軍事

米国が『北朝鮮への譲歩はやっぱ止めた』と言い出す大混乱状態に。わけがわからない事態に突入

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:Boo ★:2018/06/13(水) 22:06:45.15 ID:CAP_USER

(朝鮮日報日本語版) ホワイトハウス「大規模な韓米演習は中断、通常の演習は継続」

 米国のトランプ大統領が12日の記者会見で韓米合同軍事演習の中断に言及したことをめぐり、混乱が続いている。

 こうした中、米紙ワシントン・ポストは12日(現地時間)、米ホワイトハウスの関係者が「定例的な合同演習は続けるが、大規模な演習は中断するという意味だ」と説明したと報じた。

 これに先立ちペンス米副大統領は同日、共和党上院議員との昼食会で、半年に1度実施している韓米合同軍事演習は中断するものの、通常の演習は続けると明らかにした。

 WSJによると、トランプ大統領が12日にシンガポールでの記者会見で韓米合同軍事演習の中断に言及すると、米国防総省では高官らが集まって、大統領の発言の真意をめぐって確認作業などの対応に追われたことが分かった。

 ホワイトハウスの高官はペンス副大統領の発言に言及し「半年に1度実施している演習」と「通常の演習」について「違いがあまりないように見えるが、重要な違いだ」として「だから混乱が起きた」と述べた。

 つまり、トランプ大統領の言及した通常以外の「合同軍事演習」とは「フォール・イーグル」「マックスサンダー」「乙支フリーダムガーディアン」など数千人規模の両国の兵力や戦闘機などが動員される大規模な演習を意味するというわけだ。このうち「乙支フリーダムガーディアン」は通常、8月中旬に実施される。

 米国防総省のある高官はWSJに対し、トランプ大統領の発言が不透明だと指摘した上で、小規模演習も中断の対象となって影響を受けるのか、確認して決定する必要があると述べた。また、同省の別の高官は「ある程度のレベルでの演習はもちろん続ける」と述べた。

 一方、国防総省のホワイト報道官は12日「マティス国防相が米朝首脳会談前にトランプ大統領と韓米合同軍事演習について協議したため、何も知らずにトランプ大統領の発表を聞いたわけではない」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00002587-chosun-kr



続きを読む

トランプ大統領が『在韓米軍の縮小撤退に言及する』凄まじい情勢に。韓国が自由主義陣営から離脱?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ひろし ★:2018/06/12(火) 18:03:10.14 ID:CAP_USER

【シンガポール共同】トランプ米大統領は12日、在韓米軍を将来、縮小したり撤収したりする可能性に言及した。

https://this.kiji.is/379192986317603937?c=39550187727945729



続きを読む

訪韓したドゥテルテが『詐欺的な欠陥品を掴まされた』疑惑が浮上。絶対やめとけ!とツッコミ殺到

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ガラケー記者 ★:2018/06/08(金) 13:19:14.14 ID:CAP_USER

最近、韓国を訪問して機動ヘリコプター「スリオン」に搭乗したフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、デルフィン・ロレンザーナ国防長官に韓国ヘリコプターの購入を検討するよう指示したと日刊フィリピンスターなど現地メディアが7日、報じた。

ヘルモヘネス・エスペロン国家安全保障担当大統領顧はフィリピン空軍がスリオンの生存能力を検討する技術実務グループを構成したと明らかにした。

フィリピン政府は昨年末、カナダ企業と2億3300万ドル(約256億円)規模のヘリコプター「ベル412」16機の購入契約を締結したが、カナダがフィリピンの人権実態を問題にしたため今年初め契約を破棄した。その後、フィリピン政府は韓国・中国・ロシア・トルコなどに目を転じた。

エスペロン氏は「最も重要なのはヘリコプターの品質とアフターサービス」とし「ベルは6人しか乗れないが、スリオンには16人の搭乗が可能だ」と述べた。続いて「ベルはアフターサービスと予備部品供給能力を立証し、スリオンは我々の近くにある」と明らかにした。エスペロン氏はベル機購入予算ならスリオン10~12機を買うことができると説明した。

ドゥテルテ大統領は文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談に出席するために訪韓した5日、ソウル龍山(ヨンサン)国防部庁舎前の練兵場に展示されたスリオンに高い関心を示した。そしてドゥテルテ大統領はスリオンの副操縦席に座って約10分間、その性能と作動について説明を受けた。また、航空ジャンパーを着てヘリコプターの始動も直接試した。

一方、最近軍事力の現代化に乗り出しているフィリピンは韓国から軽攻撃機「FA-50PH」12機を購入するなど防衛産業分野での協力を強化している。

FA-50PHは韓国航空宇宙産業(KAI)が米国ロッキード・マーチン社と共同開発した高等訓練機T-50に武器を装着した軽攻撃機だ。
中央日報/中央日報日本語版

2018年06月07日13時54分
http://japanese.joins.com/article/075/242075.html?servcode=200§code=200



続きを読む

韓国の荒唐無稽な計画に『米専門家が”絶対に無理”と通告する』絶望的な状況に。まず日米中を納得させろ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ガラケー記者 ★:2018/06/08(金) 17:22:22.77 ID:CAP_USER

韓国が推進中の原子力潜水艦保有計画が韓米同盟に新たな緊張と挑戦になるという指摘が出てきた。

米シラキュース大のエリック・フレンチ政治学博士の討論発題文「韓国の原子力潜水艦確保のための挑戦と課題」に出てくる内容だ。フレンチ博士は8日、海軍と韓国海洋戦略研究所、韓国海路研究会が共同で開催した第18回艦上討論会でこれを発表する。

フレンチ博士はジェームズ・スタインバーグ元米国務副長官(2009-2011)の政策研究補佐官を務めた経歴がある。昨年9月、米国の外交安保専門誌ナショナルインタレストに「韓国は原子力潜水艦を建造しなければならないのか」と題して寄稿し、今回の討論会に招請されたと、海軍は説明した。

韓国は昨年、北朝鮮の核・ミサイル挑発の高度化に対応する手段として原子力潜水艦の保有を本格的に推進した。特に北朝鮮が開発中の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)に対抗するためには、水中で待機して速度も出せる原子力潜水艦が必要だという分析が提起された。発題文によると、フレンチ博士は米国の原子力法(AEA)第123条を韓米同盟の外交的な障害物に挙げた。該当条項には米国が核物質・資機材・技術を外国に提供するうえで守るべき条件と手続きが明示されている。

この条項に基づき締結した韓米原子力協定には「韓国のウラン濃縮が20%水準を超えてはならず、軍事的な目的には使用できない」という内容がある。韓国が原子力潜水艦を運用するためには韓米原子力協定を改定する必要があるというのが、フレンチ博士の主張だ。米国の技術的支援が必要であるため、米国の支持と同意を得ることができなかった韓国の原子力潜水艦事業は不可能だということだ。

フレンチ博士は韓米原子力協定を改定する過程で両国間の摩擦が発生する可能性があると予想した。国際社会の非核化を主導する米国が韓国に原子力潜水艦を許容するのは負担になると考えられるからだ。実際、米国は2003年、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の「362事業(原子力潜水艦を独自建造する秘密事業)」の全面廃棄を要求し、貫徹させた。フレンチ博士は発題文で「今のような韓半島(朝鮮半島)緊張緩和局面で韓米関係の摩擦は悪材料となる可能性がある」と明らかにした。また、原子力潜水艦の建造過程で得た技術で核兵器を開発しないという点を韓国が米国に確信させる必要があると主張した。

フレンチ博士は北朝鮮・中国・日本も韓国の原子力潜水艦に反対する可能性があると予想した。北朝鮮が原子力潜水艦をミサイル挑発の口実にする可能性があるというのがフレンチ博士の分析だ。このために韓国は原子力潜水艦を北朝鮮の脅威に対応するための手段でなく、海上交通路保護の資産として使用することを北朝鮮に知らせる必要があると、フレンチ博士は指摘した。

フレンチ博士は中国からの圧力にも言及した。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定当時のように原子力潜水艦を保有しようとする韓国に圧力を加えることがあるということだ。韓国の原子力潜水艦が「海上安保を守る協力手段」であることを中国・日本に強調しなければいけないと、フレンチ博士は説明した。

※続きはソースをご覧ください。
中央日報/中央日報日本語版
2018年06月08日15時47分
http://japanese.joins.com/article/119/242119.html?servcode=A00§code=A20&cloc=jp



続きを読む

『中国には下手に出て陸自を解体しろ』と軍事専門家が”防衛費の増加”に猛反対。役立たずの陸自など不要だ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:(^ェ^) ★:2018/06/03(日) 21:52:21.76 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180602-00010000-jindepth-pol

まとめ】

・自民党は防衛費について「必要かつ十分な予算を確保」すべきと提言。

・防衛費GDP2%論は無根拠。防衛費2倍増なら国民生活は破綻。

・中国との関係を改善するため、陸自予算・人員を半分にすべき。

【この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=40295でお読みください】


自民党は防衛費を倍化しろと主張している。5月25日づけブルームバーク「NATOの『GDP比2%』参考に防衛費確保を」では「安全保障調査会と国防部会はそう結論づけた」と報道している。その趣旨は「従来GDP比1%であった防衛費を2%まで増やせ」である。

だが、これは荒唐無稽な主張だ。対GDP比2%は無根拠である。また平時負担では不可能な金額である。選択肢としても非現実的である。

ではどうすればよいか?

本当に防衛費が2倍必要なら中国と仲良くしたほうがよい。日本は中国に下手に出て対立を緩和すべきだ。どうやっても勝てない敵なら味方にするしかない。


実際には従属の必要もない。防衛費の無駄を省けば対中対応は充分可能だ。陸上戦力を減らし海空戦力を増強すればよい。

■ GDPが半分に減れば防衛は充実するか?

(略)

■ 防衛費2%で国は滅びる

そもそも今の日本にはその余裕はない。

防衛費は約5兆円である。18年度予算で5.2兆円であり国債費と社会保障費を抜いた一般会計予算のうち1/8、13%を占めている。

2倍にすれば国民生活は破綻する。消費税を10%にしても足りない。消費税1%の税収効果は約2兆円でしかない。そして5%を8%に増やしただけでも空前の不景気となった。民力は疲弊の極にある。実質所得が下げ止まらない中、消費税10%以上に相当する負担増に国民は耐えられない。

到底、平時にできる選択ではない。今は戦時下ではない。強いて防衛費の負担増に耐えなければならない状態ではない。

それよりもやるべきことはいくらでもある。現状では安全保障よりも社会保障である。あるいは、今後の成長力確保を考慮すれば教育の充実、無償化等に費やすべきだ。

■ 中国と敵対できないなら味方になるしかない

(略)

■ 陸自を減らせば現状予算で対応可能

実際にはそこまでする必要もない。現状ある防衛費の無駄を省けば済む。

具体的には陸自予算・人員を半分にすればよい。なにより現状で陸自は何の役にも立っていない。対中対峙に関しては全く機能していない。それでいて海空自よりも多い予算を費消している。

その人員予算を半減させれば海空戦力は3割増にできる。中国との対峙に必要な軍艦も戦闘機も3割も増やせる。

それ以外の無駄も減らせる。海空自衛隊にも無駄がある。また平凡性能で高価格となるF-2戦闘機やC-2輸送機のような残念な国産武器開発をやめてもよい。他にも駐留軍経費の無駄や情報組織の無駄もある。

それらを省いても中国との対峙は充分である。中国も既に人口オーナスに入っている。今後は低成長に喘ぐことになる。日本の少子高齢化が山を超える2050年くらいまでなら陸自削減で凌げる。

将来的には日中関係も改善する。互いに少子高齢化といった社会・経済問題を抱えている。安全保障では相互に「敵対できないから味方にするしかない」と考える可能性は高い。

文谷数重(軍事専門誌ライター)



続きを読む

米Googleが『リベラルに完全に乗っ取られた疑惑』が浮上した模様。米軍との協力関係を打ち切る

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:孤高の旅人 ★:2018/06/02(土) 11:18:56.05 ID:CAP_USER9

米グーグル、国防総省とのAI研究を更新せず 社員反発で
2018.6.2 10:10
http://www.sankei.com/economy/news/180602/ecn1806020016-n1.html

 米IT大手グーグルが、来年期限を迎える米国防総省との人工知能(AI)研究の契約を更新しない方針であることが1日、明らかになった。AIの軍事利用につながるとして、グーグル社員らが強く反対していた。関係者の話として米メディアが伝えた。


 グーグルが参画する国防総省の「メイブン計画」は、無人機が集める大量の映像データの解析にAIを導入。テロリスト掃討などで標的の選別能力を高める狙いとみられている。

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版によると、グーグルのクラウド部門の責任者が1日、社内会合で、国防総省とのAI研究から撤退すると社員に説明。メイブン計画への関与で社内論争を巻き起こしたことにも言及した。(共同)



続きを読む

北朝鮮が『爆破イベントは米国を騙すため』だと自白する末期的な情勢に。今年8月まで待てば戦争準備が整う

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:影のたけし軍団ρ ★:2018/05/25(金) 16:39:00.31 ID:CAP_USER

北朝鮮は24日、咸鏡北道(ハムギョンブクト)吉州(キルチュ)郡の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場を爆破した。北朝鮮政府のある幹部はこの実験場について、「すでに廃棄されていたもの」だと指摘。爆破については「金正恩時代の核戦略システムの完成を宣言するイベントでしかない」と述べた。

これは中国から連絡が取れた北朝鮮の幹部が20日、語ったものだ。

この幹部は「金正恩党委員長は豊渓里の核実験場の廃棄を宣言したが、その際に『朝鮮民主主義人民共和国の核実験場』ではなく『北部核実験場』と述べたことについて世界は注目すべき」だと主張した。

この幹部によれば、北朝鮮は当初、豊渓里の核実験場について「北部核実験場」ではなく、「東海(東海岸)地区の核実験場」という名称を使う方針だったが、「北部核実験場」に変えることで、南部のどこかに別の核実験場が存在することを示唆したのだという。

では、「南部核実験場」は実在するのか。それと目されているのは、江原道(カンウォンド)板橋(パンギョ)郡の梨上里(リサンリ)から、隣接する黄海北道(ファンヘブクト)谷山(コクサン)郡の新谷(シンゴク)貯水池(1965年完成)を結ぶ水路だ。

この地域の水路としては、臨津江(リムジンガン)の支流の水を周囲の420万平米の農地に供給するとして2005年3月に着工、2009年9月に竣工したと発表された「ミルボル水路」がある。この幹部は「2013年から朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の部隊が動員されて滅悪(ミョラク)山脈を貫いて建設した」と述べている。建設時期が異なるため、ミルボルとは別の水路である可能性がある。軍事境界線からは、直線距離で50〜60キロのところにある。

幹部は「梨上里周辺に貯水池と水路の建設を始めたころから、軍事用途だという話が多く聞かれた」と述べ、「貯水池の水門を閉じれば、水路から水を抜くことができ、小型化された核兵器の実験ができる」と説明した。

滅悪山脈は、馬息嶺(マシンリョン)山脈と彦真(オンジン)山脈に囲まれており、海抜1000メートルを超える山がいくつもある。山脈には装甲車や武器を隠蔽するための洞窟が多く存在し、そこも核実験場として使用可能だと付け加えた。

これと関連し、朝鮮人民軍筋は「2013年5月に非公開で行われた軍需工業大会で軍事近代化5カ年計画が採択された」「今年8月に完了する軍事近代化5カ年計画の最終課題は、三池淵(サムジヨン)戦時司令部に小型原子炉を設置すること」だと述べた。

両江道(リャンガンド)三池淵にある金正恩氏の胞胎(ポテ)別荘は、山脈を貫いて建設した地下司令部とつながっており、そこに小型原子炉を設置すれば、金正恩氏は米国から核攻撃を受けても生き残り、核兵器で反撃する余裕も持てるとのことだ。

またこの幹部は、金正恩氏は自身の誕生日である今年1月8日、国家科学院を現地視察したが、その目的は戦時司令部に設置する小型原子炉だったとし、豊渓里核実験場の爆破行事は、核戦略体系の完成を知らせる金正恩式の宣言式だと強調した。
https://dailynk.jp/archives/110710



続きを読む

文在寅の大爆死で『日本がとばっちりを喰らう』嫌展開が発生。止む終えないとの声が相次ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:名無しさん@涙目です。(岐阜県) [AO]:2018/05/25(金) 08:45:29.69 ID:KdQKeJbJ0 BE:723460949-PLT(13000)

対北軍事行動の費用を韓日が負担、トランプ大統領が可能性を示唆

 トランプ米大統領は24日(現地時間)、(略)6月12日に予定されていた北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談を中止したことについて語った。同大統領は「ジェームズ・マティス国防長官と合同参謀本部と話した」「必要ならば、全世界で最も強力で、最近さらに強化された我が軍が準備できている」と言った。

 さらに、トランプ大統領は「韓国と日本と話した」「北朝鮮が愚かで無謀な行動をするなら、韓国と日本が準備できているのはもちろん、不幸な状況が必然的に起こった場合は作戦中に米国に発生するコストや財政的コストのかなりの部分を喜んで引き受けるだろう」と、軍事作戦を展開する場合は韓国と日本が費用を分担するだろうと述べた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/25/2018052500782.html



続きを読む

トランプ大統領が『北朝鮮への軍事行動の準備』を国防長官に指示。徹底的に圧力をかける模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:影のたけし軍団ρ ★:2018/05/25(金) 01:24:35.23 ID:CAP_USER

アメリカのトランプ大統領は、来月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談を中止することについて、 ホワイトハウスで記者団に対し、「北朝鮮と世界にとって大きな後退だ」と述べました。

そのうえで、マティス国防長官らに対し、必要であれば軍事的な態勢を整えるよう命じたと明らかにしました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180525/k10011451541000.html


トランプ米大統領はホワイトハウスで記者団に北朝鮮に対し「最大限の圧力は続く。何が起きても米国の安全については絶対に妥協しない」と力説。

マティス国防長官に対し、「北朝鮮のおろかで向こう見ずな行動」に対して必要ならば準備するよう指示したことを明らかにし、軍事行動も辞さない強い姿勢を示した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30948240V20C18A5MM8000/



続きを読む

北朝鮮の恫喝に『文在寅があっけなく屈服して』米国の顔に泥を塗る。西側陣営から脱落寸前の模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:荒波φ ★ :2018/05/19(土) 10:44:38.07 ID:CAP_USER

米国が「B-52長距離爆撃機」が参加する韓米共同訓練計画を取り消し、米国単独で訓練を進めたと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が18日(現地時間)報じた。共同訓練取り消しの理由は、米朝首脳会談を控えて緊張を招くという韓国側の懸念と不参加表明のためだと伝えられた。

WSJによると、米国は「ブルーライトニング」(Blue Lightning)という名称で韓米日3カ国と米国のB-52(2機)が参加する空軍訓練を計画した。訓練の時期は11日に始まって25日に終わる韓米連合空中訓練「マックスサンダー」とほぼ同じだった。

しかし韓日間の緊張の持続で韓米日3カ国の共同訓練計画は米B-52が韓国空軍・日本自衛隊と別々に訓練することになり、B-52は韓国空域に最小限の進入だけをする予定だったと、WSJは伝えた。

WSJは、韓国政府がその後、米朝首脳会談の雰囲気が損なわれると懸念を表し、B-52が含まれた訓練には参加しないという意向を米国側に伝えてきたと明らかにした。

続いて16日の宋永武(ソン・ヨンム)国防長官とヴィンセント・ブルックス韓米連合司令官の緊急会談後、B-52の任務は韓国防空識別圏は避け、日本空域だけを含むことで調整されたと、WSJは伝えた。

実際、韓国軍と政府関係者によると、B-52長距離爆撃機は17日に韓半島(朝鮮半島)南端近隣の上空を飛行したが、韓国防空識別圏には進入しなかったと伝えられた。政府のある消息筋は「当時、B-52は韓半島南端の上空を飛行したが、韓国防空識別圏には進入しなかった」とし「沖縄方向に飛行したと把握していて、米国と日本の共同訓練の一環とみられる」と明らかにした。

一方、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領外交安保特別補佐官も16日、汝矣島(ヨイド)国会議員会館で開かれた講演で「宋永武国防部長官がブルックス韓米連合司令官に会い、明日(17日)米軍戦略爆撃機B-52を韓半島に展開できないよう措置を取った」と言及した。


2018年05月19日10時02分
http://japanese.joins.com/article/525/241525.html?servcode=A00§code=A20

WSJ記事
米韓、B52使用の軍事演習取りやめ 米朝会談控え韓国が要請
http://jp.wsj.com/articles/SB12501822562681724655604584232093942033098



続きを読む
はてなブックマーク
最新コメント
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
twitter
u1ssをフォローしましょう
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ