中国

中国の対日工作が『完全破綻に追い込まれた』と共産党が絶叫中。民進党が公式に役立たず認定を受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 12:39:07.11 ID:CAP_USER.net

日本の右翼化が政治的な現実となった今日、根本的な問題と言えるのは、日本の「左翼」勢力はどこにいるのかということである。(文:文豊・南京大学歴史学院博士課程大学院生)

第2次大戦前の日本には「左翼思想」の社会的な基盤はなかった。19世紀末には、西側の各種の社会的な思想が浸透し、左翼政治団体や左翼政党が生まれていた。

こうした組織は、マルクス主義の代表的な理論を導入しただけでなく、中国革命を後押しすることともなった。だが西側の思想を導入しただけでは、東アジアの島国にそれが根付くことにはならなかった。

自由民権を代表とする自由主義の政治思想が芽生え始めた時、日本右翼の代表の一人である、甲午戦争(日清戦争)の総計画者である伊藤博文は、アメとムチの両方を使ってその弾圧をはかった。

伊藤の長州の同郷である大軍閥の山県有朋はさらに、日本近代地方体制の設計のために画策し、政党間の争いが国家の根幹を動揺させるのを防ぐという建て前で、民主の防波提を築いた。

「過激」な共産主義は言うに及ばず、西欧各国の自由主義思想でさえ、彼らは厳しく取り締まった。

1889年にまず「欽定憲法」を作り、1890年に第一回議会を召集し、欽定された憲法を国民の代表らに「恩賜」するというのが、近代日本が西側の憲政を模倣した道だった。

そうは言っても、日本にも28年後、本当の意味での初の政党内閣(政友会内閣)が誕生した。これによって「大正デモクラシー」(大正民主)の時代が始まった。

だが日本の右翼勢力は、近代日本民主政治の代表となったこのような政党を許容することはなかった。

原敬(1921年暗殺)や濱口雄幸(1930年負傷)、犬養毅(1932年暗殺)は自らの血によって、戦前の帝国日本の政党民主政治が14年の惨憺たる歩みの後に激しくもその短い生涯を終えたことを示した。

第2次大戦は日本にとって明治維新以来の歴史的な転換点と見られてきた。マッカーサーの指導の下、日本の戦後の民主化改革は、日本の政界の姿をある程度変えた。左翼革新派の代表としての日本社会党が結成され、共産党も再建された。

保守派の側では自由党や協同党が次々と登場した。14年を隔てて、日本の政党政治が一夜にしてよみがえったかのようだった。だが戦後の米ソ対立によって始まった冷戦によって、日本の民主化改革は大きくその勢いをそがれることとなった。

日本の右翼の罪が徹底的に問われることがなかったのは、冷戦期において米国が自身の勢力の拡張により、ソ連に対抗し、中国を抑制し、世界の霸権を打ち立てることを必要としたためである。

在日米軍最高司令部は日本の右翼勢力を公に支持しただけでなく、日本の左翼を激しく弾圧した。米国にとって、左翼の「革新派」分子は、モスクワの潜在的または公の支持者と見られたのである。

このように戦前は発育不良、戦後は発育失調で、今では発育畸形に陥った日本の左翼は、日本政治にとっての脇役にすぎなくなった。1990年代には、バブル経済の崩壊によって、日本国内の左翼政党には復活の兆しが見られ、自民党一強の「55年体制」もすでに終わったと多くの人が考えた。

だがこれらすべては経済的な動揺が政治レベルに表れた微弱な波動にすぎなかった。実際には、政権は依然として、自民党を筆頭とする右翼勢力の手に握られている。日本の右翼の基盤は堅固で、日本経済の動揺の影響を受けることはなかった。

今日に至っても、安倍首相による改憲という政治的茶番、防衛白書のでたらめな結論、一部政治家の歴史問題に対する恥知らずなたわごとが続出している。これは一体何を意味しているのか。

右翼の一強は、日本においては歴史的事実であり、今日においては政治的な現実である。

自民党などの右翼勢力と互角に戦うことのできる左翼勢力が日本で見つからない今、議会民主制の力の均衡という原理の学術的な視点から見れば、日本政府の基本的な政策の方向性は、絶対的な優位を占める政治集団による自身の利益の最大化の追求の産物になるしかない。

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2017-08/22/content_50002484.htm

(>>2以降に続く)



続きを読む

アニメ「ドラえもん」が『中国人を妙な勘違いをさせる』珍事が発生した模様。日本側は呆れ返っている

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:HONEY MILKφ ★@\(^o^)/:2017/08/22(火) 11:26:04.14 ID:CAP_USER.net

日本の代表的なアニメーションの『ドラえもん』で、主人公のドラえもんと野比のび太(韓国=ノ・ジング、中国=野比大雄)が「日本が敗北するの」と叫び、中国と日本の反応が異なっている。

最近製作されたドラえもんの『ぞうとおじさん』で、第二次大戦当時に日本軍は、「動物の面倒を見られない」という理由で毒殺する。この事実をドラえもんとのび太がタイムマシンに乗って過去に戻り、動物を救うという内容である。

話題のセリフは過去に戻ったドラえもんとのび太が、ゾウに毒の入ったエサを食べさせようとする飼育員を説得する過程で登場する。ドラえもんとのび太は飼育員に向かい、「大丈夫、日本が負けるの!」と叫び、両手を広げて歓呼する。

20170821000334_0_20170821094824761

▲ (字幕=日本が負けるの!)

このセリフで日本の右翼陣営は憤怒している。一部のネチズンは、「日本を侮辱している」、「アニメが子どもたちにそのような考えを植えつけて良いのか」と非難した。日本の右翼は歴史を歪曲してでも日本の恥部を隠そうとする。

一方で中国では、「ドラえもんは日本の良心だ」、「製作スタッフの勇気に拍手を送る」、「作家と監督に非常に意味ある、勇気がいる事をやり遂げた」と称賛を惜しまなかった。

中国人民網などの現地メディアも、「今回放送されたドラえもんのセリフは原作者である藤子・F・不二雄の意図をよく反映しており、歴史に忠実に日本の極右団体に勇気を持って立ち向かった」と伝えた。また、「今回の作品が不二雄を“優秀な創作者”から“偉大な創作者”に引き上げた」と評価した。

中国も『東北工程』に代表されるよう、歴史歪曲は得意な国だ。過去の反省をせず歴史歪曲を躊躇しない国同士が争う姿が、国際的観点では可笑しくて開いた口が塞がらないという反応が出るだけだ。

一方、ドラえもんの原作者である藤子・F・不二雄は1933年に生まれ、太平洋戦争と第二次世界大戦を経験した。これによる影響から、ドラえもんには戦争を素材にしたエピソードが頻繁に登場してきた。

ソース:NAVER/ヘラルド経済(韓国語)
http://entertain.naver.com/read?oid=016&aid=0001279444



続きを読む

中国人を嘲笑した米カフェが『凄絶すぎる報復を喰らい』全世界から袋叩きに。色々な意味で嫌な事件だった模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/21(月) 14:30:10.58 ID:CAP_USER.net

米ニューヨークのマンハッタンにあるカフェのスタッフがアジア人に対する差別的な言葉を印字したレシートを渡したことで、それを見た中国人女性がFacebookに怒りをぶつけた。

女性の投稿はたちまち拡散し、このカフェはFacebook上で謝罪した。ニューヨークのメディア『East Village Patch』や『Metro』『The Sun』など複数メディアが伝えている。

8月16日、マンハッタンのイースト・ヴィレッジにある「Cornerstone Cafe(コーナーストーン・カフェ)」で、ジギー・チャウ(Ziggy Chau)さんの友人の母がテイクアウトの注文をし代金を支払ったところ、手渡されたレシートを見てショックを受けた。

そこにはアジア人の話し言葉をからかう侮蔑語として「テイクアウト先:Ching Chong(チン チョン)」「客の名前:Ching Chong」と記載されており
、レシートを見たジギーさんは「たった今、このニューヨークシティでこんなことが私の友人の母に起こりました!」と自身のFacebookに投稿した。

19世紀に広まったこのアジア人への侮蔑語を今でも平気で使う人がいることに大きな怒りを感じたジギーさんは、投稿の中でこのように綴った。

「カフェが公共の場で謝罪をするまで、みんなでこのカフェをボイコットしましょう! もしくは直接ここに電話して差別をするスタッフがいることを教えてやりましょう!

問題を政治的にするつもりはないですが、今のアメリカ大統領はこのような人種差別を露骨にする人のようですから、どうかみなさんでこの投稿をシェアしてください。そしてアジア人のみなさん、差別はどこの国でも決して起こってはならないものだと声を大にして言ってやりましょう!」

ジギーさんの友人は事を公にしたくなかったようだが、ジギーさんはカフェに直接電話をしロッコさんというマネージャーと話をしたようだ。

ジギーさんの更新された投稿によると「状況を説明したら、マネージャーは『では、お客様の名前は何だったのですか。多分スタッフが聞き間違えたのでしょう』と尋ねてきた」とあり、「客の名前など関係ない。問題は明らかにアジア人への侮蔑的発言をスタッフがレシートにタイプしたことだ」と言い、SNSできちんと謝罪するようにと伝えたという。

その後、カフェ側はFacebookアカウントにこのように投稿した。

「今回の件にとてもショックを受けています。マネージャーとして非常に責任を感じており、お客様を不快にさせてしまったことを深くお詫びしたい。当店は決して差別をする店ではなく、どんなお客様でも大切におもてなしをさせて頂く店だということは、訪れて下さったことのある人ならば知っていることでしょう。」

ロッコさんは投稿で、この時サービスにあたったスタッフはレシート上に書かれていた「Rubi(ルビー)」という女性スタッフではないと主張。しかし「許し難い行為です」と対応したスタッフを解雇した旨をFacebookに綴っている。この投稿は現在、削除されているようだ。

http://japan.techinsight.jp/2017/08/ellis08181047.html

ellis08181046

NYのカフェ従業員が差別的な言葉をレシートに(画像は『Ziggy Chau 2017年8月16日付Facebook「***UPDATE***11:30PM Rocco, the manager of the restaurant issued an apology」』のスクリーンショット)



続きを読む

日本製ドラマが『外国人に徹底的に酷評される』異常な光景が爆誕。先進国でぶっちぎり最悪だと断定

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/08/21(月) 10:11:40.09 ID:CAP_USER9.net

下手な役者に薄っぺらい脚本、ベタな演出、そして、プロダクションへの忖度――。
日本のドラマ業界が抱える数多の問題点を、各局の情報番組でコメンテーターを務めるデーブ・スペクター氏が敢えて喝破する。


僕は日本のテレビ番組すべてがダメと言ってるワケではありません。ニュース、バラエティ番組は世界的に見てもレベルが高いと感じています。ただ、ドラマだけは本当にひどすぎる。20~30年前と比べて進歩するどころか、どんどんクオリティが下がっている。

特に問題なのは役者の演技力。僕もテレビ業界で仕事をしてるから、あんまり厳しいことは言えませんが……。まぁ、演技のレベルはあらゆる先進国のなかでもぶっちぎりで最悪だと思いますね。

もちろん、なかには面白いと感じるドラマもあるんです。「家政婦のミタ」みたいに伝えたいテーマのハッキリした、ハイコンセプトな作品は欠かさず観ていました。役所広司や樹木希林、桃井かおりをはじめ、芝居のうまい役者もいる。

名作として印象に残っているのは97年にTBS系で放映された「青い鳥」ですね。主演した豊川悦司と夏川結衣の不倫逃避行を描いているんですけど、オーバーな演技は一切なく、どのシーンも抑制が利いていて画面から緊張感が伝わってきた。でも、どうして20年も前のドラマを取り上げるのかと言えば、それ以降、大人の鑑賞に堪える欧米型のドラマが作られていないからです。

連ドラに出演する役者の8割は、とにかく芝居が大げさで「わたし、いま演技してまぁす!」と顔に書いてある。それに、喋り方が不自然だからセリフに集中できない。以前から不思議に思ってるんですが、日本の役者はセリフの途中に奇妙な間を一拍置くんです。

「なんで、そういうことを、言うんだ、君は?」といった感じで。あと、セリフの語尾で息を吐きますよね。「この前さ(はぁー)、どうして(へぇー)」、と。溜めを作って聞きやすくしているつもりかもしれないけど、セリフが隙間だらけで素人っぽい印象しか残らない。

だって、僕らが会話をする時に、そんな勿体ぶった喋り方しないでしょ。その上、すぐに感情を剥き出しにして怒鳴る。大声でセリフを叫ぶことが、気持ちのこもった演技だと勘違いしてるんだろうね。

とはいえ、役者だけを責めるのはかわいそう。何しろ、日本のドラマに出演してるのは、芝居経験に乏しい、モデルやアイドル上がりの素人同然の芸能人が多すぎるから。制作スタッフも大変ですよ。

撮り直す時は、「こっちの技術的なことで、もう一回お願いします!」と言うんですけど、本当は芝居の技術が足りないだけ。しかも、厳しく指導して女優に泣かれたら面倒だし、どっちみち良くならないから、適当なところで切り上げる。これで傑作ができると思いますか。

僕は単に日本のドラマの悪口を言いたいワケではありません。むしろ、素晴らしい作品を生み出すために建設的な議論がしたい。それだけに、いつまで経っても下手な役者を使い、海外ドラマに学ぼうとしないテレビ局のドラマ作りの姿勢には失望してるんです。

最近は日本でもCSやBS、HuluやNetflixで日常的に海外ドラマを観ることができます。海外ドラマを観慣れてくると、日本との差は一目瞭然。下手な役者に薄っぺらい脚本、ベタな演出、安っぽい映像技術と、日本のドラマには負の要素が詰まってる。しかも、予算は削られる一方でしょ。知らぬが仏を決め込んでいるのはテレビ局関係者だけです。

では、日本のドラマが欧米に追いつくにはどうすればいいか。

それにはまず、役者を変えることです。無名でも芝居のできる俳優をキャスティングすれば間違いなくドラマの質は上がる。しかも、演技の下手な「大物」や「アイドル」を外せば予算も浮きます。でも、それができないワケです。

原因は、日本のドラマがキャスティング先行で進められるから。テレビ局がドラマ制作で大事にしているのは、視聴者ではなく芸能プロダクションとの関係です。テレビ局の幹部がプロダクションに接待されて、「うちの子、頼みますよ」と言われたら断れない。加計学園と同じで忖度なんですよ。

それで「大抜擢」されるのは、演技力どころか一般常識もないカワイイだけのタレント。スターバックスのバイト面接でも落ちるような、ね。結局、テレビ局がプロダクションの意向を汲んで「大抜擢させた」だけのこと。バラエティ番組と変わらない仕組み。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170821-00529163-shincho-ent&p=1



続きを読む

中国と韓国が『隠蔽した黒歴史を強制的に直視させられる』凄絶な展開に。都合よく捏造した事実が破綻する

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/21(月) 09:07:41.08 ID:CAP_USER.net

長崎県の端島(通称・軍艦島)炭鉱を舞台にした韓国映画《軍艦島》を筆者は観ていないが、鑑賞した学識経験者にストーリーを聞いて驚き、次いで腹を抱えた。映画では、《韓国光復軍》所属の要員が、独立運動の主要人物を救うため端島に潜入する、のだそうだ。

韓国光復軍を歴史の表舞台で、輝かしく祭り上げようとする創造力は痛々しい限り。でも、超ムリ筋だ。理由は後述するが、ストーリーは次の様に展開する。

軍艦島では強制連行された男たちが牢獄のような宿舎に詰め込まれ、貧しい食事と暴力を受けながら重労働を強いられる。事故が起きると、他の坑道を守るべく出口がふさがれ、朝鮮人労働者は見殺しにされる。

家族連れの場合、女性・女児は遊郭で働かされる。無数の五寸釘が突き出た戸板に転がされ、死んでいく女性も出て来る…

もう無茶苦茶&デタラメのオンパレードだ。けれども、映画ならウソ八百が許されると考えては、現実を見誤る。

韓国側はユネスコ(国連教育科学文化機関)大使らを対象に上映会を開くなど、映画を対日プロパガンダに利用し、ナチス・ドイツによる《ユダヤ人大虐殺=ホロコースト》と二重写しにする悪意満載の「反日印象付け映画」に仕上げている。

これも後述するが、大日本帝國は永世中立国スイスも見捨てたユダヤ人を、同盟国ドイツと対立して尚、保護した。保護を断行した人物の中には、日本映画でさえ蛇蝎の如く描かれる東條英機・陸軍大将(首相/1884~1948年)もいた。

まずは、映画に登場する韓国光復軍が、いかに活躍できなかったかの哀史より入る。

韓国光復軍は1940年、中華民国=国民党政権の臨時首都・重慶にあった朝鮮独立を目指す亡命政府もどき「韓国臨時政府」の武装組織。ところが、動員計画は遅れ、創軍1年目の兵力は300人。

米CIA(中央情報局)の前身で抵抗活動を支援するOSS(戦略諜報局)の協力の下、朝鮮半島内で潜入破壊活動を考えたが、日本降伏が先になった。「臨時政府」自体、能力的欠陥などが問題視され、連合・枢軸国双方が承認を拒んだ。

韓国光復軍は韓国の教科書にも載るが、2013年の韓国光復軍創立73周年、韓国メディアは光復軍について講釈した。

《英軍と連合して1944年のインパール戦闘をはじめ、45年7月までミャンマー(ビルマ)各地で対日作戦を遂行した》

枢軸国・韓国の「連合国なりすまし」

韓国光復軍は《英軍と連合》できる規模も能力も地位も有していなかったが、なぜ歴史の粉飾・ねつ造に耽るのだろうか。

朝鮮民族は、大東亜戦争(1941~45年)中から今に至るまで「連合国」を気取ってきたが、近代に入り日本と朝鮮は本格的に戈を交えてはおらぬ。戦前~戦中~戦後と、まともな対日ゲリラ抗戦も民族蜂起も起きていない。

むしろ1910年に併合された朝鮮は枢軸国・大日本帝國として戦った。国際法上も実態上も、断じて連合国ではない。


初代大統領・李承晩(1875~1965年)は長崎県・対馬の「返還」要求と抱き合わせで、領土も画定する「サンフランシスコ講和条約署名国の資格がある」と1949年、米国に訴えた。戦勝国=連合国入りさせろ-とゴネたのだ。

駐韓米大使は米政府に口添えした。ワケがある。韓国は在日朝鮮人の連合国民扱い=賠償を求めるなど、国際の法・常識を無視する数多の無理難題を吹っ掛けたが、日本は無論、米国もほぼのめぬ内容だった。

米国は無理難題を押さえ込むべく、韓国の署名要求を預かり、条約草案で一旦は締結国リストに加えた。

しかし、韓国は日本と戦っていないと英国が異を唱え、朝鮮戦争(1950~53年休戦)を共に戦っていた米国も英国にならう。

米国は《連合国共同宣言》への署名(1942年)がないとも指摘したが、韓国は執拗に食い下がった。共同宣言参加国は最終的に47カ国。全物的・人的資源を対枢軸国用戦力に充てる方針に同意していた。

間の悪いことに、フィリピン独立準備政府や多くの亡命政府も参加していた上、連合国(United Nations)なる用語が宣言で正式採用された。

http://www.sankei.com/premium/news/170821/prm1708210005-n1.html

(>>2以降に続く)



続きを読む

中国高速鉄道の技術窃盗が『皮肉すぎる超展開』を発生させ日本側絶句。盗っ人猛々しすぎるとツッコミ殺到

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/08/21(月) 07:38:25.21 ID:CAP_USER.net

http://news.searchina.net/id/1642257?page=1

 中国高速鉄道は、新幹線など複数の高速鉄道システムから技術を導入して完成したものだということは周知のとおりだ。日本には、中国が高速鉄道の技術を国内の使用に限定せず、国外へ輸出していることを批判する声が根強く存在する。だが、中国側は、輸出している技術は「他国から導入した技術を消化吸入し、再構築したもの」であると主張し、批判に当たるものではないとの姿勢を貫いている。

 海外の高速鉄道市場を巡って受注競争を繰り広げる中国高速鉄道だが、今や他国からの「模倣」の対象となっており、中国企業はそれによって莫大な損失を被る恐れがあるという。

 中国メディアの検察日報は16日、中国高速鉄道に関わる技術の知的財産権は「中国が持っている」と主張する一方、海外への輸出を推進するにあたっては知財の保護が課題になっていると伝えている。

 記事は、中国高速鉄道がコスト競争力を武器に輸出を推進し始めた際、日本をはじめとする国々で、「中国高速鉄道は知的財産権を侵害している」という論調が持ち上がったと解説。しかし、中国は国外から導入した技術に対して革新を加えており、ゆえに知財の侵害には当たらないと主張。また、中国は高速鉄道の基幹技術についても自主開発に成功しており、これも他国の知財を侵害するものではないと論じた。

 一方、開発途上国のなかには、中国高速鉄道に関する技術の「模倣」と「窃取」を通じて、高速鉄道産業を発展させようと画策している国もあると主張。中国は自国で開発した技術を「自国内では特許を申請・取得しているが、他国においては適切なタイミングで特許を申請、取得できていない」とし、中国で公開された権利関連の文書をコピーし、それを用いて中国より先に他国で特許を申請されれば、中国企業は巨大な経済的損失を被る恐れがあり、こうしたリスクを減らすためにも、中国は高速鉄道関連の知財保護を強化すべきだと主張している。



続きを読む

日本の「入店禁止令」が『中国で拍手喝采を受ける』珍事が発生。中国のすべての店もマネすべきだ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/20(日) 17:22:39.93 ID:CAP_USER.net

2017年8月17日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿された日本の「入店お断り」の貼り紙の写真に、中国のネットユーザーが反応を示している。

店先に貼られたという問題の貼り紙の写真を見てみると、そこには「しつけの全くできていない騒々しい子どもの入店は他の客の迷惑となるため、固くお断りする」との一文がある。

マナーに関して海外からも注目を浴びる中国では意識改善が呼び掛けられており、「中国人観光客が海外でマナー違反した」とのニュースには「国の恥」などのコメントが飛び交う状況だ。

こうした中、日本の店が出した貼り紙には「すばらしい!」「中国の全部の店が同じ貼り紙を出すべき」「中国が日本にかなわない点はたくさんある。『強国になりたい』だなんて夢のまた夢だな」「どうして中国語訳を併記しないの?」という声や

「悲しいことに、中国では多くの人に『公共の場で騒ぐことは教養が疑われる行為』という意識がない」「大騒ぎする子どもの背後にはマナーを分かっていない親がいる」などの意見が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)

http://www.recordchina.co.jp/b187916-s0-c30.html

20170818-035106108


続きを読む

中国の海外侵略が『安倍首相にフルボッコにされて』報道官が発狂した模様。日本は我々の敵に回ろうとするな

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/19(土) 18:31:35.58 ID:CAP_USER.net

中国が、インドとブータンとの国境にあるドクラム高地の領有権問題に関して、日本がインドとブータンを支持する立場を示したことで、日本政府に抗議しました。

IRIB国際放送ラジオ・ヒンディー語によりますと、中国外務省の華春瑩報道官は、18日金曜、北京で行われた記者会見で、日本の平松賢司駐インド大使のドクラム高地に関する表明は根拠が欠けているとして、関連する事実を正しく理解できずに、このような判断を行うべきではないとしました。

華報道官はまた、「ドクラム高地に関する対立は存在しない、国境線は明確であり、双方共にそれを受諾している」と述べました。

さらに、インドは軍事力によって現在の地域の状況を変えようとしているとしました。

平松大使はインドと中国のドクラム高地の国境における緊張について警告を発し、緊張の高まりは地域の安定を乱すとしました。

平松大使はまた、この緊張においてインドの立場を支持し、ドクラム高地の状況を一方的に変える暴力的な措置は決して行うべきではないとしました。

最近、インド軍が、ドクラム高地において、中国軍による国境の道の建設に反対し、2つのバリケードを壊し、中国領への影響を強めたことにより、中国とインドの国境における緊張が高まっています。

http://parstoday.com/ja/news/japan-i34128


日本に対する中国の警告

中国が、ドクラム高地をめぐる中国とインドの対立に関して、日本の外交官がインドとブータンの立場を支持したことに対して、抗議を行いました。

中国外務省の華春瑩報道官は、ドクラム高地に関する平松賢司駐インド日本大使の表明は根拠がないとして、関連する事実を正しく理解することなく、このような判断を行うべきではないとしました。

平松駐インド日本大使は、インドと中国のドクラム高地をめぐる緊張の結果について警告し、緊張の拡大は地域の安定を損なうとしました。

中国が何よりも懸念しているのは、中国に反対する地域諸国が同盟を組むことだと考えられます。中国は日本、インドとの領有権問題を抱えています。

このため、中国は、日本とインドが同盟することで、将来的にほかの中国と対立する国をも含み、中国はこれまで以上に安全保障、経済において窮地に追い込まれる可能性がある、と感じています。

中国とインドの対立は、中国が正式に「一帯一路」の構想を発表し、この問題に関する国際会議を開催したことを受けて高まりました。インドは、この構想がパキスタンに実効支配され、インドが領有権を主張するカシミールなどを含むことになると考えています。

また、インドは、中国がこの「一帯一路」の構想を実現するため、ドクラム高地などの地域の国境線や道路を変えようとしていると主張しています。

中国政府は、インドの否定的な立場は中国の通商協力の拡大に明らかな形で反対していることを示すものだとしています。

このため、地域における中国のライバルである日本も、「一帯一路」の構想の実現を望んでおらず、それを中国の地位を高めるものだとして、中国に対して、インドの立場を支持し、中国政府をこれまで以上に陸、海における領有権問題に巻き込もうとしています。

南シナ海問題における日本の介入は、この方向性で行われているといえます。このため、中国は、インドに対して力を誇示しようとしています。香港発行の新聞サウスチャイナ・モーニングポストは、中国の軍事評論家の見解を次のように伝えています。

「中国はインドに対して、中国の軍事力はインドのそれよりも強大だということを証明しようとしている。」

http://parstoday.com/ja/news/japan-i34146

(>>2以降に続く)

http://media.ws.irib.ir/image/4bmta498f7288clz8f_800C450.jpg
中国外務省の華春瑩報道官

http://media.ws.irib.ir/image/4bn0f69c453974uhum_800C450.jpg
平松賢司駐インド大使

http://media.ws.irib.ir/image/4bn0edb586eb47tvde_800C450.jpg
インド軍、ドクラム高地



続きを読む

洞爺湖4人死傷事故の『背筋が凍りつく悲惨な裏事情』が暴露され模様。中国人ドライバーの恐怖の実態

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/18(金) 20:09:32.86 ID:CAP_USER.net

北海道の洞爺湖で中国の国籍を持つドライバーがレンタカーで自転車の列に突っ込み、大学生4人重軽傷という事故を起こした。このドライバーが日本で有効な運転免許証を持っていたのか不明ながら、基本的に中国の免許だと日本で運転出来ない。

本来ならレンタカーも借りれないのだけれど、驚く状況が起きている。

海外からの観光客多い沖縄では、2015年に17,7%もの中国人がレンタカーを利用していたという。北海道でも徐々に増加していると言われており、危惧する声も多い。

なぜ中国の免許が危険なのか? 交通法規の共通化をすすめている『ジュネーヴ条約』に中国は加入していないからだ。したがって運転の常識からして異なる。

ジュネーヴ条約に加入している国同士や、2国間で協定を結んでいる国(ドイツやフランス、台湾など)は相互の免許証が有効ながら、中国の免許証についていえば無効。つまり無免許運転ということ。

なぜ日本でレンタカー出来るのか? 『レコードチャイナ』という中国の情報を伝えるネットメディアによると、偽造が多いという。

中国ではフィリピンや香港の免許をネットで買えるそうな。フィリピンはジュネーヴ条約に加入しているため、日本でも有効。香港の免許もイギリス統治時代からの継続措置で有効になっている。

ちなみに日本人が中国でクルマを運転しようとしても、こういった脱法手段が無いため改めて中国の免許を取らないと運転出来ない。

いずれにしろジュネーヴ条約に加入していない国の免許は使えない。脱法行為で取得した国際免許も同じ。このあたり、レンタカー会社でキチンと確認し(基本的に中国パスポートでその他の国の免許を持っている人は希少)、無免許運転を防止すべきだと思う。

海外からの観光客は大きな産業ながら、安全の担保はもっと重要だ。

国沢光宏
自動車評論家
Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。
ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170818-00074684/



続きを読む

『国際世論調査の結果が予想外すぎる』と中国人が”異様な数値”に愕然。寛容だった国ですら嫌中が広まる

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/08/18(金) 17:13:48.87 ID:CAP_USER.net

旅行先のみならず、移民先としても中国人の人気を集めていたカナダだが、最近は事情が変わってきているようだ。中国メディアの中華網はこのほど、「中国人を嫌うカナダ人が増えている」ことを伝えつつ、中国人はなぜカナダ人に嫌われるのかを考察する記事を掲載した。

報道によれば、英BBCがGlobeScan/PPCに委託して2016年12月から2017年4月にかけて行った調査によれば、カナダ人の調査対象者のうち51%が、中国に対して否定的な見方を示したという。

記事は、「カナダ人と言えば、寛容で友好的というイメージがあった」とし、中国人にとって同調査の結果は非常に「意外なものだった」と主張。では、なぜカナダ人は中国や中国人に対して否定的な感情を抱いているのだろうか。

この理由について、「中国の旅行客がカナダ人の対中イメージを悪化させているのではないか」とし、「公共の場所でも大声でしゃべる」、「列に並ばず秩序を乱す」、「公共の場でのマナーをわきまえていない」といった中国人の悪習が主な要因であると伝えた。

たとえば、空港などでも一目見るだけで中国人はすぐに国籍がバレてしまうとし、なぜなら「非常に賑やかで、振る舞いが勝手気ままで、立ったり座ったり落ち着きがない」ためだと指摘。

また、お金を持っていそうな中国人は「意気揚々と歩き、大声で友達に話しかけたり、大声で中国本国の友人と電話でし、自慢する」ことを紹介。こうした立ち振る舞いがカナダ人に疎まれているのではないかと考察した。

最近では多くの中国人が海外旅行に出掛けるようになっているが、中国人旅行客のマナーが問題視されるケースが増えているは事実だ。

すでに身に付いている習慣を変えることは非常に難しいことだが、自分が楽しむことに加えて、国際的に受け入れられるマナーを身に着けたほうが良い時期を迎えているのかもしれない。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1642218?page=1

http://image.searchina.net/nwscn/2/1/8/1642218.jpg

(イメージ写真提供:123RF)



続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ