1:犇@犇φ ★:2013/10/10(木) 05:20:06.70 ID:???

■[社説] わずか5ヵ月で剥落した崇礼門の垂木の丹青

崇礼門の垂木の一部で丹青が剥落して無残な姿を表わした。文化財庁によれば丹青が剥落する現象は今年5~6月から感知され、今までに何と20ヵ所余りで発見されたという。

もちろん丹青は日光・湿度・風など周辺環境により剥落と退色が進むものだ。だが、今年5月4日に5年3ヵ月間の復旧工事を終えて盛大な復旧記念式を執り行ったわずか5ヵ月後だという点で驚くべきだ。崇礼門の丹青工事を担当した洪チャンウォン丹青匠は8日の現場説明会で、「伝統顔料と膠(にかわ)を使ったために起きたものだと思う」と丹青剥落の原因を推定した。検証が完全でない状態で伝統技術を考証して適用する過程で問題が生じたというわけだ。

崇礼門の復元工事は伝統技術を生き返らせて復旧作業を進め、完工当時、国民に伝統文化に対する自負心を抱かせる業績だと評価された。丹青作業も化学物質を使わないで伝統方式を守って作業を進めた。だが、数百年前の技術を生き返らせて現場に適用することが思ったよりも容易ではないということが、今回のことで分かったわけだ。丹青が剥落したのはこのような試行錯誤の一つと見るべきであろう。

問題はこれを正す過程だ。私たちは、崇礼門復旧を比較的円満に終えることができた原動力の一つとして、急ぐことなく落ち着いて事を推進したという点を挙げる。伝統職人と学者・専門家が知恵を集めて多様な調査・研究を経て徹底した考証をしたことで、原型を最大限生かすことができたということだ。

同じように今回の丹青事件も、急いで事を弥縫しようとしては困る。十分な時間をかけて原因を徹底的に究明し、落ち着いて解決策を探すのが正しい。崇礼門復旧当時、「火災という不幸を、韓国伝統文化復元の水準を一段階高める機会とし、禍を転じて福となす契機にした」という評価を受けた。同じように丹青職人らと文化財関係者らは、今回の機会に伝統技術を完全に復元して習得し、韓国の丹青水準を飛躍させる踏み台とすべきだろう。

▽ソース:中央日報(韓国語)(2013.10.10 00:01)
http://joongang.joins.com/article/aid/2013/10/10/12406427.html
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=025&aid=0002291148

▽関連スレ:
【韓国】「国宝」復元は手抜き工事? 崇礼門、完成5カ月で亀裂★3[10/09]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1381312007/
【韓国建築】南大門(崇礼門)、復元方式が伝統技法とは大きく違うことが発覚 にかわも顔料も日本産、残念な現実[10/08]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349652758/
【韓国】崇礼門(南大門)の彩色、わずか5ヵ月で剥落は日本製材料が原因か。「また日本製が問題起こした」と怒りの声 ★2 [10/09]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1381344959/


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1381350006/
2:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:21:11.61 ID:Plj0/hm4

無理だよ
あと数十年以内に滅ぶから


3<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:21:42.93 ID:N90vZik6

韓国人が退化しただけだと


4<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:22:45.25 ID:1+HGL3e6

>十分な時間をかけて原因を徹底的に究明し、落ち着いて解決策を探すのが正しい。

結論は用意されているんだろ・・・日本のせいw


27:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:39:37.82 ID:9svrBQLq

>>4
すでに日本の膠が原因だと言われています


6 ◆65537PNPSA :2013/10/10(木) 05:23:25.07 ID:9IR2dNmy

そもそも韓国に文化財を修復する専門家とか居るの?


7<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:24:02.81 ID:Lt794hDQ

そういうわけで日本に技術を寄こすように外交圧力かけるニダ


10:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:25:46.30 ID:CUsVrm4q

憐れな国だなw


11:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:26:19.00 ID:KSEQ4OQ0

数百年前の「中国の」技術な


13<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:28:55.88 ID:R9fYWRr6

作り直さないんだ

真の匠だったら自腹で財産はたいても作り直すだろ
なにこの出来で満足しちゃってるの


15:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:29:38.90 ID:TUgQeALI

5000年の歴史があんのに何も学んでなかったんだね?


20:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:33:01.21 ID:MBQ7TcM7

燃えたままにしておいたほうが良かったのかも。
それだと、間違えようも無く遺跡の一つだろ。
ヘンに手を加えて糊塗しようとするからいけない。


23<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:33:50.45 ID:RBIwDAXB

ひび割れの原因は、伝統顔料と膠を使ったせいじゃなくて「韓国人」を使ったせいだろ

下手すると、燃えた南大門も中国人の職人を雇って造らせた可能性も有るぞ


30:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:41:23.76 ID:fzELB6+y

ウンコ塗るのを忘れたニダ


31<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:42:11.50 ID:04vd1bil

元の絵
 ↓
復元後

4c8ad308


34:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:44:50.16 ID:1+HGL3e6

>>31
目が大きくなって随分かわいく仕上がってるねww
アニメのキャラクターなら納得

ただそれを「復元」というかどうか、、


78<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 06:40:50.71 ID:+xCmWyDy

>>31
これは復元でも修復でもないよね。
元図と同じなのは竜の向きだけだ。
絵の基本を無視して奥にある脚が手前の脚よりも太い上に、指の開き方が雑過ぎ。
脚の付け根に余計なものを加えちゃってるし、周囲の雲も形も大きさも位置も違う。
バ韓国には絵師がいないのか?
日本ならもっとうまく描ける日本画家が素人も含め数千人はいるでしょ。
何でもパクるの得意なくせに、ちゃんとパクるのは苦手なのか?


221:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 09:27:16.56 ID:wfIC9Ys+

>>31は前の凛々しいやつがそもそも一回修復した時に大幅に絵柄を変えてしまっていたので
その前の最初のバージョンで絵を復元したとかなんとかいうのを見たけど、実際どうなんだろう
前に修復したのは日本だから日本が改ざんしたニダと言ってるだけなのかな

日本に頼るのが嫌なら中国に頼れば良かったのに
中国のが技術的にも近いだろうし


41<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:53:56.37 ID:M2CalCF3

いやいやいやいや、文化財の修復が初めてってわけじゃないだろ・・。
文化財修繕の専門家の培ってきた経験と技術を投入するだけじゃねーか。
塗りくらい「初めての試み」で試行錯誤するなよ・・。
事前に試さずに結果もわからないままやってるなら、何使ったって同じだろ・・


45<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 05:56:34.36 ID:M2CalCF3

修復の仕方もわからずに試行錯誤するくらいなら、日本の専門家からアドバイスくらい受けろよ。
国宝の扱い雑すぎるだろw


48:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 06:00:23.80 ID:1+HGL3e6

>>45
そもそもがホームレスのたまり場で、そのホームレスの一人が火をつけて全焼だから、雑な扱いは今に始まったことではないw


54:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 06:07:41.42 ID:KZ3dTU/m

意外ととかナメてるな
伝統を残すのはもっと難しいぞ


60:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 06:13:27.84 ID:Vu88OnI1

「時間をかけたくせにこんな出来か!」とだけは言われたくなかったとかw


63:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 06:15:48.90 ID:LTU1Uqnd

日本の製品と日本の部品を使った韓国の製品の違いが良く解りますね。


74<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 06:27:34.29 ID:+P2xUuCR

古代人にも負ける現代の韓国人w


75<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 06:30:39.58 ID:ajGpOxTr

>>74
古代人の方が技術上とか普通にあることだから。
そういう前提で謙虚に技術を盗む姿勢だと、ちゃんと技術の継承発展が発生していくんだよ。
日本の神社仏閣の大修復なんてのはそんな事の繰り返し。


84:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 06:55:18.91 ID:BqIKJ8Zs

十分時間をかけて・・・木を乾燥させましょう
これから乾燥する冬になると益々ひび割れが


85:ぱぱ ◆KLC27tVU6cXf :2013/10/10(木) 06:55:59.24 ID:cyv+CsWJ

鉄筋コンクリートで建て、挙げ句、内装も木壁の絵もグズグズ・・・・w

どこが伝統技術!?
バカチョンとしか言えないわなぁw

これほど劣化する再建って、類例皆無なんじゃないか?
インドやインドネシア、その他どの国もここまで酷い事は無いぜw


95:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 07:17:30.00 ID:w7GPFM/J

モノも技術も大切に保存するようにしなよ。
せめて未来でまた困らないように。


101:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 07:23:34.13 ID:YR/lsJb+

意外と難しい??

日本や欧州の文化財修復の人達がとれほどの努力をして、やってると思ってんだ??

桂離宮のプロジェクトX 借りてみてこい


110伊58 ◆AOfDTU.apk :2013/10/10(木) 07:32:16.36 ID:lbyZDTuV

> にした」という評価を受けた。同じように丹青職人らと文化財関係者らは、今回の機会に
> 伝統技術を完全に復元して習得し、韓国の丹青水準を飛躍させる踏み台とすべきだろう。

出来もしないことを言ってもなあ。
職人を軽んじるているし、技術が必要な建物もろくにないのに技術の維持すら不可能だろう。


116:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 07:39:21.83 ID:uXJQ6TUL

そりゃ適当に物準備して適当に塗っただけで技術の復元ができるわけ無いじゃん


136<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 07:58:21.92 ID:5ZssoT1M

日本で時期的に近いと言うとこれになるのかな。

久能山東照宮



これの修復が終わった時
「修復する前のがわびた風情があったなあ。
 なんかペッカペッカしててちょっと…」
等と思ったものだが、南大門(笑)の修復と較べてはいけないが
較べると「ふむ。コリアンには絶望だけが武器だね」と思えてしまう。


144 ◆65537PNPSA :2013/10/10(木) 08:05:02.55 ID:9IR2dNmy

>>136
寺社仏閣って今は色あせてるけど、建立当時は原色バリバリでド派手なんだよな


137:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 07:58:25.37 ID:hG78bcc0

こんなナメた奴らだから、

海外旅行に行って他国の文化財に平気でイタズラするんだな

まさにドジン、レベル低すぎ


140:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 08:00:19.57 ID:aUyQUCJP

伝統技術の再生ってwww

継承されてないなら伝統とは言わねえよ


141<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 08:00:54.51 ID:N90vZik6

李朝っていうと14世紀頃?
その程度の建築は日本なら各県ごとにあってもおかしくない


162:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 08:24:58.07 ID:hE/hXeGR

>>141
実際あるしw


142:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 08:02:52.79 ID:Ss1oRRX6

意外と難しい

これで終わるんならかわいいもんだw日本のせいとすることぐらいわかりきってる


146:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 08:11:05.61 ID:ABDpxuFO

復元と言いながら
全体から贋作の雰囲気を醸す
とても文化財と呼べそうもない建造物だよね


151元680円 ◆7ZL.3C19WKcC :2013/10/10(木) 08:15:41.66 ID:4BZhl/C5

日本の木工大工技術の起源説とか唱えたいのかな

オーパーツ並の技術をどうやってパクるだろうか
楽しみであるw


154 ◆65537PNPSA :2013/10/10(木) 08:18:26.78 ID:9IR2dNmy

>>151
世界最古の建築会社の金剛組は韓国人が作った。日本に建築技術を伝えたのは韓国人。

ってのは既に言ってる。


178:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 08:35:50.31 ID:yDXyrqvA

バカってこういう事言うよね。
自分の能力が客観的に判断できず、「無理」「難しい」ってことが理解できない。
だから誰かの助けを求めたり慎重に時間をかけて取り組んだりせず
「これくらいで良いっしょ~w」でやっちゃう。結果悲惨な事に。


216<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 09:13:25.34 ID:gMKIgK//

当時燃え残った端材ぜんぶを捨てようとして日本に止められて従ったんだっけ?w


239<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 09:56:25.02 ID:6gKu61Lk

>>216
マジかよwwww


243:氷水のプロ ◆.rmQHiMIZU :2013/10/10(木) 10:02:36.23 ID:oGU5nW1l

>>239
ていうか捨てられてたはず


220:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 09:24:10.44 ID:O0oxd4Tf

文化の本質とは継続と伝承にある
そこを理解できていないエベンキ族


228:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 09:35:14.55 ID:xhn6A7zJ

最新技術のバイオプラスチックで作れよ。
量産出来るし、また放火されてもダイオキシンが出にくいらしいぞ。


235<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 09:53:03.35 ID:mJWNhuSx

鉄筋コンクリートにすればコンクリートの起源主張できるやん


254:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 10:31:23.37 ID:YMOXN1wh

>洪チャンウォン丹青匠は「伝統顔料と膠を使ったために起きたもの」と原因を推定した。

全部塗料のせいか!!お前みたいな奴に修復する資格などない!!(直樹風に)

つーか、膠ってポリマーのペンキなんぞより耐久性あるでしょ。戦後の古物修復で
接着剤なんか使って目も当てられない事になってなかったっけ?紫外線とかでいっぺんに
解重合しちゃうから


269:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 11:11:15.48 ID:wdgOHXe6

無理に伝統技術に拘らずに、おとなしくコンクリで作ればよかったのに。
大阪城だって、豊臣の物でも徳川の物でも無いし、コンクリ造りだけど、
80年も建ってれば十分史跡になれるのに。


287<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 11:46:50.73 ID:BVRmaPdx

なんか根本的な疑問なんだけど、
顔料とか膠とか、買ってきていきなり本番で使ったの?

普通はその素材を使って試験して合否判定してから本番に使うよね。
適当に思いつくだけでも、乾燥とか、高湿度とか、太陽光とか、温度サイクルとか、
そういう環境試験やエージング試験って事前にしてないのかな?


289<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 11:48:25.38 ID:kKfVq8zm

>>287
焼けてから再建までのスケジュールが無茶苦茶だったと記憶


301:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 11:55:10.29 ID:egx6LyAh

>>287
本来の用途には向かない鹿膠を使ってる時点で、なにも調べていないのが丸分かり。
こいつ丹青の専門家のくせに「天然顔料使うのは初めて」なんだぜ。


290:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 11:49:37.51 ID:YXn57DwJ

オレが自分で塗ったベランダのペンキでも、10年以上経ってもどうってことないのに…。


292<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 11:50:26.25 ID:55caftIC

ニカワは下地から順番に濃度を薄くしていかないと剥離するよ
日本画初心者でも知ってる


294<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 11:51:42.74 ID:kKfVq8zm

>>292
膠以前の問題のようで

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1381344959/22
 22 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2013/10/10(木) 04:10:40.31 ID:HcjSqP6y
 【韓国】「ひび割れた南大門の文様」(写真)[10/09]
 
2013100900603_4
2013100900603_3
2013100900603_2
2013100900603_1
2013100900603_0

 木材自体が割れてるように見えるのだがw
 ホントに日本製品と関係あんの?


304:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 11:55:25.70 ID:/YeqkqLd

木材が生木のまま、膠の取り扱いが悪く腐らせてしまった、顔料の塗り方を知らないので適当に重ね塗り。
まあ、こんなところだろう。


312:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 11:58:17.86 ID:5VqU3vji

どうせまた無慈悲な火の海になるんでしょ。ニワカでいいぢゃん ミ'ω ` ミ


321<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:01:36.82 ID:nh8tNBeh

あっちには宮大工みたいなのは居ないのか?


362<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:09:04.59 ID:PXu8r7jq

>>321
そもそも宮大工みたいな特殊建造物専門の技能集団が長年存在していることの方が世界でも稀
中南米も西欧も石工技術はすさまじい技術力を有していたけれど、何度も断絶している

ちなみに日本の宮大工は現在進行形で1400年以上続く世界最古の企業です


412<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:17:37.42 ID:Byhbby5Q

伝統技術を継承できなかったと言うよりも
元々朝鮮の技術じゃなかったと言った方が正確なのでは


447<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:25:45.42 ID:yOhrwgJi

伝統塗料じゃなくて安いペンキ使ったんだろ


485:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:30:57.55 ID:PXu8r7jq

>>447
再建のために技術や建材を日本から取り寄せることを決定。顔料も日本製のものを使う予定

愛国主義者がそれに待ったをかける。結局、韓国製の顔料を使うことに

その結果>>1のごとく剥げる

日本の顔料を使ったせいに違いないニダ!謝罪と賠償を(ry

実は問題の顔料が韓国製だったことが判明。でも日本のせいにしたいので>>1にはどこ製のものか書かないことにするニダ!


463:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:28:00.56 ID:sgEwPFIG

「伝統の ~ 」の化けの皮が文字通り"剥がれた"と言うことかなw
本当に技術が伝承されてたのならそれ程難しい事じゃなかったと思うけどねぇ。
あと、剥離の原因を科学的根拠無しで推定してしまう事も大問題だと思うが…


468<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:28:35.17 ID:F7EIVW5F

ウリナラのこのザマは目も当てられないが、本朝もこれを反面教師にしないとな

何せ朝鮮マスゴミの20年以上に渡る建築叩きと朝鮮ミンスによる悪夢の3年のお陰で
大工を志す若者が今はほとんどいなくなってしまったからね


549:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:41:17.73 ID:dnfch8xA

前の復元は日本が徹底的に手を加えて、オリジナルより美化してしまった間違った修復なんだから、
怪我の功名とはいえ、彩色がべろんべろんに剥がれて、ひび割れだらけの李朝様式が復活できたことを
韓国人は素直に評価すべきだろ。


551<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:41:19.06 ID:ybWudr0d

そういう伝統技術だからしかたないね。
新技術を使ったら伝統建物で無くなるよ。


575<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:44:52.37 ID:PXu8r7jq

>>551
伝統技術に最新技術を取り込み続けているのが日本の宮大工な
300年間使わなかった技術を最新の建築工学を組み合わせたりとか変態じみたことを平気でやってる


576:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:44:54.10 ID:Byhbby5Q

神社を維持するためにまずは修復用の木材を供出する森を確保しておく

↑こういう発想って朝鮮人には無理だろうなぁ


580:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:45:39.00 ID:egx6LyAh

転載です。

900 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/10/10(木) 02:10:42.99 ID:4/SAEVGF
ちょっと問題がありすぎて列挙

1.使われたとされる鹿膠は絵巻などの修復用で用途が違う

2.胡粉は下塗りとして最初使う(壁画の漆喰の代わり)

3.黒と緑の文様の上に朱色の花を塗り重ねている
  これらは本来、線描段階から分割して塗り分けなくてはならない

4.使われている朱は安物の鉛化合物(高価な本朱は水銀化合物)

5.顔料が厚塗りすぎて木地に馴染んでいない


617<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:50:20.82 ID:egx6LyAh

剥がれた朱色は韓国製なんだけど、理由は膠を腐らせてしまったから。
生産量が少ないため、日本産が入手できなかった。


634<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:53:04.27 ID:PLOp+GsH

昔から剥がれっぱなしだろうがw


652:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:57:27.55 ID:egx6LyAh

>>634
退色はあったものの、ほとんど剥がれていなかった。
前回(朝鮮戦争後)と前々回(日本統治下)の修復作業は日本主導だもん。


635:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:53:22.69 ID:yMDpBS+Q

伝統とは継承するもの承け繋いでないのに伝統技術とは…
漢字捨てると言葉の意味すらわからなくなるんだな


662<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 12:59:14.34 ID:OocXGflf

新聞がこんな当たり前の事を書くのかよ>難しい
だから技術の継承は大切で、永く昔から続く歴史のある国はこれを知ってるはずだ。半万年の歴史とやらはどうした?
こいつらは技術以前に何事も適当すぎる。仮にも国宝だろ、妥協すんなよ
見てる俺がイライラしてくるわ何で俺が怒らにゃならんのだワケわからんこの気持ち


669:アブソリュート・コリア ◆yMHRxzIUMs :2013/10/10(木) 13:00:46.60 ID:4bk7Ulou

( 0M0) 崇礼門だと思って作業するから適当になるんだ、迎恩門だと思って作業すればこうはならなかった。


744<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 13:24:12.47 ID:VN3VXT7y

>崇礼門は1398年に完成、1962年の改修工事後に国宝第1号に指定された。

この時ってどうやって作ったんだろう
今から600年以上前に作られて、ある程度の劣化はあるとしても
キチンと残っていたわけで
韓国人がそのときの技術など継承していかなかったのはわかるけど、その時代の韓国人は優秀だったってこと?


747:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 13:25:36.29 ID:y9G7VQzV

>>744
1962年なら日本統治下で教育を受けた世代がまだ現役だっただろうからなw


753<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 13:27:28.73 ID:Ss1oRRX6

>>744
ボロ門だったんだけど、ニッテイさんが手を入れたんだよ
ニッテイさんが朝鮮半島の文化財第一号に指定したんで、その流れで国宝第一号にw


750:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 13:26:06.76 ID:vFTXRN8D

韓国ってもともと儒教とかキリスト教(しかも怪しいやつ)の影響で
寺院なんかがほとんど残ってないらしいな

何故か秀吉の朝鮮出兵のせいにされてるらしいけど
日本も内戦状態だった時代を経てるのにそれより古い建物が沢山残ってる
(または再建されている)。

結局あいつら自分で燃やしちゃったんだよな


780:地獄博士:2013/10/10(木) 13:49:43.49 ID:Aye6lJ59

前々からヤバいヤバい言われてたけどな…


788<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 13:57:18.05 ID:xfbqfltf

文化財じゃなくて観光資源だもの
早く治すニダw
馬鹿チョンにとって数少ない貴重な観光目玉商品


842<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 14:43:41.79 ID:H6IwhxAd

日本製の顔料が原因だとか言ってなかったっけ?
色々突っ込みどころがあるんだけど、肝心の「伝統技能」とやらの信憑性について論じてはどうかな?

また「日帝が史料を抹消して職人を連れ去った」か?
なら始めから復元作業は不可能だったってオチしか付かんぞ


844<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 14:45:53.69 ID:egx6LyAh

>>842
丹青匠が「天然顔料使うのは初めて」と言ってるんだから察してください。<伝統技能


845:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 14:47:04.94 ID:M0GdCThx

>原因を徹底的に究明し、落ち着いて解決策を探すのが正しい。

膠に脱糞を混ぜて薄めたらのは誰だったかを調査して、
今度はどのうようにすれば脱糞の混入が防げるのか検討する必要が有るな。

韓国では誰もが容疑者と成り得る案件だけに、調査は難航するだろう。


864<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 15:10:28.43 ID:Vl/zUp4+

乾燥が済んでない木材に、背割もしてない建築法なんて論外だ。
ニカワもゴフンもしっかりつく訳がない。
先祖の技術が全く伝承されてない。
えらそうな事言うなよ、姦国人。


897<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 15:46:22.72 ID:iApr9Ubv

>伝統職人と学者・専門家が知恵を集めて
 多様な調査・研究を経て徹底した考証をした

そこまで人を集めても失敗したのかw


908<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 15:59:59.36 ID:YMOXN1wh

なあ、今気づいたんだけどさ・・・

朝鮮って禿山ばっかりだったらしいが、本当に
材木を扱う大工そのものがあったのか?
生乾きの木とか、余りにもずさんな気がする。


913:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 16:05:00.89 ID:egx6LyAh

>>908
宗主国に外注で朝鮮人は単なる現場作業員と推察されます。


928:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 16:16:25.26 ID:APBndT42

よくこんな土人と上流階級に分けて何事も無かったな
ああ、全部日本のせいにしてるんだっけ

明治【朝鮮古写真韓国釜山港馬山浦京城妓生風俗歴史アルバム資料
すんごい入札されまくってるw


964<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 16:54:32.63 ID:GNCK6Jxt

剥落する現象は今年5~6月から感知され

完成直後から壊れはじめるって…
これも震度ゼロで崩壊しそうだな。


983<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/10(木) 17:10:04.66 ID:fdTaLIaL

ああ、日本には、この技術は残されているが
日本人に再建を頼めないと、無理して韓国人の技術者にやらせた
それも日本製の膠を使って何とかやろうとしたが
大失敗に終わったわけね。

日本には朝鮮半島や中国には絶えた技術を、宮大工たちが伝えているから
その差は大きいよ




このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事