韓国SBS放送のバラエティ番組「チャク(日本語で“相手”の意味)」で、出演者が番組収録中に自殺するという衝撃的な出来事が起きた。死亡した29歳の女性は、首を吊る直前、電話で母親に「放送されたら韓国で生きていけない」と訴えていた。複数の韓国メディアが報じた。

 同番組は複数の男性と女性が、新しい恋人を見つけるために1週間の共同生活を送るリアリティ番組。毎回12人前後が参加し、全員一般人であるため実名ではなく「男1号」「女1号」などと呼び合う。2011年に3月に放送を開始して以降、韓国で高い人気を集めていた。

<略>

 韓国メディアによると、女性は自殺する直前に母親に電話し「撮影の仕方が強引すぎる。放送されたら韓国で生きていけないと思う」と撮影に不満を示していた。また友人には「神経を使ったから頭が痛くて吐きそうだ」、「ほかの人はカップルになったけど私はひとりだ。ずっとカメラが付いてきて、侮辱されている」などのメッセージを送っていた。

 番組では同日、クライマックスとなるカップル成立の場面が撮影される予定だった。

 警察は、女性が相手選びの過程で苦戦していたとの供述を得ており、番組の進行に問題がなかったか確認を進めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140307-00000001-scn-ent

ネットの反応

韓国では日常茶飯事でしょう
日本の番組でも告白条件次第で金を支払われるという暴露報道があったね
こういう番組に出たんだから相手が見つからなかった場合も覚悟すべきだと思う
実はレイプされてたんじゃないだろうか?
生睦まじいカップルより相手が見つからない人の姿を撮ってた方が面白いから



このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事