文化

平昌五輪の海外取材陣が『思わず目を疑う悲惨な待遇』を強制される模様。五輪附属施設で堂々とぼったくり

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2018/01/23(火) 10:29:13.57 ID:CAP_USER

20180123102227-1

平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開催地域の宿泊料金が地方自治体の取り締まりでやや沈静化に向かっている中、今度は五輪附帯施設のメニュー料金が俎上に載せられた。

22日、あるオンラインコミュニティには「これはいくらだと思いますか?」というタイトルと共に、食パンとベーコン、スクランブルエッグなどが盛り付けられた写真が掲載された。

投稿者は「国際放送センター(IBC)内の食堂で売っているメニュー料金がとても驚いたのでここに掲載する」とし「こんなゴミが何と1万1300ウォン(約1174円)だ。こんなぼったくりも他にない」とコメントした。

IBCは円滑な五輪中継のための建物で、60局余りの放送局に約1万人ほどの放送関係者が入り、平昌五輪の映像を全世界に伝える予定だ。五輪主管放送局(OBS)をはじめ、米国主管放送局のNBC職員が前もって入居して大会に向けて準備中だ。今月9日から正式に運営が始まった。

この写真を見たネットユーザーは「1150ウォンが妥当ではないだろうか」「最近の物価を考えれば6000~7000ウォンくらいかと思ったが、1万ウォンを超えるとは想像もできなかった」とし、写真のメニューに対し、料金が高いという反応を示した。

IBC内に位置したメインレストランであるここはセルフ式で、購入者が好きなものを皿に盛ればそれに応じて価格が決まる仕組みだ。平昌組織委員会が公開した資料によると、食パン1枚1500ウォン、クロワッサン一個2000ウォン、コーンフレークシリアル2000ウォンだ。

投稿者は食パン2枚(3000ウォン)、スクランブルエッグ(4000ウォン)、オレンジジュース(2000ウォン)にベーコン3枚(2300ウォン推定)を加えて合計1万1300ウォン分を注文したと見られる。

組織委関係者はあるメディアに「IBCセンター内のカフェテリアで販売している飲食品はすべて歴代国際大会の平均を勘案して策定した価格で、国際オリンピック委員会(IOC)が承認した内容」としながら「歴代国際大会の飲食品価格もこの程度」と説明した。


2018年01月23日10時22分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/808/237808.html?servcode=600§code=670



続きを読む

中国の大気汚染対策で『前代未聞のダイナミック不正』が暴露され周囲騒然。発想のスケールが普通とは違う

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:薬師神 ★:2018/01/22(月) 23:15:10.35 ID:CAP_USER

中国の北西地方の公務員2人が微細粉塵測定装置の近くに放水を行い大気汚染の数値を意図的に下げようとした。これは測定が行われる予定だった政府の建物を丸ごと凍らせてしまい、大気汚染の測定値の数値を下げようという目論見だったようだ。

1月21日、寧夏回族自治区の施主離散環境保護庁の建物が一晩の間に放水砲により水がかけられ氷に覆われてしまった。汚染地はそのままなのだが、外部から測定すると数値が下がってしまうというこのやりかたに、2人の公務員は処罰を受けた。2人は、この地域の管理状態と従業員の待機状態の数値が良くなるように国の大気汚染監視装置がある建物を凍らせて工作。

01-29
02-16

http://gogotsu.com/archives/36449



続きを読む

長野県の味が『公式に韓国風に改竄されて』不味いと蔑まれた模様。県民からも困惑の声が続出

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:水星虫 ★ :2018/01/19(金) 18:07:30.68 ID:CAP_USER9

「長野の味」ポテトチップス販売

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20180119/1010001692.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

「長野の味」のポテトチップスとして、白菜のキムチとたくあん、それに豚肉などをごはんにあえた長野県で人気の給食メニューの「キムたくごはん」味が完成し、来月から販売されることになりました。

新たなポテトチップスは、長野県と大手食品メーカーの「カルビー」が共同開発し、19日は担当者が長野県庁を訪れて阿部知事に完成を報告しました。「長野の味」としてあらたに販売されるポテトチップスは、「キムたくごはん」味です。

長野県によりますと「キムたくごはん」は、塩尻市の栄養士が考案した人気の給食メニューで、白菜のキムチとたくあん、それに炒めた豚肉をごはんにあえたもので、キムチの辛さとたくあんの甘酸っぱさが絡み合った風味が特徴です。

早速、試食した阿部知事は、「いろいろな味が混ざって微妙な味だが、試行錯誤の上、おいしい製品をつくってくれてありがとうございます」と話していました。
メーカーの担当者は、
「野沢菜や栗、市田柿などの候補が挙がる中、山賊焼き味との一騎打ちとなりましたが、
最終的にネーミングのおもしろさと意外性、それにポテトチップスとの相性の良さから決めました。
長野県の給食の素晴らしさとともに世間に広めていきたいです」
と話していました。

「キムたくごはん」味のポテトチップスは、来月19日から期間限定で東日本の16の都県で販売されます。

01/19 16:59



続きを読む

韓国人の本性が『日本国民の前で晒し物にされる』凄まじい状況に。全国紙の紙面に堂々と掲載される

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:らむちゃん ★:2018/01/21(日) 16:31:28.22 ID:CAP_USER

これが韓国だ(1)約束守らない(2)自己都合で正当化(3)日本を振り回す(4)誠意を踏みつけ
産経ニュース2018.1.21 01:00更新

http://www.sankei.com/world/news/180121/wor1801210001-n1.html

やはりと言うしかないが、韓国が日本にまた奇妙なことを言い始めている。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を日韓両政府が確認した2015年12月の合意に対する韓国政府の「新たな方針」だ。

合意の事実は否定せず、日本に日韓合意の再交渉は求めないが、「慰安婦問題は解決していない」のだという。そんな認識を明らかにした文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、一方で、「日本とは心が通い合う真の友人になりたい」とも発言している。

合意に基づく措置さえ履行していないうえに、慰安婦問題が未解決だと開き直る国と、どうして日本が真の友人になれるのか。理解に苦しむ韓国らしい主張は今年も続いている。
(ソウル 名村隆寛)

矛盾の多い奇妙な主張

 日韓合意に対する韓国の作業部会の検証結果を受け、康京和(カン・ギョンファ)外相が9日に発表した韓国政府の「新たな方針」は以下の通りだった。

・両国間の公式合意という事実は否定できず、日本政府に再交渉を求めない。

・合意に基づき日本政府が拠出した10億円を韓国政府が負担し、日本拠出分は日本側と協議する。

・合意は元慰安婦の意思を反映しておらず、慰安婦問題は解決できない。

・日本が事実を認め、元慰安婦らの名誉・尊厳回復と心の傷を癒すための努力を続けることに期待する。

 翌10日、年頭の記者会見で、文在寅大統領は、この新たな方針を踏まえた上で、「誤った問題は解決せねばならない」「日本が心から謝罪し、被害者(元慰安婦)らが許すことができたら完全な解決だと思う」と強調。

自ら「否定できない」と断言した日韓合意で、「最終的かつ不可逆的な解決」を確認したはずの慰安婦問題が、今さら「未解決である」との立場を示した。

(全文は配信先で読んでください)



続きを読む

中国に媚びた米マーベルが『日本漫画を露骨にパクる』嫌すぎる情勢に。伝統のアメコミスタイルでは勝負しない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [KR]:2018/01/21(日) 13:45:56.61 ID:RnHztcdn0 BE:988575705-PLT(13000)

米コミック大手マーベル・エンターテインメント(Marvel Entertainment)は、「スパイダーマン(Spider-Man)」や「アイアンマン(Iron Man)」、「X-MEN」といった同社の人気キャラクター群に、中国にゆかりのあるスーパーヒーローたちを間もなく迎え入れる。同社関係者が明らかにした。

 米メディア大手ウォルト・ディズニー(Walt Disney)傘下のマーベルは現在、アジア地域への大規模な進出を図っている。

 マーベルのC・B・セブルスキー(C.B. Cebulski)編集長によると、同地域でのファン層拡大を目指す動きの一環として、中国でモバイルゲームのリリース、韓国で「マーベルストア」の開設、フィリピンでアーティストの発掘に乗り出しているという。

 セブルスキー氏の話では、新たに加わるヒーローは「スウォードマスター(Sword Master)」と「エアロ(Aero)」の2人で、中国が舞台になるとしている。

「中国の文化と神話が主なベースになるが、時代設定は現代で、(マーベルの)他のヒーローたちとの絡みもある」とセブルスキー氏。これらの新キャラクターは、アジアでより人気の高い日本の漫画スタイルで描かれるという。
http://www.afpbb.com/articles/-/3158344



続きを読む

平昌五輪の名物料理が『色々な意味で限度を超えた代物』で日本側が騒然。極寒の中で氷漬けを食べる羽目に

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:らむちゃん ★:2018/01/20(土) 22:50:07.97 ID:CAP_USER

産経ニュース2018.1.19 07:00更新
http://www.sankei.com/premium/news/180119/prm1801190002-n1.html

韓国が3度にわたって国際オリンピック委員会(IOC)に招致を申請し、実現した平昌五輪が開催される2018年を迎えた。ところが、招致時の国民の支持率が90%を超えていた韓国国内は、開幕間近だというのに、競技を直接観戦に行くという国民は10人に1人と盛り上がっていない。この“冷めた雰囲気”に追い打ちを掛けるように、開催地の地元で不可解な事態が起きている。

 聯合ニュースによると、スケート競技などが実施される江陵では多くの飲食店で料金が跳ね上がっているというのだ。韓国を代表する麺料理で「韓国式うどん」といわれるカルグクスが通常の6000ウォン(約600円)から7000~8000ウォン(約700~800円)と1.3倍にアップ。名物料理はさらに高くなり、ムルフェは1万2000~1万5000ウォン(約1200~1500円)から3000ウォン(約300円)高くなっているという。

 ムルフェとは、ごはんの上に野菜や刺し身を乗せ、冷たく凍らせたダシスープをかけて食べる料理で、漁獲量の少ない素材を利用すれば2万ウォン(約2000円)にもなると報じられた。
韓国ネットユーザーは飲食店の“プチぼったくり”とも言える状況に、五輪に「行かなければいいこと」などと冷めた書き込みをしている。

 五輪開催地では宿泊料金の高騰が「ぼったくり」として問題視された。通常の5~8倍に上がり、このため予約率が上がらず、地元自治体が危機感から取り締まりを実施。地元の宿泊協会は2017年12月26日、2人で1泊16万ウォン(約1万6000円)以上は取らないと会見を開いて宣言し、汚名返上に躍起になっているのとは対照的な流れだ。

(全文は配信先で読んでください)



続きを読む

『米国人は韓国に文化使用料を払え』と韓国人が”朝鮮式風呂の人気”に歓喜。実態は日本のパクリな模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:らむちゃん ★:2018/01/20(土) 23:43:16.69 ID:CAP_USER

K-POPだけじゃない!米国に広がる新たな韓国文化=韓国ネット「韓国式は世界に通用する」「ロイヤルティーをもらうべき」

レコードチャイナ 2018年1月20日 22時30分 (2018年1月20日 23時23分 更新)

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180120/Recordchina_20180120033.html

2018年1月17日、韓国・チャンネルAは、殺人的な寒波に見舞われた米ニューヨークで、K-POPや韓国料理以外に新たに人気を博している韓国文化について報じた。

氷点下10度近い寒波が押し寄せたニューヨーク。しかし、あるビルの屋上はゆったりと露天風呂を満喫する米国人であふれている。ここはハドソン川沿いにある複合リゾート施設で、この他にもチムジルバン(韓国式サウナ)やレストラン、ホテルが入っており、室内の床もオンドル(朝鮮式床暖房)仕様になっている。

ここではベッドに慣れた米国人らがサウナの床に寝そべったりはだしで歩き回ったりしている姿が見られるという。入館料は5~6万ウォン(約5200~6200円)と高めだが、訪れる人々が後を絶たないそうだ。

韓国料理も人気で、ある市民からは「韓国料理はそれほど満腹感を得られないため、スパに合っている」との声が上がっている。

さらに、同施設は米国人の好みに合わせるべく、世界的スパ会社と提携して水着の着用を許可したという。また、利用客が館内をはだしで行き来することを考慮し、床を清潔に保つようにしているとのこと。

この実態を受け、チャンネルAでは「韓国のチムジルバン文化が、米国人の好みに合わせて欧米式のリゾートに進化している」と伝えている。

韓国のネットユーザーからは「だから韓国式は世界に通用するって言ったじゃん。チムジルバンはどの寒い国に行っても人気だと思う」「ポカポカのオンドルは韓国の素晴らしい文化」「米国人も一度オンドルの味をしめたら大変なことになるだろう(笑)」など韓国文化を誇るコメントが目立つ。

(全文は配信先で読んでください)



続きを読む

『日本の拉麺が途轍もない進化を遂げた』と中国が”予想外の光景”に仰天。些か奇妙に聞こえるが流行っている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★:2018/01/18(木) 19:09:48.21 ID:CAP_USER

http://news.searchina.net/id/1651845?page=1

 中国人に人気がある日本の食文化の1つがラーメンだ。常に進化し続ける日本のラーメンを楽しみに日本を訪れる中国人観光客も少なくない。中国メディア・好奇心日報は17日、「日本で流行しているラーメン」として麺の入っていないラーメンを紹介する記事を掲載した。

 記事は、「麺の入っていないラーメンを食べるというのはいささか奇妙に聞こえるが、この食べ方が今日本で流行しているのだ」としたうえで、有名ラーメンチェーン店・一風堂が全国45店舗で販売している「白丸とんこつ豆腐」を紹介。人気商品の「白丸とんこつラーメン」の麺を豆腐に代えたものであると説明した。

 また、麺を野菜に置き換えたラーメンも数多く存在するとし、その例としてキャベツを麺のように細く切ったキャベツラーメンを挙げた。価格が通常のラーメンより安いほか、摂取カロリーも低いうえ、不足しがちな野菜まで取れるということで女性に人気があるとしている。

 さらに、著名回転寿司チェーンの「くら寿司」が発売した、にんじん、チンゲンサイ、もやし、キャベツを麺の代わりに入れたラーメン、日清食品が発売した麺なしラーメンなどを紹介。「豆腐や野菜を代替食材としたラーメンは健康ブームの産物であり、炭水化物の摂取を減らしてダイエットをするためのものだ」と説明した。その一方で、健康ブームに逆らって麺を豚肉に置き換えたあらたな肉料理まで出現していると指摘した。

 記事は、「こういった新たな食べ方は、日本のラーメン店におけるイノベーションと見ることができる。日本国内には約3万2000軒のラーメン専門店があって市場は飽和状態、激しい競争が繰り広げられている。麺のないラーメンが新たな変化をもたらし、食客たちを再びラーメン店に足を向かせる理由になっているのだ」と評している。



続きを読む

韓国企業の渾身の新製品が『日本の人気商品の露骨なパクリ』だとバレた模様。既に国内に被害者が出ている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(庭) [US]:2018/01/19(金) 12:04:27.68 ID:prMCiBGq0 BE:878898748-PLT(16000)

チョコレートチップや生チョコレートで有名な北海道の企業、ロイズ(株式会社ロイズコンフェクト)。特に生チョコレートは口の中に入れるだけでとろけるような食感が人気で、大量に買っていく人も多い。

しかしこの商品に激似の商品が韓国に登場したのだ。韓国の大手製菓メーカー、オリオンが
『Market O(マーケットオー)』の別ブランドとして発売すると16日に発表。オリオンは「1年間の準備の末『Market O 生チョコレート』を発売する」とコメント。


しかしこれを見た消費者の一部は、「盗作ではないか?」と問題視しはじめた。パッケージや中に入っているチョコの配列までロイズの生チョコレートにそっくりなことが判明。

一部では「ロイズの生チョコレートを正規で輸入したと思っていたが偽物だった」という声も挙がっている。

オリオンは2009年に山崎ビスケットが発売した『エアリアル』をコピー、今年は「1年間の準備の末」と言いながらも出てきたのはコピー品であった。

http://gogotsu.com/archives/36362

オリオン(偽物)

01-24

ロイズ(本物)

02-13


続きを読む

世界の韓流統計が『ひと目で嘘だと分かる公式数値』を出して日本側騒然。辻褄合わせをする気もない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★:2018/01/19(金) 16:09:08.03 ID:CAP_USER

世界の韓流ファンが7千万人を突破し、韓国の人口(約5100万人)を大きく上回り、タイよりも多かったと韓国メディアが報じた。

 米軍による高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に伴う中国当局による韓流コンテンツの締め出しや、日本におけるブームの冷え込みという逆風を乗り越えての“快挙”で、ロシアや南米のアルゼンチン、チリでファン層が厚くなっているという。

 昨年大みそかのNHK紅白歌合戦に韓流アーティストが6年ぶりに出場し、韓国メディアは「第2の韓流ブーム」と息巻くが、果たして不調の日本人客を呼び込むようなムーブメントが再び起きるだろうか。

中国の代わりに、ロシアや南米で韓流ブームか

 聯合ニュース(日本語電子版)は1月15日、海外交流事業を担う政府系機関、韓国国際交流財団がまとめた「2017地球村韓流現況」を引用し、世界の92カ国・地域(前年88カ国・地域)に1594の韓流同好会が結成され、その会員数が前年比約1370万人増となる7312万人に達したと報じた。聯合ニュースはこの数字について、「韓国の全体人口(約5100万人)を大きく上回り、世界の人口ランキングで20位のタイ(6841万人)のの人口より多く、韓流が世界の主流文化に浮上した」と、前のめり気味に評価している。

 ただ、THAADの韓国配備に伴う中国当局による韓流コンテンツの締め出しの影響は大きい。中国における韓流ファンは前年の2750万人から2657万人に減っているという。また、昨年の中国への韓流コンテンツの輸出は前年より7億ドル(約774億円)減少した。一方で中国での減少は新しい市場の開拓につながってるようで、ロシア(320万人)、アルゼンチン(140万人)、チリ(130万人)、スペイン(390万人)などで韓流ファンの層が厚くなったとしている。

 
文在寅政権のもとでは訪韓日本人客は増えない?

 中国からの“圧力”はともかく、韓国としては隣国の日本からの観光客をもっと呼び込みたいという思惑があるはずだ。しかし、日本の韓流ファンはブームの冷え込みなどにより、同好会の会員数が2年連続で減少し、18万人から13万人に落ち込んだ。昨年1~10月の訪韓日本人客も前年同期(188万7473人)とほぼ変わらない。

 それでも聯合ニュースによれば、日本は韓流コンテンツ消費で世界1位を維持しており、K-POPや韓国料理、化粧品などの輸出は増加。昨年日本に輸出された韓国化粧品は174億円で2015年に比べ30%増加したという。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
2018.1.19 15:45
http://www.sankei.com/smp/west/news/180119/wst1801190054-s1.html
http://www.sankei.com/smp/west/news/180119/wst1801190054-s2.html



続きを読む
スポンサード リンク
スポンサードリンク
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ