1:帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/09/17(火) 11:09:23.28 ID:???

9月5日午後(日本時間同日夜)、ロシア・サンクトペテルブルクでの20カ国・地域(G20)首脳会議に先立ち、安倍晋三首相が中国の習近平国家主席と握手をした。両首脳があいさつレベルとはいえ、直接会話したのは初めてだ。

日本側は「短時間だが、両首脳の就任後、直接言葉を交わした意義は大きい」とし、また中国側も「中日関係が直面する困難な状況は中国も望まない」と、決着に向けて動き出すことへの期待をにじませた。中国のメディアも「(中国の)大国の余裕を見せた」という評価を加えながらも、「大変礼儀のあるもので、かつリラックスしたものだった」と、前向きな報道を繰り返した。

他方、全世界の華人向けに放送する鳳凰衛星テレビが行ったアンケート調査によれば、「この握手が今後の日中関係に影響をもたらすか」という問いに対して、「ない」との回答が87%にも上ったという。両首脳の握手ごときでは関係の修復などあり得ないということなのか。なぜそれほど否定的な見方なのだろうか。

筆者は9月8日、上海出身の女性経営者と買い物に出かけた。彼女のお目当ての品は、1着2500元(約4万円)もする日本ブランドの下着だった。「非常によく設計されている」と絶賛し、惜しみなく大枚を叩く。

だが、売り場で彼女を驚かせたのは、「当店はこの秋に閉店します」という店員の一言だった。そのブランドは中国から全面撤退するという。「こんなによく売れているのに撤退するなんて、私も信じられないんです」と、店員も驚きを隠さない。

あの反日暴動から、ちょうど1年。上海の街中では、下着に限らず日本ブランドが間違いなく復活している。地下鉄の中で日本語を話しても、突き刺さるような視線はなくなった。日本料理店にも中国人客が戻ってきている。夏休みを終えた中国への帰国便は、中国人旅行者で満員だった。民間の経済活動だけ見ると、2012年9月以前に戻ったかのようにも見える。

筆者とその女性経営者は、ショッピングの後、喫茶店に向かった。その日は何人かの中国人の中小企業経営者と合流することになっていた。我々が着席すると、すぐに例の日本ブランドの撤退に話が及んだ。「その日本企業は、もしかして資金凍結を恐れたのでは?」 1人の中国人男性がそう指摘すると、周囲がそれに同意した。

彼らに共通するのは「数年のうちに戦争があるだろう」という見方だった。そういえば、ここ数日、どの業界も低迷している中で、軍需関連の株価だけは上昇している。日本に「尖閣諸島を舞台とする戦争をそろそろ仕掛けるのでは」という予測買いが進行している、と見ることもできる。

万が一、中国が日本に戦争を仕掛けるとしたら、その理由は他でもない。政権に対する庶民の不満をかわすためである。日本との間で一戦を交えないでは済まされないほど、国内は病んでいるのだ。

浙江省出身の経営者はこう言う。

「そもそも、戦後68年の歴史の中で日本と中国が一度も戦争をしなかったことの方が不自然ではないか。ケンカしたことのない夫婦なんてあり得ないのと一緒だ。だから、一度(戦争を)はやってみてもいいと思う。ただし、釣魚島での局地戦を前提に、だ」

黒竜江省出身の若手経営者が続ける。

「互いに艦船を2つずつぐらい壊して、それで終結にすればいいじゃないか。互いに戦費が持続しないから長期戦はあり得ない。婚礼と同じさ。3日間かけて大々的にやるけれど、それ以上だとカネが持たない。パッとやってサッと引く。これがポイントなんじゃないかな」

「演技よ、演技。互いに面子を保つための演技をすればいいじゃない。戦ったけど勝負はつきませんでした、という結果を国民に示して、半永久的に棚上げの講和条約を結べばいいんじゃない?」と、女性経営者も開戦論に同意する。

彼らの唱える“戦争論”はどこか「ゲーム感覚」で、筆者の耳にはあまりにもお気楽すぎるように聞こえた。我々日本人とは異なり、戦火を交えることへの躊躇など、微塵も感じさせない。

筆者は「もし中国が負けたら、どうなるの」と無邪気なふりをして尋ねてみた。すると、その場の空気は一転して重いものになった。その空気から察するに、「負ける」というシナリオは十分に考えられる事態のようだ。浙江省出身の経営者はすかさずこう続けた。

「確かに、負けるかもしれない。このまま戦争をしたら日清戦争の繰り返しが起こるはず」

(続く)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38655
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38655?page=2


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1379383763/
2帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★:2013/09/17(火) 11:09:56.27 ID:???

>>1の続き

日清戦争(1894~95年)の敗因は、他でもない清朝の腐敗にあった。当時、戦雲がたれこめているにもかかわらず、国の予算は西太后の隠居後の住まいの建設に向けられた。装甲艦など戦いに必要な軍備には資金を回さず、数千万両の白銀がこの建設に流出したと言われている。現政権においても、官僚の堕落と腐敗が敗戦をもたらす、というのだ。

黒竜江省出身の経営者が「こんな笑い話がある」と切り出した。

「数年前、軍用ジープ8台が北京を出発して広東省に向かったところ、途中で7台が破損した。無事現地にたどり着いたのはたったの1台。その原因をたどると、やっぱり汚職だった」

つまり、軍用ジープのメーカーは、人民解放軍から発注をもらうために軍の担当者にリベートを渡す。リベートの費用を確保するためには、生産コストを削らなければならない。結果的に、造られるのは粗悪な品質のジープばかり、というわけである。

汚職まみれの政権で、十分な戦費を捻出できるのか。むしろ、戦争は官僚の懐をますます肥えさせることになるかもしれない。その一方で、遺族への償いが十分に果たされなければ、激しい民主化運動が勃発し、政権が追い詰められないとも限らない。ちなみに、日清戦争当時、敗戦がもたらした結果は、知識分子による政治改革の動きだった。「軍備を高めることが富国強兵ではない」という認識のもと、清王朝の無能な専制政治を打倒するという立憲運動につながっていった。

話を冒頭の疑問に戻そう。日中両首脳の握手は、今後の日中関係の改善に影響をもたらすのか。世界の華人の9割近くが否定的な見方を持っていることは前述した通りだ。その原因の1つは、恐らく、尖閣諸島をめぐる問題の本質が、中国国内の政権維持の限界に起因していることを見抜いているためではないか。もはや戦争を仕掛けることでしか収まりがつかなくなっているほど、国内は病んでいると実感しているのかもしれない。

しかし“ガス抜き”として戦争を仕掛けたところで、露呈するのはやはり腐敗問題だ。戦争をやっても、やらなくても、共産党政権が崖っぷちにいることは変わりがないのである。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38655?page=3


3:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 11:11:52.24 ID:6nzASdhS

あのさぁ・・・まともな海軍揃えてから大きな口叩けよ
お前ら今の状態で突っ込んできたら間違いなく海の藻屑なんだけど
海自にあっという間に沈められるぞ


5<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 11:13:50.96 ID:VanxqFhL

そう言って前の戦争でも逃げ回ってたんだろうなこいつら


10:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 11:16:12.96 ID:WBpxDcpI

北京が尖閣を朕のものアル!と言い出したのは、資源が見つかった40年ほど前のことでしたね。


18:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 11:25:07.30 ID:rVVlNGD0

いやいや必要なのは中国内戦でしょう


19:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 11:26:44.38 ID:7ttM00a1

長いだけで、読む気もせんな。
支那が戦闘で敗れて国内が動揺しだしたら、台湾が独立宣言するだろうよ。なぜここに目が行かないのかそれが不思議だ。


23<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 11:31:08.36 ID:leaNaUBA

日本と支那が戦争したのって
・太閤秀吉による日明戦争
・日清戦争
の2回だけだろ
※元寇は朝鮮寇が正しいです


43:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 11:50:42.02 ID:C2pUBcvO

関係改善にしたいのかな?焦り?要わからんな、、中華の民の考える事は、、
別に関係悪くても良いんだけどな、尖閣は日本の領土でそれを認めるなら棚上げに
応じても良いが分からないのかな?中華は、、とっとと潰れろ中国!


49:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 11:58:16.51 ID:PuUKiDNn

尖閣限定戦争とか甘い事言ってるねw
香港以外火の海にしてやればいいよ
ステルスミサイルの雨を降らしてやれ!!


60<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:20:08.37 ID:fYu9b9RC

>彼らの唱える“戦争論”はどこか「ゲーム感覚」で、筆者の耳にはあまりにもお気楽すぎるように聞こえた。
実際火遊びの相手としては日本は最適だろ
負けたって大陸本土まで反撃しないだろうから損失は賭け金の分だけで済むし。
アメリカ相手だったら賭け金だけじゃ済まずに全財産失う覚悟居るけど
日本相手ならそんな心配全くないしw


69:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:27:42.74 ID:5DOUlGyv

>>60
米国債は米国及びその同盟国に攻撃を加えた場合、無効化されるという特記事項で契約している
アメリカの出方次第だが、火遊びで済まなくなる可能性が高い


82:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:34:12.43 ID:aPC4hMou

>>60
日本相手に負けたら、国内の不満分子が爆発するよ。「現政権が無能だから負けたアル」って。
そうなったら、クーデター一直線で、清崩壊跡の軍閥乱立の「この道はいつか来た道」だ。


162:せいしょっ! 【東電 79.9 %】 :2013/09/17(火) 14:36:24.71 ID:esxZt7xP

>>60
戦乱に乗じてのクーデター勃発もあり得るけれど、鎮圧持に兵はどのくらい割くことができる?


63:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:23:00.44 ID:cE/CZjG5

棚上げ講和とか、勝つ気でいるのか?
負けて、戦後得たものを何もかも失うんだよ。


64<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:23:25.40 ID:pqk/Nn9H

敵に馬乗りになったとして、自分が持っているレンガを敵の顔面に振り下ろせるかどうか。
中国人は躊躇なくそれができるが、日本人にはちょっと難しいだろうな。
だから中国には勝てないよ。
軍備が優れてるとか劣ってるとか、軍人の質がどうとかあんまり関係ない。
すべては性格で決まる。


67:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:26:42.09 ID:jqAocggr

>>64
家族考えたら 余裕だけどだめなのか?ww


76:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:31:18.49 ID:jqAocggr

>>64
守るべき者のためなら 悪魔にでもだよww


73:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:29:52.83 ID:xlCi6Dcz

向こうは日本を中華文化圏の端くれと勘違いしてるからこういう話が出てくるんだろうな
もしその通りに茶番とやらが出来ると思い込み進めたら何処かでその齟齬が決定的な破局を呼ぶんじゃないだろうか


79:!ninja:2013/09/17(火) 12:33:06.53 ID:HcCbZJ6+

一度始まったら米露が介入して強引に停戦か世界大戦かのどちらかだろうな…


87:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:40:31.89 ID:b+2EH6cB

帝国陸海軍の伝統を受け継いだ精錬された自衛隊の強さを思い知らされたいようだな・・支那蓄


89<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:41:14.63 ID:n1csybTo

局地戦なら中国に勝ち目はない
まぁ強襲上陸されたら面倒になるがね
万が一にでも日本本土の基地にミサイル攻撃をしようものなら、すぐさま米国が出動するのでどのみち勝ち目がない

そして中国は局地戦だろうが負けたら即政府の終わりを意味していて、そんなリスキーなことは絶対にできない
軍部が暴走してくれたら逆にラッキーと考えるべき


91:風老児 ◆ZPG/GcTAlw :2013/09/17(火) 12:44:17.72 ID:mAKvnIge

口先ばかり威勢のいいことを抜かしてないで、魚釣島を奪取してみろや
そんな勇気もないくせに、たわけたことばかりほざいておるよw


94:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:48:51.31 ID:F90sr3rA

沖縄の米軍が居なくなれば驚異になるけど


96:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:51:57.05 ID:uzUXjJKi

戦争はじめたらイオングループ以外は撤退して20年は中国にこないぞ


98<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 12:57:32.23 ID:g7/XHt13

道中何があっても、最後は私たち「日本の負け」になるしかない

中華は面子を重んじるから、敗北はないんだよね
敗北するなら核兵器が使われる

私たち日本は戦犯民族で、世界の支持は得られないし、
敵国条項に基づいて叱責する「懲罰戦争」を主張されるとアメリカも手を出せない

つまり私たちが勝つシナリオは、事実用存在しないんだよね
なのにアベ政権は、右傾化を促進して、軍拡、ミサイルで、
必死に戦争準備に明け暮れている

この軍事力は、中華ではなく、他のアジア諸国への威嚇に使う以外に
実質的な用途がないんだよね、あとあるとすれば、私たち日本国内の良心派の粛清

アジアと世界が、厳しい対日強硬姿勢を見せるのはそのためなんだよね


102<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 13:06:04.94 ID:WBpxDcpI

>>98
ベトナムに懲罰アル!って攻め込んで、撃退されてるじゃんw
でも、面子があるから勝ったことにしてんだよなw


105<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 13:19:15.05 ID:oYXBzghu

>>98
アメリカは参戦するよ
核を使わなければ日米軍は海上封鎖と島嶼占領ぐらいですますだろう
核を使ったらどんな犠牲を払おうと地上部隊を派遣し中国を解体する
チベット、ウィグル、南方少数民族の独立
残部中国はいくつかに分割した上で
平和憲法と反日反米教育の禁止、そして民主化をすすめる
まぁ戦争に負けたほうが中国人は幸せかもな


122:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 14:08:09.81 ID:8z0KU7Bs

>>98
糞弱い中華が強いだって?


106:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 13:19:25.06 ID:85ml/0er

>尖閣限定戦争だ

プッ‥
散々調子こいて 怖いのか?w

ヘタレ


112:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 13:35:01.22 ID:GxmWzUiQ

中国人は徒党を組んで力数で押してこれたからな。昔は
今はどうかな。若者を積極的に戦地に出したがらないんじゃないのか


116:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 13:44:10.71 ID:BD/qXiFe

限定で終わると思ってるのか
悪魔の帝国と悪魔の民族が破滅するまで終わらんよ
邪悪な中国人は一匹残らず滅ぼすべき


139:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 14:22:50.69 ID:q/rbHtAx

勝敗はアメリカが参戦するかで決まるからな
あいつらが中国側に付くことは有り得ないけど。


175:ココ電球 _/ o-ν ◆48ACGZqyfmIT :2013/09/17(火) 14:48:55.58 ID:wssa9YTF

中国人は正しい歴史を知らない。

日中戦争で中国が日本に長期間抵抗できたのは インド経由での欧米からの補給があった為なんだけど(援蒋ルート)
今は欧米もインドも中国の敵である。
中国の歴史ではこの海外からの支援の事実を一切消し去って、中国独力で勝利したと書いているのだろう。
こんなのは一例だが、歴史をゆがめた結果、中国人は正しい判断ができなくなっている。

中国が制海権を失えば、軍も国民も飢える。
日本は海上封鎖して待っていればいい。 そのうち内乱で新政府が立ち、和解を申し入れてくるだろう。
日本が制海権を失うことはない。 アメリカの海上戦力は中国の20倍である。


180:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 14:52:48.82 ID:02Dtrty7

棚上げ先送りなんか誰がするかアホ
、今より悪い状況にして次世代に託すって事だろ


181:ココ電球 _/ o-ν ◆48ACGZqyfmIT :2013/09/17(火) 14:53:34.02 ID:wssa9YTF

書き忘れたが、中国は食料と石油と鉄の純輸入国なので 海上封鎖されたら産業も軍も生活も全て止まる。
だから戦争になったら自衛隊は海上封鎖と輸送船の撃沈が目標になる。


191:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 15:04:58.74 ID:SAUUkNCW

戦争をして目指すところが棚上げ、という辺りに、
本音が出ているなあ。

国際法的に正当性が微塵もないのを知ってるんでしょ?実はw


200<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 15:14:27.92 ID:6vPJrcij

支那人がかなりマジで戦争を望む理由は、それが唯一の独裁体制を倒す方法だからだよ。

民主改革派は壊滅状態。独裁体制の敵が国内にはいなくなった。
唯一、日本との戦争に負けることだけが、独裁体制をひっくり返す手段になってしまったんだよ。

支那共産党も日本と戦争すると負けるのがわかっているから、虚勢は張れても実際には
戦争になど踏み切れるわけがなく、人民の戦争願望(格闘技を見物する観客のようなもの)
にプレッシャーを受けて窮地に追い詰められている。

日本にとってのベストシナリオは、5年でも10年でも対峙を続け、その間に国防をしっかり
整える。そして、支那が暴発のかたちで日本に武力行使をしたら、支那の戦力と港湾などの
拠点を瞬殺すること。軍部は割れて体制はあっさり崩壊する。今でも軍閥化しており、
統一国家の軍隊として続かない。もちろん人民は暴動を起こして収まらなくなる。

支那は核以外は丸腰になる。核は米国の核が対抗するから、支那にとって
日本に対する脅しには使えない。


273:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 18:54:58.73 ID:RtDqp+dY

>>200
中国人を独裁体制から助けるためになぜ日本人が巻き込まれなきゃいけないのか
ホントむかつくわ
中国って何か身内のように日本に接するよな、甘えて暴れるとこが家庭内暴力のように見える


204:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 15:25:22.01 ID:08jK0sf+

> 尖閣限定戦争だ

・・・シナが尖閣攻撃を始めると南シナ海にも飛び火して戦火はたちまち拡大する。

 シナが限定戦争などできるわけがない。


206<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 15:26:41.61 ID:eMyYotZe

戦争の勝利条件どうするつもりなんだろ
尖閣とるだけで終わりならまだ良いが、それ以上は核でも打つしかなくなるよな
守るだけでいい日本と条件が違いすぎるわ
。今のご時世、中国と日本だけの戦いで済むわけ無いんだし


275:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/09/17(火) 19:05:53.23 ID:K4DeziWk

Q.68年間戦争をしなかったのはなぜ?
A.中国がいきなり日本領土に領有権を主張したからです




このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事