1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:27:09.28 ID:CAP_USER.net

◆日本の「匠の文化」は実は単純、しかし精神を骨の髄まで浸透させる必要がある=中国メディア

中国メディアの新浪網は2日、「匠の文化:日本人の国宝」と題する文章を掲載した。同文章は日本の「匠の文化」または「職人文化」はたった2つの原則で成立していると紹介。しかし日本ではその原則が歴史を通じて人々の骨の髄まで浸透している点が特異との見方を示した。

新浪網は同文章を、「コレククション」のカテゴリーに掲載した。日本の工芸品に関心を持つコレクターの増加を反映したものと理解できる。

文章は冒頭で、日本が自ら崇拝する「匠の文化」は、日本社会を反映に導くための大きな支えになったと紹介。そして、「匠の文化」の背景には、「厚い歴史が存在」すると論じた


「人間国宝」については1955年の制度設立と説明。全国から随時、古典芸能の演者や技能保持者が随時選ばれるが、厳格な審査の上で得ればれると紹介し、「国家は人間国宝の制度のために大量の資金を投入し、技能の喪失を防いでいる」と論じた。

なお、中国にも日本の「人間国宝」に似た制度がある。技能者に対する「1級」、「2級」、「3級」の等級だ。日本と異なるのは、伝統的技能だけでなく、クラシック音楽の演奏家、アナウンサーといった広い範囲で技能者の等級制度が設けられていることだ。「1級」の称号は、日本の「人間国宝」とほぼ同じと考えてよい。

ただし、中国の技能者の等級については、拝金主義の横行とともに、ジャンルによっては「コネとカネで取りやすくなった」と話す人もいる。新浪網の文章は、日本の人間国宝について「審査が厳格」と強調した。

文章は続けて、日本の「匠の文化」について、「ポイントはたった2つ」と論じた。「職業を敬うこと」と「真面目であること」という。そして、この2つのポイントから成る「匠の文化」を、社会全体が承認していることが、特に重要と指摘した。

文章は、日本では「職業を敬うこと」と「真面目であること」が人々の骨の髄魔で浸透して、もはや「常識になっている」ことが特異との見方を示した。

そして、「匠の文化」が根付いた日本では、自らの技にプライドを持つと指摘。だから、自分の技に対する要求を厳しくしていき、面倒さを厭わず、努力を惜しまず、「すばらしいレベルに達しても、さらにその上を求める」と紹介した。

さらに日本では、職人のプライドにより、自分の仕事に責任を持たなかったり、質の悪い品を世に出すことは「恥」と考えられるようになったと説明。

文章は、日本の工芸品は健全な美があるとして「美術品は理想に近づくほど美しくなる。工芸品は現実に適応するほど美しくなる」と論じた。

イメージ写真:http://image.searchina.net/nwscn/8/3/1/1601831.jpg

サーチナ 2016-02-05 15:17
http://news.searchina.net/id/1601831?page=1



2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:29:03.18 ID:abOsKqVK.net

ドイツにもフランスにもあったはずだぞ
もちろん支那にもな



35: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:47:58.74 ID:cHryHZUz.net

>>2
ドイツはもうだめだろうね。
この20年くらいでドイツ製品のクオリティがものすごく落ちてる。



38: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:51:44.57 ID:d71Rvosm.net

>>35
ドイツ製はほとんど移民が作っているか、中国などから輸入した部品を組み立てたとか最終工程はドイツであれば
ドイツ製と認めるという感じだろ?
世界的にこういう傾向があるけど欧州は特に緩いね。



7: ◆65537PNPSA @\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:33:48.21 ID:+bgLkEXB.net

支那は文革で無くしたからなぁ


25: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:43:59.06 ID:IjiH2sEu.net

>>7
それに尽きるな

もっとも、文革以前で充実してたというわけではない。衰退はしてたがおおっぴらに否定できなかっただけ。
文革で、否定の名目ができ破壊されまくった。



8: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:34:16.07 ID:VCLb8ITr.net

単純でも簡単ではない


10: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:34:57.64 ID:GZ08ZgVG.net

さすがノーベル賞を受賞する方法だけを考える民族の親ですねw


13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:36:33.60 ID:vyUn4I+G.net

特アには無理だろ


15: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:37:23.85 ID:9Ph2+Iei.net

日本の伝統の特異性というよりも、中国と朝鮮においては儒教の影響によって
職人の仕事が卑しいものとされていたことが影響しているんですよ。
日本では儒教よりも先に仏教が浸透していて、しかもその前に日本古来の
神道の精神があったので江戸時代に武士階級に導入された儒教も、深く浸透
することはなかった。
したがって日本においては江戸時代においても手工業はもちろん、儒教の考えでは
もっとも賤しいとされた商業でさえもかなりの程度盛んになったいった。



16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:37:36.08 ID:iUOST6gF.net

別に普通だろ
中国にだって、凄い細工職人とかいるじゃん



17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:37:43.19 ID:g6toGOLv.net

昔の中国にはそれがあった。
自ら破壊しただけ。



18: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:38:31.82 ID:vdFc+sj4.net

中国は模造品が本物を駆逐する程度がひどすぎだろ
その辺りの取締りにも力を入れないと



20: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:39:41.01 ID:kO2fbsXT.net

故宮博物館行けば、中国の匠のすげー技の結晶が見られるわけだが
あーゆーのできる人たちどこやったゃったのよ(´・ω・`)
焚書はマジ止めた方がいい



22: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:40:48.29 ID:d71Rvosm.net

日本の職に対する考えは江戸時代の石田梅岩の石門心学の影響もあるな。


26: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:44:11.73 ID:Q9a59+G9.net

文革で上で威張ってる連中は死ぬべきだと言って
知識階級を全て殺したからな



27: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:44:31.00 ID:+xzGHTA+.net

日本の伝統芸能でも、
> 古典芸能の演者
の人間国宝に関してはあまり信用していない。



30: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:45:31.00 ID:c1opbfPT.net

文化大革命は毛沢東か子供にやらせたからな
伝統文化は完膚なきまで破壊された



34: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:47:54.63 ID:yi84VZJe.net

こんなことがハイレベルでできてるのが、日本と一部の国だけ。簡単なようで
非常に難しい。



37: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:51:16.94 ID:NFcrbSGR.net

いまでも、あの腐った中国社会にとても優れた芸術家が存在するのには驚く。

中国にもマイペースで求道する存在はあるんじゃないの?

はやく共産党政府が潰れて5分裂くらいしたらもう少し健全になれると思うけどね。



39: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:51:57.01 ID:f6fvfRnM.net

中国にも神がかった職人技はあったはずなんだけどね。
共産中国が全て破壊した。



46: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:58:10.92 ID:spBX6Eqp.net

職人が受け継いでいる伝統工芸の技工は、果たしてどこから日本にやってきたのだろうか?
とくに飛鳥文化あたりにヒントがありそうだ



47: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:58:27.01 ID:LNpNto8T.net

中韓は無理、すぐ金だの賞だのに目が行く
というか金と賞の事しか頭にないだろ



49: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 12:59:54.27 ID:AVum5S9s.net

真面目なのは当然だろw
素材の状態が違っても品質を維持して単純作業を繰り返す事ができるほどの熟練度があるかが問題なんだけどなw

元々は支那から伝わった文化や技術のはずなのに…
なんだか嘆かわしいなw

ただ自称未来の人間国宝の海老蔵が人格的に相応しいかは疑問だけどなw



51: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:00:50.38 ID:GrNESHtY.net

文革が間違っていたことを認めてられないジレンマがあるから無理だよ。パワーゲームで弱いところを認めたら一気に人民にやられる。敵は人民である。


55: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:01:47.97 ID:cV+leErN.net

中国には、精密機械を作る文化的素地がない
精密機械は、言わば何十人もの匠の合わせ技だから



58: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:04:33.10 ID:3K8BUbaX.net

もっと噛み砕いて言えば日本人のオタク気質。
とにかく一つの事に気が済むまで病的にこだわるw



61: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:05:20.25 ID:UikvY3af.net

三国にも変面とか麺天使(字わからん)とか雑技団みたいな凄い連中いるだろうに

前に見た飴細工の職人とかも十分凄かったけどなぁ



69: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:08:45.19 ID:3YR2/Qph.net

単純と言ってる段階で何も理解していない
近いものはあっても、同じものは無い
一見単純そうな作業である事は認めるが



74: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:11:29.88 ID:zJhVyNLi.net

真面目でバカだじゃないとやってられないような仕事を、残業代も無く黙々とこなす人間って究極のバカだよな!


76: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:12:25.92 ID:+1a5F//b.net

国宝とかの制度とも違うんだよねー。
職人ってのは、究極のアマチュアリズム。
損得考えずに、自分の納得いくものを追求すること。
オタク文化ってのも、この延長に発展したと思うね。



80: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:13:46.84 ID:wOjr791f.net

中国だって匠の文化は多いだろ?
韓国と違って誇れる物が数多いんだからさ。
と言うても文化大革命で粉々にしてるから再建は難しいのかもね。



82: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:14:41.40 ID:30GIDhcf.net

>日本の「匠の文化」について、「ポイントはたった2つ」と論じた。
>「職業を敬うこと」と「真面目であること」という。

敢えて言えば、もう1つ、ポイントがある。
「匠の文化を敬い、受け入れる土壌があること」。

日本の匠の文化がこれまで生きながらえてこれたのは、
この3番目のポイントも大きい。
しかしながら、最近の日本は、このポイントは、
かなり揺らいできてるね。



86: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:18:28.49 ID:oE/FUqDG.net

何故なのかを分析して学習しようとする点は評価する

理解せずに騒ぐ、韓国よりずっとまし
しかし中国には無理だな、拝金主義が横行しすぎてるから
手っ取り早くカネにする方法に傾くだろう



93: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:28:21.20 ID:hilFvdWq.net

日本の職人かたぎは、師匠を超える努力を推奨する
これは実際に職人として腕を磨く努力をしてきた人々が、自然に感得する
心の姿勢だ 師匠を超えようと努めなければ技術の維持すら困難だからだ
結局それが、儒教的な固定した上下関係をはねつけることになったわけだな
さらには、伝統の継承と維持にも役立ったのだ



96: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:30:55.10 ID:6jwpbV90.net

「匠の文化」「職人気質」こそがアジアで唯一日本がノーベル賞を輩出している
説明になるだろう。一つの物事に寝食を忘れて没頭する姿勢が古来から権力者に
よって褒めたたえられている。「手に職を持つ」事が個人を、ひいては社会を
豊かにする道である事を肌で知っていた日本の先人たちは偉いよ。



101: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:35:07.90 ID:f0PF/7fG.net

解ったようなことドヤ顔で言われても


103: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:35:25.14 ID:VaOxfSwo.net

故宮博物を見ると、チャイナにもそう云う文化はあったと思うけどな。
でも毛沢東がぶっ壊したんだろwww



104: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:36:12.19 ID:hilFvdWq.net

近代以前の思想は「社会はどんどん衰退する」という発想がほとんど
だった
創始者やご先祖を尊び、世代が下がって社会が衰えるさまを嘆くような思想ばかりだった。
儒教も仏教もそうだ
しかし、発展超越を希求する職人の考え方は近代の進歩思想を受容する大きな器になった



108: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:39:56.78 ID:PUgMcaBe.net

百円ショップで直径20cmくらいのでかい丼が百円で売ってた。
安っと思って検分すると
釉薬の下に小さい灰の塊が有ったり、
釉薬が一部不均一で表面がうねってたり、
日本人の感性では明らかに不良品。
安ければ良いという層へ選択肢を提供してると無理矢理納得した。



109: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:40:04.18 ID:kKwkL1IQ.net

技術の習得というのはたいしたことはない。
本当の信頼を勝ち得ることは、大変な時間がかかる。



119: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:47:56.44 ID:IV99PyA6.net

日本人は凄い能力や技を持つ人を尊敬するのが当たり前なんだがな。


132: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 13:56:47.05 ID:HY3nZonp.net

強欲な拝金民族に匠の精神なんてあるわけない 腐りきってるじゃん


137: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:02:03.41 ID:KkBVmPB2.net

中国人は数が多いだけにまともな奴もいるからなあ
あ、半島はどうでもいい



148: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:15:53.06 ID:3sWZ1py2.net

中国人が侮れないところは
日本の個々の能力や美徳をよく理解して言葉で表現できるところだな
奴らは日本がやってきた一つ一つの努力の積み重ねを推し量り評価できる能力がある
一方朝鮮人は日本をランキングでしか評価できない
何とかの奇跡とかで朝鮮人は優秀だと己惚れるが
朝鮮人の誰がどんな努力をして積み上げてきたかを知らない
努力したのは将来を見すえて日本から学んだ一握りの親日派で今の財閥だろ
 
朝鮮人は中国共産党とまとめて滅ぼせばよいが、
中国人のできる連中は手ごわいと思う



151: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:16:11.57 ID:0vvHmr8o.net

古代中原王朝期以来、貴様らの地域にも名匠や無名の技能者・知識者が無数にいただろうが。
それをたった100年ちょっとで破壊しつくした漢族には100%無理だわ。
できたとしても、その人を迫害したり、妨害したりするもんな。
漢族なんてすべてにおいておしまいなんだよ。



152: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:16:32.56 ID:cV7b+zlt.net

正直に言うと、匠の文化ははるか昔に中国から来たように思うんだが。


161: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:23:50.98 ID:hilFvdWq.net

>>152
職人意識は過去中国にもあったと思うよ
そうでなかったら、彼らの文明の発展は起こらなかっただろう。
でも、ある時期から停滞し、継承すらできなくなっていく
だれか研究してくれないかなぁ



603: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/08(月) 13:07:43.04 ID:XX6ZgbcP.net

>>152
陳舜臣の随筆によると戦闘がすぐ近くで起きても日中戦争を知らなかったり
した美術工芸職人があちこちに点在していたらしいな。中国の骨董品を見ていると
世界唯一の力量の埋蔵が感じられる逸品も多い。
どっかの半島では出土した駄品凡品が継ぎ接ぎで鎮座していて足も止まらんw



156: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:19:25.85 ID:kgwCgIzL.net

ドイツは教育制度の改変がアダとなりマイスターの激減が原因
スウェーデンの製品も一世を風靡した材質の良い釣用リールの生産拠点を
東南アジアに移した途端にダメになっちゃった



166: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:30:39.20 ID:hilFvdWq.net

匠の思想が
「伝えたほうが上位で優秀だ」
という考えを否定する発想なことに、気づいていない人がいるね
彼らの根本を否定される気分なのかもしれないけど



173: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:35:24.12 ID:esudxSTx.net

>>166
やつらの感覚じゃ、技術は身に付けるものじゃなくてどこかから持ってくるもの。
金品と同じ感覚なので、むりからんこと。



176: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:38:45.23 ID:LaYR5y6C.net

>>173
技術すら、お金や地位や名誉を得るための手段としか見ていないんだね。
そこには技術に対する愛がないと。
だから極限まで努力せずいつまで経っても技術が本当の意味で身につかない訳。

それは孔子が説いた教えとは真反対なんだけどなぁ・・・・・



178: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:40:37.42 ID:f/LFIQ7M.net

何を言っているんだ。
支那には日本人が及びもつかない贋作作りという匠の業があるじゃないか。

誇りがあるかは疑問だし、真面目といっていいかもわからないが
工芸品は言うに及ばず食い物や機械製品まで感嘆する出来栄えだ。

要するに、別れ目は結果として高い評価に金銭的メリットがつくにしても
それがあまりに突出した一次目的となっているか、兎に角銭となっているかの
違いではないのか?



187: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:45:23.98 ID:Z1xFh8NB.net

支那畜の人件費ダンピングのおかげで、人件費そのものが悪性コストと言うトレンドが醸成されて、
特に日本においては使い捨ての派遣制度が蔓延し、職業を敬うなんて事もなくなりました

全ては支那畜様のお陰でございます



204: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 14:55:28.38 ID:2ZyY+IQU.net

そういや、イギリスのノーザンプトンで作られる高級革靴の1/3は、日本に輸出されるとか。
伝統の継承には、良い物にはちゃんとお金を出すって文化が必要なんだろうね。
日本からもだんだんと、そういう気質が薄れつつあるような気がするのは心配だな。





このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事