1:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:26:54.10 ID:CAP_USER.net

8月23日から24日、日中韓外相会談が東京で開かれ、中国の王毅外相が就任以来初めて日本を訪問した。23日の晩、王外相は日本の岸田文雄外相主催の歓迎晩餐会に出席。翌日にはメインの三カ国外相会談に参加したほか、旧知の自民党の二階俊博幹事長と会い、岸田外相との日中外相会談にも応じた。最後には、韓国外相と共に安倍晋三首相への表敬訪問も行った。

  ・急に変化した対日姿勢

 このようにして、王外相は短い日程の中で精力的な対日外交を展開したことがよく分かるが、さらに注目されるのは、一連の会談において王外相の示した、意外とも言えるほどの柔軟な対日姿勢である。

 たとえば、岸田外相との会談後、王外相は「小さい問題が残っているが、日本側も(中国側と)同様に前向きな意志があれば、われわれはすぐに合意できる」と述べ、海洋での不測の事態回避に向けた「海空連絡メカニズム」に関して、高級事務レベル協議を開いた上で早期にスタートできるとの認識を示した。

 今まで、日本側が同メカニズムの早期運用を強く要求してきたが、中国は難色を示してきた。しかし今回、王外相は一転して合意への意欲を示し、「双方の努力で海上摩擦をコントロールする」と前向きな姿勢を見せた。

 同時に、王外相は日中首脳会談の早期開催にも積極的な姿勢を見せた。中国側が想定しているのは、一つは年内開催予定の日中韓首脳会談であり、もう一つは、9月4日から中国杭州で始まる20カ国・地域(G20)首脳会合に合せての日中首脳会談である。

 実際、東京での日中外相会談の翌日、北京では中国外交担当トップの楊潔?国務委員(副首相級)が日本の国家安全保障会議(NSC)の谷内正太郎国家安全保障局長と会談し、まさにG20に合わせた安倍首相と習近平国家主席の首脳会談の開催に向けて調整したとみられる。当日、中国の李克強首相までが「数段格下」の谷内氏と会ったことからも、中国政府の「対日重視姿勢」がことさらに示された。G20に合わせた日中首脳会談の開催はほぼ確定事項となっている模様だ。

 このように、日中韓外相会談を機に、中国政府が急スピードで対日関係の改善に乗り出したことは明々白々であるが、つい最近までの中国側の厳しい対日姿勢とはまさに打って変わっての豹変ぶりであろう。今年の夏に入ってから、中国は軍艦を日本の領海に侵入させ日本に対する軍事的恫喝を行ったり、公船や偽装漁船を大量に日本の近海に来襲させ、緊張を高めてきた。中国側の一連の軍事的挑発行動によって、日中関係は一時「開戦前夜」のような危険水域に入ったのはつい8月中旬までのことであるが、下旬になると、前述のように中国政府は今までの対日強硬姿勢から一転して日本との関係改善に急ぐような外交を始めたのは、いかにも不自然な方針の急転換である。こうした外交姿勢の180度の急転換の背後には、一体何があるのか。

 この答えとなるキーワードは先ほどすでに登場した。そう、中国が議長国となる「G20首脳会合」の開催なのである。

  ・すべては、G20を成功させるため

 王外相は前述の岸田外相との会談後に記者団に対し、来るべきG20について「日本側も成功に向けて中国と共に努力したいと表明した」と強調したが、実は日本側からの、「中国と共に努力したい」という態度表明こそ中国政府が喉から手が出るほど欲しかったセリフであり、王外相はまさにこの言質一つを取るために日本にやってきて一連の対日改善外交を展開していたと言っても良い。

 すべては、中国が議長国となるG20を成功させるためなのである。

(>>2以降に続く)

石 平 (中国問題・日中問題評論家)

WEDGE Infinity 2016年08月26日(Fri)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7628?page=1



2:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:27:32.97 ID:CAP_USER.net

>>1の続き)

 9月4日、5日の2日間、中国浙江省杭州市で開催される予定のG20は、中国にとって、とりわけ中国の習近平国家主席にとって、どれほど重要な会議であるかは、この半年間の中国を取り囲む国際環境の変化を一目見れば十分に分かる。

 まずは5月下旬に開かれた伊勢志摩サミットを見てみよう。伊勢志摩サミットの首脳宣言は、サミットとしては初めて南シナ海問題を取り上げた。名指しこそ避けているものの内容は中国に対する牽制と警告と批判となっていることは明白である。矛先は完全に、中国に向いている。

 一方、オバマ大統領がサミットで日本に来る前に、まずベトナムを訪問した。その際、オバマ大統領はベトナムに対して、今後アメリカはベトナムに対する武器の禁輸を、全面的に解除すると宣言した。アメリカが社会主義国家に対して武器の禁輸を全面解除するというのは驚きであるが、その狙いはただ一つ、ベトナムの後押しを以って中国に対抗するためである。

 伊勢志摩サミット終了直後から、シンガポールで毎年恒例のアジア安全保障会議が開かれたが、ここでもまた、中国にとって大変衝撃的な出来事が起きた。

  ・アメリカと歩調を合わせると言うフランス

 会議ではアメリカが先頭に立ち、カーター国務長官が中国を厳しく批判したが、中国にとって一番意外だったのは、会議に参加したフランス国防大臣の発言であろう。

 アメリカは去年から断続的に、南シナ海で中国を封じ込める為に航行の自由作戦を展開してきていることは周知の通りだが、上述のアジア安全保障会議において、フランスの国防大臣はフランスもいずれこの南シナ海の航行の自由作戦に参加すると宣言した。それだけではなく、フランスは今後、EU各国に呼びかけて、アメリカと歩調を合わせて南シナ海で航行の自由作戦に参加するとも言い出した。

 今までフランスは、南シナ海の問題に関してはいわば「部外者」の立場を取っていてあまり口出しはしなかった。しかもどちらかと言えば中国とは友好関係にある。このフランスまでが、アメリカと歩調を合わせて中国を押さえつけ封じ込める姿勢に出たことにより、習近平政権の孤立化がより一層深まったといえよう。

 そして7月、周知のようにオランダ・ハーグの仲裁裁判所が、南シナ海における中国の主張や行動は国連海洋法条約違反だとしてフィリピンが求めた仲裁手続きについての裁定を公表した。それは、中国が南シナ海の広い範囲に独自に設定した「九段線」に「法的根拠はない」と明確に認定した画期的な裁定であった。

 この裁定内容は、南シナ海の主権に関する中国政府の主張をほぼ全面的に退けたものだ。いわゆる九段線の「歴史的権利」が完全に否定されることによって、南シナ海全体への中国支配の正当性の根拠が根底からひっくり返されたのである。

 裁定に対する中国政府の反応について、6月1日掲載の私の論考で詳しく記述しているが、それはまさに「凄まじい」との一言に尽きる。ありとあらゆる手を使い、裁定に反発したのだ。

 このように、今年5月の伊勢志摩サミットから7月の国際裁判所の南シナ海裁定までの一連の流れにおいて、いわば南シナ海問題を巡って、習近平政権の進める覇権主義外交は国際社会の反発と抵抗に遭ってかなりの劣勢に立たされ、中国の孤立化が進んでいることは明らかだ。こうした中で、7月13日、これまでにアジアの中でも突出して中国と親密関係にあった韓国が、習政権の強い反発を跳ね返して米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を韓国国内に配備することを決めた。中国はこれで、アジア最大の「親友」であるはずの朴政権に対しても厳しい姿勢で臨む羽目になり、孤立感がよりいっそう深まったはずだ。習政権からすると、今の中国周辺はまさに「敵ばかり」のような状態であろう。

(更に続く)



3:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:28:11.54 ID:CAP_USER.net

>>2の続き)

  ・「主題は経済成長であり、妨害はさせない」

 このような外交的行き詰まりをどうやって打開するのかは、習近平政権にとって重大かつ緊急の課題となっているが、そこで習政権が目を付けたのは当然、久しぶりに中国で開かれる国際的重要会議のG20である。中国が議長国として采配を振るい、日米首脳を始め世界の先進国とアジア主要国の首脳が一堂に集まるこの会議は、習政権にとってはまさに劣勢挽回のための起死回生のチャンスとなる。これを最大限に利用しない手はないのである。

 実際、習政権がこの会議にかける意気込みは並々ならぬものである。8月17日の産經新聞の記事によると、会議の開催地となる中国浙江省の杭州市では、早くも厳戒ムードが広がっているという。市内に向かう他省ナンバー車に厳格なチェックが義務づけられ、不審物を警戒し会議場付近や観光地でマンホールが封印された。大気汚染対策として周辺の工場に停止命令を出したりするなど、強権的な措置も相次いで発動されているのである。習政権は会議の「円満成功」に全力を挙げていることがよく分かる。

 もちろん中国政府もよく分かっているように、この首脳会議を中国の望む形で「成功」させるためには、現地の保安体制の強化程度ではまったく不十分だ。G20を中国の外交的劣勢挽回のチャンスとして最大限に生かすためには、中国がいくつか、重要な外交戦略を講じなければならないのである。

 その一つはすなわち、会議の議題を中国のアキレス腱となっている「南シナ海問題」から完全に切り離して、会議全体の基調を中国にとって有利な方向へと誘導していくことである。

 8月15日、中国外務省の李保東次官は、9月のG20会議に関する記者会見を行ったが、彼がそこで語ったことに、中国の思惑のすべてが凝縮されていると感じられる。

 李次官はまず、会議の議題について「主題は経済成長であり、妨害はさせない」として、南シナ海問題を議題にしようとする動きを議長国として強く牽制した。

 李次官はさらに、世界経済について「依然として比較的大きな下振れ圧力に直面し、国際貿易は低迷し、保護主義が台頭するなど、不安定で不確定な要素が増加している」と指摘した。こうした中で、参加国は会議や中国に大きな期待を抱いているとして「世界経済の行方を指し示すといったG20の指導力の発揮と、国際的な経済協力の強化、協力のための新たなメカニズムの創設」などを目標に掲げた。

 海外メディアが「南シナ海問題について、中国の立場を説明するよい機会ではないのか」と質問すると、李氏は「国際会議では、一部の国が自ら関心のある問題を持ち出そうとするが、参加国の総意は経済問題に集中することだ」と釘を刺した。

 李次官のこの一連の発言から、習近平政権の企む「G20戦略」は火を見るより明らかだ。要するに、中国の外交的劣勢の原因となる「南シナ海問題」に関する議論を会議から一切排除した上で、会議の関心点と方向性を、中国と周辺国との紛争の源である領土・領海問題とは無関係の「国際経済問題」へと持っていくことである。そうすることによって、中国は面倒なことが避けられ、参加国から批判の嵐に晒されずにすむであろう。そして、中国が「指導力」を発揮して「国際的な経済協力のメカニズムを創出する」という形を作り出すことによって、中国は「アジアの問題児」であるどころか、むしろ「世界のリーダー」として再び、国際社会での主導権を握ることになる。もちろんその結果、南シナ海問題から発したところの中国の外交的劣勢は完全に払拭されることになる、という目論見であろう。

  ・安倍首相を懐柔する以外にない

 以上が、G20首脳会議開催に向けての中国政府の外交戦略の概要であるが、その目的達成のために、中国政府はもう一つ、急いで講じなければならないのがまさに「日本対策」なのである。

 G20会議を中国にとっての「成功」へと導くために、南シナ海問題が会議で提起されることを排除しなければならないのは前述の通りだが、この点に関して、中国にとって安心材料となるのは、今、南シナ海の領有権問題で中国ともっとも激しく争っているベトナムとフィリピンの両国が、G20会議の参加国ではないことである。その他のアジアからの参加国に関していえば、インドにしてもインドネシアにしても韓国にしても、「南シナ海紛争」とは一定の距離をおいているから、これらの国々の動向も中国にとってそれほどの心配はない。

(更に続く)



5:ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:28:38.63 ID:CAP_USER.net

>>3の続き)

 その中で、中国がもっとも警戒しているのはやはり日本であり、日本の安倍政権こそが、中国の心配と悩みの種なのである。

 少なくとも中国から見れば、前述の伊勢志摩サミットを中国批判の方向へと誘導したのはまさに日本の安倍晋三首相であり、例の南シナ海裁定を全面的に支持しているのも日本である。そして日本政府こそが今まで、あらゆる国際会議を利用して南シナ海問題を持ち出して中国批判を強めてきている、という考えであるから、G20会議を「成功」させるためには、安倍首相の「会議荒らし」をいかに事前に防ぐのかが、中国政府にとっての重大な外交課題となっている。

 しかし一方、議長国として安倍首相の会議参加を拒否することは当然できないし、一国の首脳の発言を会議の席で封じ込めることも出来ない。そうすると、中国政府にとっての選択肢はただ一つしかない。要するに、会議の開催の前に急いで日中関係の改善に乗り出して安倍首相を懐柔する以外にない、ということである。

 だからこそ、8月24日からの中国王外相の一連の慌ただしい対日外交の展開が見られたのであり、中国は一転して意外とも言えるほどの「対日友好姿勢」を示し始めたわけである。この一連の対日外交工作の仕上げはすなわち、G20会議に合わせての日中首脳会談の開催であるが、おそらく習政権からすれば、それほどの友好姿勢を示して安倍首相と日本政府に好意を寄せた以上、さすがに安倍首相はG20会議では中国の意を汲んで南シナ海問題に言及せず、もっぱら経済問題を語り中国主導の「国際的経済協力メカニズム」の創立に協力してくるのであろう。そうなれば、中国の目的は自ずと達成できることになるのである。

 以上が、王毅外相の日本訪問から始まった一連の「対日友好外交」の真意と、G20首脳会議にかけた中国側の思いと戦略的思惑であるが、問題は、G20会議が中国側の思惑通りに運ばれて中国の目的が達成した暁には、一時的な便宜としての「対日友好姿勢」は果たしてそのまま継続するかどうかである。

 日本政府と安倍首相はこの点も見据えた上で、今後の対中外交の方針と日本自身の「G20戦略」を定めていくべきであろう。

(おしまい)



120:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:45:25.00 ID:Y30WlBps.net

>>5
調子が良すぎる。もう、日本人は中国を信用しない。本性さらした
のに誰が信用する?



172:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/27(土) 01:12:34.65 ID:RvGoMAg/.net

>>3>>5
尖閣侵略策動をきっぱりやめる誠意ぐらい見せもしないで、中国は何を
いっているのか。
日本としては、G20で南シナ海問題を持ち出すのは当たり前でしょう。
だいたい、尖閣侵略策動がなくても持ち出す必要あるのに。



6:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:28:52.65 ID:oKkwM8fw.net

G20は基本的に金融と経済を話し合う会議で
領土問題なんかを扱う場所じゃないだろ……
どこの国か知らないけど議長国の進行に従うべきで
関係ない傍論は控えるべきだとおもう



9:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:31:28.73 ID:9lt1rlQg.net

>>6
航海の安全を脅かすならず者への対応は、国際貿易を円滑に行うには必要では。



39:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:49:06.46 ID:vlXm5hWJ.net

>>6
あの海域を民間の船舶が自由に航行できなくなったら、
周辺国だけでなく日本の経済にとっても大打撃なのだが。



144:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/27(土) 00:13:38.56 ID:/cObyLNZ.net

>>6
特定の2者に限定した話じゃないんだけど・・・



8:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:31:26.07 ID:wu8/D+JM.net

>>6
地球温暖化も話したことあるし、別にそれだけに限定しなきゃならない場ではない



7:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:31:23.33 ID:2c/Kb7cS.net

尖閣侵入繰り返しながらG20のためだけの支那の対日友好姿勢は受入不可能。


13:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:33:38.78 ID:bxXPjKT6.net

自分で荒らして勝手に人のせいにする

大朝鮮やねぇ



15:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:35:36.41 ID:APLtfU/8.net

たまにはちゃぶ台ひっくり返してこいよw


21:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:39:55.23 ID:9PLFy6Ok.net

南シナ海は持ち出さないけど
尖閣は持ち出すよ

とかやってほしい



25:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:43:03.63 ID:Bi0VvheK.net

南シナ海は究極の経済問題だろ
経済問題なら当然議題に上がるわなw
支那も経済問題の話ならしていいと言ってるし、正々堂々と話題に出来るなw



29:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:44:24.58 ID:/sHCNeM+.net

よしG20直前か最中に、尖閣で日米合同演習でもするかwww


32:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:46:07.31 ID:5/+XoUrr.net

>すべては、G20を成功させるため

虎ノ門ニュースで青山繁晴氏が分析していたとおりだな。



35:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:47:21.17 ID:nhKb5Onk.net

王毅外相の韓国外し
態度が露骨すぎるんだよw



36:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:47:33.48 ID:2ZnZtQfT.net

わかりやすすぎだろ
じゃあ荒しちゃえってことになるわなwww



42:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:50:10.23 ID:gJJ2pDt/.net

G20 がうまく運んだところで
(漁民を装った) 海上民兵が尖閣に上陸、って魂胆だな...ちょうど
台風シーズンになるから
緊急避難名目で上陸しやすいしなぁ...



79:61式戦車 ◆4G.kH07EZY @\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:13:29.53 ID:fBdmkz1C.net

>>42
上陸出来れば良いけどな。



52:亜生肉 ◆fD0UyRfttY @\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:57:04.79 ID:SFgXdiip.net

>>1
敵国を一々忖度する方がおかしいだろうに



56:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 22:58:06.89 ID:Qvm66Xwh.net

2000年も前から、こうやってしょうもないことばかりグダグダやってきた。その結果が
あの粗末な国だよ。



59:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:00:39.68 ID:xPNuQrmH.net

別にG20なんて成功しようが失敗しようがホスト国じゃないし、気楽な安倍ちゃんかしら。


62:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:01:04.81 ID:/sHCNeM+.net

仮に議題を経済だけにしぼっても、
中国はフクロだたきにあって、
言い訳に終始するんじゃねーの?www



64:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:03:48.63 ID:bDmcu0Xh.net

中国朝鮮人を信用してはいけない


66:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:04:59.12 ID:ZU5TC09N.net

そもそもG20はきちんと全ての国が参加して開催されるの?
南朝鮮のお姫様は早々に参加宣言してた気がするけど。



68:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:06:19.16 ID:o9h1quk1.net

昔から支那共産党は困ったら日本を利用するんだよな。国民党との戦い、文革後の経済建て直し、天安門後の孤立、南シナ海埋め立て。政府も外務省も支那共産党に騙されるのも大概にしとけよ。


69:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:07:32.33 ID:rXxCk2mB.net

>>1
石平のおっちゃんの解説は分かりやすくて良いな。
少なくとも自分は懐柔など望んでいない。G20で発言して中国のメンツを潰す事が大事。もし懐柔するなら中国が南シナ海と尖閣から手を引く事が条件だな。



75:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:09:51.50 ID:nouPcoPJ.net

友好姿勢なんてどこに有るんだよ?www
尖閣諸島には手を出しまくりだし、
南シナ海の吉を爆破撤収でもしたのか?



81:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:15:21.61 ID:G1NAxExO.net

中国
途中はどんな嘘をついてもいいんだよ
最後に勝てば嘘も方便だよ。
騙されるほうが悪いんだよ。



87:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:17:58.95 ID:FZqQvngD.net

日本は外交が下手だから、中国に振り回されるよ。

G20が終われば、中国は口約束なんか無視して、
再び日本を高圧的に脅してくるよ。
日本の外交はその先を考えろよ。



100:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:25:33.49 ID:DZ+fy719.net

ある意味正しいな

シナ人は目先の面子を最優先する
長期的な戦略なんか二の次
キンペーがG20で面子を潰さないことが、現時点でシナの国家としての最優先事項なんだろ



109:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:33:40.99 ID:ViTtnZmA.net

G20の直前あるいは会期中にアメリカの空母やらなんやらが
南シナ海でクルージングしてても議題にはならないのかね



112:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:37:28.44 ID:IcPA4isz.net

小手先だけで繕おうとする意図が見え見えだからな
そんな中国人が思いつく程度の小細工外交に日本が乗るわけないだろ



121:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:47:17.05 ID:lmMwFW0l.net

大事な国際会議前になると懐柔姿勢を見せる
その後は放置して人のせい

中国のお家芸だろ





このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事