事なんだろ。
事後の検閲なんか無意味だろうに。
批判を恐れているのだとしたら言論の自由を履き違えている。


245:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:03:21.76 ID:DDFmDL7J0

>番組の事後検閲につながる
>番組の保存、利用には権利保護の問題など多くの課題がある。

書籍だった同じ事だろ。
特に雑誌なんて権利の寄せ集め。


264名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:09:58.61 ID:0ulxLOcf0

そうかこれ新聞社も出版社も騒いだほうがいい問題なのね?


270:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:11:56.41 ID:vAZWCzx/0

>>264
新聞社や出版社は自分たちの出版物が国立国会図書館に
ほとんどすべて保存されてるけど一度も文句言ってないよ
国会図書館ってマンガも読めるんだぜw


282名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:16:39.49 ID:0ulxLOcf0

毎日気になってしょうがない、偏向報道、世論誘導、印象操作と
報道の自由は全然違うものなんだけどな。


290:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:18:42.87 ID:TWMFNZWk0

>>282
横並びでこぞって特定の物を報道しない行為は言論弾圧と一緒だからね
報道の自由=言論弾圧=ご都合主義


311名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:32:03.80 ID:QHqPZTK00

すでに放送された物を検閲するとか意味がわからん。


319:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:37:53.46 ID:fvivMlMw0

>>311
要するに、嘘を報道してるんだよ。
しかもワザと。
録画して検証されたらそれがバレるうえに証拠にもなるんだと思う。
見てると時々自己矛盾したことを平気で言ってミスリードするキャスター居るよ?


332:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:46:27.26 ID:9V1G+X5L0

>>1
>番組の事後検閲につながる

何か問題でも?

>公権力による事後検閲につながり、
>免許事業である放送が圧力を受ける恐れがある

公権力が適正である限り、「検閲」ではなく「監督」あるいは「検証」であり
また、「圧力」ではなく「指導」あるいは「全うに責務を果たす要求」とでも言うべき

そもそも、その公権力から authorize されたことによってのみ
その存在が正当化されている立場でありながら
その公正さに疑義の可能性を仮定すること自体 nonsense


342名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:52:19.57 ID:5aGnqzof0

事後検閲にあたるとか、そんなの後付の理由じゃないの?

国会図書館に番組保存されたら、
それをダウンロード課金しようと思ってた商売があがったりになるから
反対してるんじゃないの??


347:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 02:54:18.01 ID:DDFmDL7J0

>>342
館内視聴限定なので、それはない。


441名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 04:10:16.99 ID:u4mqyV060

こいつらに放送事業とネットの連携など絶対無理、昭和で時間が止まっている
中の人たちの頭の固い連中をさっさと駆逐しないと
日本のメディアは、マジで世界から取り残されるぞ
放送業界には、若い世代のクーデター的な刷新ができる人材はいないかなぁ


443:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 04:11:33.63 ID:Uw1rNTPai

>>441
いないよ。そういう人を追い出してるから。


445:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 04:12:35.25 ID:3L7jayfE0

>>441
今のメジャー新聞社や、民放キー局を刷新するのは「不可能」だ。

方法は、「多局化」 しかありえない。
新規参入をしやすくするんだよ。 行政の手で。


524:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 05:24:12.70 ID:aSkssjMc0

事後と検閲ってなんぞwwwww
意味が真反対じゃないかwwwww


853:名無しさん@13周年:2012/06/25(月) 10:04:22.62 ID:gX4TyyT/0

>「公権力による事後検閲につながり、免許事業である放送が圧力を受ける恐れがある」と懸念を示す。

恐れはない。
元々免許事業だから、「事後検閲」されずとも圧力を受けるおそれはある。
さらに、思想の自由市場に公開された物へのアクセスは「検閲」とは言わない。




このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事