1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:35:13.24 ID:CAP_USER.net

dms1601191140004-p2

長谷川氏

dms1601191140004-p3

『崩壊 朝日新聞』(WAC)

 元朝日新聞の敏腕記者、長谷川●(=熈のノを取り、巳が己)(ひろし)氏(82)が、朝日の「マルクス主義的体質」をあぶり出し、事実に基づかない恣意(しい)的報道を容認する「社風」に切り込んだ著書『崩壊 朝日新聞』(WAC)が話題となっている。日韓両国は昨年末、慰安婦問題をめぐって「最終的かつ不可逆的に解決」で合意したが、両国関係の悪化における「朝日の責任」を問う声は多い。安全保障法制をめぐる報道への疑問も含めて、長谷川氏が夕刊フジの取材に応じた。

 「朝日は『不治の病』に侵されている。処方箋は見当たらない。相対的に部数が多いこともあり、日本にとって不幸ではないか」

 長谷川氏は言葉を選びながら、古巣への思いをこう吐露した。

 長谷川氏は慶応大文学部卒業後、1961年に朝日に入社。93年の定年退社まで、経済部や週刊誌「AERA」などで記者として活躍した。90年前後には、東西ドイツや旧ソ連内各地で取材した経験を持つ。退社後も2014年8月までは、社外筆者として「AERA」で健筆を振るった。敏腕記者で知られ、「数々のスクープをモノにしてきた」(週刊誌編集者)と言われている。

 執筆の動機は、朝日が14年8月5日、慰安婦強制連行の根拠としてきた「吉田清治証言」を32年もの後に虚偽と判断し、一連の大誤報を認めた特集記事を同日朝刊にあっさり掲載したからだ。

 「愕然(がくぜん)とした…」

 長谷川氏は特集記事を読んだ感想を、こう語った。
日本と日本人の名誉を傷つけ、国内外に深刻な影響を及ぼしてきた虚報を裏付けも取らずに紙面に載せ、長く放置してきたことへの「おわび」もなく、問題を官憲による強制連行ではなく、慰安婦が存在したことにすり替えていたからだ。

 同書のまえがきに、長谷川氏は《この威張り返った、そして物事をごまかす態度》《この新聞社は(中略)八月五日をもって最終的に新聞の実質は終わった、崩壊した、と感じた》と痛烈に記している。

 今回の取材で、長谷川氏は「吉田証言報道は、朝日新聞の『本質的な問題』を端的に示した例だ」と語った。朝日には、事実に即していないことでも、思想傾向に沿っていれば報じても許されるという「体質」があり、その伝統は今も引き継がれている-というのだ。

 これでは、真実を伝える報道機関とは、とてもいえない。

 朝日的体質や思想傾向の根源とは一体何か。

 長谷川氏は「昭和20年代にさかのぼる。マルクス主義を信奉する、もしくはそれに近い立場の記者たちが、紙面形成の主流を担った。それが今もなお続いている」と解説する。

 こんな例があったという。

 1972年、モスクワ特派員の記事が、ソ連側から「反ソ的だ」と批判された。東京の朝日新聞本社はソ連の意向に沿い、この特派員を社命で突然帰国させた。長谷川氏は「根本が狂っている。この新聞社は一体どっちを向いているのか」とあきれたという。

 同書は3部7章に分かれ、朝日の戦前戦後の歴史が丹念にひもとかれている。《過去を『悪』と見る条件反射》《朝日にたなびくマルクス主義》《視野が狭くなる伝統》《方向感覚喪失の百年》といった、部や章のタイトルだけを見ても、いかに朝日が共産主義に毒されているかが伝わってくる。

 慰安婦問題の大誤報を受け、朝日新聞は再出発した。だが、昨年の安保法制をめぐる報道に接して、長谷川氏は「新編集陣になっても、まったく体質は変わっていない」といい、続けた。

 「安保法制について、朝日は『戦争法案』とのレッテルを貼って報じ、特殊な政党と連携したかのような一大キャンペーンを行った。私が読んだ限り、安保法制は現状の憲法体制の中で、『日本が守りを固めるには、どうすればいいか』を考えた法律だ。まさに(朝日は)驚くべきメディアだ。吉田証言報道の過ちをまったく反省していない」

 こうした姿勢は、事実を探求する一線記者にも影響を及ぼしているという。長谷川氏はいう。

 「残念なのは近年、『どうせ朝日だから、いい加減に、誇大に書くに決まっている』と思われていることだ。私が取材を申し入れても断られることがあった。安保法制も『本当は戦争法案ではない』と思っている記者もいたはずだ。昔から朝日は自由にモノが言えなかった」

 朝日新聞は大丈夫なのか。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160119/dms1601191140004-n1.htm



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1453174513/
2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:38:33.95 ID:ZfRUdbe4.net

ウソ書いたり捏造しなけば。部数欲しいからウソ書くのかw


4: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:41:47.10 ID:imFqbamH.net

『根本が狂ってる』って何を今更┐(-。ー;)┌知っててやってるんだろ


5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:42:57.87 ID:w5OfbeC3.net

引退してからは何とでも言えるし結局何も変わらないんだろう


7: 混ぜても危険@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:44:17.34 ID:ZnkzCEid.net

朝日新聞は、上から目線で記事を書く。
論調を書き写せ、、を不思議に感じない感性が全て。
大幅に部数を減らしても、不動産があります。
朝日不動産になります。



8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:44:22.95 ID:KcLRKOvg.net

(#ー@Д@)<「真実」をちゃんと書いてるだろうが! そもそも「真実」を決めて世論に落とし込むのがジャーナリストの仕事の根本だろうが! 忘れたか!


11: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:46:35.96 ID:I+6vvmyG.net

朝日新聞社って、社員が定年退職後も無料で朝日新聞が配布されていたけど、最近廃止になったんだっけ。(・ω・)


12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:47:10.24 ID:yWycVloI.net

昔から赤いとか伊藤律インタビュー捏造とかあったから、
今更だわw

それより何故あれだけ汚鮮されてるのか、
聞いて欲しいな



15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:49:13.40 ID:B7mQ40BH.net

日本人なら社章を着た身内がいますと恥ずかしく決して口に出来ない国賊集団の朝日新聞社ですが、不様にも当該な貴様なら死して安住の地が日本国には無いと覚悟せよ。


18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:51:02.57 ID:mdGdhkDd.net

ここ最近の社長の名前からして通名でよく使われるだらけ
社員や記者の名前も通名でよく使われる名前だらけ
テレビも映りこむスタッフの顔がどうみても韓国系だらけで
番組のスタッフの名前調べたらもちろん通名でよく使われる名前だらけ

この国はもう日本人だけのものじゃとっくにない
不治の病は朝日ではなく日本そのものです



19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:53:37.21 ID:3EZO6cGJ.net

>1972年、モスクワ特派員の記事が、ソ連側から「反ソ的だ」と批判された。
>東京の朝日新聞本社はソ連の意向に沿い、この特派員を社命で突然帰国させた。

朝日新聞内にソ連工作員が強い影響力を持っていたことは、亡命ソ連人史料からばれちゃった。
上記エピソードは、その一つの傍証だな。

「日本の最大手の新聞、朝日新聞にはKGBが大きな影響力を持っている」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%9F%E3%88%E3%AD%E3%92%E3%B3%E6%87%E6%9B%B8



23: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:57:02.84 ID:3yYPRBlE.net

そりゃ突き進まなきゃな
でっち上げ慰安婦がまるっきり捏造トバしと認めたら新聞社としては終わりだし
まぁ消えてくれてもなんら問題は無いんだがw



25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 12:59:45.75 ID:+cPNQAmk.net

>昔から朝日は自由にモノが言えなかった」

そんなところに居続けた理由は何なのでしょうね
「自分は違う」とでも言いたいのでしょうか



29: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:02:40.86 ID:FwqziatW.net

誰が未だに朝日新聞とってるんだろ?
不思議でしょうがない
日本ヘイトの捏造記事は1つや2つじゃないのに



34: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:06:17.86 ID:WTVWivtS.net

1986年に朝日の取材を受けたんだ。
とにかく、書きたい記事に沿ったコメントが欲しくてたまらないらしい。

ヒジョーに鬱陶しい人達だった。

それ以来朝日とはとにかく関わらないように心がけている。



37: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:11:29.32 ID:OgIGNSjf.net

アサヒは戦前から変わってないよ
戦争前から戦争時は大東亜戦争遂行のために捏造プロバカンダ
戦後は中共主義に方向変えただけでやっぱり捏造プロバカンダ
何も変化は無い



41: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:15:50.39 ID:Hd+AVsbK.net

>>37
言論統制で戦争を煽らされた



50: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:22:58.21 ID:OgIGNSjf.net

>>41
慰安婦問題では軍に協力した=軍そのもので責任があるとアサヒは言ってきた
サヨクの理屈なら、報道協力した連中=軍そのもの、って解釈で、当然賠償責任がある筈

軍にせよ、政府にせよ、戦線拡大を望んでいなかった勢力もいたのに、
戦争しろと煽りまくって開戦を国民を誘導したのは間違いなくマスコミ側



38: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:11:46.02 ID:RyyDfQdO.net

組織全体が極めて思想的、宗教的集団と見ていい。個別の記者がどーこーいう問題ではない。
中国朝鮮同様、事実などどうでもいいのだ。有料アジビラ、軽減税率適用のメディアたる資格はない。



39: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:13:44.71 ID:vOAMv2yB.net

朝日OBって冷戦下で一番おいしい思いした世代じゃん
内部にいた時に声あげずに世間の雰囲気見て古巣批判とか
どんだけ根性腐ってるんだよ



44: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:18:41.29 ID:MgiLkcqK.net

人間のクズ、朝日新聞、MHK。

社会のお荷物のくせに、無能のくせに、重鎮ツラ。
文字通り、くそとゴミをまぜこぜの汚い 「くそゴミ」。



45: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:19:37.81 ID:AvCFJ2+q.net

朝日はもう終わったよ
どうあがいてももう無理
それに気が付いてないのは自分達
これからの道のりは茨の道



53: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:26:04.17 ID:kQDxkea0.net

朝日の社長や役員の役職は代々朝鮮人が押さえている。
各部門の編集トップも朝鮮人。
まともな記事を書くわけがない。



54: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:27:44.09 ID:vq38tGZ/.net

日本で日韓関係とマスコミが言うものを、韓国では韓日関係と表現する
中国では日中関係を中日関係と自国を先にするのと同じだ
日本と北朝鮮の関係の事を日本では日朝関係と言うがでは・・・・

「朝日新聞」と言う社名は朝登ってくる太陽の事ではないのかも



58: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:32:09.35 ID:FjVcEVAs.net

やっぱり専門誌よりライト化してコメディチックにした大衆紙の方が人気が出るんだよな
朝日新聞は娯楽紙だから大衆受けし易いのだろう



63: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:38:29.94 ID:VbMjrAOk.net

戦前から腐ってたと思うけど


68: 間桐桜崇拝教団 ◆YPgFj9KOCjyE @\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:41:39.71 ID:ljgErsSQ.net

>1972年、モスクワ特派員の記事が、ソ連側から「反ソ的だ」と批判された。
>東京の朝日新聞本社はソ連の意向に沿い、この特派員を社命で突然帰国させた。

あれれ、マスコミの使命って権力の監視じゃなかったの?
外国の国家権力だって当然権力と見なされるべきだと思うんだけど



73: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:48:36.87 ID:P2TURv04.net

地方紙の北海道新聞の記者はキチガイ記事を書いて、それを朝日新聞に
認められ、朝日にヘッドハンティングされて出世していく。



75: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:49:34.13 ID:Nd8cQTi2.net

ネットでは10年以上前から言われていたことだけどね。


79: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:53:58.52 ID:hSe8974a.net

誰が朝日新聞を買い支えているんだろうな


85: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:57:32.85 ID:uE12Yv/v.net

朝日新聞を最近は見たことがない。
韓国や中国で売りさばいてるのか?



87: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 13:58:46.88 ID:5G3Vc8DA.net

正式な機関紙として売り出せば無問題アル


89: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 14:06:01.17 ID:w5N9Vc8t.net

こんな朝鮮人が書いているようなインチキ新聞をカネを払ってまで読んでいる
人間がいることが信じられん。
少しでも本当の歴史を知っている人間なら、こんなインチキ新聞の記者に
騙されるようなことはないんだが。



93: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 14:12:25.52 ID:dPyRpjfL.net

情弱をミスリードする洗脳装置

アカヒ記者はそう思ってるだろ
社会の木鐸など、とんでもない!



119: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 14:41:26.90 ID:nYh56Bd4.net

>この本を書くために私は「朝日」の記者を辞めました

>>93年に定年退社
>退社後も2014年8月までは、社外筆者として「AERA」で健筆を振るった

申し訳ないが言葉に信憑性がない



95: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 14:13:50.56 ID:QKQA25zW.net

新聞販売店も老人がやってるしもうええやろ


96: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 14:14:10.93 ID:Yf617Nh8.net

> 「愕然(がくぜん)とした…」
> 問題を官憲による強制連行ではなく、慰安婦が存在したことにすり替えていたからだ。

驚く事無いだろ
それが朝日新聞の体質だって、永年勤めて気がつかなかったとは言わせないぞ



133: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 15:05:16.65 ID:wiPvIuja.net

>>96
朝日新聞は、謝りたくないから誤りを認めないのは知ってたが、誤りを認めたこととそれでも自己正当化して謝罪しないほど腐ってるとは思ってなかったんだろ。



99: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 14:16:20.17 ID:Mgh1vSa6.net

左翼思想洗脳新聞が消費税8%で水道や電気ガスは消費税10%とはやっぱり日本は左巻き国家と言うことですね。海外から見れば良く判る!


108: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 14:25:19.09 ID:AVPTn+mF.net

ウチのオヤジは今までずっと朝日と読売を半年のローテが購読してたけど、
相変わらずの偏向ぶりにココはもうアカン直らへんと、
去年とうとう頭に来て、今年から読売のみにしたぞ。
一般人のレベルでは朝日離れが急速に進んでますぜ。



109: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 14:27:44.95 ID:/33zXupN.net

戦前からおかしかったでしょ。大学や教育界もそうだけど、
終戦で一気に赤化するなんて、その前から細胞が入り込んで
ないと不可能だ。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事