1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:34:28.91 ID:???.net

 今から740年前、中国全土をほぼ手中にし、日本も従属させたいモンゴル帝国(元)皇帝のフビライ・ハーンは朝鮮半島を治める高麗と連合で3万以上の兵を派遣する。元寇(げんこう)と呼ばれる日本本土が2度にわたり侵略を受けた事件である。対する日本は鎌倉幕府執権・北条時宗の命で集まった御家人ら約1万人。武勲をあげて所領拡大を目指した御家人らの士気も高かったが、兵力の差もさることながら、集団戦法と未知の兵器を前に日本の武士は次第に翻弄されていった。

■突貫作業

 元への服属を求めるフビライの国書を携えて日本に渡った使節がたびたび追い返されたため、業を煮やしたフビライは武力による日本進攻を決意。軍船を造るにあたって、文永11(1274)年1月、戦艦300隻など軍船の建造を高麗に命じている。

 平成23年、長崎沖の海底から弘安4(1281)年の2度目の元寇で使ったとみられる沈没船が見つかっている。ほぼ完全な状態だったため復元してみると全長が27メートルに及んだ。

 これは当時の海外渡航用の貿易船と同じ構造で、一隻で100人程度の兵士が収容できる規模だったといい、1回目の進攻作戦でもこのような船を求めたことだろう。

 だが、日本に大船団を出すのに風向や潮の流れなどを考えると、建造期間は半年しかなく、元が派遣したホン・タグの指揮の下、高麗は約3万人の労働者を動員して、昼夜関係なく突貫に次ぐ突貫の作業だったという。

 その様子は、「疾(はや)きこと雷電のごとし。民、これに苦しむ」などと表現されている。

 しかし、このときの現場を監督するキム・バンギョンは、強固な船だと期限内の完成は難しいと判断。費用が安くて簡単な構造の高麗船でしのぎ、期間内に高麗が造った船は大小900隻に達する。

 そして総司令官のキントが着任後の10月3日、総勢3万人以上からなる兵を収容した船団は合浦(がっぽ)(現在の大韓民国馬山)から出港する。兵の3分の2はモンゴルと中国で、あとの3分の1が高麗だった。

■上陸許す

 連合軍の船は、戦艦のほか上陸用舟艇、補給船などからなり、日本近海は巨大なマストがたなびく、おびただしい数の軍船で埋め尽くされていた。

 時宗も高麗へ送り込んだスパイから間もなく攻めてくることを察知し、上陸が予想される九州北部の日本海沿岸に兵を配するも、まずは数で圧倒されることになる。

 10月5日、対馬の小茂田浜に上陸した元・高麗連合軍により、島を守る対馬守護代、宗資(助)国ら80人の兵や島民はことごとく殺害される。

 壱岐でも惨殺を繰り返し九州沿岸に迫ってきた連合軍に16、17の両日、肥前・松浦や平戸島、鷹島などが次々に攻められ、討たれた兵の数は数百にのぼったともいわれている。

 対馬、壱岐での敗戦の報に接した御家人らはただちに九州の拠点・大宰府へ向かい、その結果、九州の御家人を統括する鎮西奉行・少弐資能(しょうにすけよし)の3男、景資(かげすけ)を総大将に集まった兵は約1万人。

 だが、元・高麗連合軍の動きは早く、20日に主力部隊の博多上陸を許す。3方から上陸する兵力は2万人で、日本側の数はその半分に満たなかったのだが、それでも士気は高かった。

>>2以降に続く)

写真=元寇での福岡・鳥飼潟の戦いを描いた図

wlf14060807000012-l1

写真=生の松原の防塁前を、馬に乗って堂々と行進する竹崎季長

wlf14060807000012-p3

地図 

wlf14060807000012-l8

ソース(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140608/wlf14060807000012-n1.htm



2: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:34:51.17 ID:???.net

>>1の続き)

■ひるまない武士

 当時の御家人は戦(いくさ)で手柄をあげては、恩賞として新しい土地をもらうことを誉れとしていた。このため、われ真っ先に敵陣に突っ込んで功を競うことこそが潔(いさぎよ)い戦い方だった。

 御家人からすれば後鳥羽上皇と戦った承久の乱(1221年)以来、久々に訪れた所領拡大のビッグチャンス。当然、博多でも敵陣に突っ込んでいく。

 対する元・高麗連合軍は組織ごとに動く集団戦法だったので、先陣を切った御家人らが取り囲まれては討ちとられるといったシーンが相次いだ。

 さらに突然、けたたましい音とともに破裂する物体に終始、悩まされる。未知の兵器「鉄炮(てっぽう)」である。

 直径20センチ、重量4キロの球体が破裂してその破片が約50平方メートルに飛び散る仕組みで、殺傷能力は低かったようだが、強烈な爆音と爆風は勇猛な御家人らも腰が抜けるほどだった。

 コンパクトな短弓も驚異で、射程圏は約30メートルと日本の長弓に比べて6割程度だったが、その分、連射が効き、矢の先に毒が塗っていたために殺傷能力は高かった。

 日本側の視点で当時の戦いの様子を描いた「蒙古襲来絵詞(えことば)」では、御家人らに目がけて投げられた鉄炮が爆発し、短弓の矢が人だけでなく馬にも向けられていた様子がうかがえる。

 それでも立ち向かっていったため「勇敢にして、死をみることを畏(おそ)れず」などとする元側の記述もみられる。

(終わり)



3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:35:38.76 ID:XZNSirX9.net

1000年恨む
チョンは謝罪と賠償しろ



4: 【九電 67.1 %】 安崎上葉@ ◆v2vUrhpqjU @\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:36:31.03 ID:pb2BWzbn.net

対馬大虐殺だな。


5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:38:13.13 ID:Kl9knEZM.net

対馬大虐殺したチョンは1000年許さんぞ


7: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:41:14.18 ID:uPp3FyfB.net

元寇。裏で朝鮮人が糸を引いていた。それも有名な話。


29: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:53:23.67 ID:EqiUX1RK.net

>>7
>裏で朝鮮人が糸を引いていた。
裏で糸を引くと言うより、勝ち馬(と思った)方に乗っただけだろ。
虎の威を借るキツネ

彼の民族のいつもの習性
清末から大平洋戦争後くらいの時期の行動も同じ。



8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:42:28.02 ID:I6oSjX5/.net

元の皇帝に日本侵略をそそのかしたのは朝鮮人です。


9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:43:56.91 ID:0WnePe6i.net

対馬の島民は「むくりこくり」を忘れたのか?
朝鮮人など島からさっさと追い返せ



14: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:47:49.19 ID:Kq3lbSFr.net

いいかげん元寇や対馬の大虐殺の謝罪と賠償をしろよ鮮人


19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:49:20.30 ID:VplZHSA1.net

>しかし、このときの現場を監督するキム・バンギョンは、強固な船だと期限内の完成は難しいと判断。費用が安くて簡単な構造の
>高麗船でしのぎ、期間内に高麗が造った船は大小900隻に達する。

侵略の片棒を担いでおきながら日本が助かったのは高麗船のおかげだという論法を振りかざすチョーセン人、笑止



34: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 08:57:39.12 ID:B0BEjzLG.net

昔から疑問だったんだけど
元の軍隊は上陸したんだよね?
それでなんで神風で船が沈んで負けるんだ?
上陸したなら日本兵を倒して占領略奪すればいいだけなのに



44: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:08:05.90 ID:YLxC2+jv.net

>>34
理由は簡単。
拠点作りに失敗したから。

>>1
「蒙古襲来絵詞(えことば)」
おーい。大事な所を飛ばすな。

その絵には、日本の兵に追われて、逃げまとう元軍が書かれてるだろ。
ここら辺をキチッと説明しないと正確には伝わらないぞ。



99: 【九電 74.4 %】 安崎上葉@ ◆v2vUrhpqjU @\(^o^)/ 2014/06/08(日) 11:16:17.84 ID:pb2BWzbn.net

>>34
第1次攻撃・・・いわゆる、文永の役は威力偵察っていう話もあるな。



40: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:04:27.18 ID:mKOucc8S.net

今も昔も朝鮮人の残忍性は変わりませんってか
やっぱり遺伝子ってのは重要なんだなぁ・・・
日本に朝鮮人の遺伝子を入れないためにも在日チョンはみんな追い出すべきだな



42: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:05:45.36 ID:Vp+ZsfIZ.net

謝罪と賠償まだー?


48: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:16:52.94 ID:/ZYVOiu6.net

で、結局負けたんだねチョン


49: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:17:17.22 ID:JlC8uIsL.net

鷹島に大量に残っていた蒙古人、チョンコを皆殺しにしたんだよなあ、ざまあみろってろ


50: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:18:33.47 ID:GxTJ/A+O.net

間に入った高麗人がモンゴルに日本侵略を執拗に勧めたんだよ。
高麗人は糞だ。



53: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:19:58.81 ID:ZGMGbqm1.net

>>50
侵略しようとして返り討ちにあったとw
法則発動乙



52: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:19:05.96 ID:w0RCkBat.net

文永の役(一回目)…元軍の勝ち。日本軍はいいように蹂躙される。
          しかし、元軍にとっても威力偵察が目的であったため、
          元軍はすぐ帰国する。
弘安の役(二回目)…日本軍の勝ち。元軍はいいように蹂躙される。
          ただし、日本国内の防衛戦であった為、日本に利益なし。



54: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:20:31.18 ID:i8nHBIyN.net

>現場を監督するキム・バンギョンは、強固な船だと期限内の完成は難しいと
判断。費用が安くて簡単な構造の高麗船でしのぎ

粗悪品を作るところは今も変わりませんね



58: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:22:00.24 ID:sB3aCKnw.net

忠烈王という朝鮮人がフビライに日本を攻めるべきだとしつこく焚きつけたんだよな
昔からクズそのもの



63: かなり面倒@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:27:25.82 ID:f/rZTzBc.net

>>58
そういや、元は日本と戦争するつもりは最初はなかったって説あったな



61: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:24:47.39 ID:BXVr5hUV.net

朝鮮人は自分に都合のいい事だけ覚えてる
歴史は殆ど後から考えた幻想だけど



67: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:31:38.01 ID:i8nHBIyN.net

朝鮮と組んだばかりにさすがのモンゴル帝国も負けた
そこから何も学ばなかった日本が負けたのは当然
アメリカも学ばなかったようだが



76: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 09:57:39.93 ID:nQCFK/g/.net

元寇がその後の日本と朝鮮との関係を決定ずけた。
朝鮮半島は日本攻撃の基地に最適との認識を日本が理解するのは
ごく自然な事。



79: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 10:02:05.01 ID:InpV7NJi.net

韓国は元寇で日本に酷いことしたんだから、賠償しろよ
未だ1000年も経ってないんだぞ



88: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 10:31:57.03 ID:AGDDUVMU.net

俺の頃は、元軍の船は朝鮮人が作ったけど、朝鮮人は元に対して完全に服従していなかった
なのでわざと手抜きで船を作った
そのため神風で船が沈んだと習ったなぁ

やっぱ単純な手抜きだったんだね

つか北朝鮮のマンションやフェリー船沈没と根底は同じだよな



90: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 10:36:38.43 ID:Yg/Jqi8T.net

単に鎌倉武士の装備練度が規格外なんだろうが、
なんであんなグダグダな攻め方したんかね。



92: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 10:41:46.71 ID:PCHDwXd1.net

鎌倉御家人かっこよすぎ
カッコイー



98: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 11:10:00.46 ID:vou+Cb7/.net

高麗人の三別抄が済州島で元に激しく抵抗したため、日本への侵攻が遅れて助かった
NHKの番組で言ってたわ



102: 稗田朝臣無礼@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 11:18:31.64 ID:U7bc3tXJ.net

>>98
済州島の三別抄のこともよく持ち出されるが、
これも今では逆の結論になりつつある。
近くて小さな島だといえども、
日本への渡海作戦の予行演習として軍事的な訓練にもなった。
三別抄の抵抗など捨て置いてもどうということもないものだったから。
日本もまた三別抄側からの援助の申し出を無視した。



109: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 11:28:47.25 ID:vou+Cb7/.net

>>102
なるほど
ただ,NHKの高校講座でも↓のように教えてるんだよね

1268年のものは、モンゴルの属国になった高麗政府からのいわば勧告文。1271年のものはモンゴル軍と戦っている
三別抄からのもので、日本も攻撃されるかもしないと告げると共に食糧と援軍を要請するものでした。
ところが日本はこれが三別抄からのものと分からず、同じ高麗からの手紙なのに1268年のものと内容が反対なので
「不可解」としました。
結局三別抄からの書簡の真意を汲み取れないまま、文永の役を迎えたのです。
この三別抄の戦いのおかげで、文永の役が遅れたのは、間違いありません。
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/nihonshi/archive/resume012.html



111: 【九電 76.8 %】 安崎上葉@ ◆v2vUrhpqjU @\(^o^)/ 2014/06/08(日) 11:33:40.34 ID:pb2BWzbn.net

>>109
モンゴル帝国は多正面作戦をやってたよな。
そんな国力持ってる連中が正規軍でも無い連中にそこまで手こずるかね。



115: msesson ◆OOuOpXqoBQ @\(^o^)/ 2014/06/08(日) 11:42:05.62 ID:b+DWAXvk.net

>>111
一回目も二回目も日本側の主力は各地から馳せ参じた義勇軍だよな。
二回目なんて、幕府正規軍6万(ガチ)が行軍中に元軍壊滅だからなw

(伝令)「ごめん、なんか蒙古軍蹴散らしちゃった(テヘペロ」
( ゚Д゚)「・・・?!おれの手柄は・・・?」

司令官の心情を想像したら吹いたわw



116: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 11:43:08.30 ID:D6Ghc/KJ.net

高校講座のは、左翼の歴史家が垂れ流した嘘だから。
三別抄を滅ぼしたと主力はモンゴル軍ではなく「高麗軍」。
それも兵力はわずかに1万2千人。文永の役の兵力の3分の1にすぎない。

それも文永の役の主力軍は、三別抄が滅んだ後に朝鮮半島にやってきてる。
『高麗史』巻二十七 世家二十七 元宗三 元宗十五年五月己丑(十四日)の条
「己丑、元征東兵萬五千人來。」



118: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 11:48:09.88 ID:D6Ghc/KJ.net

三別抄の援助要請を無視した日本は国際情勢に疎い!って左翼の歴史家は言いたがるけど
三別抄は日本に援助要請するとともにモンゴル帝国にもある程度の地位を確保してくれるなら
降伏するといってる。
こんな二枚舌外交の奴らを助けない日本が悪いとか基地外としか思えない。



165: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 14:58:40.47 ID:YmEHYGIG.net

むかしNHKの大河で時宗やってたが、あのシナチョンの描き方が異様でワロタ。
日本は連中にどんなに残虐なことをされても日本がわ る いw
支那人朝鮮人が大人の分別のある人間に描くってかなりのマニアだよな





このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事