南米

”住民から嫌悪された在米中国人”が『凄絶な逆ギレ発狂デモ』をやらかした模様。意味があるのか?とツッコミを喰らう

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/17(月) 18:46:50.63 ID:CAP_USER.net

http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201610/20161016-03563465.jpg
写真はヒューストン。

2016年10月16日、中国新聞網によると、米国第4の都市・ヒューストンで15日、テキサス州最大のスーパーマーケット・ギャラリア周辺に住民150人余りが集まり、ここ数カ月続いている現地の中国系住民を狙った犯罪行為や排他的行為に対する抗議デモを行った。

ヒューストン周辺では中国系を中心にアジア系住民に対する犯罪行為が急増しており、地元住民の間に不安が広がっていた。


デモでは、米国のラッパー「YG」が中国系の家庭を狙って窃盗するのを奨励するような歌詞の楽曲を発表したことへの抗議も行われ、「暴力反対」「犯罪者に厳罰を」「私たちの住んでいる場所で強盗はやめて」などのプラカードや横断幕を手に、暴力行為への反対を訴えた。

デモの発起人の1人はヒューストンの中国系の弁護士。「デモの目的は、中国系への犯罪や暴力に反対することと、ネット上でラッパー『YG』のビデオクリップへのリンクをなくすこと」と話し、自己防衛の意識を高めるだけでなく、選挙にも積極的に参加し、自分たちの権利を守ることの重要性を説いた。(翻訳・編集/岡田)

http://www.recordchina.co.jp/a152824.html



続きを読む

”韓国製の謎菓子”が『海外で”国民的おやつ”に認定される』珍事が発生。ブラジルは韓国になりたい

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/08/01(月) 21:14:09.47 ID:CAP_USER.net

20160801091510-1

ブラジルの若者たちが、現地の人気おやつとして定着した韓国のメローナアイスバーを食べている。(写真=中央フォト)

オリンピック期間、リオを訪問する幸運に恵まれた。ワオ!私は故郷で開かれるリオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)で2つの重要なミッションを引き受けた。まず中央日報の「特派員J」のメンバーとして活動してコラム・写真・動画などさまざまなメディアを通じて現地からの生の便りを読者の皆さんに伝える予定だ。もう一つは2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック開催地である江原道(カンウォンド)の広報大使としても活動する。韓国の人々にはリオの便りを、ブラジルの人々には平昌五輪の準備の様子をリアルタイムで伝える役割を担っている。私が最も愛する両国の橋渡し役を引き受けることになり、今から心が踊る。中央日報読者の皆さんの大きな応援をお願いしたい。

リオ五輪に対して心配している方々が多いのはよく知っている。これまで「リオは治安が不安定で五輪開催地にはふさわしくない」という言葉を何回も聞いた。ジカウイルスが怖くて世界的なゴルフ選手が五輪出場を諦めたとのニュースも見た。言いたいことは多いが簡単に一言で整理したい。旅行者のための規則をしっかりと守ってさえいればトラブルは最小限に抑えられる。多くの事故は「してはいけないこと」をそれでもやってみようとする無謀さが原因だ。

私の故郷、美しい港町リオのことをきちんと韓国の人々に伝えられる機会はそう多くなかった。折しも特派員Jメンバーに参加してほしいという中央日報の提案を受けてその場で「OK」を叫んだ。

ブラジルの人々にとって韓国は「なりたい国」だ。多くのブラジルの人にとって韓国製品は「名品」というイメージだ。電子製品やK-POPの人気が熱い。ブラジルでは特に「BTS(防弾少年団)」というK-POPグループの人気は想像を絶している。ことし6月、世界各国のBTSファンが参加したソーシャルメディアイベントでブラジルファンが1位に入って話題になった。韓国料理も人気が高い。

代表的なヒット商品はアイスバー「メローナ」だ。いつからかブラジルで「国民的おやつ」として定着した。集落ごとにメローナを販売するため、他のアイスクリームとは違って専用冷凍庫が別途置いてあるほど人気が高い。韓国では価格が1000ウォン(約92円)前後だがブラジルでは2500ウォン程度と高いほうだ。それでも年間を通じて飛ぶように売れている。

オリンピックの間、リオの訪問を計画している中央日報 読者におすすめしたいホットプレイスはイパネマビーチだ。外国人にはコパカバーナビーチが有名だが、現地の人々はイパネマビーチを第一に挙げる。イパネマの美しい海を見ると他の海が物足りなく感じることもある。

ブラジルに行くならば国民的カクテル「カイピリーニャ」を手に、道を行き来する人々に挨拶してみよう。十中八九、明るく笑って親切に応対してくれるだろう。年中パーティーが絶えないラパストリートでは『江南(カンナム)スタイル』を叫んでビールの杯を手渡してくれる現地青年に出会うかもしれない。ブラジルにはお客さんを丁重にもてなす文化があり、外国人に特に親切だ。

五輪期間、リオの本当の姿をお伝えするために最善を尽くすつもりだ。中央日報が読者の皆様のために準備した食卓の上にスプーンだけをおきたくない。その前に足で取材しておいしいメニューを発掘する「リオのシェフ」になることをお約束したい。

カルロス・ゴリト<リオにて>

http://japanese.joins.com/article/901/218901.html



続きを読む

韓国の慰安婦教材が『予想以上に駄目駄目すぎて』当局が発狂。親日というレベルの問題ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/05/16(土) 14:18:53.82 ID:???.net

誤解を招く恐れ・・韓国の慰安婦教材に不適切な表現、289か所の修正要求、韓国ネットは「間違いにもほどがある」「だから日本のウソが通用しちゃう」 (FOCUS-ASIA.COM) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150516-00000015-xinhua-cn

15日の韓国・東亜日報によると、女性家族部が4月に作成した小中高生向け教材「日本軍慰安婦を正しく知る」に対し、韓国教育部が289か所の修正を要求した。

記事によると、修正を求められたのは「不適切な用語や文章」268か所と、「誤り」16か所、「事実確認が必要な部分」5か所の計289か所。中学生用の教材で、日本側の主張の説明の中で「慰安婦はどこでも見ることができる売春女性」という表現が使われており、教育部は「こうした表現は中学生の誤解を招く恐れがある」と修正を求めた。また、教師用指導書には「皇軍」という言葉が使われていた。さらに、公娼制度についての詳しい説明は「日本軍慰安婦の女性のほとんどが公娼だったと誤解される恐れがある」と指摘した。

このほか、現在は使われていないサイトのアドレスが「参考に値するサイト」と紹介されていたり、高校生がクラブ活動で調査したアンケート結果を引用していたり、教科書ごとに地図で示された慰安所の数や位置が異なったりといった部分が問題点として指摘されたという。

女性家族部は現在、修正作業を進めているが、当初予定していた5月上旬の配布は大幅に遅れそうだ。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「女性部によれば、海外で売春している女性は被害者で、慰安婦は売春婦ということか?しっかりしろ」

「これだから、外国で日本が慰安婦についてウソを言っても通用しちゃう」

「間違いにもほどがある。日本に有利な教材を作るなんて、韓国人としてのアイデンティティーはないのか?」

「ため息が出る。国のエリートがこのレベル。暗欝だ」

「こんな教材は廃棄しろ」

「慰安婦問題は非人道的な犯罪。だが、売春だという安倍首相の主張を米国も信じている」

「女性部は廃止にしろ」

「女性部は解体が正解。こんな奴らに政策を任せられるか?」

「国に力がないと、やられるのは仕方がない」

「このままでは、また日本に侵略される。違うと否定できる人はいるか?」

「日本に行って売春している韓国人女性が多くて、ワーキングホリデーでも韓国人女性は不利らしい。恥ずかしい」

「慰安婦については、もう謝罪したのに、100回も謝罪しろというのは、おかしい」

(編集 MJ)



続きを読む

朴槿恵の南米歴訪が『予想の斜め上の結果となり』韓国人が歓喜。南米首脳の社交辞令を真に受けてしまった模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 22:06:51.78 ID:???.net

外から見る韓国は、世界的に比類なき成功と繁栄の道をつくってきたというのが事実のようだ。産業化の汗と民主化の血、そしてここに共通で入っている涙で作った歴史がそうだ。

先月20日夕方、朴槿恵(パク・クネ)大統領の南米歴訪の2番目の国ペルーの大統領による招請晩餐であった。オジャンタ・ウマラ大統領は在韓ペルー大使館に武官として勤めた経験があったからなのか、韓国についての生き生きとした記憶を基に晩餐の辞を述べた。ウマラ大統領は韓国を「(飛び)越えることはできなくても、本当に模倣し、まねたい国」として「韓国の大統領と歴代最大規模の歴訪チームがペルーを訪問したことについて心から感謝する」という言葉で乾杯の挨拶を続けた。

本当に気持ちの良い話だったが、どういうわけか負担になったのも事実だ。内需と輸出の活力喪失、円安現象にともなう輸出企業の収益性悪化、経済活性化法案1つも処理できない政界など、国内の難しい事情を思い出したためだ。

韓国には産業化と民主化の勢力があり、共に類のない成果を成し遂げる過程で得たのもあり失ったものもある。幸いなのは、ほかの国の人々が羨むような繁栄と成功を成し遂げたということだ。それが韓国の運命であり歴史だ。外では韓国のこのような産業化・民主化の過程をまねたいというが、中ではどの勢力も相手をまねたいとは言わないから、それも世界で類のないことであるのは明らかだ。

今こそ韓半島(朝鮮半島)内外の状況を直視し、ひたすらほかの国の人々が本当に羨む韓国の未来のために取るべきものはすべて取り、捨てるべきものは捨てなければならない。どんな勢力にも国民の生存権を揺るがす権限と資格が与えられていないことを知るべきだ。

今回の朴大統領の訪問した南米諸国が熱狂したものは3つ挙げられる。まず戦略樹立が最高水準であること、民官の協力が円滑であること、そして政府が核心的な役割を主導するということだ。こうした評価を受けてマンツーマンの企業相談を通じて新市場への参入を図って大型プロジェクトを受注し、韓国企業のジレンマ解消とともに先進国との技術協力を斡旋するなど結構な成果を上げた。

しかし国内に戻ってきて歴訪の成果が色あせるのを見ながら、到底言葉にならない虚脱感を抱いたのも事実だ。企業家が大統領の訪問に同行したことに対する批判の声が一部あることは分かっているが、これを励まして勇気を与え、進行過程や成果についてさらに積極的な声援がなければいけなかったのはないか。そうすれば今回の大統領南米歴訪チームは新しい「韓流歴訪チーム」という開拓者の名声を享受することもできただろう。

もはや韓国の企業人は心機一転し、高付加価値の新産業分野に市場を拡大して韓流の拡散と青年たちの海外進出を積極支援しなければならない。特に中堅・中小企業はグローバル市場への進出力を高めていかなければならない。これは企業家だけの努力では絶対に不可能だ。政治・社会を導くすべての指導者の一致した協力と努力が必須だ。

先月27日に開かれた米国版ダボスフォーラムである「2015ミルケン(Milken)グローバルカンファレンス」では「米国最大の敵はポピュリズムと政争で麻痺したワシントンの政界で、彼らが米国経済を威嚇する最大の悪材料」という診断を下した。韓国の政治は絶対にこのような評価を受けないことを渇望する。ポピュリズムと闘争一辺倒の政争から脱却し、大妥協で問題を解決していくならば、韓国の底力を世界に堂々と見せられるはずだ。私たちの韓国は明らかに「普通の国」ではない。その可能性と機会を、今回の訪問で明らかに見て感じた。

カン・ホガプ<韓国中堅企業連合会会長>

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

http://japanese.joins.com/article/430/200430.html
http://japanese.joins.com/article/431/200431.html



続きを読む

中国が『南米全域に破滅的惨事を引き起こす』悲劇が勃発寸前。予想される恐怖の未来に怯える日本人たち

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 06:41:39.41 ID:???.net

【中国】中国がアルゼンチンに最新型の原子炉「華竜一号」を輸出する。

 両国の当局は4日、加圧水型原子炉の建設で協力することを記した提携協議を締結した。中国核工業集団公司(中核集団、CNNC)を通じ、アルゼンチン原子力発電会社(NA-SA)に納める。
総額規模は128億米ドル(4号炉で58億米ドル、5号炉で70億米ドル)に上る見込みだ。

 アルゼンチンは現在、原子力発電所を3カ所で運営。2020年までに4カ所目を稼働させる計画だ。4カ所目の原発施設に原子炉2基を納入する。

 火力と水力を中心に、アルゼンチンの擁する発電容量は足元で3120万キロワット(kW)。うち原子力は175万5000kWにとどまっている。

 “自主開発した”と中国が主張する「華竜一号」は、国策企業の中国広東核電集団公司(中広核集団、CGNPC)と中核集団の中国2大原子炉メーカーが共同で開発した。中広核集団が持つCPR1000(フランス系)の改良第3世代炉「ACPR1000」技術と、中核集団が自主開発した第3世代炉「ACP1000」技術を融合。重大事故の予防措置などを強化した。

 中国は国策的に原子炉の輸出に注力。パキスタンに輸出した実績がある。中核集団が現地に整備したチャシュマ原発は、出力32万5000kWの1号炉が2000年、出力33万kWの2号炉が2011年にそれぞれ稼働した。カラチ原発の原子炉増設の受注も狙う。6年内の完工が予定されるカラチ原発は、投資規模が95億9000万人民元(約1800億円)に上るとされる。また、昨年11月には、南アフリカと調印。原子力発電分野での協力協定を結んだ。ルーマニアとも原発建設契約を結んでいる。

《亜州IR株式会社》

http://www.newsclip.be/article/2015/02/08/24682.html

関連スレ
【国際】アルゼンチン大統領、中国人の発音侮るコメント 直ぐ謝罪[2/05](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423154951/
【国際】アルゼンチン大統領、ツイッターで中国人からかう=韓国ネット「アルゼンチンは韓国より未開」「人種差別が何かも知らない国」(c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1423326270/



続きを読む

南米・反中デモが『物凄い勢いで過激化して』警官隊との衝突が頻発。中国の示した諸条件に現地住民が大反発

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/01/20(火) 15:17:28.41 ID:???.net

wst1501200003-p1

ニカラグア運河の着工式典に参加したニカラグア運河開発投資の王靖CEO(手前左端)=2014年12月22日(ロイター)

 中国系企業がニカラグアで着手した運河建設が波紋を広げている。貧困に苦しむニカラグア政府は手放しの喜びようだが、資金面などで巨大プロジェクトの実現を危ぶむ声が強いほか、土地収用や環境破壊への懸念から地元では抗議活動が拡大。さらにパナマ運河に対抗する海上輸送の要衝を確保するとともに、米国と中南米諸国の分断を狙う中国の思惑が見え隠れし、論議を呼んでいる。

太平洋と大西洋つなぎ“支配”…米国の支配する「パナマ運河」を骨抜き作戦

 「建設をやめろ!」

 プラカードや横断幕を掲げ、シュプレヒコールを続けるデモ隊。警官隊との小競り合いに発展し、とうとう逮捕者も出た。ニカラグア各地で昨年から何度となく繰り返されている光景だ。昨年12月10日の国連人権デーには、ニカラグア全土から約5千人が首都マナグアに集結してデモ行進し、気勢を上げた。

 デモ隊が声をからして抗議するのは、ニカラグアを横断するように太平洋と大西洋を連結する大運河プロジェクト。2019年に運河が完成すれば、巨大タンカーが航行可能となり、やはり太平洋と大西洋を結ぶパナマ運河も渡れない船舶も行き来できるという。

 建設事業の雇用創出は20万人以上と見積もられ、観光・商業施設なども整備される計画で、ニカラグア政府は、現在4%台前後で推移する国内総生産(GDP)が、「運河完成後は10%台に跳ね上がる」とそろばんをはじく。ニカラグアは約600万人の国民の約45%が貧困状態にあるとされ、失業率は5割前後に達する。フランス通信(AFP)は「ニカラグアにとってまさに垂涎プロジェクトだ」と指摘する。

 昨年12月に着工式典が開かれ、建設と運営を請け負った香港ニカラグア運河開発投資(HKND)の王靖最高経営責任者(CEO)は、「歴史的な瞬間だ」と胸を張った。

 だが、興奮する事業者やニカラグア政府をよそに、プロジェクトには厳しい視線が注がれている。

 ニカラグア運河の全長は約278キロで、パナマ運河の3・5倍もある。総工費は500億ドルにも達し、HKNDが中心となって用立てるというが、大手米銀の関係者は「これほど巨額の資金となると投資銀行や国際金融機関から調達する必要があるが、苦労するのではないか」と冷ややかだ。

 パナマ運河でも拡張工事が進められており、AFPは「新しい運河を通すことは正当化できない」とする海運関係者の見方を紹介している。ニカラグア運河は、拡張後のパナマ運河よりも大型の船舶が航行可能だが、巨額のカネを投じて「第二運河」を通す必要性を疑う声は少なくない。

中国系企業への反発

 国を横断するような巨大プロジェクトが建設予定地の住民や環境に与える影響も、当然ながら大きい。

 とくに土地収用をめぐる懸念が強まっており、「十分な補償を受けられないのでは」と計画に反対する農民などがデモに多く参加している。また、運河全体の4割弱は、中南米第2の広さを誇るニカラグア湖を経由し、自然保護区を通過する。このため環境保護団体などが「生態系が破壊される」と批判を強めている。

 これらだけでも建設推進には逆風だが、住民らの不安をあおっている最大の要因がHKNDだ。
同社の王CEOは、北京に本社を置く中国の通信会社、信威通信産業集団の会長を務めており、王氏が中心となって2012年にHKNDを香港に設立した。

 信威は物流やエネルギーなどインフラ関連の事業も手広く手がけている。だが、インフラ事情に詳しい世界銀行の関係者は「情報に疎い中南米で、IT業界の経営者が、これほど大規模で長期的なプロジェクトを担えるノウハウがあるのか」と首をかしげる。

http://www.sankei.com/west/news/150120/wst1501200003-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/150120/wst1501200003-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/150120/wst1501200003-n3.html
http://www.sankei.com/west/news/150120/wst1501200003-n4.html

>>2以降に続く)



続きを読む

国際会談で朴槿恵が『非常識な狭量さ』を曝け出して米国側が愕然。国内外に己の未熟さを宣伝する大失態

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 10:24:06.12 ID:???.net

専門家が選んだ韓国外交の惜しまれる場面・発言…
(1)ハーグ3者会談=3月に米国の仲裁で韓日首脳が会ったが、朴大統領は安倍首相の韓国語のあいさつにも応じなかった。専門家の評価=「第3国の人たちも韓国があまりにも硬直していると評価した。日米外交関係者はこれを衝撃的に受け

20140813095801-1


3月25日午後、オランダ・ハーグの米国大使官邸。朴槿恵(パク・クネ)大統領とオバマ米大統領、安倍晋三首相が入ると、カメラのフラッシュが光った。韓日関係を仲裁するために米国が用意した3者首脳会談だった。

「朴槿恵大統領にお会いできてうれしい」と安倍首相が拙い韓国語であいさつした。しかし朴大統領は硬い表情のままだった。3人の首脳が握手してほしいというカメラマンの要請にも応じなかった。

当時ワシントンの韓国専門家らは「第3者の立場で見ると、韓国が過度に硬直し、狭量だという印象を受けた」と述べた。

発足1年6カ月を迎えた朴槿恵政権は外交分野でいつも世論の支持率が高い。しかし専門家は「失敗事例」にさらに注目するべきだと指摘する。専門家が見る韓国外交の隠れたアキレス腱が韓日関係だった。

国内外の専門家30人に「朴槿恵政権が外交的に最も処理が未熟だった点」を尋ねた。

30人のうち21人が「韓日関係の管理」と答えた。圧倒的に多かった。韓国外交の危機が日本からくるという分析と一致する。次いで「南北関係の不通」(4人)だった。米国に韓中首脳会談の後続措置を十分に説明しなかったという回答もあった。

具体的に専門家が指摘した事件には、朴大統領の今年の3・1(独立運動)記念日の演説が挙げられた。当時、朴大統領は「加害者と被害者という歴史的な立場は1000年が流れても変わることはない」と述べた。

先月、中国の習近平国家主席との特別昼食会が終わった後、「両首脳が日本の集団的自衛権推進に懸念を表した」と朱鉄基(チュ・チョルギ)青瓦台(チョンワデ、大統領府)外交安保首席秘書官が公開したのも惜しまれる場面だった。

韓中が連合して日本を牽制する姿を見せたうえ、米国が支持する集団的自衛権問題を公開的に取り上げたのが適切でなかった。

キム・ハングォン峨山政策研究院中国研究センター長は「中国としては、歴史問題のために日本との関係が良くない韓国を、自分たちの戦略通りに扱いやすい相手として無視する可能性もある」と話した。

ナムグン・ヨン国際政治学会長は「全般的に安倍政権を非難するのに率先するような姿として映るのは賢明でなかった」と指摘した。

米国・日本の専門家6人のうち5人も韓日関係の悪化を処理が未熟な事案に挙げた。ウッドローウィルソンセンターのロバート・ハサウェイ・アジアプログラム局長は「韓日関係が悪化すれば、韓国の政治・経済・安保利益がすべて阻害される。韓日関係の回復が朴槿恵政権の“ナンバーワン”外交目標にならなければいけない」と主張した。

中国の専門家は見方が異なる。蘇浩外交学院教授は処理が未熟な事案を尋ねる質問に対し、「韓国が米ミサイル防衛(MD)編入にあいまいな立場を見せた」と答えた。

専門家は朴槿恵政権が外交的にうまく処理した事案に、「中国との関係を改善し、米中ともに円滑な協力関係を構築した」(19人)を選んだ。

昨年末の中国の防空識別圏宣言への対処がよかったという専門家も3人いた。

大型事件に飛び火する可能性があったが、むしろ周辺国を納得させ、逆に自国の防空区域(KADIZ)を発表するのに成功したということだ。


2014年08月13日09時58分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/836/188836.html?servcode=A00&sectcode=A10



続きを読む

日系移民の妨害で頓挫した『反日写真展』に韓国議会が再干渉。世界最大級の在外日本人集団との激闘が開始

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/08/01(金) 00:09:02.40 ID:???.net

8月2~4日、ブラジルのクリチバ(curitiba)で開催予定だった「日帝侵略蛮行写真展 世界巡回展ブラジル展(白夜キム・ジャジン将軍記念事業会主催)」が暫定延期になった。

民主平和統一諮問会議ブラジル協議会関係者は31日、「ブラジルは世界最大規模の在外日本人居住地として長い移民の歴史と約180万人に達する日本人海外同胞社会が根深く形成されており(この行事に対する)反対が深刻だ」と説明した。

彼は「大韓民国の偉大な子孫として忘却されつつある日本軍国主義の歴史に警鐘を鳴らせるよう、不屈の意志と情熱で日帝侵略蛮行写真展ブラジル展を必ず推進する」と話した。

この行事を共同推進しているセヌリ党キム・ウルドン議員(白夜キム・ジャジン将軍記念事業会会長)は「日本の再武装を通じた軍国主義の復活を防ぐのは、東洋平和のための絶体絶命の民族的課題であり、歴史的使命」とし、「全世界に及ぼす日本の影響力が相当あるだけに計画当時すでに難航を予想した」と明らかにした。キム議員は「今後も数多くの難関と試練があるだろうが、決してあきらめず、こん身の力で必ず実行する」と強調した。
(後略)

チョ・ムンシク記者

ソース:亜州経済(韓国語) ブラジル'日帝侵略蛮行写真展'日本海外同胞反対に延期
http://www.ajunews.com/view/20140731160723690



続きを読む

中国が『米国の南米利権の横取り』を宣言して喧嘩を売る大暴挙。米国の裏庭に踏み入り中南米首脳に求愛

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/07/18(金) 23:32:01.40 ID:???.net

米国の「裏庭」中南米を狙う、中国の求愛外交
http://www.afpbb.com/articles/-/3020956
AFP/Laurent THOMET 2014年07月18日 19:12 発信地:ブラジリア/ブラジル

【7月18日 AFP】ブラジルで開かれた新興5カ国(BRICS=ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)首脳会議(サミット)に出席した中国の習近平(Xi Jinping)国家主席が、中南米各国の首脳と精力的に会見し、巨額のインフラ支援などで相手を魅了する求愛外交を繰り広げている。

 国賓としてブラジルを訪問した習主席はサミット終了後の17日、首都ブラジリア(Brasilia)へ移動。迎えたジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)大統領と数多くの協定に調印し、さらにキューバのラウル・カストロ(Raul Castro)国家評議会議長などBRICS拡大会合に参加した中南米の指導者たちと次々に会談をもった。

 ルセフ大統領はサミット終了後、中南米のインフラ事業資金調達を目的とする200億ドル(約2兆円)規模のファンド創設が中国から提案されたと語った。また習主席は、中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)の加盟諸国に最大100億ドル(約1兆円)の融資を申し出た。また中国と中南米の間の協力に向け50億ドル(約5000億円)の基金も創設される。

■新興大国BCの取引

今年国交40周年を迎える中国とブラジルの間では、大きな協定がいくつも調印された。その中の一つでは、複数の中国企業がブラジルの航空機大手エンブラエル(Embraer)のE190型旅客機60機、計32億ドル(約3200億円)相当を購入する合意が交わされた。

 両国は鉄道事業や海運事業で協力していく点でも合意し、これは資源に飢えている中国に対するブラジルの輸出を促進するだろう。まず、中国の輸出入銀行がブラジルの資源開発大手バーレ(Vale)に向こう3年間で計50億ドル(約5000億円)の融資を行うことが決定。中国へ鉄を輸出している同社はこの資金で輸送船の購入や貸借ができるようになる。また鉄道事業の協力協定では、ブラジルは広大な領土を通って南米大陸を横断し、ペルーの太平洋岸へと抜ける鉄道の建設を期待している。

 中国の検索サイト「百度(バイドゥ、Baidu)」はすでに、ブラジルが公用語とするポルトガル語版を立ち上げている。ルセフ大統領は「両国の関係は真の戦略的パートナーシップを表すもので、多様な協力分野において前例のないスピードで発展している」と語った。

■米国に代わる選択肢としてアピール

 今回のBRICS出席は、習主席にとって昨年の就任後2回目の中南米訪問だった。昨年はメキシコ、コスタリカ、トリニダード・トバゴを歴訪した。今回はブラジルの後に中国への主要な大豆輸出国であるアルゼンチンへ向かい、さらに産油国のベネズエラ、共産主義の同盟国キューバを歴訪する。

 BRICSは今回の会議で「新開発銀行(New Development Bank)」の創設で合意した。発展途上国のインフラ事業資金や緊急準備金を提供していく方針で、欧米が牛耳る金融機関に代わる選択肢として中南米諸国の首脳たちから称賛を浴びた。キューバのカストロ議長は書面で「公正で公平な新たな国際秩序への取り組みを歓迎する」と賛辞を贈り、左派のニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)・ベネズエラ大統領は「世界で大きな存在である中国と中南米の相互尊重関係だ」とたたえた。

今回の訪問で習主席は、米国に代わる存在として中国をアピールしていると専門家らはいう。ブラジル・サンパウロ大学(Sao Paulo University)の国際関係学教授、ルーベンス・フィゲイレド(Rubens Figueiredo)氏は「中国は、(中南米)地域の一部の国々が持つ左派寄りの政治的共感に沿う選択肢の一つだ」と語る。中国との膨大な量の取引により中南米との双方向貿易額は昨年、輸出入合計2616億ドル(約26兆円)に達した。

 米シンクタンク、スティムソンセンター(Stimson Center)の東アジア専門家、ユン・スン(Yun Sun)氏は、中南米への投資を増大させる中国だが米国を押しのけることは難しいだろうとし、「長い歴史と伝統を持つ米国と中南米の関係が、より歴史浅く限定的な中国の政治的、経済的な関与に簡単に影響されることはないだろう」と述べた。


続きを読む

「米国の鬼畜戦略が中国の善隣友好外交を崩壊させた」 中国人が自国に友好国が存在しない理由を分析

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/01/17(木) 18:05:19.87 ID:???

中国・広州日報がこのほど、中国と周辺諸国との関係を分析する記事を掲載した。主な内容は以下。

中国は陸上で14カ国、海上で6カ国と隣り合っている。現在、中国はこれらの国の中の多くにとって最大の貿易パートナーとなっており、経済・貿易の協力関係は緊密だ。中国はこれらの国の経済成長を支える大きな原動力だと言える。経済的基盤はその上の構造を決める。

普通にみればこれらの国と中国の関係は親しいはずだが、客観的かつ冷静に周辺国との関係を分析すると、中国と親しい国はあまり多くないことが分かる。

日本、ベトナム、フィリピンはいずれも島や海洋権益などの問題をめぐって中国と対立しており、モンゴルも安全面で北大西洋条約機構(NATO)に頻繁に接触、ミャンマーの改革は始まったばかりだが、中国からの投資はすでに深刻な影響を受けた。経済の高成長により、インドも中国を対象とした行動を繰り返し、南シナ海などの問題に介入している。

新中国は成立した後、「善隣友好」という政策を進めてきたが、なぜ今、周辺諸国と親しくないのか? その原因はさまざまだ。

■歴史めぐる問題多く

半封建、半殖民地状態から生まれ変わった新中国は、多くの歴史をめぐる問題を抱えてきた。例えば、台湾や香港、マカオや釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)、黄岩島(スカボロー礁)の問題だ。これらの歴史問題はほとんど全ての隣国に関わっており、交渉を通じて平和的に解決することは簡単ではない。

過去の問題ではあるが、処理の際には必ず、現実を考慮しなければならない。例えば、ある地域は中国領だったが旧中国の時代に他人(他国)に不法に占拠され、多くの他国の公民がそこで数10年からそれより長い間、暮らしている。無辜の公民を犠牲にすることはできない。無辜の公民を犠牲にすれば、歴史問題は解決しても新たな恨みの感情が生まれる。問題解決は利益の再分配であり、対立と闘争は不可避で、国と国が互いに親しくすることは難しい。

■大国の介入

中国がある東アジアは経済が活発で、世界経済での地位も次第に高まり、世界の主要大国が競争する地域となった。特にここ数十年、中国経済の飛躍的発展は世界の注目を集め、いわゆる「戦略家」たちが、「中国は世界を支配するか」と懸念。こうした懸念で何とか中国の発展を抑制してきた

中国と隣国の間に摩擦を起こすことは、一つの手段といえる。ここ2年間、南シナ海問題、釣魚島問題が激化したことは偶然ではない。ベトナムやフィリピン、日本が米国の力を借りて中国と対立し、より多くの利益を得ようとしているのだ。

こうした原因のほかに、中国が周辺国との外交面で経済を重視し、戦略と人文を軽視してきたことも、中国と周辺諸国の関係が親しくないことの一因だろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130117-00000031-xinhua-cn


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1358413519/続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ