1:名無しさん@涙目です。:NG NG BE:697145802-PLT(15610).net

(1/5)
お得意さま中国から嫌がらせ、米政府も激怒“北朝鮮を利する”…米ハリウッドが敵視され始めたワケ
http://www.sankei.com/west/news/170816/wst1708160007-n1.html

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、
久々となるハリウッド&中国ネタでございます。

 5月4日付の本コラム「中国に媚びたが“冷や水”…目が覚めたハリウッド、買収案件『金ない』次々ご破算の深い事情」でご紹介したように、恐らく今年、米を抜き世界最大の映画市場に成長するとみられる中国に近年、ハリウッドが媚(こ)びまくっているにも関わらず、最近、中国政府と米政府の“方針転換”によって結局、冷や水を浴びせられる結果に陥(おちい)っている状況についてご説明しました。

 だがしかし。そうした状況が最近、さらに加速しているようなのです。平たく言えば、両国の政府がいよいよ、中国市場に媚びを売り続けるハリウッドと、“めざせハリウッド”を旗印に米の映画・メディア関連企業の買収をもくろむ中国の産業界に“くさび”を打ち込みつつあるのです。というわけで、今週の本コラムでは、この新しい状況についてご説明いたします。

 そもそもハリウッドが中国に媚びを売りまくるのは、中国の人民が派手&目がチカチカするようなCG(コンピューター・グラフィックス)に代表される特殊撮影満載のハリウッドのブロックバスター(娯楽大作)に熱狂し過ぎているからだと思っていたのですが、どうやらそれはあくまで人民レベルのお話。少なくとも、当局(政府)は昔から苦々しく感じているようです。

 7月25日付の米紙ロサンゼルス・タイムズや8月3日付の米経済系ニュース専門チャンネルCNBC(いずれも電子版)などが報じていますが、中国当局が今夏、自国の映画産業を守るため、かき入れ時のサマーシーズンなどにハリウッドの娯楽大作といった海外作品の上映を制限する通称「ブラックアウト」を2015年以来、1年ぶりに本格実施したのです。

 この「ブラックアウト」、中国での映画需要がピークを迎える7月から8月のサマーシーズンをはじめ、2月の旧正月(春節)、10月の国慶節(こっけいせつ=建国記念日)の大型連休中に行われています。
(続きは下の方)



2:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:01:52.40 ID:ogCK5FuH0.net BE:697145802-PLT(15610)

(2/5)
 あくまで非公式な措置で、公式文書などは存在していませんが、上海にある市場調査会社「チャイナ・マーケット・リサーチ・グループ」のトップ、ベン・カヴェンダー氏が前述のCNBCに語ったところによると、2004年、中国・香港合作の映画「ラヴァーズ」(チャン・イーモウ監督、英題=House of Flying Daggers)の中国での興行収入を増やすため、この年の夏、初めて行われたといい、以降、毎年実施されているようです。

 ちなみに今夏の場合、7月中旬から8月下旬にかけて、ハリウッドの娯楽大作の公開が予定されていないことから、「ブラックアウト」は既に始まっているとみられています。そして当然ながら、中国外務省も、中国全土のテレビやラジオ、新聞、出版社を管轄する機関「国家新聞出版広電総局」も前述のCNBCの取材に対し、ノーコメントを貫いています。

 そして今夏、この「ブラックアウト」の直撃を受けたのが
米などで大ヒット中の「スパイダーマン:ホームカミング」(ジョン・ワッツ監督)です。

■1000億円級の大ヒット作、中国では夏休み「後」に公開…

 この作品、米では7月7日、その前後に世界各国で公開され、現在、米で約2億9400万ドル(約325億円)、全世界で6億7000万ドル(約741億円)を稼ぐ大ヒットを記録中で、日本でも3連休初日の8月11日に封切りです。

 無論、映画人口が“爆買い”ならぬ“爆増”している中国でこの時期、公開すれば全世界での興収が大幅に上乗せされるのは間違いないのですが、中国の映画レビューサイト、Doubanによると、何と中国での公開はサマーシーズンが終わった9月8日…。

 また、スパイダーマンのシリーズと同様、根強い人気のSFシリーズの最新作「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」も米では7月14日公開ですが、中国での公開は9月15日です。



3:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:02:24.25 ID:ogCK5FuH0.net BE:697145802-PLT(15610)

(3/5)
 さらに、欧州で大人気の仏のSF大作で、米では7月21日、仏では同26日に封切られた「ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ(原題)」(リュック・ベッソン監督)や、英米で7月21日に封切られた英米仏蘭合作の戦争映画「ダンケルク」(クリストファー・ノーラン監督)といった、世界各国でのサマーシーズン需要狙いの大作についても、中国ではそれが終わった秋の公開になるといいます。

 ちなみに、2015年の「ブラックアウト」は6月19日から8月いっぱいまで行われましたが、昨夏は国内の夏の映画興行収入全体が不調だったため、「ブラックアウト」の期間を短縮。そのため7月末から8月にはハリウッドの娯楽大作がたくさん公開されました(今年7月11日付米業界誌ハリウッド・リポーター電子版)。

 しかし、今年は一転、これを完全復活させ、例年通りの厳しい「ブラックアウト」になりました。やはり「スパイダーマン」と「猿の惑星」といえば、単なるハリウッドの人気映画というより、米文化のアイコン(象徴)ですから、当局としては人民に“そんなんより、自国の映画と文化に親しみなさい”という強力なメッセージを送ったとしか思えません。

 そして実際、今夏の「ブラックアウト」は大いに効力を発揮しました。北京にある映画を中心としたエンタメ系リサーチ会社EntGroupの調べでは、6月25日までの週の中国国内の週間映画興収ランキングを見ると、ベスト10の10作品のうち、5作品はハリウッドを中心とした海外作品でした。

 ところが「ブラックアウト」実施中の7月30日までの週の週間映画興収ランキングをみると、当たり前ながら、「ウルフ・ウォリアー2」や「ザ・ファウンディング・オブ・アン・アーミー」、「ブラザーフッド・オブ・ブレーズ2」といった自国の作品ばかり。

 唯一、ランキングに入っていたのはハリウッドの人気作「怪盗グルーのミニオン大脱走」でしたが、この作品の公開は「ブラックアウト」施行前の7月7日…。



4:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:02:54.40 ID:ogCK5FuH0.net BE:697145802-PLT(15610)

(4/5)
 とりわけ今夏は、8月1日に人民解放軍が創設90周年を迎え、記念式典などが行われました。そのため、国内の映画のほとんどは、この節目を祝うさまざまな記念行事に歩調を合わすかのように、その1週間前に公開。

 内容も、米の傭兵と戦う中国軍の元特殊部隊のメンバーの活躍を描く「ウルフ・ウォリアー2」のように、愛国心や自己犠牲に重きを置いたものが目立つといいます。

 人民と業界の熱狂をよそに、ハリウッド映画に対する中国当局の徹底した“塩対応”に感服してしまうわけですが、米政府もハリウッドと中国資本が親密になることに強い拒否反応を示し始めています。

 8月2日付米業界誌ハリウッド・リポーター(電子版)を読んで驚いたのですが、野党である米民主党のチャック・シューマー上院院内総務が、昨今のハリウッドに流れ込む中国資本に代表される中国の対米投資を阻止するよう、ドナルド・トランプ大統領(保守・共和党)に書簡を送ったというのです。

 具体的には、各省庁の横断組織で財務省が運営する「対米外国投資委員会(CFIUS)」の権限を行使し、中国企業が米で行うすべての合併・買収(M&A)案件を中止するよう求めたのです。

 米の議員たちは、こうした状況を放置しておけば、米の映画業界やメディア企業が、中国のプロパガンダ(特定の主義・思想についての政治的な宣伝)を利する危険性があると警告していますが、シューマー氏はさらなる危険を放置するわけに行かないと強く訴えます。

 どういうことか?。彼はトランプ大統領に送った書簡でこう訴えたのです。「米が中国に経済的圧力を強めない限り、中国が北朝鮮を抑止することはないというのが私の評価であり、米は中国政府に明確なメッセージを送る必要がある」

 つまり、ハリウッドに代表される中国の対米投資を放置すれば、自国の映画やメディア企業が中国の手先になるばかりでなく、核ミサイル計画を着々と進め、いまや世界の脅威となっている北朝鮮をも利することになるというわけです。



5:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:03:37.15 ID:ogCK5FuH0.net BE:697145802-PLT(15610)

(5/5)
 7月14日付の本コラム「“貧しい北朝鮮”は大ウソ? 強気ミサイル発射のワケは…

山岳に眠る『1100兆円』と、あの国の存在」でもご説明したように、中国は北朝鮮にとって重要な資源輸出国。米が中国に怒り心頭なのは無理もない話です。前述のハリウッド・リポーター誌は<この措置が実行されれば、世界第2位のエンターテインメント市場(中国のことですね)からの資金調達に依存するハリウッドへの中国資本の流入が大幅に凍結されることになる>と説明しています。

 卵が先かニワトリが先かというレベルのお話ですが、金儲け優先で中国に尻尾を振って擦り寄っても、間違いなく、何も良いことはないと思いますがね…。
(本文ここまで)



8:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:06:04.68 ID:6uJGJFmL0.net

情けねえな


12:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:09:16.74 ID:QeV8w1Ld0.net

人権訴えてる連中が中国から金もらってて
中国の非人道的行為指摘したら干されるのが
いまのハリウッドだからな



29:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:20:17.70 ID:NWEiVR370.net

>>12
それで一本映画が撮れるな



31:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:24:39.28 ID:vZE+Uf2Z0.net

>>12
「人権」は一番儲かる商売だからな



14:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:10:50.97 ID:vR4qQWPb0.net

キングコング最新作をレンタルで見たが
何の意味もない役に中国人女優を起用して、たまに何の意味もないセリフを吐き、何の意味もなく最後まで生き残ってたのを見てワロタw



15:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:11:54.43 ID:8bnriwzs0.net

falloutとか思いっきりケンカ売ってるけど中国人的にはあのゲームどうなのかな


23:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:17:40.07 ID:PDOw0v9z0.net

>>15
中国軍ステルスアーマーがある以上ケンカ売ってないだろ



49:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:41:46.49 ID:m9jHLb040.net

>>15
戦前から生きてる中国兵グールも出てたろ
皮肉なことにコモンウェルスじゃまともな人だった



17:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:12:06.01 ID:6p9AD6C60.net

最近だとキングコングが酷かったな 中国女だけ なぜか汚れもせず事態解決するとかなw


18:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:14:32.77 ID:ib5PYt2T0.net

中国のおかげでワイスピが最速で最高額稼いだんだっけか
なんでもそうはうまく行くわけないのにな



19:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:15:33.77 ID:JzUh/rYU0.net

ハリウッドて昔から糞な反米だよなあ

前はアカばっかりで親ソ系多かったし
今は中国に土下座とかw



25:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:19:08.33 ID:UOyHfwoRO.net

>>19
ハリウッドなんて 昔から箸にも棒にもかからないお馬鹿娯楽映画を大量生産してるだけだよ



71:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:56:27.18 ID:v5/xkXHL0.net

>>19
ユダヤ人が作ったんだから当たり前



21:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:17:05.33 ID:OfXIjfsg0.net

>>1
まず中国政府は、エンタメを地産地消にしていく方針に切り替えてる。
映画、漫画、音楽、全て中国国内で制作して中国人が消費する。

海外コンテンツの規制が厳しくなっている。
アメリカの映画会社は中国市場で儲けたいから、中国の俳優使ったり、中国国内でロケして、なんとか海外作品の上映枠に入るように売り込んでる。
日本の漫画も出版社が中国市場を視野に企画を立てている現状もある。
K-POPも規制対象になった。

中国政府が海外への資産流出を防ぐ政策は、アメリカ映画への投資にも影響している。
資金も出さず、中国市場で商売も出来なければアメリカには旨味は無い。



20:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:16:40.64 ID:y8medv7T0.net

オデッセイとか最後は中国様が助けてくれるんだぜww


34:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:26:04.66 ID:mX1cC1m30.net

>>20
原作からそーなってるんだけどさー
映画の中だと中国がかなり善人っぽく描かれてて違和感あったわ



130:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 23:22:30.17 ID:JLxRtGZs0.net

>>20
あれは酷かったな
習近平みたいな俳優も出てたしw



27:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:19:20.16 ID:RDu56l6m0.net

ハリウッドも地に堕ちたなぁ


32:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:25:21.90 ID:sxo/xMmU0.net

クールジャパン。日本食が世界中で大人気ってあおり続けるのもいいけど、
100円のものを120円で売りつけるのはジャパンプレミアムじゃなくて、ジャパンディスカウントだ。
このまま続けてたら家電と同じ道をたどる。



38:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:31:10.15 ID:EZAb0dQF0.net

ハリウッドって共和党支持してると仕事がないって聞いたけど 自由の国の象徴が聞いてあきれる


39:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:33:47.31 ID:6Nu9jt980.net

>>1
スパイダーマンホームカミング
この間の週末に中国で公開されて、3日間で7000万ドル、75億円相当を稼ぎ出したようだ



41:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:34:53.37 ID:EaPe9WtJ0.net

キングコングにもいかにもねじ込みましたみたいな中国人女優がいたな


46:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:39:24.61 ID:6Nu9jt980.net

>>41
ジンティエンをゴリラ押ししたキングコングのレジェンダリーはワンダグループが買収したけど
そのワンダグループは、海外への資金移動を制限されり資金繰りに困った挙句、1兆円規模の資産を売却したね
海外での映画製作にも大きな影響が出そうだ



42:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:35:14.39 ID:Ol69/pMZ0.net

お馬鹿な娯楽特化してる方の映画は、中国出してるけどぶっ壊して吹き飛ばして中国人はアイヤーといって逃げ惑うか、
ホームレスみたいなカンフーの達人が唐突に暴れたりで、これ、監督中国馬鹿にしてるだろってのが結構あるな。
なんか感動売りの大作路線のは媚び媚びだが。



45:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:38:26.77 ID:O1L5ZNSu0.net

ゼログラビティなんか無様な黒歴史だろ。
ロシアがデブリ撒き散らして中国が助けるとかw
どう考えても中国が問題起こすの一択だろうに



55:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:46:25.46 ID:k555TLmb0.net

>>45
実際にそれやって深刻なレベルでデブリ撒き散らしたのは中共だしな
あの映画は本当に酷かった



48:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:40:29.46 ID:q4/rE4X30.net

ハリウッドは赤狩りで著名な俳優達を公開処刑していった前科があるからな


52:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:44:27.41 ID:xMScPbqm0.net

映画ならまだまし
歴史ドキュメンタリーでも中国に媚びまくって捏造しまくり



53:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:44:33.06 ID:Kr0e60Z10.net

映画業界だもの。
建前のポリコレより、
金とマーケットだわなあ。



57:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:46:32.03 ID:RDu56l6m0.net

アメリカ人ともあろう者がチャンコロごときに媚びるとは情けない
チャンコロなんてアジアンの中でも一番クズでゴミな人種やぞ
恥を知れ
アメリカのプライドはどこへ行った



58:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:46:55.58 ID:gCiN9IGP0.net

パシフィックリムの続編も中国様のお陰だから、そこだけは感謝


65:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:52:54.67 ID:OfXIjfsg0.net

>>58
監督のギレルモ・デル・トロから離れてノータッチだから、「怪獣」とか日本オマージュ要素は無くなるだろうなあ。



63:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:52:05.08 ID:+/cnZ4UO0.net

そりゃあそうだろう国策映画社だもの
しかし最近のアメリカはバランスが悪いな
昔はトム・クルーズ何か反戦映画と戦争高揚映画を同時に撮っていたぞう



69:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:55:43.98 ID:IIwnOAtB0.net

無意味に中国系俳優を起用するだけなら良いんだけどね。
問題は、しれっと反日を混ぜ込んでくるところ。
「Falling Skies」の南京云々の部分とか



73:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:57:31.73 ID:nOdM61V70.net

バブルの頃日本が映画会社を買収しようとした時は、物凄いバッシングが起こったのよ。形式的にはアメリカ映画の文化保護という名目だったんだけど、新聞や雑誌のカリカチュアを看るとレイシズム以外に何ものでもなかった。
同じ事をChinaがやってもあまり波風が立たない。これは連中のやり方が上手いという事もあるけど、アメリカのメディアの中に人種差別に根ざした反日傾向がまだまだ根強いという事は認識する必要がある。



137:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 23:47:52.89 ID:fHYygEuA0.net

>>73
今はアンチレイシズムがうるさいからできないだけだろ



74:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:57:33.76 ID:A3o3Hs970.net

今のハリウッド映画は本当くそつまんねえ


78:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 20:59:48.45 ID:XiPhjCdJ0.net

戦争物が見たいな。米軍が北チョンをボコボコにするやつ。


91:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 21:22:46.85 ID:6JU9PPL10.net

中国に媚びると無茶ぶりされるのは常識なんだけど、さじ加減わからん連中が多いよな


96:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 21:45:17.35 ID:kUcGtcB+0.net

思えば2012で中国のテクノロジーで世界を救う描写でアレッと思った


101:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 22:06:16.17 ID:6JU9PPL10.net

中国に媚を売りまくってたフランスのカルフールが物理的にボコボコにされて大赤字で中国撤退していったからな
間抜けも良いとこ



103:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 22:09:59.72 ID:6Nu9jt980.net

今年前半は中国でもハリウッド映画の大ヒットが続いて
ついにはシェアがハリウッド>中国映画になった
夏のブラックアウト再開はそれをみて発動されたんだと思うな



106:名無しさん@涙目です。:2017/09/11(月) 22:11:58.59 ID:5kGuSGlw0.net

これはいいことだな
ハリウッドの偽善者ども





このエントリーをはてなブックマークに追加




最新記事一覧


他ブログのおすすめ記事