文化

韓国の天然ガス炎上事故が『想像を絶する結末を迎え』世界が口あんぐり。こいつらは正気なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/27(土) 06:28:57.68 ID:CAP_USER.net

2017年5月25日、韓国・慶尚北道(キョンサンブクド)浦項(ポハン)市で2カ月以上にわたって燃え続けている天然ガスの火災現場が、小規模の公園になることが分かった。韓国・聯合ニュースが伝えた。

現場は孝子(ヒョジャ)駅と旧浦項駅の間にある廃線跡(長さ4.3キロ)で、当初は都市の森公園を造る予定だったが、今年3月8日に用水確保に向けて地下200メートルまで掘削工事をしていたところ地中から出たガスに引火、以降79日間にわたり燃え続けている。これまでに噴出したガスは2000トン程度と推定されているが、正確な原因や埋蔵量など調査が不可能なことから、火が消えるのを待っている状態だ。

そこで同市は今回、火災現場を「火の公園(仮称)」とし、火柱を観光資源として活用することにしたという。公園は100平方メートル規模で、来年上半期までに1億ウォン(約1000万円)をかけて造られる予定だ。具体的には、炎が上がっている箇所は円形に石を積み上げて聖火台型の造形物を建てる計画だが、完成前に火が消えた場合は、発火部分を石で舗装してその上に光の造形物を設置するという。また、火災の原因および浦項の地質・資源を紹介する案内板を写真資料とともに設置し、現場学習の空間として活用するとのこと。

同市関係者は、「都市の森の造成区間に小さな公園を追加で造るもの」と説明、「炎はかなり小さくなったがいつ消えるか分からないため、状況に応じて施設を配置する計画」と明らかにした。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「火の見物でもしろって?」「無駄遣いはやめて。観光名所になると思う?もっと調査して資源として活用するという考えはないの?」「お金をかけて造ったのに開園日に火が消えたらウケるね」「もし爆発したらどうするの?」「そもそもガス量を調べる能力もない国って…」と公園造成に否定的な声が多く上がっている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=179361&ph=0



続きを読む

韓国ノーベル賞候補コウンが『絶望的すぎる窮地に陥り』自宅から追放寸前に。登場人物が全員狂っている模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/27(土) 06:25:18.11 ID:CAP_USER.net

2017年5月24日、韓国・SBSテレビなどによると、韓国で毎年のようにノーベル文学賞最有力候補として名の挙がる詩人の高銀(コ・ウン)氏(83)に、近隣住民とのトラブルが降って湧いた。高氏はソウル近郊の京畿道(キョンギド)水原(スウォン)市の邸宅に暮らしているが、その住宅近くに市民らが大勢押し掛け「出て行け」とデモをする騒ぎとなっている。

高氏が同地に越したのは2013年、水原市が「文化都市としてのイメージを高めたい」との理由で移住を説得したのに応じての転居だった。しゃれた一軒家は光教(クァンギョ)山の麓の緑豊かな地に立ち、3キロほど下った場所には光教貯水池の眺めが広がる。

しかしこの立地が問題だった。同貯水池は上水道保護区域に指定されており周辺の開発が制限されている。近隣住民は建物の増築や飲食店の営業をしたくても規制のためできないのが現状だ。しかし市は高氏に改装した家と宅地を提供、電気代その他の支援も行ったという。そのため住民らは「自分たちが徹底した規制下にあるのに、高氏だけが特別待遇を受けている」と反発しているのだ。

こうしたごたごたから、高氏自身が「引っ越しを考えている」と知人に漏らしたとの情報も伝わり、市民の間には、デモという強硬手段に出た住民らに批判の声も上がっている。高氏を「先生」と呼ぶある大学教授は「先生にこうした迷惑をお掛けすること自体が実に恐れ多いことだ」と語った。

一方、当初の目的から高氏に市内にとどまってもらいたいとする市側は、反発している住民らと規制緩和の可能性についてなどを改めて協議し問題の打開策を探る方針だ。

この問題に寄せられた韓国ネットユーザーの意見はさまざまだが、住民を非難するものが多数派のようだ。「この住民たちときたら…これが韓国のレベルだ」「デモをしてる人たちより多くの住民が高氏を誇りに思っている。世界的文人に対して何してくれるんだ?」といった声や、「デモは市役所に行ってやりなよ」との声も多く、「韓国人はいつもこうやって的外れな相手を攻撃する」との指摘もあった。


(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=179421&ph=0



続きを読む

岐阜県が『韓国人の”日本式技術”を公式伝授する』嫌な計画を推進中。既に起源主張フラグが成立済み

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ちゃとら ★@\(^o^)/ :2017/05/26(金) 14:49:49.12 ID:CAP_USER.net

県産木材でつくる木造住宅を韓国で広めようと、岐阜県は韓国の大工らを対象にした研修会を各務原市などで開いている。ヒノキブームの韓国では日本の木造住宅への関心が高まっており、現地の大工に日本式の建築技術を習得してもらうことで、県産材の輸出拡大につなげる狙いがある。

参加したのは、韓国木造建築技術協会に加盟する大工など技術者15人。参加者は24日から26日まで美濃市の県立森林文化アカデミーや岐阜市の住宅建設現場などを回り、プレカットした木材を組み立てる日本式の軸組工法について学んでいる。

25日は各務原市テクノプラザの後藤木材プレカット工場を訪れ、柱などに使う木を機械で細かく加工する様子を見学した。金泰旭さん(63)は「日本式の建築技術は韓国の伝統的な建築技術と似ている点があり、韓国でも受け入れやすい。日本の木造住宅を建築できる技術者を育てたい」と話していた。

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170526/201705260917_29731.shtml

画像
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170526/201705260917_29731.jpg



続きを読む

韓国製の巨大オブジェが『世にも悲惨な光景』に変貌して周辺住民激怒。本気で生活に悪影響を与えている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/05/26(金) 21:06:01.86 ID:CAP_USER.net

2017年5月24日、韓国・ソウル駅前の歩行者専用道路「ソウル路7017」オープンに合わせて展示され、「臭そう」などと波紋を呼んでいた大型モニュメント「シューズツリー」が、雨に打たれてさらなる論争を巻き起こしている。韓国・MBCが伝えた。

1億ウォン(約1000万円)の費用をかけ、捨てられた3万足の靴で造られた高さ17メートル・長さ100メートルの「シューズツリー」。

展示前から「気持ち悪い」「これが芸術だ」など意見が割れていたが、23日の雨の影響を受け、市民からは臭いや汚染を懸念する声が上がっている。取材に答えた市民からは「汚れた靴のあの独特の悪臭がする」「雨で靴が腐ったらどうなるの?」などの声が聞かれた。

一方、同モニュメント制作に才能寄付(公共の利益のために自身の才能や知識を無料で提供すること)した環境美術家のファン・ジヘ氏は、「都心の中で失われた価値に対する回復であり、究極的には自然性に対する回復に狙いを定めている」と話している。

また、市民らの懸念を受けた市は、香りがする植物や脱臭剤のようなものを散布し対応しているという。市は今月28日までとしていた展示期間の延長も検討しているが、作品をめぐる波紋は簡単に収まりそうにない。

展示前から辛口コメントが多かった韓国のネットユーザーたち。

今回も

「情けない公務員のやつらめ。ごみの山に1億ウォンも使いやがって」
「マジでこれはない。韓国にはまだまだ貧しい子どもたちやお年寄りがいるじゃないか。お金の使い道をしっかり考えて」

と手厳しい。

「前代未聞の干からびたモニュメント」
「美術というよりただの迷惑」
「意図は良かったかもしれないけど、その靴をアフリカの子どもたちに寄付した方がよほど価値があったはず」

といった声も。

さらに市の対応策について

「消臭剤をまくって?正気なの?」
「そんなことしたら、悪臭+脱臭剤で地獄だ」

と異議を唱えるコメントや、

「市長の家に捨ててきて!」
「市がやったんだから、市長が何とかしてね」

と朴元淳(パク・ウォンスン)市長の責任を問う声も上がった。

Record china 配信日時:2017年5月26日
http://www.recordchina.co.jp/b179249-s0-c30.html

20170525-06595795


続きを読む

韓国ロッテの新製品が『日本の商標をパクって』韓国側が逆ギレ中。全然違うから全く問題にならない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/26(金) 10:32:37.57 ID:CAP_USER.net

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=179274&ph=0

2017年5月25日、韓国・聯合ニュースによると、韓国ロッテ酒類が夏に向けて発売する予定のラガービールの新製品「Fitz Super Clear(フィッツスーパークリア)」に日本の商標盗用問題が浮上している。

酒類業界によると、ロッテ酒類が6月1日に発売する予定の「フィッツスーパークリア」が、日本ロッテの人気ガム製品「Fit’s(フィッツ)」に類似しているとの指摘が出ている。

ある酒類業界関係者は「ロッテ酒類は『フィッツスーパークリア』が内部の公募を通じて選定された名前と説明しているが、さまざまな状況から判断すると、日本ロッテのガムの名前を盗用したものとみられる」と述べた。日本ロッテのガム製品は最後の文字が「s」、ロッテ酒類のビールは「z」である部分がわずかに違うだけで、基本的なコンセプトや発音、意味などは同じだという。

これに対し、ロッテ酒類関係者は「フィッツスーパークリアという名前が内部の公募を通じて選定されたことに間違いはなく、日本のガムの商標盗用疑惑は事実無根」と反発している。

日本ロッテが2009年に発売したフィッツは約1カ月で2000万個以上を売り上げるほどの大ヒットを記録した。韓国内でもロッテ製菓が「IDガム」との商品名で発売し、大きな人気を集めた。

この報道に寄せられた韓国ネットからの意見は「ロッテがロッテのものを使うのが盗用?」「どこが?字体も全然違う」「そんなに細かく見たら、世の中の製品のほとんどが盗用していることになる」「ガムとビールは全く違うもの。仮にビールの名前にFit’sを使用したとしても全く問題にならない」など盗用疑惑を否定するものが多い。そのほか「話題作りのためにわざと記事を書かせたのでは?」と指摘する声もみられた。



続きを読む

『理想的な生活を送る韓国人に日本人は負ける』とWHOが”世界一からの転落”を予測。日本の食生活は劣化した

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/05/25(木) 16:40:23.51 ID:CAP_USER.net

【近い将来に韓国が「世界一の長寿国」に?】

今年2月、世界的に権威あるイギリスの医学誌『ランセット』に衝撃的な論文が掲載された。

英公立研究大学「インペリアル・カレッジ・ロンドン」と「WHO(世界保健機関)」が世界35か国の寿命などを調査・分析。その結果、2030年に韓国が「世界一の長寿国」になると予測したのだ。男性は84.07歳で、女性は90.82歳だ。

一方、「長寿大国」としてランキングトップに長く君臨してきた日本は女性(88.41歳)が韓国、フランスに追い抜かれ3位。男性(82.75歳)は現在の5位から11位に転落すると予想されている。

韓国では、2010年に国民に塩分を抑えた食生活を呼びかける「減塩キャンペーン」を大々的に展開したり、近年は肥満予防や禁煙を呼びかける官製キャンペーンが繰り返し行なわれたりするなど、国民の健康意識は年々急速に高まっているという。

また、医療制度の「近代化」も寿命の延びを下支えしている。韓国の医療保険制度は日本より約50年遅れて1977年施行。国民皆保険制度が実施されたのは1989年だ。

公的保険が整備される一方で、韓国では国民の9割近くが民間医療保険にも加入しているという。日韓の社会保障政策に詳しいニッセイ基礎研究所・准主任研究員の金明中氏が話す。

「民間保険で加入率が高いのは、公的医療保険が利かない自由診療の費用や差額ベッド代などをカバーする『実損填補型保険』です。この保険が普及している理由の1つが、韓国では患者の自己負担割合が平均35%以上と高いことです。さらに保険の利かない診療と組み合わせた混合診療も認められているため、保険適用外の診療部分を民間保険でカバーしようと考える人が多いのです」

1990年代から韓国は医療保険制度が整備され、さらに健康志向も上がったことで平均寿命を押し上げたのだろう。

気になるのは、日本が大きく順位を下げる理由である。論文の作成メンバーであるジェームズ・ベネット博士によれば、理由の1つは「食生活の変化」が挙げられるという。

「日本では以前よりも高血圧患者が増加し、BMI(肥満指数)のバランスも悪くなっています。これは食文化が変化してしまったためではないでしょうか。成人病の発症リスク上昇など、将来的な平均寿命の引き下げを生んでいると考えられています」

これに補足説明を加えるのが、桜美林大学名誉・招聘教授の柴田博氏(医学博士)である。

私は20年前から“日本人の平均寿命はいずれ延びなくなる”と指摘してきました。その理由は『栄養不足』という至ってシンプルなものです。誤解している方も多いですが、栄養不足は寿命に直結する重大疾患です。いまや日本人のカロリー摂取量は終戦直後よりも低いのが現実です」

日本人の1日の平均カロリー摂取量は1950年に2098キロカロリーだったが、2014年には1863キロカロリーにまで低下している(厚労省・国民栄養調査より)。ちなみに米国は1日平均3000キロカロリーを超え、中国などの東アジア諸国も日本の数値を超えているという。

「低下した理由は、最近の行き過ぎた“健康圧力”によるものです。『炭水化物抜きダイエット』やメタボ健診などの言葉とともに健康志向が過剰に作用し過ぎている面があります。

本来健康体でいるのは1日2000~2200キロカロリーが必要です。日本人は1980年には2084キロカロリーを摂っていましたから、このレベルを維持していれば日本の平均寿命はもっと延びていたはずです」(同前)

柴田氏によれば、韓国人の1日の平均カロリー摂取量は約2200キロカロリーで、「理想に近い」という。

韓国料理は「薬食同源」を基本にしているといわれるが、カロリー摂取量からみると韓国が平均寿命で世界トップになるのは不思議でなさそうだ。

※週刊ポスト2017年6月2日号

http://www.news-postseven.com/archives/20170525_557924.html
http://www.news-postseven.com/archives/20170525_557924.html?PAGE=2
http://www.news-postseven.com/archives/20170525_557924.html?PAGE=3



続きを読む

韓流アイドルの日本公演が『最低すぎる理由で緊急中止され』日本側が絶句。もうツッコミ所しかない模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:らむちゃん ★@\(^o^)/:2017/05/24(水) 17:09:54.04

ソース元、2017年5月24日14時36分配信 (C)WoW!Korea
http://www.wowkorea.jp/news/enter/2017/0524/10190650.html

韓国アイドルグループ「SHINHWA」の日本公演が、開催を翌週に控えて突然の「中止」が発表された。「SHINHWA」側は法的対応も辞さない構えだ。

【動画】SHINHWA 13TH UNCHANGING - TOUCH_OFFICIAL MV (DANCE VER.)

韓国メディアは24日午後、「神話カンパニー側は公式サイトを通して、来る30~31日に日本で開催が予定されていたコンサート『2017 SHINHWA LIVE UNCHANGING IN JAPAN』公演がキャンセルされたことを告知した」と報じた。

神話カンパニー側は「日本公演企画社が公演準備のための重要な契約事項に関し、終始一貫として不誠実に対応した」とし、「4月末、日本ファンクラブ先行チケット販売終了時点で、公演契約とは何の関係もない日本のファンクラブ運営会社のファンクラブデータ送付に関する問題を理由に公演実施の意志を見せずにいた」と経緯を説明。

続けて「公演チケットを購入されたファンの皆さんのために何としてでも公演は行われなければならないという意志から、契約金額の縮小等、様々な権利を譲ってまで公演を正常に進行させようと努力しましたが、残念な結果を防ぐことはできなかった」と明かした。



続きを読む

『日本の運動会は驚きで満ち溢れている』と外国人が”常識を裏切り光景”に仰天。誰もスカーフを持ち去らない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/05/23(火) 20:51:39.92ID:CAP_USER.net

綱引きや玉入れ、徒競走といった運動会は日本人ならば誰もが小中学校の時に体験したことがあるだろう。だが、中国人から見れば、日本の小中学校における運動会は多くの驚きがあるイベントのようだ。

中国メディアの大視界は18日、日本在住の親戚に会うために日本を訪れたという中国人女性の手記として、「日本の子どもたちによる運動会は驚きに満ちていた」と伝える記事を掲載した。

記事は「日本は教育を重視する国」であることは広く知られていると伝えつつ、まず驚いたのが「日本は小学校や中学校の校舎が非常に頑丈で、最も安全な施設の1つ」とされていて、地震災害などの際には人びとの避難場所に指定されていることだと紹介。

政府の関連施設ほど頑丈であると揶揄されることもある中国との大きな違いの1つだと論じた。

この中国人女性には小学校3年生の姪がいて、この姪の応援のために運動会に参加したようだが、日本の運動会には「個人種目がなく、すべてが団体種目であった」と驚きを示し、「運動会は子どもたちが『協力』することの重要性や協調性を学ぶ場だった」と伝えた。

また、運動会の競技が終わっても「子どもたちは後片付けを自ら行う」と伝え、運動会で使用した道具はもちろん、掃除も子どもたちが行なっていたと紹介。賑やかなイベントが終わった後とは思えないほど、「校庭はきれいに片付き、ゴミ1つ落ちていなかった」と伝えた。

さらに、運動会の終了後、「小学校のフェンスにスカーフが掛けられているのを見た」と紹介。

これは誰かが置き忘れてしまったスカーフを「元あった場所に置いておくことで、持ち主が発見できるように」という気遣いによるものだと指摘し、「誰もスカーフを持ち去らない」という点にも大きな驚きがあったようだ。

中国の学校では体育の授業はあまり積極的に行われていない。スポーツはもともと選抜されたエリートが取り組むものという認識があり、中国の中学、高校では日本の学校のように部活動もあまり行われない。

日本では体育の授業や運動会を通して、健全な体と健全な精神の育成、さらには協調性や協力することの重要さを教えているという点が中国人にとっては驚きにつながったようだ。

サーチナ
http://news.searchina.net/id/1636224?page=1



続きを読む

『日本の魔改造文化は中国を越えた』と中国人が”本家超え”に仰天。中国起源の茶で完全に追い抜かれた

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ガラケー記者 ★@\(^o^)/:2017/05/23(火) 17:13:50.04ID:CAP_USER.net

日本文化の1つである「茶道」だが、茶の文化そのものの起源はあくまでも中国にある。しかし、日本で独自の発展を遂げた茶道が、世界的な知名度を獲得したことについて、中国メディアの一点資訊はこのほど、「中国を源とする日本の茶道は中国の茶文化をはるかに超越する存在となった」と論じる記事を掲載した。

 中国にはお茶で有名な産地が数多く存在し、飲まれるお茶の種類も多い。お茶の道具も様々あり、お茶を愛し、おしゃべりをしながらゆっくりとお茶の時間を楽しむ人は数多く存在する。

 だが記事は、中国で親しまれるお茶の文化と日本の茶道は大きく違う物であるとし、日本の茶道は1つの形式化された作法で客人にお茶をふるまうものだと伝え、日常の生活における作法や形式を宗教や哲学、倫理、美学と融合させた総合的な芸術活動であると紹介した。

 さらに、お茶によって客人をもてなす以外に、「日本のお茶の席は礼儀作法を学び、精神を練り上げ、美意識や道徳観念を培う場」ともなることを紹介している。お茶室の空間は心を静め、雑念を除き心身を自然と融合させてゆく場であり、それゆえ会話の内容も「商売や金銭などの世俗的な話題は許されない」と紹介している。

 こうした精神的な部分については中国人にとって理解しづらい文化の一面に感じられるかもしれないが、日本の茶道はお茶を飲むことだけでなく、「一連の形を重視している」と説明。源をたどれば中国が発祥となるお茶の文化が日本に伝わり独自の発展を遂げたことについて、「起源が中国にあるのに、茶道のように本家大元の中国を超えた文化は数多くある」と伝え、中国は自国の文化をもっと大事にすべきだと提言した。
searchina
2017-05-23 15:12
http://news.searchina.net/id/1636277?page=1



続きを読む

頻発する韓国の嘘に『外国人が”恥を知らないのか?”と呆れる』凄まじい展開に。実際は自分たちには何もない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/05/22(月) 12:18:46.97

なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。そして、なぜ国際社会に対して嘘をつき続けるのか。そこには「儒教の呪い」があるという。著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏と作家の百田尚樹氏が、韓国の本質を語り合った。

 百田:日本より上だというプライドだけあって、実際は自分たちには何もないから、その屈辱感が凄い。それで今、韓国は日本固有の文化を全部、「朝鮮半島由来」と主張し始めました。柔道、茶道、華道……。

 ケント:歌舞伎、相撲、食べ物では寿司やしゃぶしゃぶなどの和食も韓国起源だと言っていますね。

 百田:納豆菌を使う食べ物は朝鮮半島には存在しなかったのに、納豆も韓国がルーツだと言い出しています。

 さらに、ソメイヨシノも元は済州島に自生していた桜だと。だけどソメイヨシノは江戸の染井村の職人さんがエドヒガン系の桜とオオシマザクラを掛け合わせてつくったもので、自生するわけがないんですよ。それも知らずに「韓国由来」と言っている(笑)。

 ケント:近頃は、一部の韓国人は妄想がひどくなったのか、イエス・キリストも孔子も韓国で生まれたという主張まで出てきた。

 百田:以前は「侍」や「武道」「武士道」は軍国主義を思い出させるといって、韓国人は忌み嫌っていたはずです。ところがハリウッド映画『ラストサムライ』がヒットしたり、忍者や日本刀が世界から注目されたりするようになって、武道も「朝鮮半島がルーツだ」と言い出した。

 ケント:確かに仏教や漢字は中国大陸から朝鮮半島を経由して日本に伝来しました。そうだとしても、日本発祥の文化を全部「韓国が教えてやった」というのは、憐れにさえ感じますね。

 百田:だけど、それが成功したケースもあるんです。「空手ウリジナル説」です。韓国は、「朝鮮半島にテッキョンという武道があって、それをもとに空手ができた。テッキョンは併合時代に日本に抹殺されたが、戦後、独立してテッキョンを復活させたのがテコンドーだ」という説を唱えました。でも実態は、朝鮮の留学生が日本の松濤館流空手を学び、そこから考え出したのがテコンドーなんです。

 ケント:韓国の主張は、事実とまったく逆ですね。

 百田:でも、韓国はテコンドーをオリンピック種目にするため、空手のルーツだと大嘘をついた。IOCもまさかそんな嘘をつく国があるとは思わないし、日本も黙っていたから、オリンピック種目になった。

 ケント:日本は世界に対して、もっと日本の文化について発信したほうがいいと思います。嘘つきというのは、どんどん嘘をついているうちに、それが真実だと自分で信じ込む。そして嘘が通ると、癖になってしまう。

 百田:おっしゃる通りで、テコンドーで味を占めた韓国は、剣道も朝鮮半島のものだと宣伝し始めました。朝鮮半島にコムドという剣術があって、それが日本の剣道になったのだと言っています。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170522/frn1705221100007-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170522/frn1705221100007-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170522/frn1705221100007-n3.htm

(>>2以降に続く)



続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ