1:ダーティプア ★@\(^o^)/:2015/03/17(火) 11:52:16.74 ID:???.net

「2012年に宝物指定された『証道歌』は、木版本ではなく金属活字本」
公認されれば世界出版史を書き直す画期的発見

金属活字を用いた世界で最も古い印刷物とされる『直指心体要節』(1377年刊行)より138年も早い、13世紀初めの金属活字本が見つかったという主張が提起された。

韓国の代表的書誌学者、パク・サングク韓国文化遺産研究院長(69)は16日「2012年に『宝物第758-2号』に指定された『南明泉和尚頌(しょう)証道歌』は、木版本ではなく金属活字本。これは、現存する世界最古の金属活字印刷物『直指心体要節』より138年早い1239年に刊行された、最古の金属活字本」と発表した。学界で公認されれば、世界の出版史を書き直す画期的な発見となる。

■「金属活字本を木版本と評価」

『南明泉和尚頌証道歌』(以下『証道歌』)は、唐の僧侶、玄覚(665-713)が悟りの境地を歌った証道歌の文言の後に、宋の南明法泉禅師が「継頌(証道歌に付する詩)」を付けたもの。高麗の高宗26年(1239年)、当時の武臣政権で最高権力者だった崔怡(チェ・イ)が記した跋文(ばつぶん)が残っている。学界ではこれまで、この跋文を「前に鋳字本(金属活字本)として刊行した証道歌があったが、伝えられておらず、刻工を募集して木版本として刊行することにした」と解釈してきた。1984年、サムスン出版博物館が所蔵する木版本が宝物第758号に指定された。

その後2012年に、空印博物館(慶尚南道梁山)のキム・チャンホ館長が「『証道歌』の別の版本を所蔵している」として文化財指定申請を行い、文化財委員会は「サムスン出版博物館の所蔵本と同じく、1239年に鋳字本を翻刻した木版本」と判定し「宝物第758-2号」に指定した。これまで韓国では、この証道歌の金属活字本は残っていないと考えられていた。

許允僖(ホ・ユンヒ)記者

ソース:朝鮮日報 2015/03/17 10:55
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/17/2015031701412.html

2015031701360_0


2:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 11:54:18.70 ID:kM6TTGTx.net

またはじまった( ´瓜` )


3:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 11:54:41.85 ID:g+XbIvX+.net

化学合成インクで印刷 だったりしてw


6:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 11:55:49.85 ID:ehMaLsow.net

なにをもって木版じゃないと判断されるんだろうか?


469:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 16:07:02.48 ID:DOZrsb/S.net

>>3
>>6
金属の活字で印刷するには、木版とは違う成分のインキが必要。
その成分の違いを調べる。
もっとも、連中はそんなこと関係無しに「金属活字宗主国」を勝手に
名乗っているのだが。



11:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 11:58:27.13 ID:h1GsAAWX.net

なぜかプリンターから出てきます


12:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 11:58:27.85 ID:EclLKlad.net

活字なのになんで「言」とか「所」とか同じ字で形が違うんだよw


20:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:01:46.10 ID:rlylCWvO.net

>>12がファイナルアンサー
朝鮮人はずるいが賢くはない



30:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:05:21.68 ID:G9k28PYB.net

>>12
逆に同じ文字で同じ形したモノが見当たらない。
これを活字って言っちゃうのか...
活字の定義が世界とは異なるのかもしれない。



477:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 16:13:39.54 ID:+8qjKmOr.net

おんどれら、止めい、やめい!
・・・>>12で答えは出とる
>>1は活字印刷物やない
おんどれらもじゃ!「活字」の意味を知ってからぬかさんかい!



13:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 11:59:41.05 ID:LnwYODSx.net

むしろ手書きにしか見えん


18:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:01:11.56 ID:gBTnZAvh.net

もう良い。わかったわかった。wwwwww.


21:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:01:49.09 ID:pqABqwSC.net

学界って
正しくはチョーセン学界だろ



25:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:04:08.07 ID:9jL/QUOt.net

何て書いてあるか説明できないけど漢字だけみると
なんか伝わってくる気がしてくるから不思議な気分
古文もっと真面目にやっとけば良かった



27:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:04:23.36 ID:ZKWkFtcd.net

原盤がないのになんでこれが木版か金属か分かるの?
でなんで漢文が廃れたの? Korea語でないものを所蔵してるのはなんで?
Chinaから貰っただけなんじゃないの???



33:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:06:35.34 ID:K00PNmCT.net

教科書にまで記載された世界一古い韓国の木版印刷は後に捏造であることが明らかなったから
これもちゃんと韓国人以外が調査する必要がある



37:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:07:42.80 ID:4LJqwRNU.net

この時代の漢字ってこんなのだっけ


40:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:08:30.01 ID:2+LI2cuc.net

また例の逆さまになるやつだな


44:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:11:16.98 ID:QHNVpP2o.net

版画と印刷はちがうんだけど…
活字、活版、金属にのるインク…
朝鮮人とは関係ないけどね



48:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:12:37.02 ID:Qzt8A318.net

別ページでまったく同じ形の文字があれば活字だな。それを出してもらおうか


55:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:15:53.14 ID:0qhKnJds.net

>>48
並んだ「言」の字が違う件w



50:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:13:32.86 ID:CgQurnSo.net

そんなに技術が進んでたのなら中東や欧州のように文明が花開いてたはず


53:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:14:19.07 ID:Se9BCnIU.net

胡散臭い資料が出るのは韓国に限らず日本や世界中であるが
韓国の馬鹿なところは大手メディアが何でもかんでも何も検証せずにホルホル記事にする
だから世界中から馬鹿にされる



58:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:16:58.39 ID:rfObr3QV.net

>世界出版史を書き直す画期的発見

変わらないよ。出版は売り上げなんだよw



68:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:21:18.89 ID:hx38mboS.net

型から取るにしても、ここまで同じ字がばらつくか?
型で取るからこそ、ほとんど同じにしか見えないはず。
全く別の時に見えるって・・・まあ型ではなく手彫りで複数作ったのかもしれんが。
不の字が違いすぎる。



71:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:22:29.27 ID:sU/tgNlZ.net

ただの手書きなんじゃね?


74:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:23:25.90 ID:J7K4VoHj.net

木版なら活字ひとつひとつが手彫りだから同時に使われる文字は同じでなくなるだろう
金属活字ならひとつの型から活字が作られるので文字はすべて同じになるはず
「所」の文字の形が違うのはなじぇ?



127:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:41:21.59 ID:tVa/Zy2w.net

>>74
心という文字も4回出て来るが全て違っている。



76:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:23:58.32 ID:sU/tgNlZ.net

これってそれっぽい本が見つかったから、金属活版が見つかったわけでもないのに、「これは金属活版本ニダ」っていう主張ってことでいいのかな?


77:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:24:27.86 ID:2+LI2cuc.net

そのまま印刷したら逆さまになる当たり前なんだが、だから逆さまに活字の原盤を製作しなければならないため、漢字での金属原盤作製は大変だったらしい。
だから中国でも金属の原盤製作はほとんどすたれ、失敗しても修正が容易な木盤になりそれが主流となったんだってな
なぜ朝鮮半島でそれが発見されたか謎らしい



87:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:29:43.99 ID:mpIjtqaw.net

>>77
これかなぁ(棒

up7888


81:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:27:06.39 ID:0nut+lD6.net

活版なのか活字活版なのか。
まずはそこがポイントだと思うが、記事からはそのへんがまるで読み取れない。



82:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:27:39.41 ID:pIb89k/S.net

へーすごいじゃん。
じゃあ、何でその後は使われなかったかを思いをはせるべきだな。



231:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 13:20:14.16 ID:w+f1iOIm.net

>>82
そこだな
印刷というのは大量複写のための手法なのだから李氏朝鮮は書籍大国になっていたはずだ

アレ?w



84:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:28:14.42 ID:v4pju0tq.net

金属活字の起源?
http://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/article/100904printing_type.htm
>念のため言っておきますが、活字というのはハンコと同じで左右を逆に掘るのです。
>12個のうち、明・善・我・福・不・予の6字は左右逆になっています(これが正しい)が、所・平・於・方・菩・法の6字は、左右逆になっていません。

>ナム教授! これはどういうことですか?


www



88:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:29:46.25 ID:O5cCWvAw.net

自分の国に何も無いから他国にあるものに似た痕跡が
韓国にあるか全力で探してるんだろうなw



91:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:30:40.20 ID:baFTQj7i.net

良かったですねえ。職人が額に汗して努力する姿を蔑む文化でありながら、
健気に励まれたんでしょうねえ。



95:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:31:39.87 ID:idq0yf1d.net

また、極端な事例を普遍的事例のように捏造して

グーテンベルクの金属活字による活版印刷の意義は
それまで、写本等によりなされていた本(特に「聖書」)
はかずも少なく高額だったが故に一部特権階級にしか普及しなかった

それが、一般庶民にも手が届く範疇になったという「情報革命」
の為に世界的大発明と言われている。朝鮮にそんなことあったのか?



99:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:32:34.58 ID:dnmTv2ZC.net

鋳造の技術があるなら、木版より金属版のほうが簡単。

粘土板に正体で文字を彫って、それを鋳型にすればいい。
木版だと鏡文字を全部浮き彫りにしなきゃならん。

もちろん活字なわけがない。活字は彫り損なった木版の修正から始まった技術



100:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:32:41.18 ID:uIi7S09O.net

彫刻活字なら字体のばらつきも理解できるが、その場合は木活字だよな
金属活字なら鋳造で鋳型があるから、字体がばらつくのは理解できない



117:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:37:46.42 ID:GtMzpFxk.net

活字じゃなくて版だろこれ
グーテンベルクに謝れ



118:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:38:06.81 ID:oRTzsW/v.net

当時の漢字ってこんなだったっけ??
もっと複雑だった気がするが。
この漢字は現代の漢字のような気がする。



139:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:45:57.38 ID:swC/J+iZ.net

>>118
新字体ですね。13世紀に新字体があったなんて、天動説が正しかった並みの驚きです。
ちなみに日本では戦後になって普及しました。それと朝鮮では漢字の簡略化が行われて
おらず、本当ならいまだに中国の宋のころの字体の筈です。
漢字を廃止しちゃったんで、捏造するのも大変なようですね。



122:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:39:42.74 ID:V/p1BI71.net

本当にそんなものがあったとしてだが
後世にどんな影響を与えたか
文明の発達にどのように寄与したのかが問題なんであって
その時だけで終わった物は評価しようがないんだが



140:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2015/03/17(火) 12:46:00.77 ID:EZTdbNLl.net

なんか今でも読めるくらい現代的な文字だなw




このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事