1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 02:43:10.71 ID:CAP_USER.net

今年、旧韓末時代について学んだ
あまりにも多くの人材がむなしく死んでいった
外国勢力より恐ろしいのは国力全体をダメにする無能政治だった

2015121601008_0

解放(日本による植民地支配からの解放=日本の終戦)70周年を前に、昨年の今ごろある決心をした。解放前の歴史、特に旧韓末(大韓帝国1897-1910年)の歴史を学び、「当時の我が国はなぜ滅びたのか」について整理してみようと思ったのだ。学べば学ぶほど頭の中が混乱したが、それでも一つの流れはつかんだ。我々にも国権を守る機会と情熱、才能があったのだ。「1年勉強してやっとその程度しか分からないのか」とおっしゃられるかもしれないが、私にとっては意味がある。「外国勢力の侵略・略奪のせい」「先祖が無能なせい」という両極端な主張に振り回されない自信が生まれたからだ。

 先日、先輩論説委員から国権喪失後の朝鮮陽明学者の悲惨な死を記録した貴重な論文をいただいた。ミン・ヨンギュ教授(故人)が1987年に書いた「江華学最後の光景」という論文だ。この論文を読みたいと思っていたのは、日本史を学ぶ際に得たこま切れの知識のためだ。命懸けで国を列強の仲間入りさせた明治維新の主役たちは陽明学の大きな影響を受けていた。陽明学は知行合一(知ることと行うことは表裏一体で切り離せないという考え方)を重視するので、実践家に合う思想だ。我が国にもそうした陽明学派がいたということが興味深かった。

 論文は、陽明学者の黄ヒョン(ファン・ヒョン、ヒョン=おうへんに玄)兄弟が国権喪失後34年の時差を置いて自決するところから始まる。どうしても命を絶てない同志たちは「氷雪に閉ざされた三千里の山野を転げるようにして」満州に向かい、「困窮の極みで葬儀はおろか棺おけを買う金もなく」次々と死んでいった。自ら安楽を捨て、死地を選びそこへ向かう最期の光景は小説より悲壮だ。著者は「動機の純粋さのため」と書いた。「最善を尽くしたからこの世に未練はない」という意味だろうか。「日本の帝国主義下に生きて何になるのか」という意味だろうか。黄ヒョンは自決の理由を遺書に「皇恩枯骨に及ぶからでなく、誰かにさせられたからでもなく、ただ悔しくて」と書いた。

陽明学の門外漢なので深い意味を計り知ることはできない。ただ虚無だった。命をささげた日本の陽明学派も「動機の純粋さ」を重視したのだろう。しかし、彼らは動機と同じくらい重要な目指すべき所を持ち、死を通じて成し遂げた。我が国の陽明学派は何のために死んだのだろうか。彼ら以前にもこの国には喜んで命をささげた数多くの実践家がいた。ところが、両国の命の価値はなぜこれほど違うのか。勇気と情熱は同じなのに、我が国はなぜ滅んだのだろうか。識見不足のため一つを知ると十の疑問がわいてくる。

 歴史書を読めば読むほど、とにかく外国勢力のせいにする主張に興味をなくした。江華島条約から国権喪失まで我々には30年近い時間があった。歴史にも三振法が適用される。甲申政変・甲午改革・光武改革は貴重なチャンスだった。歴史書を読むほどに興味をなくす主張がもう一つある。朝鮮は国力が枯渇し、すでに滅びた国だったという宿命論だ。我が国を長年見てきた当時の西洋人たちは、一様に優れた才能、熱い教育熱、豊富な資源を高く評価していた。まだ強くはなかったが、強くなることができる国だった。その国で黄ヒョンはなぜ「人間世界の識者役は難しい」という絶命詩を残して死んだのか。

 本当に識者役が難しかった時代だったようだ。開花を夢見て政変を主導した当代の天才・金玉均(キム・オッキュン)は殺害された後、四肢を切られ全国でさらされた。改革を主導した朝鮮最後の領議政(議政府の最高官職)・金弘集(キム・ホンジプ)は失脚後、群衆の前に投げ出されて他殺された。外国勢力の暴挙だったとしたら、もっと虚無的でなかっただろう。胸が痛むのは、数多くの人材が改革を試みながら、仕えていた王により最期を迎えたことだった。王は改革により王権を制限された時、改革全体を放り出した。民族の情熱や才能も、天が与えた貴重な機会も絶対王権の前に30年間もがいたあげく、終わりを迎えて消え去った。無能な政治はこのように恐ろしいものだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/16/2015121601154.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/16/2015121601154_2.html

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/16/2015121601154_3.html


>>2以降に続く)



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1450287790/
2: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 02:43:36.83 ID:CAP_USER.net

>>1の続き)

情熱と希望が枯渇した国には皇帝だけが残った。国権をよこせと要求する日本に対し、皇帝は「大臣と国民の意向を問う」と後に下がった。伊藤博文は「不可解なことこの上ない」と皇帝を嘲笑(ちょうしょう)した。「貴国は憲法政治でもなく、万機すべてを陛下が決定する、いわゆる専制君主制ではないのですか?」。この幻のような権力を守るために忠臣や改革を捨てたのか。

 旧韓末のことを語ると、「今は国力が違う」と人々は言う。それも事実だ。だが当時の我が国は国力が足りなくて滅びたのだろうか、それとも国力を育てる改革ができなくて滅びたのだろうか。
考え方はそれぞれだが、民族の才能と情熱、改革の機会をまとめて国を引っ張っていくことができなかった政治のせいで滅びたのは明らかだろう。100年後の子孫たちが書き記す歴史に、今の私たちはどのような姿で書かれるのだろうか。歴史は我々の胸を痛くした分だけ教訓を与えてくれる。今年それを悟った。

鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員

(おわり)



4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 02:48:05.15 ID:kNoxUhZy.net

>国権をよこせと要求する日本に対し、

「それぞれ車運転して、一緒に併走しようぜ」と誘ったら無謀運転・無能運転する馬鹿だったので
「お前らハンドルから手を放せや」と怒られただけですよね



42: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:13:59.27 ID:WymMTDy8.net

>>4
そこが「正史」となっちゃってるのが怖いね

それなら併合じゃなくて植民地とするだろうに



66: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:33:51.20 ID:ZcD/Oq3c.net

>>4
どこまでも、すばらしきかな朝鮮を棄てられないのだなぁ。
朝鮮を褒め称えた外国人の資料を見たことないんだが
どこで見れるんだろう



10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 02:57:02.49 ID:sSbh9S2l.net

X無能政治
〇無能民族



11: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 02:58:15.25 ID:ksX6QWSE.net

そもそもそんな帝国無かっただろ

あるのは腐れた土人の集落だろ
国とか笑わせんな馬鹿w



13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:00:45.72 ID:GA1A1l7F.net

支那の属国という立場から大韓帝国として独立させた日本が悪い


16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:03:31.54 ID:xJ0gVHZS.net

全盛期の国が外国から攻め滅ぼされる例はない
どんな国も滅びるときは内政がぼろぼろになってから
内政がぼろぼろなのは外圧のせいとか言ってもまともな力が国に残ってるなら外圧に対抗できてる



19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:05:40.53 ID:hNmqXPaU.net

借金で滅びたんだろうが


21: アップルがいきち ◆SEGAx78B26 @\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:06:01.23 ID:t1xv0KmD.net

> 我々にも国権を守る機会と情熱、才能があったのだ。

我々って誰だよ。金玉均はお前じゃないぞ。



25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:07:30.10 ID:mb7xOTJm.net

無能どころか有能だろ
自らの力の無さを認め、日本と併合の道を選んで朝鮮半島史上なかった栄華の時を迎えただろ



26: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:09:01.37 ID:vlY6C+Ph.net

可能性だけならどんなクズ国家にだって有るんだよ


28: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:09:26.65 ID:3jIiNA9m.net

いやまあ、だいぶまともな事を言っているじゃないか
国力の無い国が改革を拒絶して自ら滅びた。名前はこの際どうでもいい
民族の才能と情熱とかは……その辺否定したらもう死ぬしかないもんな



33: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:11:47.12 ID:FYIrC5dw.net

ファックネー大統領を任期満了まできちんとやらせろよw

日本にとっては最高の大統領だろうがw



40: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:13:33.45 ID:FBoz3MPM.net

>韓末

この見かけない言葉なんぞ?
李朝末期のことだと思うが、「韓」末って表現でいいのか?
韓の末期って韓国の末期を表す言葉に普通に誤認されそうなんだがw
朝鮮半島を韓半島と自称するのも相当なアホだが、誤解を招く歴史用語の変更はさすがにまずいと気付けw



338: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 10:22:53.22 ID:tZBUSIqm.net

>>40 李朝が日本の日清戦争で清から解放されて独立国家となったときにそれらしい名前にしようと大韓帝国と言う名前にした。
伊藤博文殺害事件の後日韓併合した。 韓末とはこの大韓帝国末の事だろう。



773: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 05:53:36.70 ID:znQ1EoN8.net

>>40
韓末って韓国ではごく常識的な歴史用語だけど
大韓帝国時代を指す



47: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:15:44.21 ID:jJQXjmF3.net

>我が国を長年見てきた当時の西洋人たちは、一様に優れた才能、熱い教育熱、豊富な資源を高く評価していた。

そんな西洋人はいない。どうせねつ造の翻訳書を見たんだろう。原文を読まないと本当のことは何も分からない。



50: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:18:26.86 ID:pXo9GYhT.net

大韓帝国つくったのは日本だぞ?


53: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:19:02.64 ID:IMkgxwpC.net

> 胸が痛むのは、数多くの人材が改革を試みながら、仕えていた王により最期を迎えたことだった。

あれ?この部分って、「国王が無能だったから改革ができなかった」と言ってるようなもんだけど、
不敬罪でまた逮捕されても知らんぞw



54: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:19:31.64 ID:1fwM0v5m.net

だいたい大韓帝国を作ったのが日本だろうが。
苦労して設立させただろうに15年程で破綻させやがって。



59: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:24:27.39 ID:tTB2ju50.net

チョンは日清の戦役で亡くなった日本兵に手でも合わせたらどうだ。


61: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:27:56.26 ID:qA9DGyc8.net

都合の悪い意見は袋叩きにする
低俗な民族性だな
産経新聞に聞いてみろ



63: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:30:38.94 ID:S8UvicJf.net

>>学べば学ぶほど混乱

事実の中からなんとあ自国に都合の良いところを探そうとすると
あまりに少なくて、そりゃ混乱するよねw



69: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:37:13.09 ID:ccxODhJ4.net

そもそも文化的にも教育的にも先進国になれる素養はなかったし、今もないんだから
実際のところはスタートラインにも立ててなかったと思うんだが



71: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:37:42.26 ID:S8UvicJf.net

皇帝も無能な陽明学者も、国民もみんな大(w)韓帝国民。
要するに国民全部がダメってことだ。

いまだって韓国の英雄はテロリストばかりw



73: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:38:17.03 ID:YYBSyw/A.net

歴史を正しく知った上で、方便として嘘を書いている
歴史を正しく知ることが出来なかった
そもそも歴史を正しく知る手段が無い

さて、この>>1はどれなんでしょう?



77: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:40:33.98 ID:jbqMwluN.net

>>73
知ってはいるが、受け入れられないので嘘を書いているが正解



79: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:42:41.51 ID:YYBSyw/A.net

>>77
そうだと良いんだけどねぇ
朝鮮人の場合は本当に自分の都合が悪い情報は見れない・認識できない・改変され理解 っていう懸念がある。



75: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:39:11.78 ID:V2p3t3kb.net

>鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員

流石に今の韓国内の状況がヤバイと思ったのかな?
久しぶりにマシなことを書いたじゃないか。



78: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:41:09.49 ID:L1PT2drm.net

>なぜ滅びたのか

朝鮮人が揃いも揃って バカ だから



82: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:49:49.51 ID:1dGJKFGW.net

大韓帝国だって?、なんだそれ

糞尿まみれのトンスル帝国なら知ってる



89: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:56:17.79 ID:C6QSnji3.net

無能政治

今の韓国と同じじゃんwww



90: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 03:59:06.10 ID:j5UF2qNe.net

百歩譲って志しある朝鮮人がいたとしても、少数派で王と民衆が望まなかったんだろ
国内の小さな事柄をほじくってるようだが、国外の国際情勢の変化のスピードに付いていけなければ国は滅ぶし、つまり人材、国力が無かったのは動かしがたい事実なんだよ



93: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 04:02:53.20 ID:jbqMwluN.net

>>90
民衆なんて居ないよ
王と奴隷しかいない
だから王の意向に逆らったら殺されるだけ



95: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 04:08:26.55 ID:1fwM0v5m.net

大韓帝国は15年程だが、
戦後も米国に独立させて貰ってから、
朝鮮戦争だの軍事政権だのアカ狩りだの民主化だの通貨危機だのと、
まともに国家運営が出来てないじゃないか。
そのつど尻拭いは日本。



97: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 04:10:29.79 ID:z3+r5eYp.net

朝鮮人を褒め称えた資料読んでみたいなぁ
ちゃんと具体例あげようぜ



100: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 04:12:32.98 ID:9/s7EYN6.net

>国を長年見てきた当時の西洋人たちは、一様に優れた才能、熱い教育熱、豊富な資源を高く評価していた。

[要出典]



103: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 04:16:24.94 ID:z3+r5eYp.net

朝鮮の歴史書に記されてる人物って無能がいないからこんな前向きなコメントが出せるんだろうな
なんてったって悪口書いたら遺族から名誉毀損で訴えられるもんなw



106: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 04:21:23.38 ID:RbqA9n6o.net

戦後、韓国が日本との初めての外交交渉をするのに国旗がなく、イギリス人から助言を受け慌てて
作ったのが世界でも珍しい中国の属国という文字が入った「大清属国」の韓国国旗。その初めての韓国の
国旗をお披露目したのが大阪の安い旅館の一室だったというから、お粗末な背景で韓国の国旗が作られ、
それがたった70年前の話で韓国の選挙が始まったのも25年前からで、歴史のほとんどが中国だろ。



110: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 04:29:10.83 ID:VzGmwp6k.net

1万年属国なんだから、ちょっと前の政府がどうたらじゃないんだよ

昔から韓国人はダメダメだってこと



114: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 04:40:46.79 ID:eaWGjICV.net

恥の多い歴史を覆い隠して日本のせいで韓国はひどいことをされた! 全て日本の責任だ!謝れ!
そう言えない真実をわずかながら書いてるだけまだマシかも。

そんな記事を朝鮮日報が載せなきゃいけない状況まで韓国政府及び民族全体が追い込まれている証拠なんだけどな。



116: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 04:41:11.22 ID:6G3dJMWi.net

李氏朝鮮末期も願望に基づく空理空論を振り回していたが今もその文化的伝統は
無くなっていない

たとえばアメリカから次世代のステルス機の核心技術やその付帯技術が当然のごとく
韓国に技術移転されるものと思ってアメリカに断られてアメリカに腹を立てているが
冷静に現実を見ればアメリカから技術移転なんてしてもらう権利なんてないのが
分かるはず

日本が韓国を支援するのは当たり前、アメリカが韓国を支援するのは当たり前
そんな願望に基づく空理空論に基づいて国家の行く末を論じるから現在の韓国の
経済がボロボロになって亡国寸前になりつつあるのに気がつかない



117: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 04:55:06.38 ID:pG76YcnU.net

当時の両班視線で、現代日本も当時の朝鮮政治状況も国際環境も
評価する限り、当時の李氏朝鮮の結末は必然。
それは、李承晩以来の反日・卑日政策が結実した現在も変わらない。
李氏朝鮮は民族的帰結。日本が関与してもその帰結は変わらなかった。
その帰結に日本を巻き込まない為に、排除です。



132: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 05:38:33.69 ID:bZfKHJJy.net

併合拒否して日本と戦っていたら、たぶん日本人から尊敬OR尊重されたんじゃないか?


133: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 05:39:10.69 ID:rGkgolCg.net

第一次大戦のころまでに、西欧が中東にどんくらいひどいことをしたか。
中東は、朝鮮なんかと比較にならない文明国でしかも豊かだったんだからなあ。
>>1の人は、そこまで学べばよかったのにね。



135: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 05:43:23.82 ID:OYnNjWLa.net

韓国の存在意義は昔も今もプチプチとか新聞丸めたやつとかの緩衝材に過ぎないからなぁ
用が終われば燃えるゴミの日に出すしかない



155: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 06:14:45.74 ID:+LiQeP9U.net

今ごろ気づいたのかw
だからといって、無能100%の朝鮮人にはどうしようもないか



159: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 06:19:42.95 ID:YPGfeq9H.net

>無能な政治はこのように恐ろしいものだ

朴槿恵を指しているのだ。朴槿恵は些細な批判をした者も逮捕させている。独裁者、昔なら王の
つもりでいるからだ。

<国権をよこせと要求する日本に対し、皇帝は・・>。  正しくは「独立しろ」だった。しかし独立できる
条件はなかったし、人材は弾圧されていなかった。国権を日本に差し出したのが事実だ。



161: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 06:24:18.56 ID:c0qn35O4.net

そもそも李氏朝鮮は自らの国権を行使して国政をまともに執行していたわけではない
朝鮮を併合した日本はまず朝鮮の法秩序の確立からスタートしなくてはならなかった。



163: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2015/12/17(木) 06:37:05.97 ID:X0kygfLD.net

まて、有能な朝鮮人が朝鮮半島を引っ張っていった時代などあっただろうか……




このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事