科学技術

M5.4地震騒動で『韓国が露骨に日本を頼みにし始める』予想通りの情勢に。技術をねだってきた模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:らむちゃん ★:2017/11/23(木) 09:04:57.73 ID:CAP_USER.net

地震被害に悩む韓国で、日本が行うある対策に注目集まる=韓国ネット「日本製を100%輸入しよう」「日本は先進国、韓国は格好つけた後進国」

レコードチャイナ 2017年11月23日 08時50分 (2017年11月23日 08時53分 更新)

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171123/Recordchina_20171123017.html

2017年11月21日、韓国・KBSは、今回の浦項(ポハン)地震で新たな争点として浮上した「液状化現象」を受け、日本の対策に注目が集まっていると伝えた。

15日に韓国南東部・浦項で発生したマグニチュード(M)5.4の地震により、震源地付近で液状化現象が確認されるなどあちこちから心配する声が上がる中、KBSはまず、日本が液状化に注目し始めた「新潟地震(1964年)」の様子を伝えている。当時、地震の影響から川辺に建てられたマンション8棟のうち3棟が建物ごと倒れたというが、その原因は「液状化現象」だったとされる。

以降、日本では「全国液状化マップ(液状化予測図)」を作成して地盤強化事業を進めてきたという。この時、高層ビルを建てる際に硬い岩盤まで支柱を打ち込むことも義務化された。また、低層の建物の場合は柔らかい地盤に丸太を打ち込んで液状化問題を解決しているという。丸太の液状化防止効果を調べるための実験では、地震の振動を一定時間加えた場合、丸太を打ち込んでいない地盤は沈下して水が湧き出し建物が沈んでしまうことが分かった。つまり、丸太が地盤を固定して液状化被害対策につながるというのだ。

さらに、2020年開催の東京五輪を挙げて「埋立地での競技場建設に最先端の工法を動員するなど、液状化を予防するために全力を傾けている」と伝えている。

(全文は配信先で読んでください)



続きを読む

平昌会場の凍死問題が『考えうる限り最低最悪の方法』で解決した模様。死人が出るぞ!と日本側唖然

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2017/11/22(水) 09:12:16.10 ID:CAP_USER.net

2017年11月21日、開幕まで3カ月を切った平昌(ピョンチャン)五輪の観戦チケット販売が振るわないと伝えられている中、韓国・中央日報が、人々に現地観戦をためらわせている原因が大きく三つあると報じた。まずチケットそのものが高額なこと、次に「常識外れ」に高い現地宿泊費、そして開催地の厳しい寒さだという。

前者二つは需給バランスも影響した価格設定の問題としても、三つ目、ウインタースポーツの祭典が「寒さ」のせいで盛り上がらないというのは何とも皮肉だ。しかし平昌五輪会場ではすでに寒さで「被害」が出ている。今月4日、五輪の開・閉会式などが行われるメーン会場「オリンピックプラザ」でK?POPアーティストらによるコンサートが開かれ3万3000人余りが訪れたが、低体温症の患者が6人出てしまった。

当時の気温は3.4度、秒速8メートルの強い風が吹いていた。同地の地方気象台によると、来年2月の開・閉会式の体感温度はそれぞれ氷点下11.2度、同4.9度と予想されており、コンサートよりもはるかに過酷な状況になることは間違いない。

635億ウォン(約65億円)を投じ大会用に新設された同会場は、当初はドーム型が検討されたが、経費などの問題から屋根のない開放型の構造となった。五輪組織委は当日の寒さ対策として、風が入りやすい入り口側に防風シートを設置する、観客にポンチョやカイロ、膝掛けを提供する予定としている。

また開・閉幕式の総監督を務めるソン・スンファン氏は、「今から会場に屋根を付けることもできない」として、「観客が立ち上がって反応できるパフォーマンスを準備中」と明らかにした。観客自ら体を動かして熱を発してもらう、という究極の寒さ対策だ。

慶熙(キョンヒ)大体育大学院のキム・ドギュン教授によれば、北米のナショナルホッケーリーグ(NHL)ウインター・クラシックは屋外会場で開かれるが、寒いほど入場チケットや関連グッズの売り上げが上がるという。

キム教授は「天気と場所のせいにばかりせず、人々の心を動かす積極的なマーケティング戦略が必要だ」と強調したが、韓国のネットユーザーの反応は芳しくない。コメント欄には

「平昌は終わったね」
「五輪史上初、無観客試合になるかも」
「暖かい家でテレビで見る方がよほどいいよ」

といったコメントが並び、かかる費用や寒さを考えたら

「札幌に行って雪を思う存分見て、ビールを思う存分飲もう」という人もいた。


2017年11月22日(水) 8時10分
http://www.recordchina.co.jp/b219770-s0-c50.html



続きを読む

M5.4地震の避難実績に『韓国人が絶望的コメントを連発する』破滅的な情勢に。発覚する新事実に意気消沈

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:らむちゃん ★:2017/11/21(火) 19:25:30.93 ID:CAP_USER.net

レコードチャイナ 2017年11月21日 18時20分 (2017年11月21日 19時13分 更新)
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171121/Recordchina_20171121055.html

2017年11月21日、韓国・聯合ニュースによると、15日に発生した韓国南東部、慶尚北道の浦項市を震源とするマグニチュード5.4、震度3~4の地震により被害を受けた興海小学校が一部の建物を撤去することを決めた。しかし、同校の建物には耐震設計が施されていたことが分かり、それにも関わらず大きな被害が出たことに懸念の声が上がっている。

浦項教育支援庁によると、同校は全体の建物3棟のうち地震による被害が最も大きかった本館1棟を撤去する方針。学校の周りには18日から「建物崩壊の恐れあり。絶対に接近禁止」との横断幕が掲げられ、施設への出入りが制限されている。コンクリート柱や天井の崩れ、壁の崩れやひび割れ、外壁の剥がれなど全体的に地震による被害が大きかったという。同校は20日から24日までを臨時休校とし、27日からは近隣の複数の学校に生徒を振り分け、授業を再開する予定。

同校は国民災害安全ポータルサイトで耐震設計の施された建物として、被災者のための避難所に指定されていた。そのため「工事の過程で耐震設計がちゃんと施されていたのか」と疑う声が高まっているという。

浦項教育庁関係者は「本館以外の建物は致命的な損傷を受けていない」と説明し、「今後どのように運営していくか検討中」と明らかにした。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「ちゃんと施されていたわけがない。横領大国の韓国に正常な工事が行われた建物がいくつ存在するか…。建設会社は安全を無視し、自分さえ良ければいいと考えている」「耐震なのは設計だけ。施工と管理は手抜きだよ」「100%手抜き工事。情けない」など手抜き工事を確信する声が多く見られる。

(全文は配信先で読んでください)



続きを読む

放置されたセウォル号が『想像を絶する大変貌を遂げる』凄絶フラグが成立。日本側も本気で混乱している模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:Boo ★:2017/11/21(火) 21:05:44.06 ID:CAP_USER.net

2014年4月16日に韓国南西部の珍島沖で沈没し、今年3月、引き揚げられた大型フェリー、セウォル号の船内捜索を行っている船体調査委員会は20日、来年3月までにセウォル号の船体を縦に長く立て、いまだ見つかっていない5人の行方不明者の捜索と船体調査を行うと発表しました。

まだ捜索が行われていない機関室は、狭い空間の中に多様な設備が入っていて、捜索者の安全性を考えると、船体を縦に長く立てる必要があるということです。

また、沈没原因を究明するためにも、現在横になっているセウォル号の左舷を詳しく調べる作業が必要だということです。

そのための予算を政府に要請している状態で、予算が確保されれば、ことし12月から準備作業に入り、来年3月までに捜索・調査を終わらせ、来年5月に最終報告書を政府に提出するとしています。

一方、まだ、遺体が見つかっていない行方不明者5人の葬儀が18日から3日間行われました。遺体が見つからないため、捜索時に発見された遺品を骨つぼに安置しました。

これで、これまでに葬儀が行われた299人を含め、合わせて304人の犠牲者全員の葬儀がすべて終わりました。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=65861



続きを読む

五輪目前の韓国が『超緊張状態に突入する』非常事態が発生した模様。海外渡航客に本気で命の危険が迫る

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2017/11/20(月) 13:23:26.37 ID:CAP_USER.net

2017年11月20日、韓国経済によると、韓国で今冬初めて、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(AI)がカモの飼育場で検出された。来年2月の平昌冬季五輪を前に、防疫当局に緊張が走っている。

韓国の農林畜産食品部は19日、全羅北道の高敞郡にあるカモ農家に対する検査で、高病原性(H5N6型)鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。同農家は畜産企業チャムプレから委託を受け、カモ1万2300匹を飼育していた。

防疫当局は18日に同農家の出荷前検査で鳥インフルエンザ抗原が検出された後、カモを全て殺処分し、疫学調査を開始した。家畜類に致命的な高病原性鳥インフルエンザウイルスの発生が確認されたことを受け、韓国政府は全国の家畜飼育農家に対し、20日午前0時から48時間の移動禁止命令を発動した。

平昌五輪の開幕まで3カ月を切り、鳥インフルエンザなど家畜伝染病の発生を防止するため総力を上げていた韓国政府は「超緊張状態」に陥っているという。イ・ナギョン首相は「危機警戒レベルを上げ、中央事故収拾本部を設置するなどの必要な措置を迅速に実行せよ」と指示したそうだ。

韓国では昨年11月から今年4月まで、約140日にわたって鳥インフルエンザが発生し、3787匹が殺処分される史上最悪の被害が出た。再び鳥インフルエンザが拡散する場合、五輪の進行に大きな影響を与えることは確実なため、防疫当局は神経をとがらせている。

韓国政府は五輪期間中、約80カ国の選手やスタッフ、取材陣約2万7000人を含む約40万人の外国人が韓国を訪れると予想している。

これについて、韓国のネットユーザーからは

「また始まったの?」
「五輪を目前に控えているのに。これは大変だ」
「あの時の悪夢が思い出される」
「昨年のように被害が拡大しないよう最善を尽くしてほしい」
「今回は迅速に対応できるだろうか?」
「なぜ鳥インフルエンザはいつも、国が大事な局面を迎えている時に発生するのだろう?」

など不安の声が相次いでいる。

一方で

「朴槿恵(パク・クネ前大統領)の時代が最悪だったから、今の政府の全ての対応を素晴らしいと思える」
「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の実力が見られる良い機会だ」
「今の韓国なら絶対に克服できる」

など前向きなコメントも寄せられている。


2017年11月20日(月) 12時20分
http://www.recordchina.co.jp/b219244-s0-c30.html



続きを読む

韓国のM5.4地震が『なぜか徐々に震度が増えていく』異常な事態が進行中。避難所の運営もまともに行えない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2017/11/20(月) 22:23:03.05 ID:CAP_USER.net

地震想定外、揺れる韓国 震源地ルポ 「余震怖い」今も1300人避難 行政混乱、手抜き工事も露呈
2017年11月20日 06時00分

201711200002_000_m

約700人の住民が避難する興海体育館。カーテンタイプの間仕切りが近く設置される予定という=18日、韓国・浦項市

 【浦項・竹次稔】韓国南東部で15日発生した地震は同国の観測史上2番目の規模となるマグニチュード5・4を記録した。震源地の浦項(ポハン)市では今も多くの被災者が避難所暮らしを送る。とはいえ、日本の震度階級では推定で「5弱」(日本の研究者)とされ、日本ではたびたび発生する規模。地震が少ない韓国では、今回の地震を契機に避難所運営や建物の手抜き工事などこれまで見えなかった問題が顕在化している。

 18日、浦項市の興海(フンヘ)体育館は約700人の被災者がすし詰めとなって寝泊まりしていた。「自宅の壁にひびが入りトイレが壊れた。余震も怖い。いつ元の生活に戻れるのか」。近くのマンションに住む李再根(リジェグン)さん(82)は不安を口にした。

 体育館には大量の支援物資が積まれ、行政職員やボランティアが忙しく立ち働いていた。だが避難所の全体像を取材しても要領を得ない。行政はどうやらボランティアはおろか、被災者全員の把握もできていないもようだった。被災者からは「支援物資は食料品が中心で、防寒具など生活用品が足りない」「自宅の被災状況など行政から情報が入らない」などと不満が漏れた。

 同市内では現在、約10カ所の避難所に計約1300人が身を寄せる。地元紙記者によると、どの避難所も運営は混乱気味だという。「韓国では大規模な避難所を運営した経験がない。行政が部署ごとにばらばらで動くなど課題は多い」

 市内を歩くと、建物の被害は一部地域に限られる。ただ、高層マンションが立ち並ぶ一帯で揺れが激しかったことから避難者が増えたとみられる。

 1階が駐車場で2階以上を柱で支える「ピロティ」様式のマンションで、柱が破損して居住困難となった事例が少なくとも7件確認された。現地を視察した東明大(釜山市)の林楠基(イムナムギ)教授(建築工学)によると、その多くは鉄筋や柱の数が足りないなど施工業者の手抜きが原因とみられるという。林教授は「行政の建築確認の方法も含め、今回の地震を教訓にしなければならない」と強調した。

 浦項地震 15日午後2時半頃、慶尚北道の浦項市付近にある断層が震源とみられるマグニチュード(M)5.4の地震が発生。約80人が負傷し、住宅被害は約2000件に上った。韓国では昨年9月にも慶州市で観測史上最大規模のM5.8の地震が起きるなど南東部で地震が続いている。周辺では計12基の原発が稼働中。

=2017/11/20付 西日本新聞朝刊=

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/374572/



続きを読む

M5.4地震の避難所が『色々な意味で凄まじい光景』を晒して日本側騒然。5日目でこれか!と唖然とされる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2017/11/20(月) 08:16:18.13 ID:CAP_USER.net

【写真】<浦項地震>罹災者ための個人テントが登場
2017年11月20日07時46分
[? 中央日報/中央日報日本語版]

19日、慶尚北道浦項市北区「喜びの教会」に設置された60余棟の個人用テント。

20171120074628-1

浦項(ポハン)地震発生5日目の19日、慶尚北道浦項市北区(プック)のある教会に60余棟の個人用テントが設置された。

この日、大都(テド)中学校などに避難していた罹災者およそ200人がこの教会に移って来た。

http://japanese.joins.com/article/597/235597.html?servcode=400§code=430&cloc=jp|main|top_photo



続きを読む

M5.4地震の影響で『韓国の”ピサの斜塔”が爆誕する』喜劇が発生。鉄筋がないとツッコミあり

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:動物園φ ★:2017/11/20(月) 01:12:13.64 ID:CAP_USER.net

ピサの斜塔のように傾いた浦項のアパート

2017111701519_0

http://photo.chosun.com/site/data/html_dir/2017/11/17/2017111701642.html



続きを読む

「独島エビ」に味をしめた韓国が『世にもアホな国際発表』をやらかした模様。名前以外の面でツッコミ所満載

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ :2017/11/17(金) 19:01:09.77 ID:CAP_USER.net

竹島(島根県隠岐の島町)の河川で新種のアメーバ(原虫)が発見され、不法占拠する韓国側の名称「独島(ドクト)」を取り入れた名前で認定された。16日、聯合ニュースが報じた。

 聯合によると、新種アメーバの名前は「Tetramitus dokdoensis(テトラマイトス ドクトエンシス)」。慶北大のパク・ジョンス教授が竹島唯一の淡水河川で発見、命名した。

 国際学会誌に掲載された論文のタイトルは、「日本海」の韓国呼称を用い「韓国東海(East Sea)にある独島」と記載された。パク教授は「独島の名前を冠した論文は国際学術誌で採択されづらいが、独島と東海を対外的に知らしめた点でも意義が大きい」とコメントした。


2017.11.17 18:09
http://www.sankei.com/world/news/171117/wor1711170039-n1.html



続きを読む

日本産納豆を『韓国人教授が”価値が低い”と断定して』日本側から反論殺到。比較の意味がないとツッコまれる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:LingLing ★:2017/11/16(木) 23:15:33.18 ID:CAP_USER.net

■清麹醤(チョングッチャン)、日本の納豆より抗がん効果優れている
・清麹醤の大腸がん細胞成長抑制率70%以上・納豆10%余り
・がん細胞抑制率、清麹醤(韓国)>水豆鼓(中国)>納豆(日本)の順
・チャ医科大学のパク・コンヨン教授チーム、清麹醤・水豆鼓・納豆 抗がん効果分析

韓中日の代表的な大豆醗酵食品の抗がん効果を比較した結果、韓国の清麹醤が最も優れていることが明らかになった。その次に、中国・水豆鼓、日本・納豆の順だった。


清麹醤が、世界的なウェルビーイング食品として知られる納豆に劣らぬ健康食品であることが証明されたのだ。
---------------------
14日、韓国食品コミュニケーションフォーラム(KOFRUM)によると、チャ医科大食品生命工学科パク・コンヨン教授の研究チームが、韓日中の発酵食品である清麹醤・水豆鼓・納豆のがん予防の可能性やがん細胞抑制効果を分析した結果、こうして明らかになった。

この研究結果(大豆醗酵食品[清麹醤、水豆鼓、納豆]の特性、In Vitro抗突然変異及び抗がん効果)は韓国食品栄養科学会会誌の最新号で紹介された。

清麹醤・水豆鼓・納豆はいずれも大豆を短期発酵させて作った韓国・中国・日本の伝統醗酵食品だ。水豆鼓は納豆とは違い、発酵後も豆粒がつぶれていない完全な状態を維持するというのが特徴だ。清麹醤と水豆鼓は発酵時間が3日以上と長いが、納豆は18時間程度と短い。

パク教授チームは清麹醤・水豆鼓・納豆を凍結乾燥させて粉砕した後、メタノールを添加してろ過・濃縮して得た抽出物を研究に使用した。

この研究で、清麹醤と水豆鼓は納豆よりも、胃ガンを起こす可能性がある発ガン物質(MNNG)に対する突然変異抑制効果が大きかった。

清麹醤は低い濃度(1.25㎎)で突然変異抑制率が57%で、三食品のうち最も高かった。水豆鼓、納豆はそれぞれ50%、46%だった。

清麹醤の濃度を二倍(2.5㎎)に引き上げると、突然変異抑制率がさらに高まった。 この濃度では清麹醤・水豆鼓・納豆の変異抑制効果はそれぞれ66%・63%・60%だった。

パク教授チームは論文で「典型的な突然変異物質・発がん物質を利用して、三カ国の大豆醗酵食品の突然変異抑制効能を検証した」とし、「突然変異抑制効果があるということは、がん予防の可能性があるということを意味する」と説明した。

清麹醤はがん細胞抑制効果も優れていた。

胃がん細胞に4㎎/mlの濃度で、清麹醤・水豆鼓・納豆抽出物を注入した結果、水豆鼓、清麹醤がそれぞれ77%・75%のがん細胞抑止効果を見せた。同じ濃度の納豆抽出物のがん細胞抑制率は、11%に過ぎなかった。

特に、結腸がん(大腸がんの一種)細胞に清麹醤抽出物を4㎎/mlの濃度で注入した場合、水豆鼓抽出物と納豆抽出物に比べて、ずば抜けて高いがん細胞抑制効果を示した。

清麹醤抽出物の結腸がん細胞抑制率は76%で、水豆鼓抽出物(27%)・納豆抽出物(15%)より非常に高かった。

パク教授チームは論文で「三カ国の大豆醗酵食品のがん細胞抑制効果を比較した結果、清麹醤・水豆鼓・納豆の順で、抗がん効果が大きいことが分かった」とし、

「発酵に使用した大豆の種類、種菌、発酵時間がこのような結果に大きな影響を及ぼした」と推定した。水豆鼓も更に長く発酵させた場合は、がん予防効果が大きかった。

パク教授チームは論文で「清麹醤より発酵時間が更に長い、テンジャンの抗がん効果が高かったという研究結果も出ている」と紹介した。

ソース 毎日経済(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=009&aid=0004048229
【韓国】 清麹醤(チョングッチャン)を納豆のように…健康機能食品の育成 ~先端科学と融合、韓国伝統文化プレミアム創出戦略[06/30] [@\(^o^)/]c2ch.net
https://mint.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1467278234/



続きを読む
スポンサード リンク
スポンサードリンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ