科学技術

回収されたセウォル号の『酷すぎる事実がまた確定して』日本側も騒然。マジにそんなに積んでいたのか

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/09/03(日) 11:54:45.36 ID:CAP_USER.net

セウォル号船内から建設現場で使われる鉄筋が相次いで見つかっている。現在まで見つかった鉄筋だけで300トンを超えた。韓国政府は来月までにセウォル号船内の鉄筋をすべて回収する方針だ。

セウォル号現場収拾本部は2日、セウォル号貨物室のD-1区域から鉄筋32トンを追加回収し、木浦(モクポ)新港に搬出したと明らかにした。見つかった鉄筋は直径1.6センチメートル、長さ7~10メートルで、主に工事現場で使われる鉄筋とされる。

鉄筋は先月6日に初めて見つかり、これまでに見つかった鉄筋だけで301.8トンに達する。海洋水産部はこれまでに見つかった鉄筋も含めセウォル号船内に426トンの鉄筋があると推定している。

鉄筋がすべて回収されれば重さを精密計測する作業が進められる。積載された鉄筋とセウォル号の沈没との間の相関関係を究明するためだ。セウォル号の沈没原因のひとつとして過積載問題が提起され続けているためだ。

現場収拾本部関係者は早ければ今月末までに客室と貨物室、水中捜索などの作業を完了する予定だと明らかにした。

http://japanese.joins.com/article/975/232975.html

20170903114339-1

先月20日にセウォル号貨物室で見つかった工事現場用の鉄筋(写真=パク・ジュミン議員フェイスブック)



続きを読む

英雑誌「ネイチャー」が『韓国式科学にまんまと騙される』悲劇が発生。朝鮮王朝の輝かしい成果が宣伝中

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/09/03(日) 23:13:18.81 ID:CAP_USER.net

2017年8月31日、米国の科学者らが、約600年前に現在の韓国で観測された天体現象の正体を明らかにすることに成功、韓国・朝鮮日報がこれについて「朝鮮時代の天文学の優秀性が改めて証明された」と報じた。

米国自然史博物館のマイケル・シャラ博士の研究チームは30日、英科学誌『ネイチャー』に「韓国の天文学者らが1437年3月11日に観測した明るい星が、さそり座で起きた新星現象であったことが明らかになった」と発表した。

「新星」は、周辺にある星から水素を吸収し核融合反応を起こして強い光を発する現象で、程度がより強い場合は「超新星」と呼ばれる。

朝鮮時代にまとめられた『世宗実録地理誌』には、「客星は初めに尾宿(ミス。さそり座を指す)の2番目と3番目の星の間に現れたが、3番目の星との間隔は半尺ほどだった。およそ14日間現れた」と記録されている。「客星」は東洋の伝統天文学で「これまでにない星が突然現れた現象」を指す言葉だ。

今回シャラ博士は、1920~30年代に米ハーバード天文台がペルーで撮影した客星に関わる天文写真を分析し、1437年に客星が出現したとされる同じ場所で、1934年に再び新星現象が起きていたことを突き止めた。

韓国天文研究院のキム・サンチョル博士は「朝鮮の優れた天文観測能力とハーバード大の現代天文学の出会いにより、新星周期に対する新事実が突き止められた」と話した。

これには韓国のネットユーザーからも「朝鮮王朝は記録オタクと思えるほど記録をしっかり残した」など称賛のコメントが寄せられているが、一方で「当時の記録にあった天体が何なのか明らかにしてくれた米国の方がすごい」「これまでご先祖様の素晴らしい記録物をろくに分析できずに、米国人が証明するまで放っておいた理由は何?」「韓国の優秀性はいつも米国や日本、欧州が見付けてくれる。韓国人は被害者意識が強いせいで先祖がどれほど光り輝く文明を持っていたのか気付いていない」など複雑な感情のうかがえるコメントも多い。

その他にも、韓国の現在と過去を比べて「朝鮮の朱子学中心の世界観や技術の冷遇さえなかったら、韓国は世界超一流の科学強国になっていたことだろう」「さすがヘル朝鮮(地獄のような韓国)とかつての朝鮮王朝は違う」との嘆き節が寄せられ、当時の記録が漢字であったことに触れ「記録を読めるようになるには漢文教育をしなきゃ」と指摘するユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)

http://www.recordchina.co.jp/b189263-s0-c30.html



続きを読む

平昌五輪の開催不能警告を『日本協会が完全無視する』最悪の情勢に。五輪代表が直々に視察するという声も

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/09/02(土) 22:00:47.06 ID:CAP_USER.net

これまでも平昌冬季五輪の競技施設における工事遅延は報じられてきた。しかし、自国の競技監督から“不満”が出たのは、恐らくこれが初めてだろう。

8月11日にカーリング女子韓国代表のキム・ミンジョン監督が『朝鮮日報』の電話取材に応じ、カーリング競技の会場となる『江陵カーリングセンター』が「今年3月から閉鎖状態にある」と明かした。

五輪本番まであと半年。キム監督は同会場で練習を重ね、ライバル国を圧倒するつもりだったらしく「模擬試験を一度も受けずに大学入試で満点を期待するようなもの」とまで言い放った。

同施設は床に亀裂が生じ、一部が凹んでいるとも伝えられている。床を張り直している最中で、五輪本番に間に合うのか本当に怪しくなってきたという。

こうした情報は日本のカーリング関係者にも届いている。しかし、代表選手たちの捉え方は少し違うようだ。

「本当にそこまでひどいのかと、少し疑っているようでした」(体協詰め記者)

本橋麻里「わたしが視察へ行ってもいい」

施設に突貫工事を施すとなれば、日本代表にも影響が及ぶかもしれない。“マリリン”の愛称で知られるトリノ冬季五輪とバンクーバー冬季五輪代表の本橋麻里は「状況を確認すべき」と日本カーリング協会や各大会主催者に進言しており、現地入りも勧めている。

それにもかかわらず協会は“様子見”の姿勢をまだ変えていない。そのせいだろう。本橋は自らが視察に行ってもいいともまで伝えたそうだ。

「本橋は現在所属しているチーム『LS北見』で補欠に回っています。そのため、ゲーム展開を客観的に見ることもできるようになり、冷静な助言をチームに送っています。五輪出場を目指すライバル『中部電力』との決戦も大事ですが、そこから先も見ているのでしょう」(同・記者)

状況次第では本橋が単独で韓国入りする可能性もある。

現地の報道によれば、ある程度の観客席を確保している韓国国内のカーリング会場は、いま問題になっている『江陵カーリングセンター』のみだという。はたして、しっかりと競技ができるレベルになるのだろうか。日本も東京五輪で似たような問題を起こさないように期待したい。

https://myjitsu.jp/archives/29551



続きを読む

韓国製の新型充電池が『色々な意味でヤバすぎて』日本側が騒然。リチウムは諦めたのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/31(木) 11:19:50.66 ID:CAP_USER.net

SKイノベーションが世界で初めて1回充電時450キロメートルを走ることができる電気自動車バッテリーの量産に入る。今まで開発されたバッテリーより走行距離が100キロメートル程度増えた。バッテリーに入るニッケルの比重を最高80%まで高めることに成功したためだ。

ソウル~釜山(プサン)間(428キロ)を一回の充電で行ける革新的技術の登場で電気車大衆化がさら早まるだろうという見通しが出ている。

SKイノベーションバッテリー研究所のイ・ジョンハ・セル開発室長は30日、韓国経済新聞とのインタビューで「世界で初めて中大型NCM811(ニッケル・コバルト・マンガンの割合が8:1:1)バッテリーの量産を始め、12月からエネルギー保存装置(ESS)に、来年7-9月期からは電気車バッテリーに適用する計画」と話した。

電気車バッテリー市場の話題は走行距離の拡大と原価競争力の確保だ。そのためには、陽極材でニッケルの含有量を引き上げ、コバルトの含有量を引き下げる必要がある。
ニッケルの含有量が多いほどエネルギー密度が高まるためだ。

希少金属の世界的な生産量減少の影響により、価格が急騰しているコバルトの含有量を引き下げることができるということから生産費削減にも役立つ。

ブルームバーグによると、ロンドン金属取引所(LME)で取り引きされるコバルト現物価格は昨年8月、1トン当たり2万5750ドル(約285万円)から25日には6万500ドルに1年間で135%上昇した。

一方、完成車業界は電気車普及を拡大するためにバッテリー納品価格の引き下げを要求している。バッテリー価格は電気車原価の40%に達するほど比重が高い。

LG化学とサムスンSDI、SKイノベーションなど韓国電気車バッテリー会社が研究開発(R&D)を強化してコバルトの比重を下げることで出力を高めたバッテリー開発に積極的に乗り出している理由だ。

◆分離膜技術が秘訣

1回充電すれば数百キロを走ることができる高容量二次電池は陽極材でコバルトの比重は下げ、ニッケルの含有量は引き上げる方向に進化してきた。

各成分の比重が1(ニッケル):1(コバルト):1(マンガン)であるNCM111バッテリーを量産したバッテリー業界は、2014年からニッケルとコバルト、マンガン比率がそれぞれ60%、20%、20%であるNCM622バッテリーを生産し始めた。

だが、技術的な限界のせいでそれ以上にニッケルの比重を高めることが容易でなかった。ニッケルの含有量を引き上げるほど安定性が低下し、爆発危険が大きくなるためだ。

LG化学とサムスンSDIなどはその間、耐久性が強い小型円筒形だけで陽極材のニッケルとコバルト、マンガン比率がそれぞれ80%、10%、10%であるNCM811バッテリーを生産してきた。このような小型バッテリーはノートブック、電気自転車などに使われる。

SKイノベーションが今回、LG化学とサムスンSDIなどの先頭走者を抜いて中大型NCM811バッテリーの量産に成功した秘訣は、世界最高水準のバッテリー分離膜技術のおかげだ。

この会社の安定性を強化したセラミックコーティング分離膜技術は旭化成に続き世界2位だ。NCM811の弱点は▼ガス発生▼熱発生▼短いバッテリーの寿命だった。SKイノベーションバッテリー研究所は分離膜の両面にセラミックコーティングをし、熱抵抗が高いバインダーを使って150~200度の高温で耐えられるように製作した。

ガス発生およびバッテリー寿命の問題を解決するために、陽極材をアルミニウムなど異種複合成分で特殊コーティングする方式を採択した。この方式を通じて充電・放電が繰り返されるほどバッテリーの体積が膨張する問題も解決し、バッテリーの寿命も増えた。

◆自動車業界も驚いた技術力

イ室長は「初めてNCM811バッテリーを開発するといった時、完成車業界が成功の可能性に疑問を呈したのは事実」とし「サンプルを提出して安定性テストを通過しながら技術力を認められ、もう『信頼できる』という評価を受けた」と説明した。

http://japanese.joins.com/article/893/232893.html

(>>2以降に続く)



続きを読む

JR東海に対抗した中国が『物理法則に正面から挑む』破滅的な展開に。即死級の代物が爆誕する模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★@\(^o^)/ :2017/08/31(木) 10:06:53.34 ID:CAP_USER.net

2017年8月30日、中国日報によると、中国航天科工集団公司(航天科工)はこの日、時速1000キロのリニア開発プロジェクトがすでに始動していることを宣言した。

宇宙事業などを手掛ける同公司は中央直轄の大型国有企業で、1956年10月に国防部第5研究院としてスタートした。記事によると、同公司はこれまで蓄積してきた技術や経験をもとに、最高運行速度2000キロと4000キロの列車開発も目指すという。


2017年8月31日(木) 9時50分
http://www.recordchina.co.jp/b189160-s0-c20.html



続きを読む

韓国が開発した超物質が『超弩級の連鎖崩壊フラグ』を成立させ世界が騒然。どう考えても嫌な予感しかしない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 10:53:23.79 ID:CAP_USER.net

2017年8月26日、韓国の研究グループが開発した、鉄鋼並みの強度を持つ「スーパーコンクリート」でできた橋が完成を間近に控えている。韓国・YTNが伝えた。

韓国東北部の街・春川(チュンチョン)では現在、春川駅とテーマパークが建設される中島(チュンド)地域をつなぐ橋の建設が行われている。

完成を間近に控えた橋の中央には分厚い金属でできた円形の構造物があり、斜張橋の重さを支える核心部分の役割を担っている。この約200メートルの橋に、「スーパーコンクリート」の技術が使用された。

スーパーコンクリートは、一般のコンクリート材料に強度と耐久性を高める特殊ナノ物質を添加して作られる。強度は一般のものに比べて5倍から最大16倍、液体のように流動性があるため複雑な形態の構造物も造りやすいという長所があるという。

さらに工事費は一般のコンクリート使用時よりも10%以上安く、寿命も5倍ほど長い200年に達するとされ、維持費用も少なく済むなどの利点がある。
世界でも各国が開発競争に乗り出しているが、実際に橋梁に応用したのは今回の韓国の例が世界初だ。

この技術は2006年、韓国科学技術部の「トップブランド」技術に選定され、その後韓国国土交通部支援を受け、大型橋梁建設につながった。YTNは「世界最高技術の誕生には、少なくとも10年以上のたゆまぬ関心と投資が必要だということを、スーパーコンクリートが示してくれている」と伝えた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「すごい!」と感嘆の声が上がっているが、一方で否定的な見方も強いようだ。

テーマパークが建設される中島ではこれまで遺跡が次々に発掘されているため、「先史時代の遺跡地、渡り鳥の到来地でもあるのに、テーマパークに加えて今度は橋まで造るんなんて。もったいない」「韓国の先史遺跡を保護するため、テーマパークは別の場所に建設してほしい。橋よりも遺跡問題が話題になるべき」と非難の声が多数上がっているのだ。

また、韓国の建築事情について「マンションも丈夫に造ってよ。100年どころか40年も耐えられないじゃないか」「韓国は米国や東南アジアよりコンクリートの強度が低いらしい。30年後には建て直してもうけようとしてるからだ」との指摘や、中には「ナノ物質が気になる。環境的に問題がないか必ず明らかにすべき」と心配するユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)

http://www.recordchina.co.jp/b188830-s0-c20.html



続きを読む

Galaxy Note爆発事件が『実はまだ終結していなかった』と暴露された模様。最悪すぎる報告が続出中

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 20:12:36.23 ID:CAP_USER.net

2017年8月30日、サムスン電子のスマートフォン・Galaxy Note(ギャラクシーノート)7に続き、Galaxy S7でも爆発の疑いが浮上している。韓国・聯合ニュースTVが伝えた。

Galaxy S7はGalaxy Note7の発火事故を受けたリコール時にサムスン電子が交換したモデル。しかし、Galaxy S7ユーザーだったビョンさんによると、今月14日の午前3時ごろ、充電中のスマートフォンが突然爆発したという。公開された写真を見ると、ビョンさんのGalaxy S7は真っ黒焦げになっており、爆発の威力がうかがえる。

サムスン電子は「エックス線撮影の結果、外部衝撃などの要因で現れるバッテリーの偏りとバッテリー右側面の過度な出っ張りなどを発見した」と釈明したが、ビョンさんは「事故の申告日にサービスセンターで聞いた説明と違う」と主張している。サービスセンターでは「外部衝撃が加えられたようには見えない」とし、2日ほど経ってから最新機種への交換と60万ウォン(約5万9000円)の補償案の話が出たというのだ。

その後、ビョンさんは正確な原因究明に向け、韓国産業通商資源部・国家技術標準院に精密分析を依頼した。国家技術標準院は検査に約1カ月かかるものと予想している。

この他、今月7日には慶尚北道(キョンサンプクト)浦項(ポハン)でも充電中のGalaxy S7の爆発による火災が通報されており、サムスン側は「充電端子に入った異物により爆発したものと推定されるが、正確な原因を把握するには精密調査が必要」と説明したという。

聯合ニュースTVは「Galaxy Note7発火事故後、代替品として提供したGalaxy S7まで爆発が疑われており、再びスマートフォンの安全性に対する懸念が高まっている」と伝えた。

韓国のネットユーザーからは、サムスンに対し「手製爆弾を作ったの?」「またもユーザーの不注意にしようとしてるの?スマホは持ち歩く製品なのに、外部衝撃により発火・爆発するのは製造会社の設計ミス」「メディアで騒がれると釈明に大急ぎ。販売側としての基本的な良心を持て!」など非難の声が殺到している。

また、韓国の国政介入事件をめぐりサムスングループの事実上トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)被告に実刑判決が下ったことについて「サムスン民国の邪魔をするな!ジェヨンが(たったの)懲役5年受けたのを見ても分かるじゃないか」と皮肉めいたコメントも寄せられ、中には「米国での出来事だったらサムスンは相手にしてくれたかな?まだ国内の消費者をペット以下のように考えている」と「国内と海外での対応の違い」を指摘するユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)

http://www.recordchina.co.jp/b189053-s0-c30.html



続きを読む

ドイツを裏切った韓国が『とんでもない代物』を投入して世界が騒然。まるで韓国人そのものだと話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 16:13:39.74 ID:CAP_USER.net

現代自動車が世界市場を牛耳っているドイツ自動車ブランドに今週、宣戦布告をする。武器は来月1日公開するプレミアム中型セダン「ジェネシスG70」だ。G70はジェネシスが個別ブランドとして独立した後、公開する事実上初めての新車だ。

デザインを総括してG70を生み出したといえる現代自動車グループデザインセンターのイ・サンヨプ・スタイリング担当常務に会ってジェネシスG70発売の意味を聞いた。

彼は「ジェネシスがG70を発売するというのはメルセデスベンツ・BMW・アウディに決闘を申請したわけ」と意味づけをした。その間、韓国・日本の自動車メーカーが躍進したが、いわゆる「プレミアムセダン市場」は依然としてドイツ車の独壇場だ。

イ常務は「BMW3シリーズとメルセデスベンツCクラス、アウディA4が、G70がターゲットにしているモデル」と話した。

ドイツ車に挑戦するG70の武器は「ダイナミックなエレガンス(athletic elegance)」だ。一見すれば矛盾的な表現だ。イ常務はG70が「60%のダイナミック性と40%のエレガンスで実現した車」と説明する。

デザインの背景には自動車業界を越えて韓国の代表ブランドになりたいという野心が隠れている。「バーバリーのトレンチコートのチェック柄を見ると人々は英国が思い出す。シャネルの香水N°5の香りを嗅ぐとフランスが思い出す。

このようにジェネシスという自動車というと韓国を思い出させたかった」。

イ常務はペーター・シュライヤー現代・起亜車デザイン総括(社長)、ルク・ドンカーヴォルケ現代自動車現代デザインセンター長(専務)と頭を付き合わせた。

太極旗の太極模様のようにダイナミック性とエレガンスのハーモニーが大韓民国という国家のブランドだと考えた。彼は「フェラーリはコロシアム、コルベットは101番道路、ポルシェはアウトバーンで最も輝くようにジェネシスは徳寿宮(トクスグン)石垣道に最も似合うブランド」と話した。

イ・サンヨプ常務は弘益(ホンイク)大彫塑科を卒業した後、25年間海外で居住した。フェラーリのデザインで有名なイタリアのピニンファリーナとドイツのポルシェデザインセンターで経験を積んでからゼネラルモーターズ(GM)にスカウトされた。

ここで映画『トランスフォーマー』の「バンブルビー」で知られた「カマロ」の外装を直接デザインしたことが有名だ。2010年以降、フォルクスワーゲングループでフォルクスワーゲン・アウディ・ポルシェ・ランボルギーニ・スコダ・ベントレーなど多様なブランドの車両をデザインした。

ジェネシス特有の両面性はG70の室内デザインからも分かる。彼は「ジェネシスは最新技術を多く組み合わせた先端車両だが、実際に搭乗すれば室内が多少シンプルだと感じられるだろう」とし「運転者が必要とする時に限って先端運転補助装置が現れるようにデザインしたため」と説明した。

現代車グループの内部的にもG70は象徴性が大きい。G70は大型セダンであるG90、準大型セダンであるG80と共に正統セダンのラインナップを構築した。

イ常務は「ジェネシスのセダンラインナップの決定版であり、セダンポートフォリオの完成」と話した。ジェネシスはG70発売以降、当分セダンを発売しない代わりに、スポーツ用多目的車(SUV))に注力するという意味に解釈できる。

また、G70はジェネシスブランドで初めて30代が主な顧客層だ。G90・G80は価格・車級面で30代が乗るには多少負担になる面があった。これに対し、G70は価格〔4000万ウォン(約391万円)台〕も比較的に安くパフォーマンスを強調して30代消費者をひきつけるという計画だ。

イ常務は「トヨタ自動車が発売したレクサスブランドが欧州の若年層の攻略に成功できなかった点を集中分析した」として「大きさ・性能・パワー・デザインなどを大きく向上させたG70は、すべての面でドイツ車に決して劣らない」と自信を見せた。

http://japanese.joins.com/article/858/232858.html

20170830144539-1

現代車のプレミアム中型セダン「ジェネシスG70」



続きを読む

韓国大橋の崩壊事故の『情けなさすぎる事故原因』が徐々に明らかに。実績ある工法で普通ではありえない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/28(月) 23:16:48.33 ID:CAP_USER.net

26日午後、京畿道平沢市内で建設中の「平沢国際大橋」が崩壊した事故で、崩れた床版(しょうばん)4枚のほかに、床版を支える橋脚5本のうち1本も崩れていたことが分かった。

このため、橋脚が手抜き工事だったのではないかとの疑いが浮上している。橋脚と床版のうちどの部分が先に崩れたのか、究明するためにはさらなる調査が必要とみられる。

工事は、地上であらかじめ床版を製造した後、油圧ジャッキを使って床版を橋脚上に少しずつスライドさせて固定する「押し出し工法(ILM工法・Incremental Launching Method)」が採用されていたが、この作業過程で問題が発生した可能性があるとの見方もある。

ILM工法は韓国国内の橋の施工に広く導入されているが、これまでに崩壊事故が発生したことはなかった。ただし、事故が発生した平沢国際大橋のように往復4車線、幅27.7メートル規模の広い橋にこの工法が適用されたケースは初めてだという。

韓国国土交通部(省に相当)は同日、専門家12人からなる建設事故調査委員会を立ち上げ、活動を開始した。委員会は60日にわたり事故原因を調査し、再発防止策を取りまとめる予定だ。

委員長を務める延世大のキム・サンヒョ教授は事故現場を訪れ「橋の床版の崩壊事故は、設計段階でのミスか、設計者の意図を施工者が誤解していたために発生するケースがほとんどだ。ILM工法は30年以上にわたり使われてきた工法であるため、さまざまな可能性について検討したい」と話した。

平沢= 権祥銀(クォン・サンウン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/28/2017082803224.html



続きを読む

韓国製の国際大橋が『衝撃的すぎる末路を迎えて』世界が騒然。色々な意味で手抜きだった模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/28(月) 16:09:48.33 ID:CAP_USER.net

2017年8月28日、韓国で新たに建設中だった京畿道平沢市内の国際大橋の床版(しょうばん)4枚が突然崩れる事故が発生し、その映像が公開された。

事故発生時、作業員らは休憩中だったため幸い負傷者はいなかったが、橋の下にあった車が破損したという。

平沢市と警察によると、26日午後3時20分ごろ、平沢湖横断道路(11.69キロメートル)上にある平沢国際大橋(1.3キロメートル)の建設現場で、長さ240メートルの橋脚の床版が突然崩れ落ちた。

公開された映像には、床版4枚がドミノのように相次いで崩れ、一瞬で湖に落下する様子が映っている。

事故現場を訪れた国土交通部のソン・ビョンソク第1次官は「関連法に基づいて建設事故調査委員会を設置し、詳しい事故の原因を調べて事故防止への対策を講じる」と明らかにし、「国民が納得できるよう事故調査の全ての過程と結果を透明に公開せよ」と訴えた。

映像を見た韓国のネットユーザーからは「衝撃的だ」「完工前に事故が起きたことが不幸中の幸い」「工事費をくすねたのは誰?」「いつになったら発展途上国型の事故がなくなる?」「恐ろしい。やっぱりここはヘル朝鮮(地獄の韓国)」などの声が寄せられている。

http://videoclip.club/post-21363/

(出典:






続きを読む
スポンサード リンク
スポンサードリンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ