中国

『なぜ中国の車は海外より圧倒的に早く劣化する?』と中国人が”悲惨な数字”に目を白黒。車は強制廃車だ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/05/21(日) 20:12:03.18

2017年5月20日、中国のポータルサイト・今日頭条が、海外では30年も走る車があるのに中国は10年で廃車になる理由について分析する記事を掲載した。

記事は、中国では一般的に自動車の寿命は10年前後で、長めでも15年、20年走る車はほとんどないと指摘。一方の外国では30年走る車もあると伝えた。

その理由について、中国では15年を超える車は車検を半年に1度受けなければならず、20年以上だと3カ月に1度の頻度になる煩わしさにあると分析。

しかも車検に合格しなければほぼ廃車決定になると、その基準の厳しさを理由として挙げた。

また、中国では事故率が高く、修理した車は寿命がそれほど長くないことや、中国のあちこちにある「減速帯」が車に与えるダメージが大きいこと、

ガソリンやオイルの質が低く偽物も横行しているため、車を傷める確率が高いこと、空気が悪いためエアフィルターを頻繁に交換しなければならず、これも偽物が多いため寿命を短くしていることにも原因があると分析した。

これに対し、中国のネットユーザーから「税金を取るためには廃車にさせる必要があるからな」「わが国は国民にお金を使わせるのが好きなんだよ」などの不満を示すコメントが多く寄せられた。

また、「車は良くても油がダメなんだよ」との指摘や、「家は強制立ち退き、車は強制廃車」と中国の現状を嘆くコメントもあった。

Record china 配信日時:2017年5月21日
http://www.recordchina.co.jp/b178800-s0-c20.html



続きを読む

文在寅の特使が『王毅外相に”ヤクザ同然の手法”で恫喝され』世界に恥を晒す。日本相手の脅し文句を返される

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/05/21(日) 14:21:31.92

高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓半島(朝鮮半島)配備問題で冷え込んだ韓中関係にようやく春が訪れる雰囲気だ。中国の習近平国家主席は昨日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が派遣した対中国特使の李海チャン(イ・ヘチャン)元首相に会い、両国関係が「早期に正常軌道に乗ることを望む」と述べた。

特使を派遣して中国と疎通するというのは、韓国の中国重視を見せるものだと評価しながらだ。また習主席は政治的な信頼構築で葛藤を処理しなければいいけないと話した。

習主席の発言は、昨年7月から激しい摩擦が生じてきた両国関係をもう回復する時期になったという積極的なメッセージとして読み取ることができ、歓迎する。

習主席は文在寅政権の発足後、前向きな信号を送ってきた。文在寅大統領の当選に対する速やかな祝電と電話協議、続いて韓国の児童が死亡した交通事故に対する格別の関心表明などだ。

こうした習主席の動きは、THAAD問題でいつまでも韓国に背を向けることはできないという実用的な判断に基づくとみられる。

これと同時に中国のTHAAD報復も緩和されている。中国ロッテマートが約2カ月ぶりにホームページを再開し、韓国の創作ミュージカル『パルレ(洗濯)』が来月23日から北京で公演される。

中国のインターネットでは韓流スターが登場する広告が見え始め、韓国を訪問する中国人観光客もまた増える見通しだ。

とはいえ、中国がTHAADを容認したわけではない。中国環球時報は一昨日、「韓国は中国がTHAAD配備を受け入れると期待するべきでない」と警告した。

また、李海チャン特使に会った王毅外相は韓国が「有効な措置」で両国関係の「障害」を除去してほしいと述べた。

中国は関係改善に向けて準備ができているので韓国が誠意を見せてほしいという注文だ。

ボールを韓国に渡したということだ。文在寅政権は、中国が昨年なぜ憤慨し、今は何を憂慮しているのかをよく考え、対策を立てる必要がある。

中国の怒りが「疎通不足」にあり、中国の懸念がTHAADレーダー探知距離、THAAD砲台追加配備、韓国の米国主導ミサイル防衛(MD)システム編入などにあるのかどうかを把握すれば、解決法を用意できるはずだ。

中央日報日本語版 2017年05月20日
http://japanese.joins.com/article/283/229283.html



続きを読む

『なぜ韓国にだけ招待状が来ない?』と韓国が”冷遇される理由はない”と困惑。AIIBの有力持分があるのに

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ろこもこ ★@\(^o^)/:2017/05/21(日) 09:09:45.75

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00027390-hankyoreh-kr

「招請は中国が決定することだ」

 14~15日、中国の北京で開かれた「一帯一路国際協力首脳フォーラム」にシンガポール代表団として参加したローレンス・ウォン国家開発部長官の言葉だ。シンガポールは最高級要人が参加しなかった。ウォン長官は「中国が呼ばなかったので来なかっただけ、疎外されたわけではない」と話したわけだ。

 新政府がスタートする前まで、韓国政府も「招請状が来なかった」という話をしていた。中国政府も冷たかった。1カ月前にも「韓国に新政府ができて参加すると言えば可能だろうか?」と尋ねても、中国外交部の報道官は「仮定の質問には答えられない」と言っていた。

 中国外交部の説明によれば、中国はこうした行事を行う時、出席が確定して初めて招請状を発送するという。まず「出席の有無をお返事下さい」として招請状を送った後に返事で出席の有無を把握する方式とは違う。招請したのに来ないという不祥事はないので、体面を重視する「東洋的文化背景」だとも説明する。

 このような脈絡で見れば、文在寅(ムン・ジェイン)大統領就任後、今回の一帯一路会議と関連して交わされた「対話」が興味深い。大統領選挙の翌日である10日、中国外交部報道官は、韓国招請の有無について、「一帯一路は開放的で包容的な協力提案」とし、門戸が開かれていることを示唆した。翌日の11日、文大統領は習近平中国国家主席との電話協議で、一帯一路プロジェクトを高く評価して「発展と繁栄を持たらすものと期待する」と話した。すると習主席が文大統領に代表団の派遣を要請したとのことが、13~16日に代表団長の資格で中国を訪問した共に民主党のパク・ビョンソク議員の話だ。

 例えるならば、大きな祝宴を主催する隣家に「良いことがあるんですね?」と関心を示したところ、来るという意味に理解したその家の主人が「ちょっとお越し戴けますか?」と招請したということだ。そう言えば、何をもって「東洋的」と言ったかが分かるような気がする。招請状を先に送っておいて、誰が来ると言ってくるかを待つこととは確かに違う。

 中国との外交チャンネルの回復が至急必要な韓国は「一帯一路フォーラム」自体には大きな関心がない。関連事業の相当数が欧州・中央・東南アジア周辺国の物流インフラ、そしてそこにつながる中国西部内陸のインフラを作ることに集中しているのも事実だ。

 しかし、北朝鮮と国境を接する中国東北部も明らかに一帯一路プロジェクトの対象地域の一つだ。特に今回の会議では、中国東北部とロシア極東地方開発のために、中国国家発展改革委員会が総額1千億中国元(約1.6兆円)規模の中露地域協力発展投資基金を段階的に造成し、一帯一路事業として推進するという発表もなされた。

 朴槿恵(パク・クネ)政権は、一帯一路プロジェクトの金融分野の最重要な軸であるアジアインフラ投資銀行(AIIB)に加入したが、ホン・ギテク副総裁が就任してまもなく突然辞退・潜伏してしまい多くの機会を失った。これに先立って2015年7月には企画財政部が一帯一路、およびアジアインフラ投資銀行に対応するための民官合同タスクフォースを作ると打ち上げたが、総選挙への出馬を控えたチェ・ギョンファン当時長官がその年末に辞退するなどの過程で結局うやむやになった。

 シンガポールの話に戻ろう。シンガポールは最近中国と大きな軋轢はない。ただし、首脳訪問にともなう付帯手続に関連して意見の相違があったと伝えられる。中国側がより豊かな結実のある首脳訪問を望んで出した要求が受け入れられなかったわけだ。

 韓国の新政府は、代表団と特使団の相次ぐ訪中によりひとまず対中関係設定の最初のボタンをうまくかけることができた。朴槿恵政権が残した荷物が小さくないにもかかわらずだ。いつかはアジアインフラ銀行で5番目に多い持分を持っている供与国としての立場と、その持分も考えることになるだろう。



続きを読む

中国の点字ブロックが『常識ではありえない光景』を爆誕させ住民騒然。通行人から無慈悲なツッコミを受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/05/20(土) 22:33:34.88

江蘇省南京市内の興隆大街(大通り)歩道に、新たに視覚視覚障害者用の点字ブロックが設置された。だが、この点字ブロック、たった10メートルほどの距離に、いくつもの曲がり角が設けられている。この道路はこのほど大々的な補修を終えたばかり。

江蘇公共新聞によると、約10メートルの歩道に「己」が3つ繋がったように点字ブロックが配置されている。地元住民やネットユーザーからは「歩道の設計者は視覚障碍者のことを全く考慮していない」「ブロックの配置をやり直すべきだ」といった意見が次々と挙がっている。

■多すぎるマンホールを避けるため?

点字ブロックが不自然な形に設置されてしまったのは、道路に点在するマンホールを避けるためだったという。15メートルほどの道路に21個ものマンホールがあり、そのうち6個が電力部門のもので、他にも水道や電話、行政関係のものや光ケーブルなど、さまざまな機関や部門の設備が地下に埋設されている。

南京市の都市計画プロジェクト責任者は、今回、道路に改修工事を施したが、地下に埋められているパイプラインには手を付けられなかったため、マンホールを避けて点字ブロックを敷設するしか方法がなかったと説明している。地元住民によると、こうした点字ブロックは別の場所にも設置されているという。

もっと合理的な点字ブロックの設置方法はなかったのだろうか。通行人は取材に「この点字ブロックを少しだけ道路側に作れば、マンホールを避けて真っすぐにできるのでは。基本的な設計や工夫の問題だ」と的を射た発言をした。

写真:江蘇省メディアの動画静止画

5cbcf_1572_0aabf7e2_541ac316

http://news.livedoor.com/article/detail/13087768/



続きを読む

日本の歴史研究の深さに『我々は到底及んでいない』と中国人が絶句。翻訳本の数からして違う

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ガラケー記者 ★@\(^o^)/:2017/05/20(土) 13:04:33.17

進んで他人から学ぼうとする人は、そうでない人と比べてはるかに大きく進歩できるのは自明の理だが、中国メディアの捜狐は16日付で、日本と中国がそれぞれ互いの歴史について、どの程度学んでいるかという点について説明する記事を掲載した。

 記事は、日本人による中国研究はこれまで中断したことがないと指摘し、そればかりか「全面的かつ深く掘り下げた研究」がなされていると指摘。日本と中国の関係は政治やその時代の情勢によって大きく左右されてきたが、日本の中国研究は決して日中関係の影響を受けておらず、日中関係が悪化しても継続して行われてきていると指摘した。

 また日本には「紅楼夢」の訳本が20種近く存在しており、三国志に至っては50種以上だと紹介、また司馬遼太郎氏の「項羽と劉邦」、北方謙三氏の「水滸伝」、津本陽氏の「則天武后」、田中芳樹氏の「岳飛伝」、宮城谷昌光氏の「晏子」、井上靖氏の「孔子」と白川静氏の「孔子伝」など中国の歴史をテーマとした書籍が数多くあることを具体的に紹介した。

 さらに中国でも出版され、大ヒットした講談社の「中国の歴史」は中国の歴史研究の書籍として最高レベルだと称賛、日本人は現代中国人の「反日」というテーマから古代の老荘思想というテーマまで、日中関係に左右されることなく、中国について幅広く研究していることを指摘した。

 一方で記事は、中国には「源氏物語」・「平家物語」・「万葉集」・「枕草子」・「徒然草」などの訳本はかなり少ないと指摘、「芭蕉全句集」はこれまでに一度も出版されたことがなく、聖徳太子から織田信長、明治天皇など日本の歴史の有名人の伝記も書き記されたことがないと説明し、日本が対中感情に関わらずに中国を深く研究する一方、中国の対日研究が不足していることは深刻な情報格差をもたらすとの見方を示し、これは「恐ろしいこと」であるとの見方を示した。

 自国のみならず他国の歴史から学び教訓を引き出すのはとても有益なことであり、それは大きな進歩の助けになると言える。記事は日本の歴史について記した書籍が中国には少ないと指摘しているが、それでも日本の歴史に関心を持つ中国人は決して少なくない。

 縄文・弥生時代から明治・大正・昭和までの時代の流れを把握している中国人や歴史学者の坂本太郎氏の作品が好きだという中国人、また日本の大河ドラマに関心のある中国人や、テレビドラマ「坂の上の雲」が好きで、このドラマはできるだけ真実を再現しようとしている努力が払われており、また清朝を卑しめてはいない点が好きだと高く評価する中国人もいるのも事実だが、その一方でやはり中国は自国の歴史に誇りがあるためか、他国の歴史を知ろうとする動きが不足しているのは否めない。

searchina
2017-05-20 11:12
http://news.searchina.net/id/1636101?page=1



続きを読む

文在寅の特使が『習近平から露骨な格下認定を喰らい』韓国人が発狂。おまゆう発言を連発している模様

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/19(金) 22:45:15.31

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178766&ph=0

2017年5月19日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した李海チャン(イ・ヘチャン)元首相と面談したが、この時の座席の配置に中国側の「外交的欠礼」があったとの指摘が出ている。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

北京の人民大会堂で行われた面談で、習主席が壁画を背にした最上位の席に着いたのに対し、李特使はコの字型のテーブルの側面に当たる席に通された。座席配置上、対等な面談ではなく習主席が主導する業務会議のような形式となったのだ。

これは2013年、当時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の特使や、08年に李明博(イ・ミョンバク)大統領の特使が訪中した際、いずれも習主席のすぐ隣に着席して面談が進められたのとは対照的だ。

この座席配置について李特使は「中国は邱国洪(チウ・グオホン)駐韓中国大使を北京に呼び空港で特使団を出迎えさせるなど、配慮をしたものと承知している」と述べるなど、気に留めない様子だったという。

一方、一部韓国メディアは、北京の消息筋の話として「大統領の代理である特使の席を『甲乙構造』に配置した外交的欠礼と捉えられる」との見解を紹介、韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する中国の不満の表れとの評価もあると伝えた。

こうした報道に韓国のネットユーザーからは1000を超えるコメントが寄せられており、「近平さん、大統領の代理人なんだからそういうやり方は駄目だよ」「いくらTHAADが不愉快でも礼儀は守るべきだろ」「トランプ大統領に話したみたいに、韓国を属国だと思ってるのかな?」といった声が多数の共感票を得ている。

また「中国の特使が来たら同じもてなしをしてやればいい」と対抗策を訴えるものや、このほど訪日した韓国大統領の特使が安倍晋三首相と面談したことについて、「安倍さんは高い椅子に、特使は低い椅子に座ったらしい。中国でもこんな待遇を受けるとは…」と嘆く声もあった。



続きを読む

『絶対に日本をAIIBに加盟させろ』と中国が”見苦しすぎる姿”を露呈。このままだと日本は死ぬぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ひろし ★@\(^o^)/ :2017/05/18(木) 18:23:24.97

2017年5月17日、新京報は、米中関係が急速に回復する中で日本がアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を迫られているとする評論記事を掲載した。

安倍晋三首相は15日、AIIB加入について「疑問が解消されれば前向きに考える」と発言した。また、「一帯一路」サミットに出席した自民党の二階俊博幹事長も日本の早期加入に期待感を示している。

記事は「日本がAIIB加入する日は近そうだ」とした上で、逆に加入を拒めば日本は世界から孤立すると指摘。「一帯一路サミットを経てAIIB加入国は77カ国に増え、日本主導のアジア開発銀行(ADB)を上回った。今のメディア注目度、未来の世界経済における役割、いずれにおいてもADBを超えている。そこにアジア第2の経済大国である日本が加わらない理由などあろうか」とした。

記事によると、日本が最も恐れているのは米国による「頭越し外交」の再現だという。「5月のADB理事会では最大の出資国である米国が事務レベルの人物しか派遣せず、消極的な姿勢を見せた。トランプ大統領が環太平洋経済連携協定(TPP)撤退を表明し、TPPは事実上破棄状態になった。一方、米中首脳会談後に両国関係は急速に回復しており、一帯一路サミットに米国も代表団を派遣した。米国のAIIB加入の可能性もこれまでになく高まっており、日本にプレッシャーを与えている。米国が加入すれば、先進7カ国(G7)で未加入なのは日本だけになる」と論じている。

全文はソースで
http://www.recordchina.co.jp/b178422-s0-c10.html



続きを読む

”日本風中華料理”に中国人が『生半可な知識しかない』と不満を漏らしている模様。納得のいく結果ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/16(火) 11:08:03.39

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=176059&ph=0

2017年5月15日、中国メディアの観察者網によると、最近日本のネット上で行われたアンケートで、好きな中華料理の1位は餃子だった。

日本の掲示板サイトで行われた「好きな中華料理は?」という調査で、総合ランキング1位は「餃子」の82.2%、2位は「炒飯」で69.7%、3位は「麻婆豆腐」で60.9%、4位は「エビのチリソース」で55.3%、5位は「酢豚」で53.1%という結果になった。

6位以下は順に中華そば・担々麺、シューマイ、チンジャオロース、小籠包、春巻となった。

記事ではこの結果に対する日本のネットユーザーのコメントも紹介。「中国人は偉大だ」「四川料理はうまいよな」「本場で食ったチャーハンはさすがにうまかった」など、称賛するコメントがあったことを伝えた。

しかし、「日本の水餃子がうまい。中国の餃子は皮が厚くてまずい」「日本人がさらに研究を進めて昇華させた中華料理が最高にうまい。元祖がおいしいとは限らない」との意見もあったという。

これに対し、中国のネットユーザーからは「どう見ても鍋貼であって餃子ではないのだが」「日本人は清王朝前の中国だけしか正当な中国として認めていない」「日本人は中華料理のことはよく理解していても、中国文化については生半可な知識しかない」などのコメントが寄せられた。

また、「日本人が中華料理を好きだろうと嫌いだろうと、まったく関係がない」「日本人による日本式中華料理の人気ランキングだ。ランク入りするのはLowなものばかり」との意見もあり、中国人ネットユーザーからすると、あまり納得のいく結果ではなかったようである。



続きを読む

一帯一路サミットで『EU諸国が中国を露骨にコケにする』喜劇が発生。まともに首突っ込む気はない

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:ろこもこ ★@\(^o^)/:2017/05/17(水) 17:49:00.44

http://www.sankei.com/world/news/170517/wor1705170003-n1.html

 中国・北京で15日に閉幕した現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」国際協力サミットフォーラムで、英国、フランスやドイツ、ギリシャなど欧州連合(EU)加盟国の一部が貿易推進に関する文書への署名を拒否していたことが分かった。仏メディアが報じた。公共調達の透明性や環境基準などをめぐる欧州側の懸念が考慮されていなかったためという。

 中国外務省の華春瑩報道官は16日の記者会見で「(報道された文書は)分科会で発表された貿易協力推進に関する提案だと思われるが、各方面が自発的に参加した提案であり多くの国から支持を得ている」と述べ、報道を事実上認めた。(北京 西見由章)



続きを読む

自民党・二階が『日本の国際貿易を中国に委ねる』最悪の本音を吐露。TPPの意味わかってるのか!と批判殺到

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/17(水) 10:31:54.60

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178419&ph=0

2017年5月16日、中国・香港を拠点とする民間の衛星テレビ局、フェニックステレビ(鳳凰衛視)によると、自民党の二階俊博幹事長は、北京で開かれていた中国主導のシルクロード経済圏構想「一帯一路」国際協力サミットフォーラムの閉幕後に取材に応じ、中国の環太平洋連携協定(TPP)への参加を歓迎する意向を示した。

二階氏は、「一帯一路」国際協力サミットフォーラムについて「これだけの大きな構え、ボリュームで、内容的にも素晴らしく、参加したことを大変喜んでいる」とし、「この機会に中国各地で活動しているわれわれの関係者とも会い、中国と日本との関係について話し合う機会を得て大変うれしかった」と語った。

TPPから米国が離脱した後の日本の対応については「あくまでも日本は日本、アメリカはアメリカ。アメリカ(の参加)が難しくなったからといってその後ろを付いて歩くわけではない。日本は自信を持ってやっていけると確信している。中国と大いに協力し合いながら、世界経済の発展のために日本ができることはしっかりやっていきたい」と述べた。

さらに中国のTPPへの参加を望むかと問われ「中国がそれを希望するなら、そういう方向が強力な日中関係を形成する上で大変重要なことだ」と語った。



続きを読む
スポンサード リンク
はてなブックマーク
最新コメント
スポンサード リンク
週間人気ページランキング
アクセスランキング
最新記事
記事検索
スポンサード リンク
twitter
u1ssをフォローしましょう
スポンサードリンク
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ